大学中退 就職 おすすめ
大学中退で就職したい人『高収入を稼げる大人になって、大学中退したことを後悔しない人生にしたい…。大学中退におすすめの就職先や高収入を目指せる仕事はどれ?』

このような方に向けて、記事を書いています。

結論からいうと、大学中退におすすめの就職先は、以下の5つを満たす仕事です。

  • 未経験からでも挑戦できる
  • 給料を上げやすい仕組みがある
  • 個人にスキルが身に付く
  • 業界に将来性がある
  • 将来的に副業や起業もしやすい

『高収入』という視点から考えると、29歳男性の平均年収が約450万円なので、具体的には『20代のうちに年収450万円以上を稼げそうな仕事』がおすすめですね。

この記事では『大学中退におすすめの就職先』『大学中退が高収入を稼げる仕事に就職する方法』を紹介しますので、大学中退で就職したい方はぜひ参考にしてくださいね。

ドフラ
こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に就職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに就職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計985名の方にインタビューしてきたので、大学中退で就職した人のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、僕が実際に話を聞いた、大学中退の芹沢雄也さん(23歳男性・仮名)の体験談をもと『大学中退におすすめの高収入な就職先』から『大学中退が就職に失敗しない方法』までを解説しています。

この記事を読めば、大学中退が就職して人生をやり直す方法がわかるので、今日からすぐに就職するための一歩を踏み出せます。

3分で読める内容ですので、それではいきましょう〜。

『いますぐに正社員に就職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

大学中退におすすめの高収入な就職先は?大学中退の23歳男の体験談

大学中退 就職 おすすめ

まずは、今回紹介する大学中退の『芹沢雄也さん(23歳男性・仮名)』の経歴を簡単に紹介しておきます。

芹沢雄也さんは高校を卒業後、『お兄さんも通っているから』という理由で、お兄さんと同じ経営学部の大学に入学しました。

しかし授業を受けていく中で、どうしても講義の内容に興味が持てず、大学3年生の途中からはアルバイトばかりするようになっていました。

ちなみに、芹沢雄也さんはホストのアルバイトをしてお金を稼いでいたため、学生ながら月収は手取りで20万円ほどありました。

ほぼ毎日、夕方から翌朝5〜6時まで、アルバイトのシフトに入っていたので、朝起きれずに午前中の授業に間に合わない…という日々が続いていました。

そんな中で、『このまま興味のない大学に通い続けるのは無駄なんじゃないか…』と疑問を抱くようになり、21歳のときに思いきって大学を中退して、就職することを決意します。

『大学中退+初めての就職活動』ということで、自分はかなり不利な状況だと思いつつ、就職活動を続けていった結果、無事にIT企業に就職することができました。

現在の芹沢雄也さんは、IT企業の営業として、大卒と対等な立場で仕事ができており、同世代の大卒よりも高収入を稼げているそうです。

ここからは、大学中退の芹沢雄也さんの体験談を紹介しつつ、『大学中退で高収入の就職先を選べる人の実態』について詳しく解説していきます。

大学中退でも高収入の就職先を選べば人生終了とは言われない

大学中退 就職 おすすめ

大学を中退したいと家族や友人に相談すると、『大学中退したら人生終了でしょ!』『大学中退だと就職できないって!』と言われることがあります。

しかし芹沢雄也さんの体験談からもわかるとおり、大学中退をしたからといって人生終了ではありませんし、大学中退でも就職できます。

では、なぜ『大学中退=人生終了』というイメージがあるのか?

結論をいうと、大学中退の経歴がマイナスになる理由は以下のとおりです。

  • 就職の機会が限られる
  • キャリアアップの機会が減少する
  • 収入が低くなる可能性がある
  • 自己実現の機会が制限される
  • 自己肯定感が低下する

大学を中退すると人生終了とまではいかないものの、上記のようなデメリットがあるのも事実です。

ぶっちゃけ、大学中退の経歴を否定してくる人たちを黙らせるには、大卒以上の年収を稼げるようになるしかありません。

大学を中退したことを後悔しないためには、大学中退の自分の立場を理解しつつ、戦略的に就職活動をすることが大切です。

大学中退は就職できないといわれる理由|その後の人生に失敗しないコツ

大学中退 就職 おすすめ

世の中的に『大学中退=就職できない』というイメージもあり、大学を中退してから、なんとなくフリーターになってしまう人が多いです。

しかし、大学中退後のフリーター期間が短いうちに就職しないと、後悔する可能性が高いです

なぜなら、大学中退後のフリーター期間が長くなるほど、就職するのが難しくなるから…。

実際に『労働政策研究・研修機構の2022年調査結果』によると、フリーター期間と就職できる割合は次のとおりです。

  • フリーター期間1年以内:68.8%
  • フリーター期間2〜3年:56.6%
  • フリーター期間4〜5年:37.6%
  • フリーター期間5年以上:32.3%

上記のとおり、フリーター期間が長くなるほど、就職率は下がっていくので、『大学中退を決意したらすぐに就職活動を始める』のが理想です。

大学を中退しても、正社員に就職する道はあります。

たしかに大学を中退してしまうと、応募条件を『大卒以上』としている企業の仕事は選べません。

しかしそのいっぽうで、世の中には学歴や職歴がなくてもチャレンジできる仕事はあるので、大学中退の方はそのような仕事を選べば就職できます。

「大学を中退したから、とりあえずフリーターになる」という方もいますが、一度フリーター生活を始めてしまうと、それが楽すぎてなかなか正社員になろうとは思えないんですよね…。

