27歳 フリーター 就職
27歳でフリーターの人『27歳のフリーターから人生やり直せるかな?このままだとやばい気がする…。どうすればいいの?』

このような方に向けて、記事を書いています。

一度は就職したものの仕事が合わなくてフリーターになった人、夢を叶えるためにフリーターになった人。27歳でフリーターを続けている方には様々な事情があると思います。

でも27歳になると、周りの友人のほとんどが社会人になり、急に『フリーターのままだとやばいかも…』という危機感が強くなりますよね。

しかし、いざ就職しようと思っても、何から手をつけたらいいのかわからず、結局フリーターから抜け出せない人も多いです。

では27歳のフリーターが人生やり直すためには、どうすればいいのか?

結論からいうと、27歳のフリーターが今すぐにやるべきことは、次の3つです。

  • フリーター向けの転職エージェントに無料登録する
  • 担当アドバイザーに無料で就職相談する
  • 自分に合う仕事を紹介してもらい応募してみる

上記のとおり。

世の中には、27歳フリーターの就職をサポートしてくれる『転職エージェント』があるので、とりあえずここに相談するのが1番早いです。

しかも全て無料で利用できるので、あなたのリスクはゼロ。これを利用しない手はないですよね。
27歳フリーターにおすすめの転職エージェント3社【すべて無料】

ドフラ
こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計978名の方にインタビューしてきたので、27歳フリーターのリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、27歳でフリーターから就職した方の体験談を紹介しつつ、『27歳のフリーターが就職を成功させるコツ』から『27歳のフリーターが就職するメリットやおすすめの仕事』までを解説していきます。

この記事を読めば、27歳のフリーターの未来に不安を抱えている方でも、人生を変えるための一歩が踏み出せるようになります。

3分で読める内容ですので、それではいきましょう~。

『今すぐにフリーターから正社員に就職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

27歳フリーターでも就職できる!ただし2年以内に行動すべき

27歳 フリーター 就職

僕がこれまでにインタビューした27歳フリーターの方は、飲食店、居酒屋、コンビニ、メガネ店、靴屋、倉庫作業、ガソリンスタンド、スポーツジム、カードショップ…などのアルバイトをしていました。

だいたい月給15〜20万円の方が多く、実家暮らしなら生活していける…という感じでした。

では、なぜ27歳フリーターは2年以内に就職するべきなのか?

27歳フリーターが2年以内に正社員になるべき1番の理由は、30代になると一気に就職が難しくなるから、です。

一般的に、20代は採用後の育成を前提にポテンシャル採用してもらえる可能性が高いですが、30代は即戦力としてスキルや経験を求められる場合が多いです。

そのため、27歳以降のフリーターは年齢が上がるほど、書類選考で落とされやすくなります。

実際に、労働に関する調査研究を行う労働政策研究・研修機構の調査では、2017年度に非正規雇用から正社員に移行した割合は、27歳が含まれる25〜29歳で25.5%、30~34歳は18.1%、35~39歳は15.5%でした。

男女別に、非正規雇用から正社員に移行した割合をみると、以下のとおり。

【男性の正社員移行率】
25〜29歳:40.1%
30~34歳:34.3%
35~39歳:29.8%

【女性の正社員移行率】
25〜29歳:25.5%
30~34歳:18.1%
35~39歳:15.5%

(参照元:独立行政法人労働政策研究・研修機構「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状3 -平成29年版「就業構造基本調査」より- p78」

上記のとおり、27歳以降のフリーターは、年齢上がるほど、正社員に就職するのが難しくなる傾向があります。

さらに、30歳に近づくにつれて、未経験から応募できる求人数も少なくなるので、現在27歳の方は早めに就職しておきたいところです。

※27歳のフリーターが就職しないとどうなるかをこちらの『27歳フリーターがやばい理由【手遅れ?就職活動の現実と失敗談】』で紹介していますので、あわせてご覧ください。

27歳フリーターの割合は?【20代男性の8割は正社員です】

27歳 フリーター 就職

ここでは、27歳フリーターの割合をみていきましょう。

厚生労働省のデータによると、27歳が含まれる25〜29歳の正社員とフリーターの割合は、以下のとおり。

  • 25〜29歳の正社員:73.2%
  • 25〜29歳の正社員以外:26.8%

(参照元:厚生労働省「平成30年若年者雇用実態調査の概況 個人調査 1 現在の就業状況 表13 性、年齢階級・在学の有無・最終学歴、雇用・就業形態別若年労働者割合」

