専門学校 辞めてよかった
専門学校を辞めようか迷っている人『専門学校を辞めたいけど、専門学校を中退すると就職できないとか後悔するとか聞いて正直迷っている…。専門学校を辞めたらどんないいことがあるの?』

このような方に向けて、記事を書いています。

とりあえず専門学校に入ってみたものの、授業の内容に興味が持てなくて専門学校を辞めたいと思うようになった…という方は結構たくさんいます。

でも、いざ専門学校を辞めようとすると「せっかく専門学校に入ったのにもったいない!」「専門学校を辞めたら後悔するよ!」という周りの声があると、なかなか行動できないですよね。

この記事では『専門学校を辞めてよかった理由』『専門学校を辞めた体験談とその後どうなったか?』を紹介しますので、専門学校を辞めたい方はぜひ参考にしてくださいね。

ドフラ
こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に就職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに就職や人生に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計985名の方にインタビューしてきたので、専門学校を中退した人のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、僕が実際に話を聞いた、専門学校中退の水野幸季さん(21歳男性・仮名)の体験談をもとに『専門学校を辞めてよかった理由』から『専門学校を辞めた人が就職で失敗しない方法』までを解説していきます。

この記事を読めば、専門学校を辞めたあとの未来がわかるので、今すぐに専門学校を辞めるべきかを判断できるようになります。

3分で読める内容ですので、それではいきましょう〜。

すぐに『専門学校を辞めた人が就職で失敗しない方法』が知りたい方は、第4章『専門学校を辞めた人が就職するための具体的な方法とは?』に進んでくださいね!

専門学校を辞めたい人は24,000人以上!専門学校を辞める人の中退理由は?

専門学校 辞めてよかった

2021年度の文部科学省のデータによると、専門学校の中退者数は24,056人です。

以下のとおり、専門学校を辞める人は毎年24,000人以上います。

  • 2021年度の中退者数:24,056人
  • 2020年度の中退者数:24,326人
  • 2010年度の中退者数:29,038人

専門学校を中退する人の割合は約6%なので、実際に辞めないまでも「専門学校を辞めたい…」と思っている人は少なくないといえます。

ちなみに、専門学校を辞める人の中退理由で多いものは、以下のとおり。

  • 学生生活不適応・修学意欲低下:22.7%
  • 就業・起業等:14.3%
  • 学力不振:14.0%
  • 心身耗弱・疾患:9.8%
  • 転学等:7.9%
  • 経済的困窮:6.9%

参照元:専門学校生の修学状況(中退者・休学者)等に関する調査(令和3年度末時点)

「専門学校の授業に興味が持てなくなった」「専門学校の人間関係や学生生活に馴染めなかった」という理由で専門学校を辞める人が多いですね。

では、専門学校を辞めてよかったと思っている人は、どんな人なのか?

結論をいうと、専門学校を辞めてよかったと言っている人は、専門学校を辞めたあとに就職しているケースが多いです。

ここからは、専門学校中退の水野幸季さんの体験談を紹介しつつ、『専門学校を辞めてよかった理由』をみていきましょう。

専門学校を辞めてよかった理由|専門学校中退の21歳男の就職体験談

専門学校 辞めてよかった

今回紹介する専門学校中退の『水野幸季さん(21歳男性・仮名)』の経歴を簡単に紹介しておきます。

水野幸季さんは高校を卒業後、お父さんの影響で『建築関係の仕事に携わりたい』という理由で、建築系の専門学校に入学しました。

しかし、実際に専門学校の授業を受けていく中で、自分が想像していた建築の内容とは違っていたため、「これは自分が希望する道ではない…」と思うようになりました。

そんな中で、『このまま専門学校に通い続けても、お金と時間の無駄になるだけじゃないか…』という気持ちが強くなり、半年で専門学校を辞める決断をします。

専門学校を中退したあとは、お父さんの知り合いの会社で、土木関係の体を動かす系のアルバイトを1年ほど続けました。

実際に1年働いてみた結果、建築系の仕事は自分に向いてないと痛感し、「やっぱりほかの仕事もやってみたい!人とコミュニケーションを取れる仕事に挑戦したい!」と思うようになりました。

