葬儀屋 向いてる人
葬儀屋の仕事に興味がある人『葬儀屋の仕事をやってみたいけど、自分に向いてるかな…。どんな人が葬儀屋に向いてるの?』

このような方に向けて、記事を書いています。

葬儀屋の仕事は、遺族の力になれる、仲間と協力して仕事する達成感がある、故人を無事に見送るサポートができる、といったやりがいのある仕事なので、葬儀屋の仕事に興味のある方は多いと思います。

でも、葬儀屋の仕事を経験したことがないと、実際の職場でどんな人が活躍しているのかイメージしづらいですよね。

いざ未経験から葬儀屋の仕事に挑戦しようと思っても、自分に向いてるのか判断できず、新たな一歩を踏み出せない人も多いです。

では、自分が葬儀屋に向いてるか知りたい人は、どうすればいいのか?

結論からいうと、自分が葬儀屋に向いてるか知りたい人がやるべきことは、以下の3つです。

  • 世界初の転職アプリに無料登録する
  • 適職診断テストを無料で受ける
  • 自分に向いてる仕事のランキングを確認してみる

上記のとおり。

世の中には、無料で適職診断テストが受けれる『転職アプリ』があるので、とりあえずこれを利用するのが1番早いです。

しかも全て無料で利用できるので、あなたのリスクはゼロ。これを利用しない手はないですよね。
無料適職診断テストが受けれる世界初の転職アプリ【面談&履歴書なしでOK】

ドフラ
こんにちは。転職アドバイザーのドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計985名の方にインタビューしてきたので、葬儀屋に向いてる人のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、『葬儀屋に向いてる人の9つの特徴』から『葬儀屋への転職で失敗しない方法』を解説していきます。

この記事を読めば、葬儀屋で働くことに不安を抱えている方でも、人生を変えるための一歩が踏み出せるようになります。

3分で読める内容ですので、それではいきましょう~。

「今すぐに自分が葬儀屋に向いてるか知りたい!」という方は、ミイダスの無料適職診断テストを受けるほうが早いかもです。

ミイダス :3分で登録完了。面談&履歴書なしでOK。無料適職診断テストあり。780,000人が登録。

葬儀屋に向いてる人の9つの特徴【やめとけ?美人多い?無料診断あり】

葬儀屋 向いてる人

葬儀屋の仕事は、遺族から感謝される、やりがいの仕事ですが、あまり馴染みのない職業なので、どんな人に向いてるのか想像しづらいですよね。

でも、せっかく葬儀屋の仕事に興味が湧いたのなら、『自分に向いてるかわからないから…』という理由で諦めるのはもったいないです。

実際に世の中には、未経験から葬儀屋に転職して、仕事にやりがいを感じながら充実した人生を手に入れている人がたくさんいます。

では、どんな人が葬儀屋に向いているのか?

結論からいうと、葬儀屋に向いてる人の特徴は、以下の9つです。

  • 共感力と思いやり
  • コミュニケーションスキル
  • 冷静な対応力
  • 詳細な計画力
  • 遺族サポートの能力
  • 倫理的な判断力
  • 柔軟性と臨機応変さ
  • 励ましと感謝の姿勢
  • 善意と尊重の態度