上記のとおり、27歳前後の人の7割以上が正社員として働いています。

ちなみに、男性の25〜29歳の正社員の割合は82.4%なので、20代男性の8割以上は正社員ということになります。

また、総務省統計局の労働力調査によると、2022年時点でフリーターの数は132万人となっており、日本における総人口の約1%の割合です。

つまり、フリーターは約100人に1人しかいない…ということです。

さらに、2021年から2022年にかけて、フリーターの数は約6万人も減少しているため、今後もフリーターを続ける人は少なくなりそうですね…。

また、フリーターと正社員では、生涯年収の格差、社会保障や福利厚生の格差、身につく経験やスキルの格差などもあります。

就職活動を先延ばしにするほど、人生の損失は大きくなっていくので、手遅れになる前に行動しておきましょう。

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円のIT企業に就職できましたよ。

27歳フリーターが就職するメリット【正社員との格差がやばい…】

27歳 フリーター 就職
27歳でフリーターの人『27歳でフリーターから正社員に就職する人と、就職せずにフリーターを続ける人では、具体的にどんな違いがあるの?』

このような疑問もありますよね。

ここからは、「27歳フリーターが就職する7つのメリット」を紹介しますので、正社員になるとどんな未来が手に入るのかをイメージしてみましょう。

雇用が安定する

27歳 フリーター 就職

27歳フリーターが就職するメリットの1つ目は、『雇用が安定する』です。

正社員は一度採用されると、特別な事情がない限り解雇されません。

いっぽうで、フリーターは企業の業績が悪化したり、自分の勤務態度が良くなかったりすると、突然クビにされることがあります。

『いつクビになるかわからない…』という状況で働くのは、精神的にもキツいですよね。

27歳のうちに正社員に就職することで、収入や生活が安定し、将来的に結婚や子育て、マイホームの購入といった人生設計も立てやすくなります。

給料・生涯年収が高くなる

27歳 フリーター 就職

27歳フリーターが就職するメリットの2つ目は、『給料・生涯年収が高くなる』です。

厚生労働省が発表した「令和4年賃金構造基本統計調査の概況」によると、フリーターを含む非正規雇用の平均月収は22万1,300円、正社員の平均月収は32万8,000円となっています。

つまり、正社員の月収はフリーターの約1.5倍、ということです。

年齢別に、正社員とフリーターを含む非正規雇用の平均月収を比較すると、以下のとおり。

20〜24歳の正社員:22万1,000円
20〜24歳の非正規:19万6,200円

25〜29歳の正社員:25万5,900円
25〜29歳の非正規:21万2,300円

30〜34歳の正社員:28万8,400円
30〜34歳の非正規:21万5,500円

35〜39歳の正社員:32万3,500円
35〜39歳の非正規:21万3,300円

40〜44歳の正社員:34万7,500円
40〜44歳の非正規:21万7,600円

(参照元:厚生労働省「令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概要『雇用形態別にみた賃金』第6-1表 雇用形態、性、年齢階級別賃金、対前年増減率及び雇用形態間賃金格差」

上記をみると、どの年齢層においても、正社員の給料はフリーターを上回っています。

27歳のフリーターは正社員に就職すると、毎月4万3,000円ほど給料がアップする可能性があります。

また、正社員は年齢が上がるにつれて給料も増えますが、フリーターは年齢が上がっても給料は横ばいの状態です。

そのため、フリーターと正社員の収入差は、年齢が上がるほど大きくなるといえます。

実際に、労働政策研究・研修機構の「ユースフル労働統計2022」によると、フリーターと正社員の生涯年収の格差は最大1億円です。

大卒・高卒の正社員とフリーターの生涯年収の格差は、以下のとおり。

【大卒男性の生涯年収の格差】
正社員:2億6,000万円
フリーター:1億6,000万円

【高卒男性の生涯年収の格差】
正社員:2億1,000万円
フリーター:1億3,000万円

【大卒女性の生涯年収の格差】
正社員:2億1,000万円
フリーター:1億2,000万円

【高卒女性の生涯年収の格差】
正社員:1億5,000万円
フリーター:1億円

(参照元:労働政策研究・研修機構 ユースフル労働統計労働統計加工指標集2022(p317、P336)

