「転職を成功させたい・・・」

「転職したいけど自信がない・・・」

「転職活動を始めたいけど不安・・・」

この記事は、こんなお悩みを持つ方に向けて書いています。

結論からいうと、転職を成功させるために重要なのは【応募準備、面接準備、内定後の進め方】です。

とにかく転職を成功させたければ、事前の準備がめちゃくちゃ重要なので、それぞれしっかりと準備をしてから、転職活動に臨むようにしましょう。

今回は「転職を成功させるために重要な8つのポイント」を解説していきます。

スポンサーリンク

転職を成功させるために重要な8つのポイント【転職ノウハウまとめ】

応募準備、面接準備、内定後の進め方を、それぞれ重要なポイントに沿って解説していきます。

応募準備で重要な3つのポイント

転職活動をするうえで、まず最初に取り組むのが「応募準備」です。

応募準備は、自分のキャリアを振り返ったり、志望する業界や業種を決めたり、応募書類を作成したりする段階です。

応募準備のポイントを各項目ごとに見ていきましょう。

応募準備はキャリアの棚卸と情報収集から

応募準備の最初のポイントは、以下の3点です。

  • キャリアの棚卸
  • 情報収集
  • 応募時の注意点

これまでの自分のキャリアをまとめるための「キャリアの棚卸」、志望する業界や企業を決めるための「情報収集」を行ないます。

また、事前に「応募時の注意点」も確認しておき、転職のために万全の準備をしておきましょう。

キャリアシート作成のポイント

次は、応募企業に提出する「キャリアシート」を作成するための3つのポイントです

  • キャリアシートの役割
  • キャリアシート作成の手順を理解する
  • キャリアシート提出前のチェック項目

キャリアシートは、採用結果を左右する重要な書類なので、しっかりと作り込んで応募企業に提出しましょう。

職務経歴書作成のポイント

3つ目は、選考での重要な役割を果たす「職務経歴書」を作成するポイントです。

  • 職務経歴書作成のための考え方
  • 職務経歴書作成のコツ
  • 職務経歴書作成時のチェック項目
  • 職務経歴書提出前の最終チェック項目

職務経歴書は、応募書類の中でも特に重要な役割を持つ書類なので、書類選考の通過や、応募企業の担当者があなたを採用したいと思えるような書類に作り込みましょう。

スポンサーリンク

転職面接で重要な3つのポイント

書類選考が通過したら、次はいよいよ面接です。

応募企業の採用担当は、面接によって転職志望者を採用するべきかどうかを決定しています。

応募書類はもちろん大事ですが、やはり直接会って会話をした印象で、選考の最終ジャッジをしている企業が多いです。

ここからは、面接のポイントをそれぞれ見ていきましょう。

面接準備のポイント

面接に行く前に、どれだけ準備をしたかで、面接当日のパフォーマンスが大きく変わるので、ポイントをそれぞれ確認しておきましょう。

  • 転職面接の心構え
  • 応募企業に関する情報収集
  • 質問の想定と準備
  • 話す内容以外の態度や視線でも自分をアピールする
  • わかりやすく簡潔に回答する
  • 職務経歴・転職理由・志望動機は特にしっかり答える
  • 求職者からの質問も重要な選考ポイント

これらのポイントをおさえて、事前に面接の練習をするなどして、本番に臨みましょう。

転職面接でよく聞かれる質問例

事前準備で、面接で聞かれる質問の想定がしっかりできていると、面接本番でも落ち着いて自分をアピールすることができます。

以下の質問を想定しておきましょう。

  • 仕事に関する質問
  • 希望を確認するための質問
  • 事前準備が必要な答えづらい質問
  • 営業職がよく聞かれる質問

想定した質問とそれに対する回答の準備が多いほど、転職成功に近づくので、必ず面接前に確認しておきましょう。

面接当日の注意点

どれだけ面接に向けて準備しても、面接当日の基本マナーができていないと、すべて台無しです。

最低限の面接マナーは把握して、不本意な結果にならないように注意しましょう。

  • 面接当日の身だしなみ
  • 面接当日の持ち物
  • 面接当日は10分前に到着する
  • 面接会場では携帯電話をオフにする

面接での基本マナーは当たり前のことばかりですが、実際にこれらが原因で不採用になっている方もいるので、念のため、確認しておきましょう。

スポンサーリンク

内定から入社までに注意する2つのポイント

応募企業から内定をもらったら、そこから入社までにやることは結構たくさんあります。

何をするのかを事前に知っておいて、今の職場の退職と次の職場への入社が、スムーズにできるようにしましょう。

ここでは、内定後の進め方と退職準備のポイントを紹介します。

内定をもらった後の進め方

転職活動をして、企業から内定をもらったら以下のポイントに沿って進めていきましょう。

  • 労働条件は必ず書面で確認する
  • 入社の意志を応募企業に連絡する
  • 他者での選考は早めに辞退する
  • 最初に退職の意向を伝えるのは直属の上司
  • 上司に報告後、数日以内に退職願を提出する
  • 引き継ぎは必ず行う

転職活動は内定を獲得するまでがゴールではないので、応募企業から内定をもらった後も、気を抜かずにその後の手続きを進めていきましょう。

退職準備のポイント

応募企業から内定が出たからと言って、無責任に今の会社を辞めてはいけません。

以下のポイントを実践して、退職する会社にできるだけ迷惑をかけないように円満退職を目指しましょう。

退職前に引き継ぎはしっかり行う
退職願の書き方の基本ルールを知っておく
お世話になった方々への連絡は忘れずにする
退職日に返却するものと受け取るものを知っておく

まとめ

今回のまとめです。

  • 応募準備はキャリアの棚卸と情報収集から始める
  • キャリアシート作成のポイントを確認する
  • 職務経歴書作成のポイントを確認する
  • 面接準備のポイントを確認しておく
  • 転職面接でよく聞かれる質問例を確認しておく
  • 面接当日の注意点を知っておく
  • 内定をもらった後の進め方に注意する
  • 退職準備のポイントを確認しておく

今回は「転職を成功させるために重要な8つのポイント」について解説しました。

転職を成功させたいと思うなら、万全の準備をして転職活動に臨んでくださいね。

以下の記事も参考になると思うので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク
関連キーワード
おすすめの記事