ここからは、『葬儀屋に向いてる人の9つの特徴』をそれぞれみていきましょう〜。

葬儀屋に向いてる人①:共感力と思いやり

葬儀屋 向いてる人

葬儀屋に向いてる人の特徴の1つ目は、『共感力と思いやり』です。

葬儀業界では感情的な瞬間が多く、故人の家族や友人が悲嘆にくれている状況で仕事をすることがあります。

そのため、葬儀屋には他者の感情に共感し、心からの思いやりをもって接する力が必要です。

亡くなった方の人生や関係性を理解し、遺族と共に感傷に浸る姿勢が大切です。

葬儀屋に向いてる人②:コミュニケーションスキル

葬儀屋 向いてる人

葬儀屋に向いてる人の特徴の2つ目は、『コミュニケーションスキル』です。

葬儀は感受性が高まっている時期であり、遺族とのコミュニケーションが鍵を握ります。

葬儀屋は遺族と感情的なトピックについてオープンに話し合い、理解を深めるためのスキルが求められます。

同時に、明確かつ敬意をもって情報を伝えることが重要です。

葬儀屋に向いてる人③:冷静な対応力

葬儀屋 向いてる人

葬儀屋に向いてる人の特徴の3つ目は、『冷静な対応力』です。

葬儀の際は喪失感や悲しみに包まれることがありますが、葬儀屋は冷静でいることが求められます。

感情の高まりに動じず、安心感を提供することで、遺族が安心して葬儀を進められるようサポートします。

葬儀屋に向いてる人④:詳細な計画力

葬儀屋 向いてる人

葬儀屋に向いてる人の特徴の4つ目は、『詳細な計画力』です。

葬儀は多岐にわたる要素から成り立っています。

葬儀屋は遺族の要望や信条を考慮に入れ、複雑な手続きや儀式の計画を行います。

これには緻密な計画力が必要であり、誰もが納得できる葬儀を実現するために効果的に組織を進めることが求められます。

葬儀屋に向いてる人⑤:遺族サポートの能力

葬儀屋 向いてる人

葬儀屋に向いてる人の特徴の5つ目は、『遺族サポートの能力』です。

葬儀屋は単なる計画者だけでなく、遺族の心のサポーターでもあります。

悲嘆や混乱に沈む遺族に寄り添い、感情の整理や必要なサポートを提供することが求められます。

遺族との信頼関係を築くことで、より良い葬儀の実現に寄与します。

葬儀屋に向いてる人⑥:倫理的な判断力

葬儀屋 向いてる人

葬儀屋に向いてる人の特徴の6つ目は、『倫理的な判断力』です。

葬儀業界では、様々な倫理的な問題に直面することがあります。

遺族や故人に対して公正で誠実な判断を下し、職業倫理を守ることが求められます。

信頼性と透明性を保つために、倫理的な原則を守り抜くことが大切です。

葬儀屋に向いてる人⑦:柔軟性と臨機応変さ

葬儀屋 向いてる人

葬儀屋に向いてる人の特徴の7つ目は、『柔軟性と臨機応変さ』です。

葬儀は予測できない状況が生じることがあります。

急な変更や予期せぬ事態にも迅速かつ柔軟に対処し、遺族が心地よく葬儀を進められるようにサポートします。

計画変更にも的確に対応できることが求められます。

葬儀屋に向いてる人⑧:励ましと感謝の姿勢

葬儀屋 向いてる人

葬儀屋に向いてる人の特徴の8つ目は、『励ましと感謝の姿勢』です。

葬儀屋の仕事は、感動や感謝の瞬間が多いです。

遺族からのお礼や励ましの言葉は、仕事へのやりがいや喜びにつながります。

これらの言葉に真摯に応え、仕事に対する情熱を維持することが求められます。

葬儀屋に向いてる人⑨:善意と尊重の態度

葬儀屋 向いてる人

葬儀屋に向いてる人の特徴の9つ目は、『善意と尊重の態度』です。

葬儀業界では、感情的な場面が頻繁に発生します。

葬儀屋は善意と尊重の態度を持ち、他者を尊重し、誠実かつ心からのサービスを提供します。

これにより、遺族が葬儀を通じて安心感を得られ、故人を尊重する形で最後の別れを迎えることができます。

自分が葬儀屋に向いてるか知りたい方へ|無料で診断する方法があります

葬儀屋 向いてる人

今の段階で、「自分が葬儀屋に向いてるかわからない…」「葬儀屋に転職したいけど不安もある…」と思っている方は、そもそも葬儀屋が自分に向いてる仕事ではない可能性があります。

そして、自分に向いてる仕事に就職できない最大の原因は、自分の強みや弱みを理解できていないからです。

つまり、自己分析が足りていない、ということ。

とはいえ、今まで自己分析をやったことがない人が、自分の強みや弱みを分析するのは大変だと思います。

そんな方のために、世の中には自己分析ツールが多く存在します。

その中でも、特におすすめなのが、無料適職診断テストが受けれる『ミイダス』ですね。

ミイダス :3分で登録完了。面談&履歴書なしでOK。無料適職診断テストあり。780,000人が登録。

ミイダスはすべて無料で利用できますし、面談や履歴書などの手間もないので、あなたにリスクはありません。

合計4種類の診断テストを無料で受けれるのですが、特に『コンピテンシー診断』がおすすめです。

下記のとおり、自分に向いてる仕事を順番に教えてくれるので、職種選びの参考になりますよ!