正社員は基本給が高いだけでなく、賞与や手当、退職金などももらえるため、フリーターよりも生涯年収が高くなるのです。

上記の給料や生涯年収の格差をしっかり考えた上で、27歳以降もフリーターのままで問題ないかを判断してくださいね。

福利厚生を受けられる

27歳 フリーター 就職

27歳フリーターが就職するメリットの3つ目は、『福利厚生を受けられる』です。

フリーターでも一部の企業で福利厚生を受けられる場合がありますが、一般的には正社員の方が多くの福利厚生を受けることができます。

福利厚生の例は、以下のとおりです。

  • 家族手当
  • 社員食堂
  • 家賃補助・社宅・独身寮
  • 健康診断
  • 託児施設
  • 財形貯蓄制度
  • 慶弔・災害見舞金
  • 宿泊施設やレジャー施設の代金補助
  • ジムやマッサージの代金補助
  • 資格支援・図書手当

福利厚生は金銭的な補助に加えて、託児施設の利用など日常生活をサポートするものや、社員のキャリアアップやスキルアップに役立つものも含まれています。

社会保障を受けられる

27歳 フリーター 就職

27歳フリーターが就職するメリットの4つ目は、『社会保障を受けられる』です。

正社員は基本的に社会保険に加入が必須ですが、フリーターは加入条件を満たしていないと加入することができません。

社会保険は、以下の4つから成り立っています。

  • 健康保険:仕事以外の怪我や病気に対する補償であり、治療費の一部が補助される。出産時には出産手当金や傷病手当金として、給与の3分の2程度を受け取れる制度もある。
  • 厚生年金保険:全ての国民が支払い義務のある、国民保険に加えられる保険で、厚生年金保険受給者の方が将来の受給額が高い。企業は保険料の半額を負担し、配偶者は保険料を払わずに保障の対象になることも可能。
  • 雇用保険::失業時に給付金を受け取れる保険で、失業保険とも呼ばれる。失業した場合に一定期間にわたり給付金を受け取れる。
  • 労災保険:仕事中や通勤中のケガや病気に対する保険で、対象の怪我や病気の治療費が全額補償される。雇用者本人や遺族が保険金を受け取れる。

27歳のうちに正社員に就職すれば、上記の保険を早い段階で受けられるので、安心して普段の生活を送ることができます。

社会的信用が上がる

27歳 フリーター 就職

27歳フリーターが就職するメリットの5つ目は、『社会的信用が上がる』です。

正社員はフリーターと比べて、仕事と収入が安定しているため、社会的信用を得やすい傾向があります。

この社会的信用は、クレジットカードの審査や転職などにも影響します。

クレジットカードを作る場合、返済能力や現在の働き方などが審査され、正社員はフリーターと比べて審査が通りやすいです。

また、将来的に車やマイホームを購入するときなども、正社員はローンの審査を通過しやすいです。

さらに、転職する際も正社員の実績があれば、「この人は正社員として働ける能力がある」と信頼されやすくなり、転職がスムーズに進む場合が多いです。

いまの時代はどんな仕事をしていても、一生安泰というのはあり得ません。将来的には『転職してキャリアの選択肢を広げる』という考え方も大事になります。

27歳でフリーターから就職しておくことで、あなたが世の中からどう見られるかが、大きく変わるということですね。

スキルアップ・キャリアアップがしやすい

27歳 フリーター 就職

27歳フリーターが就職するメリットの6つ目は、『スキルアップ・キャリアアップがしやすい』です。

フリーターは好きなときに自由に働けますが、そのせいで責任のある仕事を任せてもらえず、ずっと同じ単純作業をくり返している人が多い。

そのため、フリーターを数年続けたけど、何もスキルが身につかなかった…というのはよくある話です。

いっぽうで、正社員は社内で研修を受けれたり、幅広い業務を深く経験できたりするので、専門的な知識や個人のスキルが身につきます。

27歳のうちに正社員に就職した人は、早い段階で人材の市場価値を高めることができます。

若手として見られるうちに就職できる

27歳 フリーター 就職

27歳フリーターが就職するメリットの7つ目は、『若手として見られるうちに就職できる』です。

フリーターから正社員に就職する場合、未経験から採用してもらえる求人に応募することになります。

しかし、年齢が上がるにつれて、未経験から挑戦できる仕事は少なくなります。

その理由は、年齢の高い社員が入社すると、企業側の社員が年上の部下を持つことになり、年上の部下に対して「部下として扱いづらい」「仕事を頼みにくい」と感じるからです。

