営業職 向いてる人
営業職の仕事に興味がある人『営業職をやってみたいけど、自分に向いてるかな…。どんな人が営業職に向いてるの?』

このような方に向けて、記事を書いています。

営業職は、どの業界の企業でも通用するスキルが身につく、頑張り次第で収入を増やせる、年齢や経験を問わず活躍できる、といったやりがいのある仕事なので、営業職に興味のある方は多いと思います。

しかし、営業職を経験したことがないと、実際の職場でどんな人が活躍しているのかイメージしづらいですよね。

いざ未経験から営業職に挑戦しようと思っても、自分に向いてるのか判断できず、新たな一歩を踏み出せない人も多いです。

では、自分が営業職に向いてるか知りたい人は、どうすればいいのか?

結論からいうと、自分が営業職に向いてるか知りたい人がやるべきことは、以下の3つです。

  • 世界初の転職アプリに無料登録する
  • 適職診断テストを無料で受ける
  • 自分に向いてる仕事のランキングを確認してみる

上記のとおり。

世の中には、無料で適職診断テストが受けれる『転職アプリ』があるので、とりあえずこれを利用するのが1番早いです。

しかも全て無料で利用できるので、あなたのリスクはゼロ。これを利用しない手はないですよね。
無料適職診断テストが受けれる世界初の転職アプリ【面談&履歴書なしでOK】

ドフラ
こんにちは。転職アドバイザーのドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に就職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに就職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計985名の方にインタビューしてきたので、営業職に向いてる人のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、僕が実際にインタビューした営業職の方の体験談をもとに『営業職に向いてる人の特徴』『営業職に向いてない人の特徴』『自分が営業職に向いてるかを診断する方法』を解説していきます。

この記事を読めば、自分が営業職に向いてるかわかるので、就職で失敗するリスクを抑えられます。

3分で読める内容ですので、それではいきましょう~。

「今すぐに自分が営業職に向いてるか知りたい!という方は、ミイダスの無料適職診断テストを受けるほうが早いかもです。

ミイダス :3分で登録完了。面談&履歴書なしでOK。無料適職診断テストあり。780,000人が登録。

営業職に向いてる人の7つの特徴【女性は?向いてない人は?診断0円】

営業職 向いてる人

営業職に向いてる人の特徴は、以下のとおりです。

  • コミュニケーション能力が高い
  • 自分で調べて行動できる
  • セルフマネジメントに長けている
  • 体力と精神力が強い
  • 記憶力が良い
  • 相手の立場で考えられる
  • 事前準備と振り返りを欠かさない

ちなみに、資格スクールの診断士ゼミナールが営業職1,333人に実施したアンケート調査によると、営業職で重要だと思うスキルに挙げられたのは「コミュニケーション力84.4%、業界知識51.4%、現場知識46.0%、マーケティング知識43.1%、数値管理力30.4%」でした。

(参照元:株式会社レボ 診断士ゼミナール 営業職1,133人にアンケート調査!

これらのスキルは、営業職に向いてる人の特徴である「コミュニケーション能力が高い」「自分で調べて行動できる」「セルフマネジメントに長けている」にも通じるので、特にこの3つの特徴を持っている人は営業職に向いてる可能性が高いといえます。

ここからは、営業職に向いてる人の特徴を1つずつ解説していきます。

営業職に向いてる人①:コミュニケーション能力が高い

営業職 向いてる人

営業職に向いてる人の特徴の1つ目は、『いろいろな人と接するのが好きで、コミュニケーション能力が高い』です。

なぜなら、営業はお客様との関係構築が不可欠であり、そのためには良好なコミュニケーションが必要だからです。

高いコミュニケーション能力を持つ人は、相手のニーズや期待を把握しやすく、自分のアイデアや提案を明確かつ説得力を持って伝えることができます。

適切なタイミングで適切な情報を共有したり、顧客にとって分かりやすい言葉で説明したりできる人は、信頼感を築きやすく、ビジネスの成果も上げやすいです。

また、営業職はチーム内での円滑なコミュニケーションも重要であり、情報の共有や連携の強化が仕事のパフォーマンスを高めてくれます。

営業職においては、商品やサービスだけでなく、自らの信頼性や魅力を伝えることが求められます。

そのため、コミュニケーション能力が高い人は『営業成績を向上させやすく、信頼関係も構築しやすい』という点で、営業職に向いてる可能性が高いです。

フリーターから営業職に就職した21歳女性の体験談を、こちらの「高卒フリーター女性が就職できた理由【21歳フリーター女性の体験談あり】」で紹介していますので、あわせてご覧ください。

