26歳 ニート終わり
26歳ニートから就職したい人『26歳まで無職できてしまったけど、年齢的にもそろそろ就職したい。でもSNSやネットをみると26歳のニートは終わりっていう人もいるから、就職できるか不安…。26歳でニートから就職したい人はどうすればいいの?』

このような方に向けて、記事を書いています。

就職活動に失敗してニートになったり、一度就職したものの会社が自分に合わず入社1ヶ月で退職してニートになったり、26歳でニート状態が続いている方には様々な事情があると思います。

でも26歳になると、周りの友人のほとんどが社会人になり、急に『ニートのままだとやばいかも…』という危機感が強くなりますよね。

しかし、いざ就職しようと思っても、何から手をつけたらいいのかわからず、結局ニートから抜け出せない人も多いです。

では26歳のニートが人生やり直すためには、どうすればいいのか?

結論からいうと、26歳のニートが今すぐにやるべきことは、次の3つです。

  • 26歳ニート向けの転職エージェントに無料登録する
  • 担当アドバイザーに無料で就職相談する
  • 自分に合う仕事を紹介してもらい応募してみる

上記のとおり。

世の中には、26歳ニートの就職をサポートしてくれる『転職エージェント』があるので、とりあえずここに相談するのが1番早いです。

しかも全て無料で利用できるので、あなたのリスクはゼロ。これを利用しない手はないですよね。
26歳ニートにおすすめの転職エージェント3社【すべて無料】

ドフラ
こんにちは。26歳までニート&フリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は1年間のニート期間があり、26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に就職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計978名の方にインタビューしてきたので、26歳ニートのリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、1年間のニート期間がある状態から就職した僕が『26歳ニートが終わりといわれる5つの理由』から『26歳のニートが就職して人生やり直す方法』までを解説していきます。