『専門学校中退+フリーター歴1年』ということで、自分はかなり不利な状況だと思いつつ、就職活動を続けていった結果、無事にメーカー企業に就職することができました。

現在の水野幸季さんは、メーカー企業の営業職として、大卒と対等な立場で仕事ができており、お客様からの感謝の言葉に1番のやりがいを感じているそうです。

水野幸季さんは専門学校を辞めた過去を振り返って、以下のようにコメントしています。

専門学校を辞めてから就職するまでの期間は、正直追い詰められていた気持ちでしたが、あのときに専門学校を辞めた判断は正しかったと思います。結局自分には建築の仕事は向いてなかったので…。いまの仕事は自分が提案した商品が採用されたあとにクライアントから「この商品が売れてるよ!こういう商品をつくってくれてありがとう!」と言ってもらえるので仕事にやりがいを感じています。

上記のとおり、専門学校を辞めたあとに就職して、仕事が充実している人は「専門学校を辞めてよかった」と言う人が多いですね。

専門学校を辞めてよかったと感じる理由5選【体験談あり】

専門学校 辞めてよかった

僕が実際に専門学校を中退した人から聞いた、専門学校を辞めてよかった理由の多くは以下のとおりです。

  • 学費の支払いがなくなった
  • 人間関係のストレスから解放された
  • 興味のない授業に出なくてよくなった
  • 就職してお金を稼げるようになった
  • 大卒の同僚とも対等に仕事ができている

特に専門学校を辞めたあとの就職先で、大卒と同じ立場で仕事ができている人ほど、専門学校を辞めてよかったと思えている印象です。

医療系の専門学校を中退した佐藤裕介さん(24歳男性・仮名)は、専門学校を辞めたあとにIT企業に就職した結果、いまは大卒の同僚と対等に仕事ができており、現状にはかなり満足しているそうです。

ちなみに、佐藤裕介さんは「あのときに専門学校を辞めて本当に良かったです。あのまま専門を卒業していたら、学費はもちろん時間も無駄になっていました」と言っていました。
参考記事:佐藤裕介さんのインタビュー記事

写真の専門学校を中退した後藤陸斗さん(20歳男性・仮名)は、専門学校を辞めたあとにWeb制作会社に就職した結果、いまは学歴を気にせず仕事ができており、専門学校を辞めたことに後悔はないそうです。

ちなみに、後藤陸斗さんは「専門学校を辞めて良かったです。あのまま専門学校に通い続けていてもどうせ卒業できなかったと思います」と言っていました。
参考記事:後藤陸斗さんのインタビュー記事

上記のとおり、専門学校を辞めてよかったと思えるかどうかは、専門学校を辞めたあとに『どんな行動をして、どんな未来を手に入れるか』次第ですね。

次章からは、水野幸季さんがどのように就職活動を進めていったのかを中心に解説していきます。

専門学校を中退した人が就職するための具体的な方法とは?

専門学校 辞めてよかった

では、専門学校を辞めた人が就職するためには、具体的に何をすればいいのか?

結論をいうと、就職エージェント経由で就職するのが1番簡単です。

ドフラ
専門学校を辞めた人は、自分ひとりで就職活動しないほうが良いです。

専門学校を辞めたばかりの人は、就職活動をした経験がないため、求人の探し方も面接のやり方もわからないと思います。

その状態で就職活動を進めてしまうと、書類選考が通過しない、面接で落とされまくる、という失敗をするリスクがあります。

実際に専門学校中退の水野幸季さんの場合も、最初は自分ひとりで就職活動をしていましたが、5ヶ月経っても就職できなかったそうです。

水野幸季さんは就職活動の経験がなかったため、求人を選ぶだけでも難しく、面接は右も左もわからない状態で、どこからも内定をもらえませんでした。

就職活動を始めるにあたって、次の質問に答えられないなら、迷わず就職エージェントを頼るべきです。

  • きちんと自己分析できますか?
  • 自分にあった仕事を選べますか?
  • 世の中にはどんな業界や職種がありますか?
  • 将来のキャリア設計ができますか?
  • 履歴書や職務経歴書は作れますか?
  • ちゃんと面接対策はできますか?
  • ビジネスマナーは身についていますか?
  • 正しい言葉遣いができますか?
  • どんなスーツを選ぶべきですか?
  • スーツの正しい着方はわかりますか?
  • 就職で失敗しない自信はありますか?