営業職に向いてる人②:知らないことを自分で調べて行動できる

営業職 向いてる人

営業職に向いてる人の特徴2つ目は、『勉強熱心で、知らないことを自分で調べて行動できる』です。

営業の仕事では、常に変化する市場や競合状況に適応し、お客様に的確な情報や提案を提供する必要があります。

そのため、営業職は主体的に学び、情報を吸収する姿勢が重要です。

知らないことに対して好奇心を持ち、自己学習能力を高めることで、迅速かつ適切な対応が可能となります。

業界の最新動向や製品の特徴、競合他社の動きなど、多岐にわたる情報を継続的に把握することにより、お客様との対話や交渉において、的確な情報を提供でき、信頼関係を築くことができます。

また、営業職は状況に応じて、柔軟に行動することも必要です。

新たなニーズや課題が浮上した際に、即座に対応できる柔軟性は、顧客との信頼を深めるのに役立ちます。

自ら積極的に情報を収集し、それを実践につなげることで、仕事のパフォーマンスが向上するでしょう。

知的好奇心と実行力を備えた姿勢は、営業職で成功するために必要不可欠な要素です。

フリーターから営業職に就職した26歳男性の体験談を、こちらの「26歳フリーターがやばい理由【就職は遅い?手遅れ?失敗談あり】」で紹介していますので、ぜひご一読ください。

営業職に向いてる人③:セルフマネジメント能力に長けている

営業職 向いてる人

営業職に向いてる人の特徴3つ目は、『数値を管理するのが得意で、セルフマネジメント能力に長けている』です。

営業職の職場は、年齢や経歴よりも、仕事の成果を評価してもらえる環境が多く、数値や目標の達成が極めて重要になります。

そのため、数値に対する理解と効果的な管理能力は、営業活動の成功につながりやすいです。

また、営業職は数値を的確に分析し、営業目標を定め、達成するための計画を立てることも求められます。

このときに、自己評価や課題の洗い出し、改善点の発見が不可欠であり、これらを的確に実行するセルフマネジメント能力が必要です。

自分の業績を冷静かつ客観的に評価し、効果的な改善策を見つけ出すことで、個人の成績向上につながります。

また、営業職においては、日々の業務を計画的かつ効率的に進め、余裕を持って対応できる余地を確保することも大切です。

数値を用いた冷静な判断と、自己管理能力を発揮することで、営業活動はより効果的に展開され、目標の達成に近づくでしょう。

これらの特徴は、営業職において成功を収めるための基盤となります。

営業職に向いてる人④:体力と精神力が強い

営業職 向いてる人

営業職に向いてる人の特徴4つ目は、『体力に自信があって、ストレスに強い精神力がある』です。

営業は外出や商談が頻繁に発生するため、体力が必要です。

ですから、長時間の移動や立ちっぱなしの状況に対応でき、元気な状態を維持できる人は営業活動に適しています。

また、商談やクライアントとの対応には臨機応変な柔軟性が求められるため、ストレスに対する強い精神力があることも重要です。

営業は目標達成が求められ、時にはプレッシャーや不確実性が伴いますが、このような状況にも冷静で前向きに対処できる強靭なメンタルがあれば、困難な瞬間でもチャレンジングな状況をクリアできます。

継続的な外勤やクライアント対応による身体的な疲労やストレスに対処するために、健康な体力と精神力が揃っていることは、営業職において大切な要素となります。

営業職に向いてる人⑤:記憶力が良い

営業職 向いてる人

営業職に向いてる人の特徴の5つ目は、『記憶力が良い』です。

なぜなら、営業活動では多くの情報を同時に扱い、顧客やクライアントとの会話や商談において、細かいニュアンスや要点を覚えておくことが不可欠だからです。

記憶力が優れている人は、顧客との過去の対話や取引履歴、個々の要望やニーズを的確に覚えており、これによって個別にカスタマイズされたサービスや提案を行うことができます。

お客様が感じる「自分を理解してくれている」という印象は、信頼関係の構築において非常に重要です。

また、記憶力が良いことは、市場や競合他社の情報を迅速かつ正確に把握する上でも有利です。

常に変化するビジネス環境において、過去の情報やトレンドを踏まえ、最新の状況を理解していることは、競争に勝ち抜くための要素となります。

さらに、良好な記憶力は、商品やサービスに関する技術的な情報や営業戦略、プレゼンテーションの準備など、さまざまな局面で業務効率を向上させてくれます。

記憶力が優れていることは、営業職において情報を的確に活用し、顧客との関係を深め、成果を上げるためのカギとなるのです。

フリーターから営業職に就職した20代男性の体験談を、こちらの「大学中退の26歳が就職できた体験談【なんとかなる!資格なしです】」で紹介していますので、あわせてご覧ください。