この記事を読めば、ニートの未来に不安を抱えている方でも、人生を変えるための一歩が踏み出せるようになります。

3分で読める内容ですので、それではいきましょう~。

『今すぐにニートから正社員に就職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

26歳ニートが終わりといわれる理由①:自己肯定感の低下

26歳 ニート終わり

26歳ニートが終わりといわれる理由の1つ目は、『自己肯定感の低下』です。

自分を評価する気持ちが低くなり、できることへの自信がなくなると、新しいことにチャレンジするのが怖く感じるようになります。

なぜなら、仕事を持たない期間が長くなると、他の人と比べてしまったり、社会からの期待に応えるのが怖くなってしまうから。

そうすると、自分にはできることがないんじゃないかと不安になり、だんだん自分を見失ってしまう…。

自分を低く見積もりすぎると、新しいことを始める勇気もなくなるし、前に進む力も弱くなります。

ですから、自分にできることを見つけて、それに自信を持つことが大切です。

過去の成功体験や得意なことを思い出して、自分をもっとポジティブに見つめることが必要です。

もし自分への自信がなくなってしまったら、心の中で抱えている不安や悩みを話す相手を見つけてみるのもおすすめ。

友達や家族、カウンセラーなど、自分を理解してくれる人と話すことで、自分の中で整理がついて、新しい一歩を踏み出す勇気が湧いてきますよ。

※春岡高貴さん(26歳男性・仮名)が『26歳の正社員経験なし&資格なしからIT企業に就職した体験談』は、以下の記事をどうぞ。

26歳ニートが終わりといわれる理由②:経済的な問題

26歳 ニート終わり

26歳ニートが終わりといわれる理由の2つ目は、『経済的な問題』です。

お金の不安や困難な状況は、ニートの人にとって大きな課題です。

仕事を持たないと収入が入ってこないから、生活費や食べ物、服など、必要なものにお金を使うことができません。

また、将来に向けての不安も出てきます。

お金がないと、病気や急な出費に対処するのが難しく、将来の夢や目標に向けての準備も難しくなる…。

でも、経済的な問題に立ち向かう方法もあります。

たとえば、仕事を見つけることで収入を得ることができるし、予算を管理して節約することも大切です。

そして、できるだけ早く行動することが重要です。

26歳のうちに経済的な問題を解決することで、早い段階で人生をやり直すことができます。

ちなみに、26歳の平均年収は370万円(男性:395万円、女性:346万円)です。(参照:DODA『20代男性・女性の平均年収』

僕は26歳まで『年収0円〜年収190万円』をさまよっていたので、かなり底辺の労働者でした…。

26歳ニートが終わりといわれる理由③:社会的なつながりの欠如

26歳 ニート終わり

26歳ニートが終わりといわれる理由の3つ目は、『社会的なつながりの欠如』です。

友達や仲間とのつながりがなくなることは、ニートの人たちにとって大きな問題です。

社会的なつながりがないと、孤独感が大きくなります。

友達や仲間がいないと、楽しいことを共有したり、困ったときに助けてもらったりすることができません。

また、他の人とのコミュニケーションが少なくなると、自分の気持ちや考えを伝える機会を得られず、悩みを相談して心を軽くすることもできない…。

社会的なつながりの欠如を解決するためには、積極的に人と関わることが大切です。

趣味のサークルやイベントに参加したり、親しい友達とコミュニケーションを大切にすることで、社会的なつながりを築くことができます。

自分から一歩踏み出してみると、新しい友達や仲間ができる可能性が広がりますよ。

26歳ニートが終わりといわれる理由④:周囲の期待によるプレッシャー

26歳 ニート終わり

26歳ニートが終わりといわれる理由の4つ目は、『周囲の期待によるプレッシャー』です。

年齢が26歳になると、周りの人たちは就職、出世、収入、結婚、自立などに期待を寄せてきます。

しかし、周囲の期待に応えることができないと、プレッシャーを感じることが多くなります。

たとえば、家族や親戚から『早く仕事を見つけないと!』『いつまでもフラフラしてるつもりなの?』などと言われると、周囲からの圧力に押しつぶされそうになりますよね…。

周りのプレッシャーによって、自分に自信を持てなくなり、どうしていいか分からなくなる人も多い。

でも、焦らなくて大丈夫です。

周りの期待に応えることも大切ですが、まずは自分自身を大切にすることが大事です。

自分のペースで進んでいけば良いですし、相談できる人がいれば話してみるのもおすすめ。無理せず、少しずつで大丈夫です。

26歳ニートが終わりといわれる理由⑤:人生の目標や夢を実現する不安

26歳 ニート終わり

26歳ニートが終わりといわれる理由の5つ目は、『人生の目標や夢を実現する不安』です。

子どもの頃は、将来の夢や目標を考えることって、楽しかったですよね?

でも、大人になるにつれて、夢や目標を叶えるためには様々なことが必要だったり、自分に自信を持てなかったり…という壁にぶつかります。

そして、ほかの同世代が順調に人生を進んでいく中で、ニート期間が続くと、自分だけが置いてかれているように感じますよね…。

何もしていない期間が長くなると、『将来どうなるのか?』という不安はどんどん大きくなる。

とはいえ、将来や人生に不安を感じることは、誰にでもあることです。

まずは、自分がやりたいことや好きなことを考えてみるだけで、大丈夫です。

そして、興味のあることが見つかったら、少しずつ行動していきましょう。

自分のペースで、できることから始めてみることで、不安は少しずつ和らぎ、前向きに人生と向き合えるようになりますよ。

ドフラ
僕が『26歳の時にニートから年収500万円のIT企業に就職するまでにやったこと』が知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

26歳ニートからの就職は無理じゃない

26歳 ニート 就職

26歳のニート状態からの就職は、決して無理ではありません。

なぜなら、25~29歳のニートの就職率は『男性:22.0%・女性:18.3%』というデータがあるからです。

実際に、労働に関する調査研究を行なう「労働政策研究・研修機構」が1年前(2015年)にニートだった人の現状(2016年)を調査したデータによると、年齢別のニートの就職率は以下のとおり。

  • 15~19歳:男性16.1%・女性16.4%
  • 20~24歳:男性20.6%・女性22.7%
  • 25~29歳:男性22.0%・女性18.3%
  • 30~34歳:男性12.5%・女性10.7%
  • 35~39歳:男性9.8%・女性8.4%

