「転職活動の期間ってどれくらいかかるの?」

「転職の準備って何をすればいいの?」

この記事は、このような悩みをもっている、20代のあなたに向けて書いています。

結論をいうと、20代の転職活動期間は平均3ヶ月です。

私は現役転職コンサルタントとして、20代の方向けに転職支援をおこなっています。

今回はその経験をふまえて、転職活動期間の考え方について解説していきます。

スポンサーリンク

転職活動期間は平均3ヶ月かかる【28歳以下の転職成功マニュアル】

この記事を読んでいるということは、あなたはいま転職を考えていますね?

これから転職活動をはじめようと思っている方にとって、転職活動期間がどれくらいかかるのかは気になるポイントです。

転職活動期間がどれくらいかかるかは、転職準備にどれだけ時間をかけるかで決まります。

転職を経験している人の約半数以上が、1ヶ月~3ヶ月の間に5~6件の応募をしています。

企業から内定をもらうまでには個人差がありますが、早い人だと1週間で次の職場が決まる人もいます。

しかし、転職活動で大切なのは転職の準備期間です。

転職の準備をどれだけしっかりおこなうかによって、転職で成功できるかどうかが決まります。

自分の希望に見合った企業を見つけるまでに、長い人だと1年以上かける人もいるくらいです。

ですから、将来的に転職を視野に入れているなら、少しでも早く転職活動をスタートさせるのがおススメです。

スポンサーリンク

転職準備の3つのポイント

転職の準備期間がどれくらいの長さで、どんなことをやるのかがわかれば、転職活動期間がだいたい予想できます。

ということで、ここからは転職準備の3つのポイントを紹介していきます。

志望する業界や職種を研究する

あなたが転職で成功したいと思っているなら、志望する業界や職種の求人状況や応募条件、採用基準の傾向などを事前に確認しておく必要があります。

応募しやすい時期や難易度を確認したり、志望する業界で実際に働いている人の話を聞くなどの準備をしておくといいです。

じっくりと時間をかけて、志望する業界や職種を研究することで、本当に自分に向いている仕事なのかが、少しずつわかってきます。

やりがい、給料、職場環境、業界の将来性、会社の経営状態などの情報を収集しておけば、転職後のミスマッチも防げます。

転職希望先と自分のスキルや経験を比較しておく

あなたが志望する業界や職種では、どのようなスキルや経験が重宝されるのかや、採用基準や適性を確認して、内定がもらえる可能性があるかどうかを把握しておきましょう。

内定が厳しそうであれば、ほかの業界や職種を視野に入れたり、採用基準になっている条件をクリアするための準備をしたりしていきましょう。

今の職場を辞めるタイミングを計算しておく

あなたが転職を希望するのはもちろん自由ですが、今の職場を突然退職するのは避けたほうがいいです。

今の職場の繁忙期を避けることや、担当業務の引継ぎが完了できるかどうかを、あらかじめ計算して退職までのスケジュールを立てたほうがいいです。

ここで紹介した3つのポイントは、あなたの転職がスムーズに実行できるだけでなく、計画的に行動ができる人という印象を与えることができます。

転職活動期間には、情報収集の期間や退職までの期間が含まれるので、転職準備は一日でも早く取り組んだほうがいいです。

転職活動で最初に取り組むことは、スケジュールを立てることです。

転職準備の期間がどれだけかかるかが予想できたら、逆算して早めに準備にとりかかりましょう。

ちなみに、20代の人が転職で内定を獲得するまでの期間は平均3ヶ月です。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめです。

  • 転職活動期間は平均3ヶ月かかる
  • 転職活動期間の長さは転職準備にどれだけの時間をかけるか次第
  • 転職準備に1年以上の時間をかける人もいる
  • 転職を考えているなら早めに動いた方がいい

ということで、今回は20代の方向けに「転職活動期間は平均3ヶ月かかる」という話をしました。

20代のうちに転職を成功させたいなら、早めに転職準備をスタートさせてくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事