営業職に向いてる人⑥:相手の立場で考えられる

営業職 向いてる人

営業職に向いてる人の特徴の6つ目は、『相手の目線を大切にして、相手の立場で考えられる』です。

なぜなら、営業はお客様との信頼構築やニーズの把握が不可欠であり、相手の視点や感情を理解することが成功につながるからです。

相手の立場で考えられる人は、お客様の期待や課題を理解し真摯に受け止めた上で、自社の商品やサービスをよりお客様に合わせた形で提案することができます。

これにより、お客様に対して信頼感を築き、長期的なパートナーシップの基盤を構築できるのです。

また、相手の立場を尊重し、適切なコミュニケーションをとることで、押し付けがましさを避け、円滑な対話が可能となります。

お客様が感じる安心感や理解感は、顧客獲得やリピートビジネスにおいて極めて重要です。

相手の視点を考慮した対応は、お客様との信頼関係を深め、良好なビジネス成績につながります。

相手の立場で考えられる人は、繊細なコミュニケーションと柔軟な発想力が備わっているため、営業職に向いてる可能性が高いです。

僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターからIT企業の営業職に転職できましたよ。

営業職に向いてる人⑦:事前準備と振り返りを欠かさない

営業職 向いてる人

営業職に向いてる人の特徴の7つ目は、『事前準備と振り返り、その後の改善を欠かさない』です。

なぜなら、効果的な営業活動には計画性と反省が不可欠であり、これらが組み合わさって初めてより良い結果を生むことができるからです。

お客様のニーズに適切に応えるためには、細部にまで気を配った事前準備をして、商談やプレゼンテーションに臨むことが重要です。

商品やサービスに関する深い知識や競合情報、相手のビジネス状況などを把握しておくことで、自信を持って的確な情報提供や提案ができます。

また、営業活動の後に振り返りを行うことは、成果を最大化する手段の一つで、成功や課題を客観的に評価し、次回の商談や取引に活かすことができます。

振り返りを通じて、自己成長や改善点の発見が可能となり、継続的に仕事のパフォーマンスを向上させることができるのです。

事前準備と振り返りを欠かさない人は、状況に応じた柔軟な対応や学習意欲があるため、営業活動はより効果的に展開され、お客様との信頼関係も深まりやすいです。

計画性と反省を大切にする姿勢は、営業職において成功を収めるための大切な要素となります。

ここまで紹介した営業職に向いてる人の特徴『①コミュニケーション能力が高い、②自分で調べて行動できる、③セルフマネジメントに長けている、④体力と精神力が強い、⑤記憶力が良い、⑥相手の立場で考えられる、⑦事前準備と振り返りを欠かさない』のどれか1つでも当てはまる人は、ぜひ営業職への就職も検討してみてくださいね。

営業職にはルート営業や新規開拓営業、内勤営業などさまざまな形態が存在しますので、あなたに合った働き方も見つけやすいですよ。

ドフラ
自分が営業職に向いてるか知りたい方は、ミイダスの『無料適職診断テスト』を受けるのがおすすめですよ。

ミイダス :3分で登録完了。面談&履歴書なしでOK。無料適職診断テストあり。780,000人が登録。

営業職に向いてない人の特徴は?

営業 向いてない

営業職に向いてない人の特徴は、以下のとおりです。

  • 身だしなみに清潔感がない
  • 人と話すことに苦手意識がある
  • プライドが高くてフットワークが重い

とはいえ、業界や会社によって営業職の働くスタイルは異なるため、上記のどれかに当てはまっていたとしても、それだけを理由に営業職を諦める必要はありません。

ただし、3つ全てに当てはまる場合は、営業職として働くべきかを一度考え直してみるのも良いでしょう。

ここからは、営業職に向いてない人の特徴を1つずつ解説していきます。

営業職に向いてない人①:身だしなみに清潔感がない

営業 向いてない

営業職に向いてない人の特徴の1つ目は、『身だしなみに気を付けていない、清潔感がない』です。

なぜなら、営業は顧客との信頼構築が不可欠であり、第一印象が重要な役割を果たすからです。

清潔感がない外見や身だしなみは、相手に不快感を与え、信頼を損なう可能性があります。

特に営業職は顔を合わせる機会が多いため、清潔感がない姿勢は取引先やクライアントに悪い印象を与えかねません。

服装や髪型、爪の手入れなどが整っていないと、プロフェッショナリズムや信頼性に欠けると受け取られることもある。

身だしなみに気を付けることは、自分自身の品位や仕事への姿勢を示す一環でもあるため、清潔感がある外見は、自己管理能力や仕事への真摯な姿勢をアピールすることにつながります。