また、20代の若いうちに就職しておけば、「まだ若いから仕方ないよね〜」と職場で許してもらえることも多いです。

いっぽうで、年齢が30歳に近づくと、即戦力として期待されることも増えるので、「何でこんなこともできないの?」と厳しい目で見られることもある…。

上記のとおり、「就職のしやすさ」や「入社後の働きやすさ」を考えると、27歳のうちに行動しておくのがおすすめですよ。

※27歳フリーターの就職が難しい理由をこちらの「27歳が就職できない5つの理由【27歳職歴なしのリアルとは?】」で紹介していますので、ぜひご一読ください。

27歳のフリーターが就職で失敗しない方法を伝えます!

27歳 フリーター 就職

では27歳のフリーターの方が、就職で失敗しないためには、具体的にどうすればいいのか?

結論をいうと、『27歳フリーターに特化した転職エージェント』に無料登録すればOKです。

27歳フリーターの就活の流れは、次のとおりです。

  • フリーター向けの転職エージェントに無料登録する
  • 担当アドバイザーに無料で就職相談する
  • 自分に合う仕事を紹介してもらい応募してみる

転職エージェントに登録すれば、あとは担当アドバイザーが就職までサポートしてくれるので、めちゃくちゃ楽です。

でも就活を自分ひとりでやろうとすると、企業選びから面接対策まで全部自分でやらないといけないので、かなり大変です。

ちなみに、記事を書いている僕は、フリーターのときに自分ひとりで就活して、30社応募しても内定ゼロという失敗をしています…。

僕のような失敗をしたくなければ、最初からプロに頼るのがおすすめですね。

27歳フリーターに特化した転職エージェントには、フリーターからの就職事例がたくさんあるので、とりあえず登録してみて、『自分にはどんな仕事が選べるのか?』を聴いてみるのはいかがですか?

行動しないと、人生は何も変わりません。むしろフリーター期間が長いほど、損することが増えていきます。

『今すぐフリーターを辞めろ』とは言いませんが、徐々に行動して変えていかないとですね。

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円のIT企業に就職できましたよ。

27歳フリーターが就職しやすい職種を紹介|正社員経験なしでもOK!

27歳 フリーター 就職

27歳のフリーターから就職を成功させるコツは、「未経験OKの求人」や「フリーターの就職実績が多い求人」を選ぶことです。

世の中には、経験がないと就職が難しい職業もあるため、まずは経験やスキルを積むことから始めるのがおすすめです。

ここからは、27歳のフリーターが就職しやすい職種を紹介しますので、自分に合いそうな仕事を考えてみてくださいね。

営業職

27歳 フリーター 就職

27歳フリーターが就職しやすい職種の1つ目は、『営業職』です。

営業職は、自社の商品やサービスを提案してお客様の課題を解決する仕事で、どの業界でも『会社の売上をつくる重要な職種』として需要が高まっています。

また、営業職は就職するにあたり、特別な資格や専門的な知識・スキルが不要なため27歳のフリーターでも採用してもらえる可能性が高いです。

企業によっては、インセンティブ制度が用意されており、成果に応じて基本給以上の給与を得ることもできます。

営業の仕事を経験すると、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力などのビジネスの基本スキルが身につくため、将来的にどの業界でも転職しやすくなるというメリットがあります。

営業職にはルート営業や新規開拓営業、内勤営業など様々な形態が存在するので、自分に合った働き方を見つけやすいです。

※フリーターから営業職に就職した20代後半の男性の体験談を、こちらの「大学中退の26歳が就職できた体験談【なんとかなる!資格なしです】」で紹介していますので、あわせてご覧ください。

接客・販売職

27歳 フリーター 就職

27歳フリーターが就職しやすい職種の2つ目は、『接客・販売職』です。

接客・販売職は、商品やサービスの販売をする仕事で、未経験でも人柄で採用してもらえることが多く、27歳のフリーターでも挑戦しやすいです。

また、27歳でフリーターの方の中には、接客や販売のアルバイト経験がある方もいると思います。

その場合は、アルバイト経験をアピールすれば、書類選考や面接で有利になります。

接客・販売職では、年齢や経験年数に関係なく、仕事の成果や頑張りが評価されて、店長やマネージャーに昇進できるケースもあります。

そのため、人と話すのが好きな方や目標に向かって努力できる方は、接客・販売職で成功しやすいです。

※フリーターから接客・販売職に就職した20代男性の体験談を、こちらの「飲食店フリーターが底辺から抜け出した体験談【22歳男性の実話】」で紹介していますので、ぜひご一読ください。