上記の内容を知っておかないと、就職で失敗するリスクが高いです。

ぶっちゃけ初めて就職活動をする人が、これらを全部ひとりでやるのは無理があります。

実際に専門学校中退の水野幸季さんの場合も、自分ひとりで就職活動してみて落選し続けた結果、『このままだと就職できない…』と痛感したそうです。

その後、自分の就職をサポートしてくれる場所をインターネットで探して、たどり着いたのが『就職エージェント』という無料の就職支援サービスでした。

就職エージェントとは、仕事を探したい求職者と人材を採用したい企業をマッチングするような場所で、求職者はカウンセリングや求人紹介、書類作成や面接対策、さらにはビジネスマナー研修までを無料で利用することができます。

就職エージェントを利用すれば、担当のキャリアアドバイザーが全部手伝ってくれるので、専門学校を辞めて就職したい方でも安心して就職活動を進めていけます。

最終的に水野幸季さんは、就職エージェントを利用して『専門学校中退のフリーター→メーカーの営業職』への就職を成功させました。

ですから、専門学校を辞めた人が就職する場合は、とりあえず就職エージェントに相談してみるのがおすすめですね。

ドフラ
ちなみに、水野幸季さんが利用した就職エージェントは、以下の記事で紹介する『就職カレッジ』です。

専門学校を辞めたい人が今すぐにやるべきこと

専門学校 辞めてよかった

専門学校を辞めたいと思ったら、まずは自己分析と情報収集から始めましょう。

『専門学校を辞めたいと思ったから』という理由で、無計画に専門学校を辞めてしまう人もいますが、できれば次の就職先が決まってから辞めたほうがいいです。

なぜなら就職活動をスタートしても、すぐに就職先が決まらない場合もあるからです。

無職の期間が3ヶ月くらいになると、周りの目が気になったり、金銭的にきつくなったりします。

そうすると、『とにかく働かないと!』と焦ってしまい、全然自分が望んでいない進路を選んでしまうリスクがあります。

たとえば、本当は正社員に就職しようと思っていたのに、なかなか内定がもらえず、結局フリーターになってしまう…という感じです。

『そんな人いるの?』と思うかもしれませんが、このような行動をとってしまう人は結構多いです。

実際に専門学校を中退したあとにフリーターになるのは、めちゃくちゃ簡単ですからね。

あなたは、このような無駄な行動で経歴を汚さないように、しっかりと自己分析や情報収集に時間をかけてくださいね。

まとめ:専門学校を辞めて就職すると人生が変わる

とはいえ、自分ひとりで自己分析や情報収集をするのって、なかなか大変ですよね?

そんなときは、就職エージェントの担当アドバイザーに相談すればOKです。

就職の初心者が自力で行動するよりも、就職のプロからアドバイスをもらって行動する方が、何倍も効率がいいです。

『専門学校中退から就職したい…』と思っている方は、今すぐに行動しないとチャンスを失う可能性もあるので、注意してくださいね。

専門学校を辞めた人が就職するなら、理想は『専門学校を辞めてから1年以内』です。

専門学校を辞めた後の空白期間が長くなるほど、就職が難しくなりますからね。

現状に納得できないなら、今すぐ行動して、徐々に変えていくしかありません。

この記事で紹介した水野幸季さんは、『専門学校中退+フリーター歴1年』という不利な状況からメーカー企業に就職できたわけですから、ほとんどの方が就職できるはずです。

あとは、あなた次第です。

今から行動して、あなたの理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
専門学校中退から就職で失敗したくない方は、以下の記事で紹介する就職エージェントを利用するのがおすすめですよ。