(引用元:若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状③―平成29年版「職業構造基本調査」より―』(P23)

上記のとおり、世の中には、26歳でニートから正社員に就職している人がたくさんいます。

ちなみに、ニートから就職した25~29歳の人数は、合計で『約72,620人』もいます。(※2015年から2016年のデータから算出)

ただし上記のデータからもわかるとおり、年齢が上がるほど、ニートからの就職は難しくなるので、1歳でも若いうちに行動するのが安全です。

僕もニート時代は『低収入・スキルなし・経験なし・実績なし・資格なし・コネなし・自信なし』という状態だったので、将来に不安しかありませんでした。

でも、26歳の時に転職エージェントを利用して、ニートからIT企業の正社員に就職することができ、その2年後に年収500万円になり人生が変わりました。

26歳なら、まだ間に合います。

人生を振り返って後悔しないように、ぜひ手遅れになる前に行動しておいてくださいね。

こんなにダメダメだった僕でも人生変えれたわけですから、この記事を読むほど意識の高いあなたなら、必ず人生変えれると思いますよ。

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、ニートから年収500万円の正社員に転職できましたよ。

26歳ニートの就職におすすめの仕事5選

26歳のニート状態から始める仕事のおすすめは、以下の5つです。

  • 営業職
  • プログラマー
  • 施工管理
  • 介護職員
  • 工場作業員

ここからは、『26歳ニートの就職におすすめの仕事』を一つずつ解説していきますね〜。

ニートの就職におすすめの仕事①:営業職

ニート 就職

26歳ニートの就職におすすめの仕事の1つ目は、『営業職』です。

営業職は、お客様に自社商品の購入を促進し、契約を取り付ける仕事。

営業職は、どの業界でも『売上に最も寄与する重要な職種』として需要が高いです。

また、営業職には特別な資格や専門的な知識・スキルが不要なため、26歳のニートの採用も積極的に行われています。

企業によってはインセンティブ制度が用意されており、成果に応じて基本給以上の給与を得ることも可能です。

営業職で身につくスキルは、ビジネスにおける基本的なスキルとなるため、26歳のニートから就職したい人におすすめです。

また、どの職種にも通用するコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を営業経験で培うことができるため、将来のキャリアチェンジを考えてもメリットが多い。

営業職にはルート営業や新規開拓営業、内勤営業など様々な形態があるので、自分に合った働き方ができる営業職を探してみましょう。

ちなみに、僕が就職したIT企業の営業職も、20代でニートから就職してくる人がいましたよ。

ニートの就職におすすめの仕事②:プログラマー

ニート 就職

26歳ニートの就職におすすめの仕事の2つ目は、『プログラマー』です。

『プログラマーは難しそう…』『プログラマーは未経験だと無理そう…』というイメージを持っている方もいますよね?

