「これから転職エージェントを利用しようか迷っている」

「いま利用中の転職エージェントのコンサルタントの対応に不安を感じている」

こんなお悩みを持つあなたのためにこの記事を書いています。

結論からいうと、自分のことしか考えていない転職コンサルタントには要注意です。

残念ながら、転職コンサルタントも人間なので真剣にあなたのことを考えてくれるコンサルタントとそうでないコンサルタントが存在します。

今回は「こんな転職コンサルタントには注意した方がいい」というテーマで話していきたいと思います。

スポンサーリンク

こんな転職コンサルタントには要注意!【3つの共通点】

「転職したいと思っているけど自分で仕事を探す時間がなかなか取れない」

「転職したいけど自分の力だけでは希望の転職先から内定をもらえるか不安」

こんなお悩みを持っている方の多くが転職エージェントを利用しています。

あなたはいま転職エージェントを利用していますか?

いま転職エージェントを利用している方もこれから利用する予定の方も今回お伝えする「ダメな転職コンサルタントの3つの共通点」を知っておくことで転職エージェントを効果的に利用することができるようになります。

世の中の転職コンサルタントの中には「え!?そんなコンサルタントいるの?」っていうくらいのレベルの転職コンサルタントがいるのも残念ながら事実です。

「いま利用している転職コンサルタントが話をちゃんと聞いてくれない」

「自分の希望とは全然ちがう会社ばかりを提案される」

実際に転職エージェントを利用した求職者の方からこのような相談をされることがあるのです。

あなたも転職エージェント選びで失敗しないようにぜひこの記事を最後までご覧ください。

ここからは3つの特徴をそれぞれ説明していきます。

あなたの話を全然聞いていない転職コンサルタントは要注意

まず1つめの特徴はあなたの話を全然聞いていない転職コンサルタントです。

あなたがコンサルタントに向かって自分の希望を伝えているのにメモも取らずに全然聞いていなかったり、何回も同じ質問を繰り返してきてあなたの話を全く覚えていなかったりするコンサルタントは要注意です。

転職コンサルタントの本来の仕事はあなたの意見や要望をしっかりとヒアリングして、あなたにピッタリの企業を提案することであなたと企業の両方を幸せにすることです。

あなたと企業の仲介役が転職コンサルタントなのです。

転職コンサルタントがあなたの話を聞いていないのには次のような理由があります。

  • 日々の業務に追われていて余裕がなくなっている
  • ただ単にあなたの話をヒアリングする能力が足りない
  • あなたが転職できる人材ではないと軽くみられている
  • 仕事に慣れていなくて転職コンサルタントの仕事を理解できていない

どのような理由があるにせよあなたの話を全然聞いていないコンサルタントからはあなたが満足できる転職先を紹介してもらえることはありません。

あなたは転職エージェントに登録した後、転職コンサルタントと面談することになります。

もし、あなたがコンサルタントとの面談に少しでも違和感を感じたら、コンサルタントから紹介された会社に対して次のような質問を投げかけてみてください。

「なぜ私にこの求人が合うのですか?」

「この会社で私はどのように活躍することができるのですか?」

「私はこの会社で働くことによってどのようなキャリアプランを進むことができますか?」

これらの質問に対してあなたが納得できる答えが返ってこなかったら、その転職コンサルタントはあなたの話を全然聞いていないコンサルタントということになります。

転職エージェントは企業に人材を紹介して入社させることができて初めて報酬を得ることができるビジネスモデルです

だから、転職コンサルタントによっては合格基準が低い会社や紹介料が高い会社という基準であなたに求人を紹介しているかもしれないのです。

あなたが転職で失敗しないためにもしっかりと転職コンサルタントを見極めてください。

内定後に無理やり入社させる転職コンサルタントには要注意

2つめの特徴は企業から内定をもらった後に無理やり入社させようとする転職コンサルタントです。

転職エージェントを利用している求職者の方からの相談で企業から内定をもらった後にコンサルタントから「内定をもらっているから入社しないと法律違反になりますよ」という脅しを受けたという相談が実際にありました。

