30代ニート 手遅れ
30代でニートの人『30代でニートから人生やり直せるかな?このままだとやばい気がする…。どうすればいいの?』

このような方に向けて、記事を書いています。

一度は就職したものの仕事が合わなくてニートになった人、就職先が見つからずに仕方なくニートになった人。30代でニートをしている人には様々な事情があると思います。

でも30代になると、周りの友人のほとんどが社会人になり、急に『ニートのままだとやばいかも…』という危機感が強くなりますよね。

しかし、いざ就職しようと思っても、何から手をつけたらいいのかわからず、結局ニートから抜け出せない人も多いです。

では30代のニートが人生やり直すためには、どうすればいいのか?

結論からいうと、30代のニートが今すぐにやるべきことは、次の3つです。

  • 30代ニート向けの転職エージェントに無料登録する
  • 担当アドバイザーに無料で就職相談する
  • 自分に合う仕事を紹介してもらい応募してみる

上記のとおり。

世の中には、30代ニートの就職をサポートしてくれる『転職エージェント』があるので、とりあえずここに相談するのが1番早いです。

しかも全て無料で利用できるので、あなたのリスクはゼロ。これを利用しない手はないですよね。
30代ニートにおすすめの転職エージェント3社【すべて無料】

ドフラ
こんにちは。就職アドバイザーのドフラです。

記事を書いている僕は26歳までニート生活とフリーター生活を行ったりきたりしていました。その後、IT業界に就職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代30代向けに就職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計978名の方にインタビューしてきたので、30代ニートのリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、ニート期間がある状態から就職した僕が『30代ニートが手遅れになる7つの理由』から『30代ニートが就職を成功させる方法』までを解説しています。

この記事を読めば、ニートの未来に不安を抱えている方でも、人生を変えるための一歩が踏み出せるようになります。

3分ぐらいで読める内容なので、さっそく見ていきましょう〜。

今すぐにニートから正社員に就職したい!という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

30代ニートは手遅れ?人生終わり?【失敗する理由は超簡単です】

30代ニート 手遅れ

30代でニート状態になっている人の多くが、正社員になるきっかけがなくて、なんとなくニート生活を続けてしまっています。

世の中には『30代のニートは手遅れだ!』とか『30代ニートの就職は無理だ!』などと発言する人もいるので、30代ニートは就職できないかも…と不安になりますよね?

しかし、世の中には30代ニートから正社員に就職成功した事例もあるので、今からの本人の努力次第で、就職して人生をやり直すことは可能です。

ただし、1秒でも早く行動しないと、手遅れになるリスクがあるので、そこだけは注意してください。

その理由は、以下のとおり。

  • 経済的な制約
  • 自己評価の低下
  • 社会的な孤立
  • 心理的な負担
  • 職歴の欠如
  • 年齢による競争力の低下
  • 面接での説明責任

