専門学校 中退 就職エージェント

「専門学校を中退してすぐに就職したい…」
「専門中退から人生をやり直したい…」
「でも学歴や経歴に自信がない…」

このような方に向けて、専門学校を中退した方におすすめの就職エージェントを紹介します。

ドフラ
こんにちは。元フリーターのドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に就職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに就職や副業に役立つ情報を発信しています。

世の中には「就職エージェント」の情報が多すぎて、どこを選んだらいいかわからないですよね?

結論からいうと、就職エージェントには「学歴や職歴に自信がある方向け」と「学歴や職歴に自信がない方向け」があります。

そのため自分に合わない就職エージェントを選んでしまうと、いつまで経っても就職できない…ということになります。

そんな中で今回は、元フリーターの僕が実体験をもとに『タイプ別に3社だけ』就職エージェントを紹介します。

この記事を読めば、どの就職エージェントがあなたに合っているのかわかります。

3分くらいで読み終わる内容なので、それでは見ていきましょう〜。

元フリーターが就職エージェント選びで失敗した話

専門学校 中退 就職エージェント

あなたは、次のどちらに当てはまりますか?

学歴や職歴に自信がある→ハイクラスの転職に強い大手エージェントを選ぶ

学歴や職歴に自信がない→専門学校中退や大学中退やフリーターの就職に強いエージェントを選ぶ

世の中には約24,000社の就職エージェントがありますので、その中から自分に合うところを選ぶのは大変です。

そのため多くの方が、とりあえず名前を聞いたことがある「大手の就職エージェント」を選びます。

しかし、就職エージェントにはそれぞれ得意不得意があるので、自分に合わないエージェントを選んでしまうと失敗します。

元フリーターの僕も、最初は大手の就職エージェントを利用していましたが、数ヶ月経っても就職できませんでした…。

これはなぜか?

その理由は、ハイクラスの転職に強い大手エージェントが扱う求人に、ショボい経歴の僕がいくら応募しても、書類選考すら通らないからです。

大手エージェントにはハイキャリアの転職者がたくさん登録しているので、フリーターの僕がそこで戦っても勝てない…というわけです。

今なら、これがどれだけ無謀な挑戦だったのかわかりますが、当時の僕は全く気づきませんでした。

僕はその後、数社の就職エージェントを渡り歩いた結果、ようやく自分に合う就職エージェントにたどり着きました。

それが「専門学校中退・大学中退・フリーターの就職に強いエージェント」です。

このタイプの就職エージェントは、学歴や職歴に自信のない求職者を対象にしているため、とにかくフォローが手厚いです。

カウンセリングに時間をかけてくれたり、無料で就職講座や適職診断テストが受けれたり、面接対策を1社ずつやってくれたりします。

このおかげで、最終的に僕はIT企業の営業職に就職することができ、その2年後には年収500万円稼げるようになりました。

僕はもともと年収190万円の底辺フリーターだったので、僕と同じような境遇の方や僕よりマシな経歴の方なら、必ず人生やり直せますよ。

ここからは、あなたが僕と同じような遠回りをしないように、「学歴や職歴に自信がない方向けの就職エージェント」を紹介しておきますね。

専門学校中退の方におすすめの就職エージェント3社

就職カレッジ:専門学校中退の10代20代の方

第二新卒エージェントneo:専門学校中退の20代フリーターの方

就職Shop:専門学校中退の30歳フリーターの方

上記のとおりです。

就職カレッジは専門学校中退や大学中退の就職に強く、第二新卒エージェントneoと就職Shopはフリーターの就職に強い印象です。

詳しい比較をみていきましょう。

就職カレッジと第二新卒エージェントneoの比較

専門学校 中退 就職エージェント

専門学校を中退した10代20代の場合は、就職カレッジを利用して4日間の無料就職講座を受けるのがおすすめですね。

ビジネスマナーや面接対策までしっかりやってもらえるので、自己肯定感が高まり、前向きに就職活動を進められます。

専門学校を中退した方に特化した『中退者コース』が用意されている点も、就職カレッジが専門学校中退の方に選ばれている理由です。

専門学校中退の20代フリーターの場合は、第二新卒エージェントneoを利用しつつIT企業に応募するのがありかな…という印象です。

僕が就職したIT企業には、元アパレル店員・元パチンコ店員・元飲食店スタッフなどの20代フリーターが、第二新卒エージェントneoから多く就職してきていました。

10時間以上の手厚いサポートがある点も、第二新卒エージェントneoが選ばれる理由のようです。

就職カレッジ:専門学校中退の10代20代の就職に強い。4日間の無料就職講座。中退者コースあり。

【第二新卒エージェントneo】 :専門学校中退の20代フリーターの就職に強い。10時間以上の無料就職サポートあり。

就職Shopはだれにオススメ?

専門学校中退の30歳で正社員の経験がない場合は、就職Shopを利用して、書類選考なしで面接に進める求人に応募するのが良いかと思います。

リクルートが運営するフリーター向けの就職相談サービスで、営業職、事務職、企画、技術職など幅広い職種の求人が揃っており、利用者数は10万人以上の実績があります。

また利用者の4人に3人は正社員未経験ということもあり、カウンセリングから面接対策までフォローが手厚いのも就職Shopが選ばれる理由ですね。

就職Shop :専門学校中退の30歳フリーターの就職に強い。4人に3人は正社員未経験。書類選考なしでOK。

まとめ:就職エージェントは全て無料だから何もリスクがない

以上、3社の就職エージェントをまとめてみました。

どの就職エージェントも無料で登録できるので、何もリスクがないです。

専門学校を中退した後に、正社員に就職して、人生をやり直した事例は次のとおりです。

・看護専門学校を中退→IT企業に就職
・建築専門学校を中退→お菓子メーカーに就職
・美容専門学校を中退→Web制作会社に就職

ただし就職エージェントの良し悪しは、担当のキャリアアドバイザーによって決まるので、そこは運になります。

もし担当アドバイザーが自分と合わなかったら、担当者を変更してもらうか、就職エージェント自体を変えればOKです。

専門学校中退から人生をやり直したいなら、行動して少しずつ変えるしかありません。

もしあなたが、本気で人生を変えたいと思っているなら、ぜひこの機会に試してみてくださいね。

✔記事で紹介した就職エージェントリスト

就職カレッジ:専門学校中退の10代20代の就職に強い。4日間の無料就職講座。中退者コースあり。

【第二新卒エージェントneo】 :専門学校中退の20代フリーターの就職に強い。10時間以上の無料就職サポートあり。

就職Shop :専門学校中退の30歳フリーターの就職に強い。4人に3人は正社員未経験。書類選考なしでOK。