残念ながら、世の中には無理やり内定をもらった会社に入社させようとするコンサルタントがいるのです。

もちろん、企業から内定をもらったからといって必ずその会社に入社しなければ法律に違反するということはなく、内定をもらった後でも入社を断ることができます。

先ほどもお伝えしたとおり、転職エージェントのビジネスモデルは企業にあなたを入社させないとお金が入ってこないので、会社のノルマに追われているコンサルタントは何がなんでもあなたを内定をもらった会社に入社させようとします。

転職コンサルタントは会社の営業マンという立場も担っており、転職エージェント企業の売上はコンサルタントが企業に入社させた求職者の人数と紹介料のかけ算で成り立っていいます。

コンサルタントの中には「年間予算を達成させるためにもここで入社してもらわなければ困る!」と焦っているコンサルタントも存在するのです。

あなたが企業から内定をもらった後にあなたが辞退を希望しているのに無理やりその会社に入社させようとするコンサルタントには注意してください。

もし、あなたの希望を全然聞いてくれないコンサルタントなら担当のコンサルタントを変えてもらうか、転職エージェント自体を変えたほうがいいです。

紹介求人が希望とずれている転職コンサルタントには要注意

3つめは紹介求人があなたの希望とずれている転職コンサルタントです。

これはあなたの話を全然聞いていないという特徴にもつながるのですが、コンサルタントが紹介してくる求人があなたの希望とずれているということはコンサルタントがあなたのことを理解できていないからです。

あなたの希望にあった求人を紹介するためには、あなたのことをしっかりとヒアリングしてあなたが希望する職種や年収、キャリアプランなどを深く理解しなければいけません。

あなたのことを理解できていないコンサルタントはあなたの希望とずれた求人しか紹介できないのです。

そのほかの場合だと、あなたの希望にあった求人よりもコンサルタント自身のメリットになる求人を優先して紹介してくるコンサルタントがいることも事実で、このようなコンサルタントが担当になると紹介求人があなたの希望とずれることも多くなります。

会社から課せられているノルマに追われているコンサルタントは自分の売上目標を達成させるために、すぐに内定をもらえる会社や紹介料が高い会社を中心にあなたに紹介してきます。

自分のことでいっぱいで余裕のないコンサルタントからは良質な転職アドバイスを受けることはできませんし、あなたが満足できる求人を紹介してもらえるはずがありません。

とはいえ、働きながら転職活動をするのはなかなか大変です。

そんな時は転職エージェントを利用するのがいい場合もあります。

あなたが転職エージェントを利用するときは転職に失敗しないためにも今回紹介した「ダメな転職コンサルタントの3つの共通点」を思い出していただき、転職エージェントを効果的に活用してくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめです。

  • 転職エージェントで転職に成功できるかは担当のコンサルタント次第
  • 求職者の話を全然聞かないコンサルタントは要注意
  • 内定後に無理やり入社させようとするコンサルタントは要注意
  • 紹介求人が希望とズレているコンサルタントは要注意
  • コンサルタントも営業マンなので売上に追われている人もいる
  • 担当のコンサルタントに違和感を感じたら担当を変えてもらうかエージェントを変えたほうがいい

今回は「こんな転職コンサルタントは要注意!3つの共通点」について話しました。

あなたが転職エージェントを利用して転職に成功できるかどうかは担当の転職コンサルタント次第ということですね。

転職はあなたの人生にとっての一大イベントなので、妥協せずにあなたのことを真剣に考えてくれる転職コンサルタントを根気強く探すのも大切です。

これからあなが転職エージェントの利用を考えているなら、ぜひ今回の内容を参考にしてくださいね。

このサイトには転職で成功するための思考法をまとめてありますので、これからもよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事