大学を辞めて間もないタイミングなら、面接で「大学を辞めて正社員になりたいと思ったので、現在は就職活動をしています!」という、まともな就職理由を伝えられます。

しかしフリーター生活が長くなり過ぎると、大学を辞めた理由に加えて、フリーターになった理由も説明しないといけないので、面接が結構きつくなってしまいます。

ですから「大学中退は就職できない…」と諦めるのではなく、できるだけフリーター期間を挟まずに、正社員に就職する道を選んでくださいね。

大学中退におすすめの就職先|高収入を目指せる業界と職種を教えます

大学中退 就職 おすすめ

大学中退したことを後悔したくないなら、大卒以上の年収を稼げるようになるのが1番早いです。

結論をいうと、大学中退でも高収入を目指せる業界と職種は、次のとおりです。

  • おすすめの業界→IT業界
  • おすすめの職種→営業職

つまり、大学中退の人は『IT業界の営業職』に就職するのがおすすめ、ということになります。

では、なぜIT業界の営業職がおすすめなのか?

その理由は、次のとおり。

  • 未経験からでも挑戦できる
  • 営業職は給料を上げやすい
  • 個人にスキルが身に付く
  • IT業界は将来性がある
  • IT業界は副業や起業もしやすい

上記のような理由から、大学中退の方には、IT業界の営業職への就職がおすすめですね。

実際に大学中退の芹沢雄也さんは、経営学部の大学を中退した後で、IT企業の営業職に就職し、23歳で年収400万円稼げるようになりました。

dodaが公開する「20代男性・女性の平均年収」によると、23歳男性は平均年収318万円なので、それよりも80万円以上も年収が高いです。

もちろん年収だけが全てではありませんが、少なくとも同世代より稼げている自分のことを人生終了とは思いませんよね。

ここからは、大学中退の芹沢雄也さんが『高収入のIT企業に就職するまでにやったこと』を紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね。

大学中退の僕が高収入の就職先から内定をもらうまでの具体的なステップ

大学中退 就職 おすすめ

ここでは、大学中退の芹沢雄也さんが、高収入のIT企業に就職するまでの具体的なステップを紹介していきます。

大まかにいうと、次のとおりですね。

①就職エージェントに登録する
②担当アドバイザーに自己分析を手伝ってもらう
③担当アドバイザーに自分の強みを活かせる求人を紹介してもらう
④担当アドバイザーと相談しつつ、応募する求人を決める
⑤担当アドバイザーに履歴書・職務経歴書を作ってもらう
⑥担当アドバイザーに書類を応募してもらう
⑦担当アドバイザーに面接日程を調整してもらう
⑧担当アドバイザーに企業ごとの面接対策をやってもらう
⑨企業の面接を受ける
⑩担当アドバイザーに面接後の感想を伝える
⑪担当アドバイザーから企業からの選考結果を受ける
⑫担当アドバイザーと相談しつつ、内定が出た会社の中から入社する企業を決める

上記のとおり。

これを見て気づいた方も多いと思いますが、『担当アドバイザーがほとんどやってくれるじゃん!』という感じですね。

就職エージェントに登録すると、担当のキャリアアドバイザーの人が付いてくれて、かなり手厚くサポートしてくれます。

ただし、大手の就職エージェントやハイクラス求人専門の就職エージェントだと、ここまで担当アドバイザーが手厚くフォローしてくれないこともあるので、注意が必要です。

なぜなら、大手エージェントやハイクラス専門エージェントに登録する転職者は、転職経験があったり、社会人としての実績も豊富だったりするので、そこまで手厚くサポートしなくても転職できるからです。

そのため大学中退の人が利用するべきなのは、『学歴や職歴に自信のない方向けの就職エージェント』ですね。

このような就職エージェントは、大学中退やフリーターなどの就職支援実績が豊富なので、学歴や職歴のない人でも安心して利用できます。

ちなみに、芹沢雄也さんが利用した就職エージェントも、『学歴や職歴に自信のない方向けの就職エージェント』です。

ぶっちゃけ就職エージェントに登録すれば、担当アドバイザーがほぼやってくれるので楽ですね。(アドバイザーは大変だと思いますが…感謝)

ドフラ
ちなみに、芹沢雄也さんが利用した就職エージェントは、以下の記事で紹介する『就職カレッジ』です。

まとめ:大学中退におすすめの高収入な就職先はIT業界の営業職です

大学中退 就職 おすすめ

ここまで『大学中退におすすめの高収入な就職先』から『大学中退から就職して人生やり直す方法』までを伝えてきました。

今回紹介した、大学中退の芹沢雄也さん(23歳男性・仮名)の体験談からも、大学中退でも高収入の仕事に就職できることがわかりますよね。

しかも、就職するために必要な行動は『就職エージェントに登録すること』くらいでした。

もちろん就職理由や志望動機を考えたり、最終的に入社することを決めたり、といった最低限のことはやらなければいけませんが、就職のプロに相談しながら進められるのは安心ですよね。

実際に芹沢雄也さんは『あのときに大学を辞めて良かったです。あのまま大学を続けていても卒業できたか微妙ですし、学費も時間も無駄になっていました。いまは大卒の同僚とも対等に仕事ができているので、人生に後悔はありませんね!』と言っています。

「大学中退したことを後悔したくない…」という方は、とりあえず『就職エージェントに登録する』という一歩から始めてみるのがおすすめですよ。

あとは、あなた次第です。

いまから行動して、あなたの理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
大学中退から就職で失敗したくない方は、以下の記事で紹介する就職エージェントを利用するのがおすすめですよ。