しかし近年では、時代の変化とともに、多様なニーズに対応するプログラマーが不足している企業も増えており、多くの企業がニートや未経験者を積極的に採用しています。

プログラミングのスキルは、AI技術が進展する未来においても有益なものであり、一生もののスキルとして活かせます。

ですから、プログラマーは将来的にも需要が高まり、安定感のある職業といえるのです。

ただし、プログラマーの仕事では常に情報が変化するため、継続的な学習が求められます。

プログラミングに興味がある方にとっては、将来にわたって飽きることなく活躍できる可能性があります。

ニートの就職におすすめの仕事③:施工管理

ニート 就職

26歳ニートの就職におすすめの仕事の3つ目は、『施工管理』です。

施工管理は安全な建築物を建設できるよう、建築現場において指揮し、管理する仕事です。

建設のスケジュール管理や、工事現場の施工や予算の管理、安全面の管理やその他必要な事務手続きなど、建築工事全般にわたって管理業務を行います。

『管理の仕事=ハードルが高い』という印象があるかもしれませんが、無資格・未経験のニートでも挑戦できる仕事の一つです。

施工管理職を経験することで、急なスケジュール調整やトラブルへの対応力、現場を指揮するマネジメント力が身につきます。

さらに、ある程度の実務経験を積んだ後は国家資格を取得することも可能で、平均年収は400万円〜600万円。

施工管理職の中には、年収700万円以上を稼ぐ人もいます。

『安定的にキャリアも収入もアップしていきたい』『将来的には人をまとめるリーダーの役割に挑戦したい』という方は、施工管理職が特におすすめです。

ニートの就職におすすめの仕事④:介護職員

ニート 就職

26歳ニートの就職におすすめの仕事の4つ目は、『介護職員』です。

おそらく多くの方がご存知かと思いますが、介護業界は特に深刻な人材不足に悩まされており、ニートや未経験者を積極的に採用しています。

特に介護職は一定の体力が必要となるにもかかわらず、平均年齢が高いため、若さゆえの体力をアピールできる26歳ニートの方は就職に有利です。

無資格でも介護職に就くことは可能。介護業界全体では資格の取得が推奨されており、働きながら資格を取得できるメリットもあります。

資格を取得すれば、業務の幅が広がるだけでなく、資格手当の支給も期待できます。

また、介護職は人や社会の役に立てる仕事ともいえるため、誰かのために尽力したいと考えているニートの方に特におすすめです。

ニートの就職におすすめの仕事⑤:工場作業員

ニート 就職

26歳ニートの就職におすすめの仕事の5つ目は、『工場作業員』です。

工場作業員は、食品加工品、家電、電子製品、化粧品、雑貨など、商品の製造に携わる仕事です。

ライン作業などで指定された工程を担当し、下準備、組み立て、調理、盛り付け、検品、梱包、塗装などの業務を行います。

シフト制度が一般的で、しっかりと休日が確保される職場も多いです。

ただし、工場の仕事は単調になりやすい傾向があるため、就職する前に自分に合うかどうかを見極めることが重要です。

工場のライン作業が自分に合わないと、仕事に興味が持てず、作業の手順も理解しづらいため、ミスやトラブルに発展しやすくなります。

工場作業員に向いている人の特徴は、以下のとおり。

  • 集中力に自信がある
  • ルーティン作業が得意
  • 黙々と作業するのが好き

工場作業員は、ある程度決められた業務をコツコツとこなしていくことが好きな人に向いています。

また、工場の多くが郊外や地方に位置しているため、『地元を離れたくない、実家から通いたい、寮に入りたい』などの希望も叶いやすいです。

ドフラ
『無料で適職診断テストを受ける方法』が知りたい方は、以下の記事をどうぞ。

26歳ニートが就職を成功させる7つのコツ

26歳ニートが就職を成功させるコツは、以下の7つです。

  • 就業経験がないデメリットを感じさせない
  • ニートになった理由を説明できるようにする
  • ニート期間中にやったことを整理する
  • 行動を先延ばしにしない
  • 妥協点を考えておく
  • 十分に情報収集する
  • 相談しながら就職活動する

それぞれを詳しくみていきましょう〜。

就業経験がないデメリットを感じさせない

26歳ニート 就職

26歳のニートが就職を成功させる1つ目のコツは、『就業経験がないデメリットを感じさせない』です。

過去の経験や学びを通じて培ったスキルや成果をアピールし、自己のポテンシャルを引き立てることがポイント。

面接では自信をもって強みを伝え、将来的な成長と貢献意欲を示す姿勢が大切です。

自分の経験不足を否定せず、学びの意欲や成長志向を強調することも重要です。

新しい環境での学びと成長への積極的な姿勢が、企業に魅力的に映ります。

経験が少ないからこそ、新しい挑戦の意欲を伝えましょう。

ニートになった理由を説明できるようにする

26歳ニート 就職

26歳のニートが就職を成功させる2つ目のコツは、『ニートになった理由を説明できるようにする』です。

ニートが面接でほぼ確実に質問されることは、『なぜ正社員に就職せず、今までニートを続けてきたのか?』です。

ドフラ
これって、結構イヤな質問ですよね。

以前の僕もそうでしたが、ぶっちゃけニートを続けていたことに特別な理由がなかったり、ただ就職から逃げてダラダラしていただけだったり…というのが本音ではないでしょうか。