ITエンジニア

27歳 フリーター 就職

27歳フリーターが就職しやすい職種の3つ目は、『ITエンジニア』です。

「ITエンジニアは難しそう…」「ITエンジニアは未経験だと無理そう…」というイメージを持っている方も多いと思います。

しかし最近は、時代の変化とともに、多様なニーズに対応するITエンジニアが不足しており、未経験者を採用する企業も増えています。

実際に、未経験OKのITエンジニアの求人は多く、入社後に研修を受けながら学べるなど、教育体制が整っている企業は特におすすめです。

ITエンジニアのプログラミングスキルは、AI技術が進展する未来においても有益なものであり、一生もののスキルとして活かせます。

ただし、IT技術は進化のスピードが早いため、就職した後も継続的に学び続けることが必要です。

そのため、プログラミングに高い好奇心を持てる方や変化に対応するのが苦にならない方は、ITエンジニアに向いています。

※フリーターからITエンジニアに就職した20代後半の女性の体験談を、こちらの「26歳フリーターの女性が就職できた理由【26歳女性の体験談あり】」で紹介していますので、ぜひご覧ください。

施工管理

27歳 フリーター 就職

27歳フリーターが就職しやすい職種の4つ目は、『施工管理』です。

施工管理は安全な建築物を建設できるよう、建築現場において指揮し、管理する仕事です。

建設のスケジュール管理や予算の管理、安全面の管理や事務的な手続きなど、建築工事をトータルで管理します。

『管理の仕事=ハードルが高い』という印象があるかもしれませんが、無資格・未経験でも挑戦できる仕事の一つです。

施工管理の仕事を経験することで、スケジュールを調整する能力やトラブルへの対応力、現場を指揮するマネジメント力が身につきます。

さらに、ある程度の実務経験を積んだ後は国家資格を取得することも可能で、平均年収は400万円〜600万円。

施工管理の中には、年収700万円以上を稼ぐ人もいます。

「安定的にキャリアも収入もアップしていきたい」「将来的には人をまとめるリーダーの役割に挑戦したい」という方は、施工管理が特におすすめです。

※フリーターから施工管理に就職した27歳男性の体験談を、こちらの「コンビニバイトから転職できた体験談【27歳で正社員になれた!】」で紹介していますので、あわせてご覧ください。

介護職

27歳 フリーター 就職

27歳フリーターが就職しやすい職種の5つ目は、『介護職』です。

おそらく多くの方がご存知かと思いますが、介護業界は特に深刻な人材不足に悩まされており、介護職は未経験から挑戦しやすい職種です。

特に介護職は一定の体力が必要となるにもかかわらず、平均年齢が高いため、若さと体力をアピールできる27歳フリーターの方には有利です。

また、介護業界には資格取得のサポートが充実する企業も多く、無資格から介護職に就職したあと、働きながら資格を取得できるメリットもあります。

資格を取得すれば、業務の幅が広がるだけでなく、資格手当の支給も期待できます。

介護職は「自分が人や社会の役に立っていること」を実感しやすいため、誰かの役に立ちたいと思っている方におすすめです。

※27歳で職歴なしの大卒の方が就職する方法をこちらの「27歳職歴なしの大卒はどうすればいい?【就職できない悩みを解決する方法】」で紹介していますので、ぜひご一読ください。