また、お客様や取引先との対話や商談においても、相手に対して尊重の意を示す大切な手段です。

営業職においては、信頼感や印象がビジネスの成否に大きく影響します。

清潔感のある身だしなみは、第一印象を良くし、信頼を築く上での基盤となるため、営業職において『身だしなみに気を付けること』は必須です。

営業職に向いてない人②:人と話すことに苦手意識がある

営業 向いてない

営業職に向いてない人の特徴の2つ目は、『人と話すことに苦手意識がある』です。

なぜなら、営業はコミュニケーションが中心であり、お客様との対話や説得が業務の多くを占めるため、人と話すことに対して抵抗があると、効果的な営業活動が困難になるからです。

人と話すことに苦手意識があると、対話やプレゼンテーションの際に緊張が生じ、自分の意図を十分に伝えることが難しくなります。

また、お客様との信頼関係を築くためには、リラックスした雰囲気でコミュニケーションをとることが重要ですが、人と話すことが苦手だと、お客様との関係を構築しにくいです。

営業職では相手のニーズを理解し、的確な提案やアドバイスを行うことが求められますが、人と話すことが不得意だと、相手の言葉に十分に耳を傾けられず、適切な対応ができません。

ですから、人と話すことへの苦手意識を克服し、積極的かつ自信を持って人とのコミュニケーションに臨むことが、営業職で活躍するための重要なステップとなります。

営業職に向いてない人③:プライドが高くてフットワークが重い

営業 向いてない

営業職に向いてない人の特徴の3つ目は、『プライドが高いせいで、フットワークが重い』です。

なぜなら、営業は柔軟で迅速な行動が求められ、プライドが邪魔となり、他者の意見や状況への適応が難しくなるからです。

プライドが高い人は、他者との協力や柔軟なコミュニケーションが苦手となりがちです。

営業は顧客や仲間との連携が不可欠であり、自分だけの意見や方法に固執すると、協力関係が損なわれる可能性が高まります。

これはビジネス環境において非効率的で、チームワークの崩壊につながりかねません。

また、営業活動は多くの場面でのフットワークの軽さが重要です。

お客様やクライアントの都合に合わせ、迅速な行動が取れることが成功のカギとなります。

プライドが高くフットワークが重い人は、状況への適応が難しく、競争が激しい営業環境での成功が困難になるでしょう。

営業職で成功するためには、柔軟性を持ち、プライドを抑え、必要なときには素早い行動が求められます。

営業職においては、協調性と行動力は重要な資質であり、これらを発揮できる柔軟な姿勢が営業成績や社内評価につながるのです。

とはいえ、ここまで紹介した営業職に向いてない人の特徴『①身だしなみに清潔感がない、②人と話すことに苦手意識がある、③プライドが高くてフットワークが重い』のどれか当てはまっていたとしても、それだけを理由に営業職を諦める必要はありません。

