どうも、ドフラです。AIやロボットの普及により多くの仕事がなくなると言われています。たとえば、銀行の融資担当者、不動産のブローカー、給与・福利厚生担当者、レジ係、電話販売員、データ入力作業員、訪問販売員などの職業がなくなると言われています。多くの仕事が時間とともにコモディティ化するので、今は重宝される仕事でもそのうちその仕事の価値がなくなります。これはいつの時代も同じなので、これからもコモディティ化は継続的に起こります。ということで、今回は「コモディティ化しないように自分にラベルを貼ろう」という内容でお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

コモディティ化から脱却したければ自分にラベルを貼ろう

現在、会社員として働いている90%以上の方が行なっている仕事はそのうちコモディティ化します。もっと言うと、もうすでにコモディティ化している仕事なのに、何とか会社にしがみついて働き続けている方も大勢いらっしゃいます。主に高給取りの中年層がこのコモディティ化の中にいます。

その証拠に45歳以上の社員を対象に早期希望退職者の募集をかける大手企業が増えています。たとえば、コカ・コーラ、協和発酵キリン、日本ハム、NEC、エーザイ、カシオ計算機、アルペン、富士通などの東証一部上場企業が次々と早期退職者の募集をスタートしています。どうやら大手企業が安定しているという時代は終わったようですね。

大手企業で働いているほど自分のコモディティ化に気づけない

企業の中で働いているとたいていの人はコモディティ化します。企業がどれだけ大企業だあろうと、働きたいランキング上位の人気企業だろうと、そんなことは関係ありません。企業の中でその他大勢のコマとして働いているうちは代替可能な会社の歯車の一つでしかないのです。

学生時代に勉強や就職活動を一生懸命に頑張って大手企業に就職して、45歳まで働いても早期退職希望の募集をかけられるほどに、会社はこの人たちのことを何の能力も持っていない人間だと思っているのです。45歳になるまで自分には何の能力もないということを教えられないなんて、本当に恐ろしいことだと思いませんか?

あなたは今、どのような会社で、どのような立場で働いていますか?

スポンサーリンク

コモディティ化を防ぐために時代の流れに乗り続ける

ネットの普及によって世の中は目まぐるしく変化しています。東証一部上場企業がひとつの不祥事で倒産に追い込まれ多くの従業員が路頭に迷ったり、ITの流れにうまく乗れなかった企業が業績不振で大規模リストラを強いられたりする時代です。

終身雇用という言葉はもう日本には存在しません。それは幻想です。世の中の動きはこれからさらに加速します。5G、AI、ブロックチェーン、キャッシュレス。どんどん新しいサービスが増えて、どんどん古いサービスは淘汰されていきます。

これからの時代、ひとつの会社で一生働くという人はほとんどいなくなるでしょう。だから、あなたは今のうちからあなただけのラベルを用意しておかなければならないのです。

コモディティ化を防ぐために会社のラベルではなく個人のラベルを持つ

あなたは普段仕事の依頼をどうやってもらっていますか?次のどちらかに当てはまりますか?

①会社の上司から「これをやっておけ」と言われて指示通りに仕事をこなしている。

②取引先から「〇〇会社の〇〇さん」という形で仕事をもらっている。

①の場合は最悪です。これは会社ではなく上司に依存している状態です。上司がいなくなったらおしまい。あなたの価値が全く上がらないとてもリスクの高い働き方です。もしあなたがこの働き方をしているなら、すぐに改めてください。

②の状態で仕事をしている人がほとんどではないでしょうか。お互いに会社の看板がある状態で取引先と仕事をする。これは今まで当たり前の働き方として何十年も続いてきました。誰もが会社に勤めていて、勤めている会社を信用している働き方です。でも、この働き方は長い目で見たときに危険です。

あなたがそのプロジェクトでいくら頑張ってもいくら時間をかけてもあなたの市場価値はいっさい上がりません。上がるのは会社の価値だけ。創業者が持っている会社の株の価値と信用だけがどんどん上がるのです。先ほどお伝えしたように会社はいつなくなるかわかりません。仕事をした分、自分の市場価値と信用を上げておかないと会社の外に出されたときにあなたは路頭に迷います。

だから「〇〇のことなら〇〇さん」という状態で仕事をもらうようにしてください。「車の修理なら〇〇さん」、「AIのことなら〇〇さん」、「飲食関係なら〇〇さん」、「集客のことなら〇〇さん」みたいな感じで会社ありきではなく課題ありきであなたの名前が浮かぶように自分の存在をまわりに印象付けて仕事をしてください。これがあなたのラベルになります。

ラベルが決まればキャリアデザインがしやすくなる

あなたはいま自分のラベルをもっていますか?もし、ラベルをもっていないなら欲しいラベルを決めちゃいましょう。スキルや経験が今はまだなくても大丈夫です。

自分が欲しいラベルが決まればあとはそのラベルを手に入れるためにキャリアをデザインするだけ。仕事内容も転職先もすべてあなたの判断軸に合わせて取捨選択していくだけです。とてもシンプルになります。

ラベルがあればあなたの価値が市場に伝わりやすくなります。会社が変わってもラベルがあるからあなたの仕事はなくなりません。

どれだけニッチな分野でもいいので今のうちにあなただけのラベルを用意しましょう。会社経由ではなくあなたに直接仕事の依頼が入ってくる仕組みを虎視眈々とつくっていきましょう。それではまた。

自分を変えるためのブログ|ドフラCEOの公式ブログ

どうも、サイト運営者のドフラです。ブログをご覧いただきありがとうございます。今回は将来自分がコモディティ化しないように自分にラベルを貼ったほうがいい、という内容をお伝えしました。このブログでは自分を変えるための稼ぎ方や働き方の思考法を発信しています。人生100年時代を楽しく生き抜くために思考や働き方をアップデートしていきましょう!これからもよろしくお願いします。

スポンサーリンク
おすすめの記事