コールセンター

27歳 フリーター 就職

27歳フリーターが就職しやすい職種の6つ目は、『コールセンター』です。

コールセンターでは、電話やメールなどを通じて、お客様の対応をします。

資格や経験がない人材でも採用している企業が多いため、27歳のフリーターでも就職しやすい仕事です。

コールセンターには、以下の2種類があります。

  • インバウンド:お客様からの問い合わせ、注文、苦情などを受ける電話対応
  • アウトバウンド:お客様に商品やサービスの紹介をする電話営業

上記のどちらも、パソコンスキルやビジネスコミュニケーション能力を身につけられるメリットがあります。

コールセンターの仕事は、社会人としての基本スキルを身につけたい方におすすめです。

※27歳から始める仕事のおすすめをこちらの「27歳から始める仕事のおすすめ8選【フリーターでも就職できる!】」でも紹介していますので、あわせてご覧ください。

27歳から始める仕事で稼げるのは?職種選びのコツ

27歳 フリーター 就職

ここでは、「27歳から始める仕事で稼げるのは?」という視点から、職種選びのポイントを紹介していきます。

まずは、厚生労働省が発表した「令和4年賃金構造基本統計調査」のデータをもとに、高卒の平均年収をみていきましょう。

高卒の平均年収を年齢別にみると、次のとおり。

  • 20~24歳:246万2,400円
  • 25~29歳:273万7,200円
  • 30~34歳:298万2,000円
  • 35~39歳:321万1,200円

ちなみに全世代をまとめると、高卒の平均年収は約328万円(高卒男性:約357万円、高卒女性:約267万円)となっています。

つまり、27歳のフリーターから就職するなら、30代までに年収330万円稼げるようになっていれば、とりあえず同年代の高卒の年収と同じくらいにはなれる、ということですね。

でも、『どうせなら大卒の平均年収より稼ぎたい!』と思う人もいますよね?

令和4年賃金構造基本統計調査」によると、大卒全体の平均年収は約435万円(大卒男性:約470万円、女性:約352万円)となっています。

ですから、27歳で就職した後に年収500万円稼げれば、大卒の平均年収よりも稼げていることになります。

では、27歳のフリーターからでも就職できて、年収500万円稼げる仕事はどれか?

結論をいうと、『IT業界の営業職』に就職するのがおすすめです。

その理由は、次のとおり。

  • IT業界は利益率が高いから給料も高くなりやすい
  • 営業職は成果を出せば昇給がしやすい
  • IT業界も営業職も未経験の若手採用を積極的にやっている

上記の3つの理由から、27歳のフリーターが年収500万円を目指すなら、IT業界の営業職に就職するのがおすすめといえます。

実際に僕が就職したIT企業は、約3割が元フリーターで、そのうち半数が年収500万円以上を稼いでいました。

もちろん就職後に努力しなければいけませんが、『27歳で就職して年収500万円を稼ぐ』という目標はわりと達成しやすいと思いますよ。

ちなみに、僕の場合はIT業界の営業職を選びましたが、ITエンジニアや施工管理も年収500万円を狙いやすい仕事ですよ。

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターからIT企業の営業職に就職できましたよ。

27歳フリーターの就職は遅い?就職できない人の失敗談と就職成功者の体験談

ここからは、実際に僕が27歳フリーターの方にインタビューした体験談をもとに「27歳フリーターの就職活動のリアル」を紹介していきます。

27歳フリーターから就職できる人とできない人の違いを比較して、あなたの就職活動の参考にしてみてくださいね。

27歳フリーターの失敗談:就職は手遅れかもしれない…

27歳フリーター 就職

フリーターの岡本大輔さん(27歳男性・仮名)は、高校を卒業後に2年かけて動画クリエイター講座を受講し、友達の紹介でゲームのテスターのアルバイトを始めました。

しかし、岡本大輔さんは時間にルーズな性格で、なかなか二度寝を直せず、出勤時間に遅刻してしまうことが多々あったそうです。

それでも友達の紹介ということもあり、バイト先の先輩や上司からは「全然気にしなくていいよ!」と言ってもらえていました。

ただ、あまりにも遅刻が続いていたため、岡本大輔さんはアルバイトを続けるのが徐々に気まずくなり、最終的に1年経たずにゲームのテスターのアルバイトを辞めることになります。

その後は、カードショップでアルバイトを始め、カードの販売業務を1年経験してから、店内のイベント企画も任せてもらえるようになりました。

しかし、相変わらず岡本大輔さんの遅刻ぐせは直らず、20代後半になっても時間にルーズな自分が嫌になり、結局1年半でカードショップのアルバイトも辞めてしまいます。

現在は、先輩の紹介で動画編集のアルバイトを始めていますが、バイト先の会社の経営状況が悪くなり、動画編集の事業部が廃止の危機を迎えているそうです…。

岡本大輔さんは、現在のフリーター生活について、以下のようにコメントしています。

27歳なので正社員に就職しなきゃいけない気持ちはあるのですが、自分は時間にルーズですし、二度寝や遅刻を直せる自信もありません。今まで正社員経験が一度もないので、就職は手遅れかもしれないとも思っています。最近はフリーランスも少し視野に入れています。

上記のとおり、フリーター期間が長くなると、正社員の規則正しい生活についていけないかも…という不安が強くなり、就職を諦めてしまうこともありますね。

27歳フリーターの就職体験談:正社員経験なしでも内定もらえた!