営業職は、業界や会社によって働くスタイルが異なるため、その中からあなたに合った働き方が見つかる可能性もあります。

ただし、上記の3つ全てに当てはまる場合は、営業職として働くべきかを一度考え直してみるのも良いでしょう。

ドフラ
自分が営業職に向いてないか知りたい方は、ミイダスの『無料適職診断テスト』を受けるのがおすすめですよ。

ミイダス :3分で登録完了。面談&履歴書なしでOK。無料適職診断テストあり。780,000人が登録。

営業職を種類で選ぶときのポイント

営業職にはメーカー営業や商社営業、ルート営業や新規開拓営業、法人営業や個人営業などさまざまな形態が存在します。

営業職を種類で選ぶときのポイントを理解して、あなたに合った営業職はどれかをイメージしてみましょう。

メーカー営業か商社営業かを確認する

営業職 向いてる人

営業職を種類で選ぶときのポイントの1つ目は、『メーカー営業か商社営業かを確認する』です。

メーカー営業か商社営業かを確認すべき理由は、それぞれの仕事の性質や求められるスキルが異なるためです。

メーカー営業は一つの製品やサービスに特化し、その専門性を深めることが期待されます。

そのため、メーカー営業は、製品に対する深い知識と専門的なスキルを身につけることができ、企業と製品に紐づいたキャリアを構築しやすいです。

いっぽうで、商社営業は複数のメーカーや製品を取り扱うため、広範囲な知識と柔軟性が求められます。

さまざまな業界や商品に携わることで、幅広い経験が得られ、ビジネスの多様性に対応できる能力を磨きやすいです。

また、商社営業は異なる企業や国々と交渉する機会もあるため、国際的なビジネスに興味がある方にも向いています。

もう一つのポイントは、人間関係の構築の違いです。

メーカー営業は一企業との深い信頼関係を築くことが重要で、商社営業は複数の企業とのネットワークを構築し、広い範囲で人脈を広げることが大切になります。

上記のとおり、営業職を選ぶときには、自身の興味や強み、将来のキャリアゴールに合わせて、自分がメーカー営業と商社営業のどちらに向いてるかを考えてみましょう。

ルート営業か新規開拓営業かを確認する

営業職 向いてる人

営業職を種類で選ぶときのポイントの2つ目は、『ルート営業か新規開拓営業かを確認する』です。

ルート営業か新規開拓営業かを確認すべき理由は、担当業務やスキル要件が異なるためです。

ルート営業は既存の顧客との信頼関係を深め、リピートビジネスを促進します。

そのため、既存のクライアントとの継続的な取引がメインであり、信頼を築きながらフォローアップやアップセルを図ることが求められます。

いっぽうで、新規開拓営業は市場を広げ、新たな取引先やクライアントを獲得することに焦点を当てます。

積極的な営業活動やリードの発掘が求められ、市場動向や競合分析に敏感でなければなりません。

新しいクライアントとの初期の関係構築がキーとなり、開拓の過程でのコミュニケーション能力や主体的な行動力が求められます。

ルート営業の魅力は『安定感があり、継続的な顧客関係が構築できる点』で、新規開拓営業の魅力は『挑戦的で自分の成果がわかりやすく、早い段階で自己成長を実感できる点』です。

将来のキャリア目標や挑戦を好む性格に合わせ、自分がルート営業と新規開拓営業のどちらに向いてるかを考えてみましょう。

法人営業か個人営業かを確認する

営業職 向いてる人

営業職を種類で選ぶときのポイントの3つ目は、『法人営業か個人営業かを確認する』です。

法人営業か個人営業かを確認すべき理由は、担当業務や求められるスキルが異なるためです。

法人営業は企業や法人とのビジネス取引を主に担当し、大口の取引やパートナーシップを築くことが求められます。

法人との取引は契約が複雑で、企業全体のニーズを理解し、長期的な信頼関係を築く能力が必要です。

いっぽうで、個人営業は一般の個人や小規模事業主との取引を担当します。

取引先が多様で、個々のニーズが異なるため、柔軟性とコミュニケーション能力が重要です。

また、個人営業では自己マネジメントやセルフプロモーションのスキルも求められ、自らがビジネスを広げていく姿勢も必要です。

法人営業のメリットは『安定感があり大規模なビジネスに関わることができる点』で、個人営業のメリットは『自己のビジョンを追求しやすく、独立心や柔軟性を発揮できる点』です。

自身の性格や強み、将来のキャリアゴールに合わせて、自分が法人営業と個人営業のどちらに向いてるかを考えてみましょう。

ドフラ
自分が営業職に向いてるか知りたい方は、ミイダスの『無料適職診断テスト』を受けるのがおすすめですよ。

ミイダス :3分で登録完了。面談&履歴書なしでOK。無料適職診断テストあり。780,000人が登録。

自分が営業職に向いてるか知りたい方へ|無料で診断する方法があります

営業職 向いてる人 診断

今の段階で、「自分が営業職に向いてるかわからない…」「営業職に転職したいけど不安もある…」と思っている方は、そもそも営業職が自分に向いてる仕事ではない可能性があります。

そして、自分に向いてる仕事に就職できない最大の原因は、自分の強みや弱みを理解できていないからです。

つまり、自己分析が足りていない、ということ。

とはいえ、今まで自己分析をやったことがない人が、自分の強みや弱みを分析するのは大変だと思います。

そんな方のために、世の中には自己分析ツールが多く存在します。

その中でも、特におすすめなのが、無料適職診断テストが受けれる『ミイダス』ですね。

ミイダス :3分で登録完了。面談&履歴書なしでOK。無料適職診断テストあり。780,000人が登録。

ミイダスはすべて無料で利用できますし、面談や履歴書などの手間もないので、あなたにリスクはありません。

合計4種類の診断テストを無料で受けれるのですが、特に『コンピテンシー診断』がおすすめです。

下記のとおり、自分に向いてる仕事を順番に教えてくれるので、職種選びの参考になりますよ!