でも、安心してください。面接官の方も、あなたがニートだったことに、特別な理由があるとは思っていません。

面接官がこの質問で確かめたいことは、『あなたが本気で就職するつもりがあるのか?』と『あなたが嘘をつかない真面目な人間かどうか?』です。

ニートの中には『役者を目指していた』とか『バンドで夢を追いかけていた』という人もいると思いますが、それは少数。世の中の9割以上のニートは、なんとなくニートを続けていると思います。

そして、それは面接官もわかっている。その上で面接をしてくれています。

だからこそ、下記のような誠実さが伝わる回答をするのがおすすめです。

『恥ずかしながら、今まで人生についてあまり深く考えることがなく、なんとなくニートを続けてきてしまいました。しかし年齢的にも人生をやり直すなら今しかないと思い、本気で正社員に就職しようと決意しました。今後は同世代の社会人に負けないように努力して、御社や社会に貢献できる人材になりたいと考えております!』

人間は感情で動く生き物です。きれいな言葉や言い訳を使ってごまかすのではなく、とにかくあなたの就職に対する熱意をぶつけましょう。

面接官は今までに数百人の求職者を見てきた面接のプロなので、簡単にだますことはできませんし、嘘がバレると不誠実な人間だと思われて、即不採用になります。

ニートだった過去は変えれないので、誠実な心で真正面から質問に答えれば大丈夫です。あなたの本音を伝えましょう。

ニート期間中にやったことを整理する

26歳ニート 就職

26歳のニートが就職を成功させる3つ目のコツは、『ニート期間中にやったことを整理する』です。

読書や資格の勉強、ボランティア活動、公務員を目指していた経験などを振り返り、身についた能力や学びを整理しておきましょう。

これにより、応募書類や面接でアピールできる材料が増えます。

『今まではニート状態だったけど、現在は前向きに何かに取り組んでいる』という姿勢を見せることが大切です。

行動を先延ばしにしない

26歳ニート 就職

26歳のニートが就職を成功させる4つ目のコツは、『行動を先延ばしにしない』です。

若さには限りがあるため、人生をやり直すなら今すぐに行動するべきです。

なぜなら、年齢が上がるほど、ニートからの就職は難しくなるから…。

実際に「労働政策研究・研修機構」が1年前(2015年)にニートだった人の現状(2016年)を調査したデータによると、年齢別のニートの就職率は以下のとおりです。

  • 20~24歳:男性20.6%・女性22.7%
  • 25~29歳:男性22.0%・女性18.3%
  • 30~34歳:男性12.5%・女性10.7%
  • 35~39歳:男性9.8%・女性8.4%

(引用元:若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状③―平成29年版「職業構造基本調査」より―』(P23)

