大学中退 ホワイト企業 就職
大学中退で就職したい人『ホワイト企業で働くのが理想だけど、大学中退は良い会社に就職できないって聞いて不安になってきた…。大学中退が就職で失敗しないためにはどうすればいいの?』

このような方に向けて記事を書いています。

とりあえず大学に入ってみたものの、勉強についていけなくて大学を中退し、そのままフリーターになってしまう…という方は多いです。

でも結論からいうと、20代の若いうちに就職しておかないと、そのまま非正規労働者から抜け出せなくなるリスクが高いです。

なぜなら正社員経験のない人材は、年齢が上がるにつれて、書類選考で落とされるケースが増えるからです。

特に28〜30歳ぐらいになると、なかなか書類選考が通らなくなりますね…。

ドフラ
こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に就職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに就職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計985名の方にインタビューしてきたので、大学を中退した人のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、僕が実際に話を聞いた、大学中退の山下剛史さん(26歳男性・仮名)の体験談をもと『大学中退の26歳がホワイト企業に就職できた理由』から『大学中退が就職で失敗しない方法』までを解説していきます。

この記事を読めば、大学中退の就職に不安を感じている方でも、人生をやり直すための一歩が踏み出せるようになります。

3分で読める内容なので、それではいきましょう〜。

『いますぐに正社員に就職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

大学中退の僕がホワイト企業に就職できた理由|26歳男の体験談

大学中退 ホワイト企業 就職

まずは、今回紹介する大学中退の『山下剛史さん(26歳男性・仮名)』の経歴を簡単に紹介しておきます。

山下剛史さんは高校を卒業後、1年浪人して国立大学の理系に入学しました。

しかし授業を受けていく中で、どうしても勉強のレベルについていけず、大学を2年留年してしまっていました。

ちなみに、山下剛史さんは偏差値72の高校を卒業していたため、学力には自信がありましたが、大学で人生初の挫折を経験することになりました。

そのうちゼミの人とも折り合いが悪くなってしまい、大学に行くよりアルバイトのほうが楽しい…という日々が続いていました。

そんな中で、『このまま大学に通い続けて本当に卒業できるだろうか…』と疑問を抱くようになり、25歳のときに思いきって大学を中退して、就職することを決意します。

『大学中退+初めての就職活動』ということで、自分はかなり不利な状況だと思いつつ、就職活動を続けていった結果、無事に建設業界のホワイト企業に就職することができました。

現在の山下剛史さんは、大手企業の施工管理として、大卒と対等な立場で仕事ができており、将来的には国家資格の取得も視野に入れているそうです。

ここからは、大学中退の山下剛史さんの体験談を紹介しつつ、『大学中退で就職する人の実態』について詳しく解説していきます。

大学中退の就職は厳しい?【就職できない理由は超簡単です】

大学中退 ホワイト企業 就職

山下剛史さんの体験談からもわかるとおり、大学中退でも就職することはできます。

ただし、大学中退の就職で失敗したくない人は、大学中退後のフリーター期間が短いうちに就職すべきです。

なぜなら、大学中退後のフリーター期間が長くなるほど、就職が難しくなるから…

2022年に公開された『労働政策研究・研修機構の調査結果』によると、フリーター期間と就職できる割合は次のとおりです。

  • フリーター期間1年以内:68.8%
  • フリーター期間2〜3年:56.6%
  • フリーター期間4〜5年:37.6%
  • フリーター期間5年以上:32.3%