営業職 向いてる人 診断

さらに『適性の低い職種』も表示してくれるので、自分に合わない仕事を選ぶリスクも回避できますよ。

ドフラ
ちなみに僕は事務職や公務員の適性が低かったです。
営業職 向いてる人 診断

下記の『パーソナリティの特徴』という項目では、自分の個性や特徴を数値化してくれるので、客観的なデータをもとに自己分析も可能ですよ!

営業職 向いてる人 診断

営業職への転職で失敗したくない方は、ミイダスの無料適職診断テストで『自分に向いてる仕事』や『自分の強みと弱み』を調べておいてくださいね。

ミイダス :3分で登録完了。面談&履歴書なしでOK。無料適職診断テストあり。780,000人が登録。

未経験から営業職への転職で失敗しない方法を伝えます

営業職 向いてる人

未経験から営業職に転職したい方は、絶対に自分ひとりで転職活動しないでください。

それはなぜか?

転職経験の少ない方が、自分ひとりで営業職に転職しようとすると、失敗するリスクが高いからです。

ドフラ
これは僕の失敗談です。

僕は初めて転職するときに、最初は自分ひとりで転職活動をしていたのですが、半年経っても、1社も内定がもらえませんでした…。

僕が転職活動に失敗した理由は、次のとおり。

  • ハイクラス求人に応募していた
  • 履歴書や職務経歴書の内容がスカスカだった
  • 企業ごとの面接対策ができていなかった

上記のとおり、僕は転職活動をかなり甘く考えていました。

僕は運よく、友人に転職エージェントを紹介してもらい、担当アドバイザーのサポートのおかげで、無事にフリーターからIT業界の正社員に転職できました。

もちろんあなたが、フリーターだった僕と同レベルだとは思いませんが、失敗するリスクは低い方がいいですよね。

転職エージェントはすべて無料で利用できるので、あなたのリスクはゼロです。

とりあえず登録しておいて、損はしないと思いますよ。

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円のIT企業に転職できましたよ。

現役の営業職6名に「どんな人が営業職に向いてるか」をインタビューしました!

営業職 向いてる人

ここからは、実際に僕がインタビューした、営業職として働いている方の体験談を紹介していきます。

営業職に向いてる人をIT業界の法人営業に聞きました!

社内で無料で参加できる研修が多いので、自分から積極的に参加しようとする人はスキルや能力が身につけやすいです。同世代と比較すると給料も挑戦できる幅も広いと思います。型にはまった仕事がしたくない人や周りよりも成長したいという人は営業職に向いていると思います。(Mさん・33歳男性・IT業界の法人営業)

営業職に向いてる人を化学業界のルート営業に聞きました!

業務内容が多岐にわたるため、一つのキャリアを突き詰める働き方も、幅広いキャリアを積んで管理職を目指す働き方もできます。自分の行動次第で将来のキャリアを広げていけるので、上昇志向のある人は営業職にやりがいを感じれると思います。(Oさん・27歳男性・化学業界のルート営業)

営業職に向いてる人を清掃用具業界のルート営業に聞きました!

入社後は新人同士の絆を深められる研修があり、配属先の先輩も年齢が近くて学生時代の先輩後輩のような関係で楽しく働けています。この仲間意識の中で部署全体の目標を達成しようという雰囲気があるのも良いですね。仲間と協力して何かを成し遂げることに喜びを感じれる人は、営業職を楽しめると思います。(Yさん・25歳女性・清掃用具業界のルート営業)

営業職に向いてる人を不動産業界の法人営業に聞きました!

会社の資金に余力があるため、事業規模の大きいプロジェクトに携われることが仕事のやりがいとモチベーションにつながっています。周りに優秀な人材がたくさんいるので、同僚から刺激を受けることも多く、成長できる環境だと思います。大きな規模の仕事に関わりたい人や仕事で成長を感じたい人は不動産業界の営業が良いと思います。(Bさん・26歳男性・不動産業界の法人営業)

営業職に向いてる人を保険業界の個人営業に聞きました!

