27歳 フリーター 男

「27歳でフリーターから就職したい…」
「27歳の無職から抜け出したい…」
「27歳のうちに就職して人生やり直したい…」

このような方に向けて、記事を書いています。

なんとなくフリーターになって、そのまま27歳までフリーターを続けている人は多いです。

頑張って入った大学を中退した人、新卒で入った会社をすぐに辞めた人など、それぞれに事情がありますよね。

でも結論からいうと、27歳のうちにフリーターを辞めないと、そのまま非正規労働者から抜け出せなくなるリスクが高いです。

なぜなら正社員経験のない人材は、年齢が上がるにつれて、書類選考で落とされるケースが増えるからです。

特に28〜30歳ぐらいになると、なかなか書類選考が通らなくなりますね…。

ドフラ
こんにちは。20代後半までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円のフリーターでした。その後、IT業界に就職して年収500万円になり人生が変わりました。現在はフリーターの方向けに就職や人生に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計985名の方にインタビューしてきたので、27歳のフリーターから就職する人のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、僕が実際に話を聞いた、元フリーターの長尾圭太さん(27歳男性・仮名)の体験談をもとに『27歳のフリーターでも正社員になれる理由』から『27歳のフリーターが就職で失敗しない方法』までを解説していきます。

この記事を読めば、27歳フリーターの就職活動の現実が理解できるので、今すぐにフリーターを辞めるべきかを判断できるはずです。

3分ぐらいで読める内容なので、さっそく見ていきましょう〜。

『今すぐにフリーターから正社員に就職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

27歳まで無職だった僕が超簡単に正社員になれた理由【体験談】

27歳 フリーター 男

今回紹介するのは、元フリーターの長尾圭太さん(27歳男性・仮名)の就職体験談です。

長尾圭太さんは高校を卒業後、自動車部品の工場に就職しましたが、入社6年目で会社を辞めました。

退職理由は「大学生は高校を卒業してから4年間も遊ぶ時間があるのに、自分は全然遊べていない!」という不満が爆発したからです。

長尾圭太さんは工場勤務で月80〜100時間の残業をしていた反動から、工場を辞めたあとの1年間は無職で、ひたすら遊んでいたそうです。

ちなみに、ほぼ毎日ボルダリングをやっていたのだとか。

その後、貯金がゼロになったタイミングで、スポーツジムでアルバイトを始め、フリーター生活を1年続けました。

しかし年齢が27歳になって、30歳までのカウントダウンが始まったこともあり、「さすがに27歳で月収17万円はまずいよな…」と思い再就職を決意します。

長尾圭太さんは、少しでも早く社会復帰できるように、無職の期間やフリーター期間を面接で指摘されることを覚悟して、就職を決意したその日に行動したそうです。

複数の転職エージェントに登録して、自分が就職できるチャンスのある求人を幅広く紹介してもらい、自己分析や面接対策なども手厚くサポートしてもらいました。

「遊んでいた1年の空白期間を面接で質問されたらやばいな…」と思っていましたが、担当アドバイザーが質問の答え方を教えてくれたおかげで、面接も乗り越えられたそうです。

その結果、フィットネス業界の企業に見事採用が決まり、社会人としてのキャリアを再スタートさせることができました。

長尾圭太さんの経験からもわかるとおり、27歳のフリーターから就職を考えている方は、自分ひとりで就活するよりも転職エージェントに登録した方が良さそうですね。

ドフラ
『27歳のフリーターにおすすめの転職エージェント』はこちらの記事で紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

27歳のフリーターはやばい?職歴なし期間が長い人のリスクとは?

27歳 フリーター 男

ここでは、27歳のうちに就職すべき理由をみていきましょう。

厚生労働省が発表した『労働力調査(2022年)』によると、フリーターの数は約132万人。つまり『約100人に1人の割合しかいない』ということです。

そして、最大の問題は『フリーター期間が長くなるほど、就職できないリスクが高くなること』です。

労働政策研究・研修機構が行った2022年の調査によると、フリーター期間と就職できる割合は次のとおり。

  • フリーター期間1年以内:68.8%
  • フリーター期間2〜3年:56.6%
  • フリーター期間4〜5年:37.6%
  • フリーター期間5年以上:32.3%

このように『職歴なし・正社員経験なし』の期間が長くなるほど、フリーターから就職するのが難しくなります。

さらに、未経験から就職する場合、年齢が上がるほど、書類選考で落とされることも多くなる…。

ですから、一生正社員になれないリスクを避けるためにも、27歳のうちに行動しておくのが安全ですね。

27歳はまだ間に合う!就職活動で失敗する理由は簡単です

27歳 フリーター 男

27歳のうちに行動すれば、フリーターから就職できる可能性は高いです。

ただし、どんな会社にでも就職できるわけじゃない。

ぶっちゃけ普通レベルのフリーターの方が、就職の人気ランキングで上位の大手上場企業に入社するのは、めちゃくちゃ難しいです。

27歳でフリーターから大手上場企業に就職できるのは、メジャーリーガー級の超優秀な一部の人材だけ。

フリーター時代に自分でビジネスをしていた人や、前職で自分主導で会社に大きな利益をもたらした人だけが、ヘッドハンティングによって大手上場企業に就職できます。

そのため、普通レベルの27歳フリーターの方が、人気ランキング上位の大手上場企業への就職を目指すのは、無理ゲーかと。

ドフラ
ちなみに僕も20代後半まで、スキルなし・経験なし・資格なし・人脈なしの普通レベルの凡人フリーターでした。

では、凡人が有利に生きていくためには、どうすればいいのか?

