「転職に有利な時期ってあるの?」

「いつ転職活動を始めると成功しやすいの?」

「転職のスケジュールってどうやって立てるの?」

この記事は、こんな疑問をもっている、20代のあなたに向けて書いています。

結論をいうと、企業の採用ニーズが高まる時期は3~4月と9~10月ですが、これが必ずしもあなたにプラスになるとは限りません。

あなたが志望する業界や職種によって、採用ニーズが高まる時期はちがうので、大切なのはあなたに合った転職時期を知ることです。

私は現役転職コンサルタントとして、20代の方向けに転職支援をおこなっています。

今回はその経験をふまえて、転職に有利な時期の考え方について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

転職に有利な時期は3~4月と9~10月ってホント?【20代転職成功マニュアル】

結論は、企業の採用ニーズが高まる時期は3~4月と9~10月ですが、これが必ずしもあなたにプラスになるわけではありません。 

企業の採用ニーズが高まる時期は3~4月と9~10月

あなたは、転職市場に求人募集が増える時期を知っていますか?

1年を通して、転職市場に求人が増える時期は、企業の採用ニーズが高まる3~4月と9~10月です。

この時期は、新規の求人が市場にたくさん出てきます。

なぜ、この時期に企業の採用ニーズが増えるのでしょうか?

その理由は、年度の切り替えのタイミングで退職者が増えることで、その補充として後任を採用しようとする企業が増えるからです。

さらに、このタイミングで企業は新規事業をスタートすることも多いので、その人員を確保するためにも、企業の採用ニーズは高まります。

しかし、この時期に求人募集をする企業が増えるからといって、必ずしもあなたが転職しやすくなるわけではありません。

あなたが応募できる求人が増えることはいいことなのですが、この時期は転職希望者が増えるタイミングでもあります。

つまり、3月~4月と9月~10月は、あなたのライバルが増える時期でもあるということです。

ただし、普段は市場に出てこない求人が出てくる可能性もある時期なので、しっかりと転職準備や対策をしてチャレンジすれば、内定を獲得できる可能性は十分にあります。

マスコミが発表する転職市場の動向を鵜呑みにしない

テレビやマスコミで伝えられる転職市場の動向は、あくまでも参考程度にとどめておきましょう。

採用ニーズが増えるタイミングや転職しやすい時期は、あなたが希望する業種や職種、会社ごとにちがいます。

メディアが発信する情報に振り回されて、なんとなく転職に流されたり、転職を諦めてしまったりするのはやめましょう。

あなた自身で転職についてしっかりと考えて、スケジュールを立てて行動するべきです。

転職準備と退職するタイミングを計算しておく

転職に有利な時期は人によってちがいます。

転職を成功させるためには、あなたが志望する業界や職種の情報を十分に収集することや、あなたが今の職場を退職するまでの最適なタイミングなどを計算して、具体的なスケジュールを立てて動く必要があります。

スポンサーリンク

転職期間を決める3つのポイント

転職時期を決める3つのポイントを解説します。

勤続年数は2年間あると印象が変わる

日本企業の場合、短期間の転職をくり返している人の印象は、あまりよくありません。

前職の在籍期間が1年未満だと採用選考で不利になるケースもあるので、最低でも2年間は在籍しておくことをおススメします。

しかし、どうしても今の職場がムリだと思う方は、我慢して自分の身をこわすよりは転職に踏み切ったほうがいいです。

現在の年齢が24歳、29歳の人は特に要注意

転職で未経験の職種にチャレンジしようと考えている人は、どうしても年齢によって、受け入れてもらえない場合があります。

年齢を理由に採用基準が区切られる年齢としては24歳、29歳、34歳の方は区切られやすい年齢なので特に注意してください。

未経験者の採用や、長期キャリア形成のための採用の場合、29歳以上になると転職が厳しくなりやすいです。

転職を考えているなら、20代のできるだけ早い時期に動くことがおススメです。

賞与や退職金をもらってから辞める

転職の時期を考えるうえで、賞与支給の時期や、退職金が支給される勤続年数をクリアすることも経済面では重要なポイントです。

また、在職期間中ではなく、退職してから転職活動を始めようと思っている方は、自己都合で退職する場合、失業手当の給付がいつからになるかも確認しておいたほうがいいです。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめです。

  • 求人が増える時期は3~4月と9~10月
  • 年度の切り替えのタイミングで退職者が増えたり、新規事業をスタートする企業が増えることで、転職市場に求人が増える
  • テレビやマスコミが発表する転職市場の動向を鵜呑みにしない
  • 転職準備と退職するタイミングを計算して転職活動期間を決める
  • 現在の年齢が24歳、29歳の人は年齢区切りで不採用になりやすいので特に注意が必要
  • 賞与や退職金をもらってから辞めるのもアリ

今回は、転職に有利な時期が3~4月と9~10月というのが本当なのかを、複数の視点から検証しました。

結論は、あなたが志望する業界や職種によって、採用ニーズが高まる時期がちがうから、あくまであなた自身に合わせて転職活動をおこない、転職を成功させることに集中することが大切だということですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事