やればやるだけ評価してもらえる環境で、契約高と自分の報酬が比例する点は、1番の仕事のやりがいです。育成のカリキュラムがしっかりしていますし、営業所長も育成をサポートしてくれます。完全な成果主義なので言い訳はできませんが、自分の力で収入を青天井に増やしたい方は、保険の営業職に挑戦するのもアリだと思います。(Iさん・29歳男性・保険業界の個人営業)

営業職に向いてる人をWeb業界の法人営業に聞きました!

仕事を通して成長を実感できますし、いろんな人を巻き込んでプロジェクトを進めていけるので、ワクワクして楽しいです。社内にはさまざまな職種があるため、一生懸命に頑張って成果を出せば、自分がより力を発揮できる部署に異動することもできます。自分を成長させてキャリアアップしていきたい人は営業職が合っていると思います。(Wさん・28歳男性・Web業界の法人営業)

上記のとおり、営業職は業界や会社によって、働き方や求められるスキルが異なります。

ですから、営業職に興味のある方は、この機会に適職診断を受けてみて、自分に合った営業職を調べておくのがおすすめですよ。

ドフラ
自分が営業職に向いてるか知りたい方は、ミイダスの『無料適職診断テスト』を受けるのがおすすめですよ。

ミイダス :3分で登録完了。面談&履歴書なしでOK。無料適職診断テストあり。780,000人が登録。

未経験から営業職に就職した2名の体験談を紹介します

ここからは、実際に僕がフリーターから営業職に就職した方にインタビューした、『未経験から営業に就職した体験談』を紹介していきいます。

大学中退でも未経験からIT企業の営業職に就職できました!26歳男性の体験談

未経験から営業

元フリーターの春岡高貴さん(26歳男性・仮名)は、高校を卒業後、一度は大学に進学しましたが、経済的な理由で大学2年生のときに大学を中退し、フリーターになりました。

大学中退後は24歳まで居酒屋でアルバイトを続け、バイトながら店長も任されていました。

しかし、居酒屋が人手不足だったため、春岡高貴さんは週6日出勤が当たり前で、ひどい時は10連勤するほどでした。

居酒屋バイトでは月給25万円ほど稼げていましたが、体力的にも精神的にもこれ以上続けるのは無理だ…と思い、居酒屋のアルバイトを辞めました。

その後、スーツ専門店でアルバイトを始めて、連日出勤や長時間勤務などはなくなり、時間に余裕のある生活ができるようになりました。

しかし、春岡高貴さんは26歳になった時に、当時お付き合いしていた方と結婚を考えるようになり、「将来のためにも、そろそろ就職しないと…!」と思い、就職活動をスタートします。

春岡高貴さんは、これまでに居酒屋やスーツ専門店で、約6年ほど接客のアルバイトを経験していたため、接客経験をアピールできる営業職の求人に絞って選考を受けていきました。

春岡高貴さんは、打たれ強い性格で、不採用が続いてもあまり落ち込まず、転職サイトと転職エージェントの両方を利用して、とにかく応募しまくったそうです。

その結果、就職活動を始めてから約2ヶ月後に、転職サイトから応募したIT企業から内定をもらうことができました。

春岡高貴さんは入社後、面接官だった上司に採用してくれた理由を質問したら、「就職して人生をやり直したい熱意が伝わってきたし、性格も明るくて元気だから会社の雰囲気に合うと思った!」と言われたそうです。

現在の春岡高貴さんは、中小企業にWebマーケティングやSNS活用を提案する営業職を担当しており、入社3年目で年収500万円ほど稼げているそうです。

春岡高貴さんは、以前のフリーター生活を振り返り、以下のようにコメントしています。

営業の仕事は未経験でしたし、ITやWebの知識が全くない状態から入社したので不安もありましたが、入社後に1ヶ月ほど研修があり、インターネットの仕組みから企業のWeb活用の方法、名刺の渡し方や営業のやり方までみっちり教えてもらえたので助かりました。仕事でうまくいかないときもありますが、お客様から「Webから問い合わせが増えた!」「最近売上が伸びてきた!」という感謝の言葉をもらえることがモチベーションになっています。自分はもともと人と話すのが好きな性格ので、仕事でいろいろな人と関われる営業職は自分に合っていると思います!