27歳フリーター 就職

元フリーターの菅原翔太さん(27歳男性・仮名)は、法学部の大学院を卒業後、税理士を目指して勉強しながら、コンビニや牛丼屋でアルバイトをする生活を始めました。

しかし、自分だけで勉強時間を管理することが難しく、勉強をサボって、スマホをいじったり、YouTube動画やアニメを観たりして終わる日が多々あったそうです。

結局、税理士試験は合計3度受験して、科目合格は取れたものの、最後の2年は『勉強時間が足りない』という理由で、受験すらしませんでした。

そんな生活をしているうちに、気づけば年齢が27歳になっており、「このまま税理士を目指してもどうせ無理だから、もう就職したほうがいいかもしれない…」と思うようになり、27歳で就職活動をスタートさせます。

しかし菅原翔太さんの中で、税理士になりたい気持ちを完全に諦めることができず、中途半端な就職活動になってしまい、20社応募して内定ゼロ…という散々な結果でした。

1社も内定をもらえない現実を受け止めて、菅原翔太さんは「税理士にもなれず、このまま就職もできなかったら人生終わる…」と思い、とにかく正社員としてキャリアをスタートさせることを最優先に考えました。

その後、転職エージェントに登録して、担当アドバイザーから『27歳のフリーターでもチャレンジできる仕事』として、施工管理や営業職などの求人を7社紹介してもらいました。

菅原翔太さんは、自分が仕事を選べる立場ではないと思っていたので、紹介された求人にはすべて応募し、結果は『書類応募7社→書類通過3社→面接3社→内定1社』となりました。

最終的に、菅原翔太さんは27歳のうちに、フリーターから建設業界の施工管理の正社員に就職することができました。

菅原翔太さんは、27歳までのフリーター生活を振り返り、以下のようにコメントしています。

税理士の資格を取れなかったのは残念ですが、27歳まで正社員経験がないのは、さすがにやばいと思いました。27歳で就職することを選んで本当に良かったです。収入面もそうですが、人生に希望が持てたような気がします。フリーターは楽でしたが、メンタル面が結構きつかったですからね。

上記のとおり、27歳は正社員を目指せるギリギリのタイミングなので、ここで就職活動をスタートできるかどうかで、その後の人生は大きく変わりますね。

ドフラ
27歳フリーターから就職で失敗したくない方は、以下の記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。

まとめ:27歳フリーターでも今すぐに行動すれば就職できます!

最後に、この記事のまとめです。

  • 27歳フリーターは2年以内に就職するのがおすすめ
  • 30代になるとフリーターから就職するのが一気に難しくなる
  • 27歳は7割以上、20代男性は8割以上が正社員で働いている
  • 27歳フリーターが就職するメリットは『雇用の安定・給料&生涯年収アップ・福利厚生・社会保障・社会的信用・スキル&キャリアアップ・若手扱いしてもらえる』
  • 27歳フリーターが就職しやすい職種は『営業職・接客販売・ITエンジニア・施工管理・介護職・コールセンター』
  • 27歳から始める仕事で稼ぎやすい職種のおすすめは『IT業界の営業職・ITエンジニア・施工管理』
  • 27歳フリーターが就職で失敗しないためには『27歳フリーターに特化した転職エージェント』に無料登録すればOK

「いつかフリーターを抜け出したい…」と思いつつ、なかなか行動できない人もいますよね?

でも、もしあなたが27歳なら、今すぐにフリーターを辞めるべきです。

なぜならフリーターから正社員に就職するときに、『年齢が高いほど不利になるから』です。

未経験の人材を採用する企業側は、『入社後の教育のしやすさ』や『活躍できる期間の長さ』を評価します。

そのため、27歳の人材と29歳の人材を比較したときに、両者の指導のしやすさや将来性を考えて、年齢の若い27歳の人材が採用されやすいです。

ですから、人生を振り返って後悔したくない方は、今すぐに行動しておいてくださいね。

あとは、あなた次第です。

今から行動して、あなたの理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
『本気で人生やり直したい!』という方は、今すぐ転職エージェントに登録してくださいね。