28歳 フリーター

「28歳でフリーターから就職したい…」
「28歳のうちに正社員になりたい…」
「でも28歳まで職歴がない…」

このような方に向けて、記事を書いています。

なんとなくフリーターになって、そのまま28歳までフリーターを続けている人は多いです。

遊ぶ時間がほしくて正社員にならなかった人、夢を叶えるために就職しなかった人など、それぞれに事情がありますよね。

でも結論からいうと、28歳のうちにフリーターを辞めないと、そのまま非正規労働者から抜け出せなくなるリスクが高いです。

なぜなら正社員経験のない人材は、年齢が上がるにつれて、書類選考で落とされるケースが増えるからです。

特に30歳に近づくほど、なかなか書類選考が通らなくなりますね…。

28歳フリーター 就職

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円のフリーターでした。その後、IT業界に就職して年収500万円になり人生が変わりました。当時の僕のようにフリーターからの就職で悩んでいる方に情報提供できればと思い、当サイトを運営しています。

この記事では、僕が実際にインタビューした元フリーター3名の体験談をもとに『フリーターの現実がやばい理由』から『28歳のフリーターから人生をやり直す法法』までを解説していきます。

この記事を読めば、フリーターの現実が理解できるので、今すぐにフリーターを辞めるべきかを判断できるはずです。

3分ぐらいで読める内容なので、さっそく見ていきましょう〜。

『今すぐにフリーターから正社員に就職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

28歳のフリーター男がホワイト企業の正社員に就職できた体験談|28歳男性

28歳 フリーター 男

最初に紹介するのは、元フリーターの酒井隆二さん(28歳男性・仮名)です。

酒井隆二さんは大学を卒業後、海外旅行を楽しむために、正社員ではなくフリーターになる道を選びました。

『バイトでお金を貯める→海外旅行する→またバイトでお金を貯める』という生活をしつつ、26歳までに4カ国への海外旅行を経験したそうです。

その後、数ヶ月で辞めるつもりでリゾートバイトを始めますが、居心地が良かったため、そのまま2年間アルバイトを続けました。

リゾートバイトには短期バイト・フリーター・派遣社員・正社員など、いろいろな人がいて仕事を楽しめていました。

しかし、ある日の出来事をきっかけに、酒井隆二さんは本気で正社員への就職を考えることになります。

それは、リゾートバイトの中にいた、30代後半の派遣の人が、23歳の正社員の人にひどく怒られている場面を見たことです。

「このままフリーターを続けていたら、自分の未来もあの人と同じになるかもしれない…」と思うと、どうしても納得できませんでした。

酒井隆二さんはすぐに地元に戻って、「絶対に28歳のうちに就職する!」という強い気持ちで、就職活動をスタートさせました。

転職エージェントの面接対策やビジネスマナー研修を受けるなど、年齢や職歴の不利さをカバーするために、とにかく必死で行動したそうです。

その結果、中小規模のホワイト企業に見事採用が決まり、社会人としてのキャリアをスタートさせることができました。

酒井隆二さんは、フリーターから正社員に就職したことで、『非正規労働者の惨めな立場』を克服できたということですね。

28歳のフリーター女が安定企業の正社員に就職できた体験談|28歳女性

28歳 フリーター 女

次に紹介するのは、元フリーターの安永真美さん(28歳女性・仮名)です。

安永真美さんは高校を卒業後、「今が楽しければいい!」と思って、28歳までの10年間ずっとフリーターを続けていました。

カラオケ店と飲食店のアルバイトを掛け持ちしていたため、特に収入に困ることもありませんでした。

しかし社会情勢の影響で、店舗が時短営業を始めるようになり、カラオケ店のバイトのシフトを減らされ、その分の収入も減ってしまいました。

さらに、深夜のシフトがメインだった飲食店のバイトは、シフトを全てカットされてしまい、そのままバイトを辞めることに…。

これをきっかけに、安永真美さんはフリーターの不安定さと立場の弱さを痛感したそうです。

時短営業でも、正社員は優先的にシフトに入れて、給料が保証されている現実を目の当たりにして、正社員の魅力を再認識しました。

その後、貯金を切り崩しながら生活を続け、「もう一度アルバイトを掛け持ちするか、正社員に就職するか」を本気で考えました。

その結果、「このままだと不安定な生活がずっと続く…」思い、28歳で就職することを決意します。

しかし問題は、安永真美さんが正社員経験のないまま、28歳になっていたことです。

就職活動のやり方が、全くわからなかったのです…。

求人の選び方、履歴書や職務経歴書の作り方、面接の質疑応答、社会人マナーなど、就活の基本からやっていく必要がありました。

でも「絶対に正社員になって人生やり直したい!」という強い気持ちがあったので、安永真美さんは面接練習を何度もくり返して、最終的に内定を勝ち取ることができました。

その後は、環境商材を扱う安定企業の正社員として、キャリアをスタートさせています。

安永真美さんは、フリーターから正社員に就職したことで、『非正規雇用の不安定さと立場の弱さ』を克服できたのです。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する『無料適職診断テスト』を受けるのがおすすめですよ。フリーターでも利用できます!