上記のとおり、入社後に研修などで、業界知識や営業手法を学べる環境が整っていると、未経験からでも安心して営業職に挑戦できますね。

専門中退でも未経験からお菓子メーカーの営業職に就職できました!21歳男性の体験談

未経験から営業

元フリーターの水野幸季さん(21歳男性・仮名)は、高校を卒業後に建築の専門学校に進学しましたが、自分が想像していた内容とは違っていたため、半年で専門学校を中退しました。

専門学校を中退したあとは、土木関係の体を動かす系のアルバイトを1年ほど続けていましたが、「やっぱりほかの仕事もやってみたい、人とコミュニケーションを取れる仕事に挑戦したい!」と思い、アルバイトを辞めました。

その後、自分ひとりで就職活動を始めて、ハローワークを利用したり、転職サイトで求人を探したりしましたが、なかなか就職先を探すのは難しかったそうです。

そんな中で、実際に1社だけ企業の面接を受けましたが、過去にしっかりした面接を受けたのが専門学校と高校受験の2回だけで、面接の流れが全くわからないままだったので、結果は不採用でした…。

それからしばらくの間、一応就活はやっているけど、全然就職できない日々が続き、水野幸季さんは「このままだと就職できない…」と思い、転職エージェントを間に挟んで就職しようと考えました。

その後、数社の転職エージェントを利用してみましたが、担当アドバイザーと面談したらすぐに「あなたの経歴ならここですね、どんどん面接していきましょう!とにかくバンバン数をこなしていきましょう」と言われ、作業チックに感じることもあったそうです。

水野幸季さんは、初めての就活だったため、「こんな不安の中で面接を受けていくのは嫌だな…」と思い、自分に合わない転職エージェントから紹介された求人はすべて断り、結局1社も受けませんでした。

そして、最終的に『中退者・フリーター・未経験の就職に手厚いエージェント』にたどり着きました。

この転職エージェントでは、担当アドバイザーがフランクだけど親身になって就職をサポートしてくれて、学校を中退した人向けの社会人研修も無料で受けることができました。

水野幸季さんは、転職エージェントの研修を受けてみて、「無料でここまでやってくれるのはすごい!」と思ったそうです。

その後、担当アドバイザーの手厚いフォローのおかげで、水野幸季さんは転職エージェントに登録してから約1ヶ月で、お菓子メーカーの営業職に就職することができました。

現在の水野幸季さんは、自社の商品をスーパーや百貨店に提案する仕事を担当しており、お客様からの感謝の言葉に1番のやりがいを感じているそうです。

水野幸季さんは、フリーターから正社員に就職した現在の状況について、以下のようにコメントしています。

専門学校中退で、就職できずに何もしてなかった期間は、正直追い詰められていたこともありましたが、自分の行動ひとつで未来は変わるんだなと実感しました。営業の仕事はお客様に提案する内容を考えるのが難しくて大変な部分もありますが、自分が提案した商品が採用されて、お客様から直接「この商品が売れてるよ!」「こういう商品をつくってくれてありがとう!」と言ってもらえたときが1番嬉しいです!

上記のとおり、未来を変えるためには行動するしかないので、未経験から営業職への就職に不安がある人は『とりあえず転職エージェントに無料相談してみる』という一歩から始めてみるのが良いですよ。

水野幸季さんは21歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターからお菓子メーカーの営業職に就職できましたよ。

営業職に向いてる人の7つの特徴【まとめ】

最後に、『営業職に向いてる人の7つの特徴』をまとめておきます。

  • コミュニケーション能力が高い
  • 知らないことを自分で調べて行動できる
  • セルフマネジメント能力に長けている
  • 体力と精神力が強い
  • 記憶力が良い
  • 相手の立場で考えられる
  • 事前準備と振り返りを欠かさない

『今日から一歩を踏み出すか?』『今日も何も行動しないか?』はあなたの自由ですので、どちらを選んでも正解でも不正解でもありません。

しかし、将来のキャリアの可能性を考えるなら、1歳でも若いうちに行動しておくほうが安全です。

なぜなら、年齢が上がるほど、書類選考や面接で落とされやすくなり、未経験からの転職が難しくなるからです…。

とはいえ、「自分が営業職に向いてるかわからない…」という不安もあると思います。

そんなときは、ミイダスの『無料適職診断テスト』を受けてみるのがおすすめです。

すべて無料で利用できますし、キャリアアドバイザーとの面談もありませんし、履歴書や職務経歴書も必要ないので、あなたにリスクはありません。

ちなみに僕はミイダスで『Web業界』が自分に向いてることを知り、実際に26歳でWeb制作会社の営業職に転職して、年収アップ&スキルアップできました。

ミイダスはすべて無料で利用できるので、まずは気軽に試してみてくださいね〜。

✔記事で紹介した無料適職診断アプリ

ミイダス :3分で登録完了。面談&履歴書なしでOK。無料適職診断テストあり。780,000人が登録。