上記のとおり。

ニートからの就職率は、年齢が上がるほど低くなっています。

行動を先延ばしにせず、今すぐに行動することが成功への道ですよ。

妥協点を考えておく

26歳ニート 就職

26歳のニートが就職を成功させる5つ目のコツは、『妥協点を考えておく』です。

こだわりが強い人は、理想の条件に合う仕事を見つけるのが難しく、妥協できないと就職できる可能性は低くなります。

妥協点を考えて柔軟に検討することで、若いうちに正社員としてキャリアをスタートさせることができます。

条件にこだわりすぎず、現実的な妥協点を準備しておくことで、採用される可能性が高まり、良い仕事に出会うチャンスも増えるのです。

過度な条件にこだわらず、実現可能なキャリア目標を設定し、着実にスキルや経験を積むことで、ニートからの就職が現実のものとなります。

十分に情報収集する

26歳ニート 就職

26歳のニートが就職を成功させる6つ目のコツは、『十分に情報収集する』です。

経験やスキルに合った職種や企業を見つけるためには、求人情報や企業の特徴を十分に理解することが必要です。

これにより最適な選択肢を見極め、就職活動をより効果的に進められます。

企業や職種に関する深い知識は、面接や選考プロセスで的確な質問や意見を述べるときや、自分の強みをアピールするときに役立ちます。

情報収集を通じて得た知識は、自信につながり、採用担当者に好印象を与える要素にもなります。

企業の価値観や風土を理解することで、入社後のミスマッチを防ぎ、長期的なキャリア形成を実現しやすくなるでしょう。

相談しながら就職活動する

26歳ニート 就職

26歳のニートが就職を成功させる7つ目のコツは、『相談しながら就職活動する』です。

就職活動において、経験者や専門家に相談し、アドバイスを受けることは重要です。

信頼できる相手に相談すると、課題や弱点の克服、アピールポイントの強化ができます。

異なる視点や経験から得られる新しい情報は、さまざまな業界や企業について理解を深め、自分に合う仕事を見つけるヒントになります。

また、就職活動はストレスがかかりやすいですが、相談できる相手がいることで、精神的なサポートが得られ、モチベーションも維持しやすくなる。

応募書類の作成や面接対策、自己分析や企業研究のやり方など、具体的なアドバイスを得ることも可能です。

僕も26歳で就活を始めた時は自分ひとりでやっていましたが、就職の軸が決まらず、自分のサボりぐせもあって、就活が全然うまくいきませんでした…。

しかしその後、転職エージェントを利用して、26歳でIT企業の正社員に就職することができ、その2年後に年収500万円になり人生が変わりました。

26歳なら、まだ間に合います。

あとは、あなたが行動するかしないか、だけです。

こんなにダメダメだった僕でも人生変えれたわけですから、この記事を読むほど意識の高いあなたなら、必ず人生変えれると思いますよ。

ドフラ
僕が『ニートからIT企業の正社員に就職するまでにやったこと』が知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

26歳ニートが就職で失敗しない方法を伝えます!

26歳ニート 就職

では26歳ニートが、就職で失敗しないためには、具体的にどうすればいいのか?

結論をいうと、『26歳ニートに特化した転職エージェント』に無料登録すればOKです。

26歳ニートの就活の流れは、次のとおりです。

  • ニート向けの転職エージェントに無料登録する
  • 担当アドバイザーに無料で就職相談する
  • 自分に合う仕事を紹介してもらい応募してみる

転職エージェントに登録すれば、あとは担当アドバイザーが就職までサポートしてくれるので、めちゃくちゃ楽です。

でも就活を自分ひとりでやろうとすると、企業選びから面接対策まで全部自分でやらないといけないので、かなり大変です。

ちなみに、記事を書いている僕は、ニートのときに自分ひとりで就活して、30社応募しても内定ゼロという失敗をしています…。

僕のような失敗をしたくなければ、最初からプロに頼るのがおすすめですね。

26歳ニートに特化した転職エージェントには、ニートからの就職事例がたくさんあるので、とりあえず登録してみて、『自分にはどんな仕事が選べるのか?』を聞いてみるのはいかがですか?

行動しないと、人生は何も変わりません。むしろニート期間が長いほど、損することが増えていきます。

『今すぐニートを辞めろ』とは言いませんが、徐々に行動して変えていかないとですね。

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、ニートからIT企業の正社員に就職できましたよ。

26歳ニートが終わりといわれる5つの理由【まとめ】

最後に、『26歳ニートが終わりといわれる5つの理由』をまとめておきます。

  • 自己肯定感の低下
  • 経済的な問題
  • 社会的なつながりの欠如
  • 周囲の期待によるプレッシャー
  • 人生の目標や夢を実現する不安

『いつかニートを抜け出したい…』と思いつつ、なかなか行動できない人もいますよね?

でも、もしあなたが26歳なら、今すぐにニートを辞めるべきです。

なぜならニートから正社員に就職するときに、『年齢が高いほど不利になるから』です。

未経験の人材を採用する企業側は、『入社後の教育のしやすさ』や『活躍できる期間の長さ』を評価します。

そのため、26歳の人材と29歳の人材を比較したときに、両者の指導のしやすさや将来性を考えて、年齢の若い26歳の人材が採用されやすいです。

ですから、人生を振り返って後悔したくない方は、今すぐに行動しておいてくださいね。

あとは、あなた次第です。

今から行動して、あなたの理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
『本気で人生やり直したい!』という方は、今すぐ転職エージェントに登録してくださいね。