28歳のフリーター男が大手建設会社の正社員に就職できた体験談|28歳男性

28歳 フリーター 男

最後に紹介するのは、元フリーターの安藤浩太さん(28歳男性・仮名)です。

安藤浩太さんは高校を卒業後、俳優になる夢を叶えるために、フリーターになりました。

その後、28歳までイベント運営のアルバイトをしつつ劇団で活動を続けましたが、俳優の仕事だけで食べていくのは無理でした。

同世代の劇団メンバーが就職していく姿を見て、「俳優を諦めるのは辛いけど、自分もそろそろ現実を見ないと…」と思い始めます。

30歳まで残り2年を切ったこともあり、安藤浩太さんは夢を諦めて就職する決心をして、なんとか正社員になるために一生懸命に就活しました。

転職エージェントで履歴書や職務経歴書の書き方を教えてもらったり、自己PRや面接の練習をしてもらったりして、学歴や職歴の不利さをカバーするために、就職活動を必死に頑張りました。

その結果、建設業界の大手企業に就職が決まり、施工管理として新たなキャリアをスタートさせました。

現在は仕事にやりがいを感じていて、将来的には国家資格の取得も視野に入れているそうです。

安藤浩太さんは、フリーターから正社員に就職したことで、『キャリアアップという新しい目標』を手に入れたということですね。

ドフラ
『何の仕事がしたいかわからない…』という20代の方は、以下の記事が参考になりますよ。

28歳はまだ間に合う!フリーターが正社員になって人生やり直す方法

28歳 フリーター

では28歳のフリーターの方が、正社員になって人生をやり直すためには、どうすればいいのか?

結論からいうと、個人のスキルを身につけることが超重要です。

なぜなら普通レベルの28歳フリーターの方が、大手上場企業とかに就職するのはめちゃくちゃ難しいから…。

大手上場企業の多くが、大卒の新卒採用をメインでやっているため、フリーターが中途採用でそこに入るのは現実的ではありません。

例外的に28歳のフリーターから大手上場企業に就職できる人がいるなら、それはこんな人ですね。

  • フリーター時代に自分のビジネスで成功した
  • 前職で自分主導で会社に大きな利益をもたらした

上記のようなメジャーリーガー級に優秀な一部の人たちだけが、ヘッドハンティングによって大手上場企業に就職できます。

そのため普通レベルの28歳フリーターの方が大手上場企業に就職するには、メジャーリーガー級の人材になるしかないのです。

でも、9割以上の人は普通レベルかと。

ちなみに記事を書いている僕も、あなたと同じ普通レベルの凡人フリーターでした。

では凡人が有利に生きていくためには、どうすればいいのか?

凡人が選ぶべきなのは、会社に依存する働き方ではなく、自分のスキルに依存する働き方です。

いまは終身雇用が崩壊して、『どんな会社にいても安定はない』といわれています。

つまり、会社に依存して生きている限り、いつ解雇されるか分からない不安や、頑張っても給料が上がらないストレスからは、解放されないのです。

ですから28歳のフリーターの方は、会社の規模や知名度で就職先を選ぶのではなく、いつでもどこでも誰とでも働けるスキルが身につく就職先を選ぶことが重要になります。

ドフラ
28歳のフリーターから正社員への就職に失敗したくない方は、以下の記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。

フリーターの気持ちがわかる転職エージェントを利用するのがおすすめ!

28歳 フリーター

28歳のフリーターの方が、個人のスキルを身につけるためには、どうすればいいのか?

それは、フリーターの気持ちがわかる、転職エージェントを利用することです。

フリーターの人が、自分ひとりで就職活動をする場合、ハローワークを利用したり、転職サイトに登録したり、転職エージェントを利用したりすると思います。

企業の選考は『書類選考→面接→内定』という流れで進んでいくので、履歴書の最終職歴が『アルバイト』だと職歴フィルターで落選する可能性が高い…。

企業の採用担当は効率よく選考したいと考えているので、フリーターはそもそも面接しないという会社も多いです。

そのため28歳のフリーターの方は、ハローワークや転職サイトから応募すると、書類選考で落とされやすいです。

28歳のフリーターの方が就職する場合は、フリーターの気持ちがわかる転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントの中には、経験者に有利な求人を中心に扱っているところや、フリーターの就職実績が少ないところも多いです。

このような転職エージェントを利用すると、よほど優秀なフリーターの方じゃないと、手厚いフォローが受けれないこともあります。

なぜなら転職エージェントのビジネスモデルは、求職者を企業に入社させないと、利益が発生しない仕組みになっているから。

経験者を欲しがっている企業に対して、フリーターを紹介しても内定がもらえないので、経験者の求職者を優先的にフォローするということですね。

ですから28歳のフリーターの方は、未経験求人をメインに扱っていて、フリーターの就職実績が豊富な転職エージェントを利用するのがおすすめです。

このタイプの転職エージェントは、学歴や職歴に自信のない20代を対象にしているため、とにかくフォローが手厚いです。

カウンセリングに時間をかけてくれたり、無料で就職講座や適職診断テストが受けれたり、面接対策を1社ずつやってくれたりします。

ちなみに記事を書いている僕も、このおかげでフリーターからIT企業に就職することができ、その2年後には年収500万円稼げるようになりました。

僕はもともと年収190万円の底辺フリーターだったので、僕と同じような境遇の方や僕よりマシな経歴の方なら、必ず人生やり直せますよ。

28歳でフリーターから人生を逆転させたい方は、フリーターの就職を本気で考えてくれる、転職エージェントを利用しましょう。

ちなみに、転職エージェントの選び方にはコツがあるので、よろしければ、こちらの記事もどうぞ。

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円のIT企業に就職できましたよ。