凡人が選ぶべきなのは、会社に依存する働き方ではなく、自分のスキルに依存する働き方です。

いまは終身雇用が崩壊して、大手上場企業にいても安定はないと言われていますよね。

会社に依存している限り、いつ解雇されるか分からない不安や、頑張っても給料が上がらないストレスからは、解放されないのです。

そもそも27歳のフリーターの方は大手上場企業に就職できないので、これとは無関係に安定はありません。

ですから27歳のフリーターの方は、いつでもどこでも誰とでも働けるスキルを身に付けることが重要です。

ドフラ
『何の仕事がしたいかわからない…』という20代の方は、以下の記事が参考になりますよ。

フリーターの気持ちがわかる転職エージェントを利用するのがおすすめ!

27歳 フリーター 男

27歳のフリーターの方が、個人のスキルを身につけるためには、どうすればいいのか?

それは、フリーターの気持ちがわかる、転職エージェントを利用することです。

27歳のフリーターの方が自分ひとりで就職活動をする場合、ハローワークを利用したり、転職サイトに登録したり、転職エージェントを利用したりすると思います。

企業の選考は『書類選考→面接→内定』という流れで進んでいくので、履歴書の最終職歴が『アルバイト』だと、職歴フィルターで落選する可能性が高い…。

企業の採用担当は効率よく選考をしたいと考えていますので、フリーターはそもそも面接しないという会社も多いです。

そのため27歳のフリーターの方は、ハローワークや転職サイトから応募すると、書類選考で落とされやすいです。

参考記事:専門中退フリーターの僕がハローワークで就職できなかった理由【失敗談】

27歳のフリーターの方が就職する場合は、フリーターの気持ちがわかる転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントの中には、経験者に有利な求人を中心に扱っているところや、フリーターの就職実績が少ないところも多いです。

このような転職エージェントを利用すると、よほど優秀なフリーターの方じゃないと手厚いフォローが受けれないこともある。

なぜなら転職エージェントのビジネスモデルは、求職者を企業に入社させないと利益が発生しない仕組みになっているからです。

経験者を欲しがっている企業に対して、フリーターの人を紹介しても採用されないので、経験者を優先的にフォローするわけです。

ですから27歳のフリーターの方は、未経験OKの求人をメインに扱っていて、フリーターの就職実績が豊富な転職エージェントを利用するのがおすすめです。

キャリアアドバイザーも人間なので、あなたが本気で就職したいことをしっかり伝えれば、特に手厚くサポートしてくれますよ。

人間は、感情で動く生き物ですからね、

27歳でフリーターから人生をやり直したい方は、フリーターの就職を本気で考えてくれる転職エージェントを利用しましょう。

ちなみに、転職エージェントの選び方にはコツがあるので、よろしければ、こちらの記事もどうぞ。

ドフラ
僕は20代後半の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円のIT企業に就職できましたよ。

27歳フリーターから就職できるのは、今すぐに行動する人だけです

27歳 フリーター 男

「いつかフリーターを抜け出したい…」と思いつつ、なかなか行動できない人もいますよね?

でも、もしあなたが27歳なら、今すぐに就職活動を始めるべきです。

なぜならフリーターから正社員に就職するときに、『年齢が高いほど不利になるから』です。

未経験の人材を採用する企業側は、『入社後の教育のしやすさ』や『活躍できる期間の長さ』を評価します。

そのため、27歳の人材と29歳の人材を比較したときに、両者の指導のしやすさや将来性を考えて、年齢の若い27歳の人材が採用されやすいです。

ですから、27歳のフリーターから正社員への就職で失敗したくない方は、今すぐに行動しておくべきです。

この記事で紹介した長尾圭太さん(27歳男性・仮名)は、27歳のうちに行動したおかげで、フィットネス業界の正社員に無事に就職できました。

しかしそのいっぽうで、27歳で行動しなかったせいで、就職できなくなる人もいます。

僕がインタビューした原口賢治さん(29歳男性・仮名)は、27歳を過ぎてもフリーターを続けた結果、29歳で肉体労働の日雇いバイトになりました。

参考記事:原口賢治さんのインタビュー記事

上記のとおり。

27歳でどんな行動をするかで、あなたの人生は決まります。

あとは、あなた次第です。

今から行動して、あなたの理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
27歳のフリーターから正社員への就職に失敗したくない方は、以下の記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。