上記のとおり、フリーター期間が長くなるほど、就職率は下がっていきます。

理想は『大学中退と同時に就職活動を始める』ですね。

大学中退の僕が就職せずにフリーターになって後悔した体験談

大学中退フリーター 就職

ここでは、大学中退後に1年間のフリーター期間をはさんでしまった、山下剛史さんの失敗談を紹介しておきます。

山下剛史さんは大学に通うために上京していたので、普通は大学中退のタイミングで地元に帰ります。

しかし、大学中退になった恥ずかしさもあり、なかなか実家に帰ることができませんでした。

そのため、とりあえず生活費を稼ぐためにカラオケ店の深夜バイトをしながら、東京でフリーター生活を1年間続けてしまったのです。

世の中的には『フリーター=楽そう』というイメージもありますが、山下剛史さんの場合は、毎日が後悔の連続でした…。

なぜなら、浪人と留年によって年齢が26歳になっており、バイト先は年下の学生アルバイトばかり、さらには社員も年下だったからです。

またアルバイト歴が長かったため、新入社員に仕事を教えることも多く、その度に「本当は俺も今ごろは…」という悔しさを感じていました。

その後、山下剛史さんは『30歳まで残り3年しかない危機感』から、地元に帰って就職することを決心しました。

上記のとおり、大学中退後にフリーター期間をはさむと、就職できないリスクが高くなるだけでなく、精神的なダメージも受けやすいです。

あなたの若い貴重な時間もドブに捨てることになるので、大学中退後は1歳でも若いうちに就職するのが安全ですね。

【失敗談】大学中退の僕がハローワークに行ったけど就職できなかった話

大学中退 ホワイト企業 就職

ここでは、大学中退の山下剛史さんの失敗談を紹介しておきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

大学中退の山下剛史さんが、就職活動をするために、まず向かったのが『ハローワーク』でした。

ハローワークは無料で利用できる公共職業安定所で、就職するための研修が受けれたり、求人を紹介してもらえたりします。

ただし、無料で求人を紹介してもらえる点は良いのですが、求人の数が膨大過ぎて、そこから自分に合った求人を探すのは、めちゃくちゃ大変なんですよね…。

山下剛史さんは、自分が大学中退という不利な状況で、就職活動も初めてだったこともあり、とても自分ひとりでは無理だ…と思っていたそうです。

そこで、『自分の代わりに求人を探してくれるサービスはないのかな?』と思ってインターネットで調べた結果、世の中には『就職エージェント』というサービスがあることを知りました。

最終的に、山下剛史さんは就職エージェントを利用し始めてから、約1ヶ月で建設業界のホワイト企業から内定を獲得し、無事に就職を決めました。

山下剛史さんの経験からもわかるように、大学中退の人は、ハローワークに行くのではなく、最初から就職エージェントを利用する方が良さそうですね。

ドフラ
ちなみに、山下剛史さんが利用した就職エージェントは、以下の記事で紹介する『就職カレッジ』です。

大学中退の僕がホワイト企業に就職するまでの具体的なステップ

大学中退 ホワイト企業 就職

ここでは、大学中退の山下剛史さんが、建設業界のホワイト企業に就職するまでの具体的なステップを紹介していきます。

大まかにいうと、次のとおりですね。

①就職エージェントに登録する
②担当アドバイザーに自己分析を手伝ってもらう
③担当アドバイザーに自分の強みを活かせる求人を紹介してもらう
④担当アドバイザーと相談しつつ、応募する求人を決める
⑤担当アドバイザーに履歴書・職務経歴書を作ってもらう
⑥担当アドバイザーに書類を応募してもらう
⑦担当アドバイザーに面接日程を調整してもらう
⑧担当アドバイザーに企業ごとの面接対策をやってもらう
⑨企業の面接を受ける
⑩担当アドバイザーに面接後の感想を伝える
⑪担当アドバイザーから企業からの選考結果を受ける
⑫担当アドバイザーと相談しつつ、内定が出た会社の中から入社する企業を決める

上記のとおり。

これを見て気づいた方も多いと思いますが、『担当アドバイザーがほとんどやってくれるじゃん!』という感じですね。

就職エージェントに登録すると、担当のキャリアアドバイザーの人が付いてくれて、かなり手厚くサポートしてくれます。

ただし、大手の就職エージェントやハイクラス求人専門の就職エージェントだと、ここまで担当アドバイザーが手厚くフォローしてくれないこともあるので、注意が必要です。

なぜなら、大手エージェントやハイクラス専門エージェントに登録する転職者は、転職経験があったり、社会人としての実績も豊富だったりするので、そこまで手厚くサポートしなくても転職できるからです。

そのため大学中退の人が利用するべきなのは、『学歴や職歴に自信のない方向けの就職エージェント』ですね。

このような就職エージェントは、フリーターや大学中退などの就職支援実績が豊富なので、学歴や職歴のない人でも安心して利用できます。

ちなみに、山下剛史さんが利用した就職エージェントも、『学歴や職歴に自信のない方向けの就職エージェント』です。

ぶっちゃけ就職エージェントに登録すれば、担当アドバイザーがほぼやってくれるので楽ですね。(アドバイザーは大変だと思いますが…感謝)

ドフラ
『学歴や職歴に自信のない方向けの就職エージェント』はこちらの記事にまとめてありますので、ぜひチェックしてくださいね。

まとめ:大学中退でもホワイト企業に就職できる!

大学中退 ホワイト企業 就職

ここまで『大学中退がホワイト企業に就職できた理由』から『大学中退から就職する方法』までを伝えてきました。

今回紹介した、大学中退の山下剛史さん(26歳男性・仮名)の体験談からも、大学中退でもホワイト企業に就職できることがわかりますよね。

しかも、就職するために必要な行動は『就職エージェントに登録すること』くらいでした。

もちろん就職理由や志望動機を考えたり、最終的に入社することを決めたり、といった最低限のことはやらなければいけませんが、就職のプロに相談しながら進められるのは安心ですよね。

実際に山下剛史さんは『あのときに大学を辞めて本当に良かったです。あのまま大学に通い続けても卒業は無理ですし、学費も時間も無駄になっていました。いまは大卒の同僚とも対等に仕事ができていますし、国家資格も狙えそうなので、現状にはかなり満足しています!』と言っています。

この記事で紹介した山下剛史さんは、20代後半という不利な状況からホワイト企業に就職できたわけですから、ほとんどの方が就職できるはずです。

あとは、あなた次第です。

今から行動して、あなたの理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
大学中退から就職で失敗したくない方は、以下の記事で紹介する就職エージェントを利用するのがおすすめですよ。