葬儀屋 向いてる人

さらに『適性の低い職種』も表示してくれるので、自分に合わない仕事を選ぶリスクも回避できますよ。

ドフラ
ちなみに僕は事務職や公務員の適性が低かったです。
葬儀屋 向いてる人

下記の『パーソナリティの特徴』という項目では、自分の個性や特徴を数値化してくれるので、客観的なデータをもとに自己分析も可能ですよ!

葬儀屋 向いてる人

葬儀屋への転職で失敗したくない方は、ミイダスの無料適職診断テストで『自分に向いてる仕事』や『自分の強みと弱み』を調べておいてくださいね。

ミイダス :3分で登録完了。面談&履歴書なしでOK。無料適職診断テストあり。780,000人が登録。

未経験から葬儀屋への転職で失敗しない方法を伝えます

葬儀屋 向いてる人

未経験から葬儀屋に転職したい方は、絶対に自分ひとりで転職活動しないでください。

それはなぜか?

転職経験の少ない方が、自分ひとりで葬儀屋に転職しようとすると、失敗するリスクが高いからです。

ドフラ
これは僕の失敗談です。

僕は初めて転職するときに、最初は自分ひとりで転職活動をしていたのですが、半年経っても、1社も内定がもらえませんでした…。

僕が転職活動に失敗した理由は、次のとおり。

  • ハイクラス求人に応募していた
  • 履歴書や職務経歴書の内容がスカスカだった
  • 企業ごとの面接対策ができていなかった

上記のとおり、僕は転職活動をかなり甘く考えていました。

僕は運よく、友人に転職エージェントを紹介してもらい、担当アドバイザーのサポートのおかげで、無事にフリーターからIT業界の正社員に転職できました。

もちろんあなたが、フリーターだった僕と同レベルだとは思いませんが、失敗するリスクは低い方がいいですよね。

転職エージェントはすべて無料で利用できるので、あなたのリスクはゼロです。

とりあえず登録しておいて、損はしないと思いますよ。

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円のIT企業に転職できましたよ。

葬儀屋に向いてる人の9つの特徴【まとめ】

最後に、『葬儀屋に向いてる人の9つの特徴』をまとめておきます。

  • 共感力と思いやり
  • コミュニケーションスキル
  • 冷静な対応力
  • 詳細な計画力
  • 遺族サポートの能力
  • 倫理的な判断力
  • 柔軟性と臨機応変さ
  • 励ましと感謝の姿勢
  • 善意と尊重の態度

『今日から一歩踏み出すか?』『今日も何も行動しないか?』はあなたの自由ですので、どちらを選んでも正解でも不正解でもありません。

しかし、将来のキャリアの可能性を考えるなら、1歳でも若いうちに行動しておくほうが安全です。

なぜなら、年齢が上がるほど、書類選考や面接で落とされることが多くなり、未経験からの転職が難しくなるからです…。

とはいえ、「自分が葬儀屋に向いてるかわからない…」という不安もあると思います。

そんなときは、ミイダスの『無料適職診断テスト』を受けてみるのがおすすめです。

すべて無料で利用できますし、キャリアアドバイザーとの面談もありませんし、履歴書や職務経歴書も必要ないので、あなたにリスクはありません。

ちなみに僕はミイダスで『Web業界』が自分に向いてることを知り、実際に26歳でWeb制作会社に転職して、年収アップ&スキルアップできました。

ミイダスはすべて無料で利用できるので、まずは気軽に試してみてくださいね〜。

ミイダス :3分で登録完了。面談&履歴書なしでOK。無料適職診断テストあり。780,000人が登録。