ここからは、『30代ニートが手遅れになる7つの理由』をそれぞれ解説していきますね。

30代ニートが手遅れになる理由①:経済的な制約

30代ニート 手遅れ

30代ニートが手遅れになる理由の1つ目は、『経済的な制約』です。

ニート生活は、経済的な問題を引き起こす可能性があります。

長期的な雇用の欠如により、収入が減少し、貯金や経済的な安定が損なわれる可能性が高いです。

このような経済的な制約は、再就職や再教育のための財政的な余裕を制限し、将来の成功の障害になりやすいです。

30代ニートが手遅れになる理由②:自己評価の低下

30代ニート 手遅れ

30代ニートが手遅れになる理由の2つ目は、『自己評価の低下』です。

長期間のニート生活は、自己評価や自信に悪影響を及ぼす可能性があります。

他の人と比較して劣っていると感じることが多くなり、自己効力感が低下し、将来への希望を失うこともあります。

また、『社会的な評価や周囲の期待に応えられない』と感じることも、自己評価を下げる要因です。

30代ニートが手遅れになる理由③:社会的な孤立

30代ニート 手遅れ

30代ニートが手遅れになる理由の3つ目は、『社会的な孤立』です。

ニート生活は、社会的な孤立感をもたらすリスクがあります。

仕事や学校を通じて人間関係を築く機会が減少し、日常的な社会的な接触が制限されます。

このような状況では、友人や社会的なネットワークが限られてしまい、支えや助言を求める場が限定されます。

社会的な孤立は、将来の展望や機会を制約する可能性が高いです。

30代ニートが手遅れになる理由④:心理的な負担

30代ニート 手遅れ

30代ニートが手遅れになる理由の4つ目は、『心理的な負担』です。

長期間のニート生活は、心理的な負担を引き起こす可能性があります。

自己価値感の低下、将来への不安、孤独感、うつ病や不安障害などの精神的な問題が発生することも…。

これらの心理的な負担は、再就職や自己成長への取り組みを妨げるだけでなく、個人の幸福や満足感にも深刻な影響を与える可能性があります。

30代ニートが手遅れになる理由⑤:職歴の欠如

30代ニート 手遅れ

30代ニートが手遅れになる理由の5つ目は、『職歴の欠如』です。

長期間のニート生活は、就職における職歴の欠如を意味します。

職歴は雇用主にとって重要な要素であり、経験を通じて磨かれるスキルや成果を示すものです。

一般的に、他の候補者と比較して職歴がない場合、雇用競争力が低下し、求職者の選択肢が制限される可能性があります。

30代ニートが手遅れになる理由⑥:年齢による競争力の低下

30代ニート 手遅れ

30代ニートが手遅れになる理由の6つ目は、『年齢による競争力の低下』です。

30代は就職市場において、若干の競争力の低下が見られることがあります。

企業はしばしば若い候補者を採用し、将来的な成長や長期的な雇用を見越して採用する傾向があります。

そのため、他の応募者と比較して年齢が上であることで、求職者の選択肢が制限されることも…。

30代ニートが手遅れになる理由⑦:面接での説明責任

30代ニート 手遅れ

30代ニートが手遅れになる理由の7つ目は、『面接での説明責任』です。

長期間のニート期間がある場合、その間の活動や理由についての説明責任が求められることがあります。

面接官は、ニート期間中に何をしていたのか、どのような成長や学びがあったのかについて質問する可能性が高いです。

適切な説明や納得のいく回答ができない場合、採用のリスクが高まる可能性があります。

ドフラ
ニートから就職に失敗したくない方は、以下の記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。

30代ニートの就職は無理じゃない!手遅れと諦めないでください

30代ニート手遅れ

30代のニート状態からの就職は、決して無理ではありません。

なぜなら、30~34歳のニートの就職率は『男性:12.5%・女性:10.7%』、35~39歳のニートの就職率は『男性:9.8%・女性:8.4%』というデータがあるからです。

実際に、労働に関する調査研究を行なう「労働政策研究・研修機構」が1年前(2015年)にニートだった人の現状(2016年)を調査したデータによると、年齢別のニートの就職率は以下のとおり。

  • 20~24歳:男性20.6%・女性22.7%
  • 25~29歳:男性22.0%・女性18.3%
  • 30~34歳:男性12.5%・女性10.7%
  • 35~39歳:男性9.8%・女性8.4%
  • 40〜44歳:男性7.9%・女性7.1%

(引用元:若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状③―平成29年版「職業構造基本調査」より―』(P23)

上記のとおり、世の中には、30代でニートから正社員に就職している人はいます。

ちなみに、ニートから就職した30代の人数は、合計で『約60,850人』もいます。(※2015年から2016年のデータから算出)

ただし上記のデータからもわかるとおり、年齢が上がるほど、ニートからの就職は難しくなるので、1歳でも若いうちに行動するのが安全です。

僕もニート時代は『低収入・スキルなし・経験なし・実績なし・資格なし・コネなし・自信なし』という状態だったので、将来に不安しかありませんでした。

しかしその後、転職エージェントを利用して、ニートからIT企業の正社員に就職することができ、その2年後に年収500万円になり人生が変わりました。

30代なら、まだ間に合います。

人生を振り返って後悔しないように、ぜひ手遅れになる前に行動しておいてくださいね。

こんなにダメダメだった僕でも人生変えれたわけですから、この記事を読むほど意識の高いあなたなら、必ず人生変えれると思いますよ。

ドフラ
『無料で4日間の就職講座を受ける方法』が知りたい方は、以下の記事をどうぞ。

30代ニートが就職を成功させる方法を伝えます!

30代ニート 就職

では30代ニートが、就職で失敗しないためには、具体的にどうすればいいのか?

結論をいうと、『30代ニートに特化した転職エージェント』に無料登録すればOKです。

30代ニートの就活の流れは、次のとおりです。

  • 30代ニート向けの転職エージェントに無料登録する
  • 担当アドバイザーに無料で就職相談する
  • 自分に合う仕事を紹介してもらい応募してみる

転職エージェントに登録すれば、あとは担当アドバイザーが就職までサポートしてくれるので、とても心強いです。

でも就活を自分ひとりでやろうとすると、企業選びから面接対策まで全部自分でやらないといけないので、かなり大変です。

ちなみに、記事を書いている僕は、フリーターのときに自分ひとりで就活して、30社応募しても内定ゼロという失敗をしています…。

僕のような失敗をしたくなければ、最初からプロに頼るのがおすすめですね。

30代ニートに特化した転職エージェントには、ニートからの就職事例がたくさんあるので、とりあえず登録してみて、『自分にはどんな仕事が選べるのか?』を聞いてみるのはいかがですか?

行動しないと、人生は何も変わりません。むしろニート期間が長いほど、損することが増えていきます。

『今すぐニートを辞めろ』とは言いませんが、徐々に行動して変えていかないとですね。

ドフラ
ニートから就職で失敗したくない方は、以下の記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。

30代ニートが手遅れになる7つの理由【まとめ】

最後に、『30代ニートが手遅れになる7つの理由』をまとめておきます。

  • 経済的な制約
  • 自己評価の低下
  • 社会的な孤立
  • 心理的な負担
  • 職歴の欠如
  • 年齢による競争力の低下
  • 面接での説明責任

『いつかニートを抜け出したい…』と思いつつ、なかなか行動できない人もいますよね?

でも、もしあなたが30代なら、今すぐにニートを辞めるべきです。

なぜならニートから正社員に就職するときに、『年齢が高いほど不利になるから』です。

未経験の人材を採用する企業側は、『入社後の教育のしやすさ』や『活躍できる期間の長さ』を評価します。

そのため、30歳の人材と39歳の人材を比較したときに、両者の指導のしやすさや将来性を考えて、年齢の若い30歳の人材が採用されやすいです。

ですから、人生を振り返って後悔したくない方は、今すぐに行動しておいてくださいね。

あとは、あなた次第です。

今から行動して、あなたの理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
『本気で人生やり直したい!』という方は、今すぐ転職エージェントに登録してくださいね。