「未経験から営業職に挑戦したい」

「営業マンの仕事について知りたい」

「未経験でも挑戦できる仕事を探している」

この記事は、こんなお悩みをもつ、転職活動中の方や、これから転職を考えている方向けに書いています。

結論からいうと、未経験でも営業職に挑戦することは可能です。

その理由は、転職市場に「未経験からスタートできる営業職の求人」が、たくさんあるからです。

大手上場企業から中小企業や零細企業、さらにはベンチャー企業まで、幅広い企業で営業職を募集しています。

しかも、未経験者でも採用してもらえるのが、営業職の良いところです。

ただし、営業職といっても、企業によってビジネスモデルや扱う商品・サービスが異なれば、営業スタイルも違ってきます。

私は現在、転職エージェントで現役の転職コンサルタントとして、20代の方向けに転職支援をおこなっています。

今回は私の経験もふまえて、未経験から営業職への転職を考えている方に向けて、営業職の仕事内容や求められるスキルを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

未経験から営業職に転職する前に知っておくべきこと

あなたが営業未経験なら、まずは営業職について知ることから始めていきましょう。

これからビジネスマンとして仕事をしていくなら、一度は営業職は経験しておいたほうがいいですが、営業職にはさまざまな種類があります。

世の中には、どのような営業職があるのかを知って、自分に合いそうな営業職にチャレンジしましょう。

スポンサーリンク

営業職の仕事内容

営業職の仕事は「お客様が抱える課題を、自社の商品やサービスを活用して解決すること」です。

お客様の課題を解決する対価が、自社の売上になります。

営業職の主な仕事の流れは、以下のようになります。

【営業職の仕事の流れ】
・お客様との商談のアポイントをとる。
・お客様のところに訪問して、要望や課題をヒアリングする。
・お客様の要望をかなえ、課題を解決できる商品やサービスを提案する。
・お客様に納得していただけたら、受注・納品します。
・納品後はアフターフォローをして、お客様満足度の向上と新たな提案につなげます。

営業の仕事は、基本的にこのような流れになります。

しかし、会社が扱っている商品やサービス、お客様の属性によって提案方法は大きく異なってきます。

あなたが未経験から営業職にチャレンジしようと思っているなら、求人に応募する前に、以下の営業職に関する言葉を覚えておきましょう。

法人営業(B to B)の営業とは?

法人営業(B to B)とは、一般企業や学校、病院、福祉施設、国、地方公共団体などの法人や団体に向けて、商品やサービスを提案・販売する営業のことです。

お客様が法人や団体になるので、商品やサービスの販売単価が高く、継続的な取引をしてくれるお客様も多くなるので、会社の経営が安定しやすい傾向があります。

未経験から挑戦するなら、法人営業はおススメです。

個人営業(B to C)の営業とは?

個人営業(B to C)とは、個人のお客様に向けて、商品やサービスを提案・販売する営業のことです。

個人営業の商品やサービスには、【住宅、マンション、リフォーム、保険、教育教材、自動車、宝石】などがあります。

個人営業は、法人営業に比べると、精神的にも肉体的にもキツイ仕事です。

基本給がなく完全歩合制の会社もあるので、成果を出せないと仕事を続けていくのが難しい営業です。

しかし、本人のやる気と成績次第では、年収1000万~3000万円稼いでいる人がいる分野なので、「稼ぐためならいくらでも頑張れる!」という方はチャレンジしてみてもいいかもしれません。

ちなみに私は、転職相談にやってくる20代で営業未経験の方には、個人営業をおススメしません。

有形商材の営業とは?

有形商材の営業とは【住宅、浄水器、健康食品、印鑑、パソコン、印刷物、携帯電話、機械製品、部品、オフィス用品、自動車】などの、形があるものを提案・販売する営業のことです。

有形商材には、既に作られた物を販売する場合と、お客様の要望をもとに作る【注文住宅や印刷物】などを販売する場合があります。

要望をもとに作る場合の営業では、商品の企画力も必要になってきます。

無形商材の営業とは?

無形商材の営業とは【保険、広告、WEBサービス、人材サービス、ITシステム】などの、形がない商品やサービスを企画・提案する営業のことです。

お客様の要望をかなえ、お客様が抱える課題を解決するために、自社の商品やサービスをどのように活用してもらうのが最適かを考えて、プランを提案していきます。

「形がないもの」を扱うので、提案時にどれだけお客様に具体的なイメージをもってもらえるかが重要になります。

新規開拓営業とは?

新規開拓営業とは、これまでに取引のない新規のお客様に対して、アプローチする営業のことです。

まずは、アポイントを獲得することからスタートします。

新規開拓は、テレアポや飛び込み営業といった形でアプローチする営業方法と、ホームページや広告などからお問い合わせがあったお客様に対してアプローチする営業方法があります。

新規開拓は大変な部分はありますが、自分の力で新しいチャンスを掴みに行くという面白さもあるので、前向きにどんどんチャレンジするのが好きな人には向いています。

ルート営業とは?

ルート営業とは、すでに取引のあるお客様に対して、フォローしながらアプローチする営業のことです。

毎月、毎週、同じお客様に訪問して、コツコツと信頼関係を積み重ねて、継続的な受注をもらっていく営業スタイルです。

新規開拓営業と比べて、圧倒的に精神的な負担は少ないので、営業未経験の方でもチャレンジのハードルは低めです。

ただし、既存のルートがあるお客様に対して、毎月決まった額の受注をもらう営業スタイルになることが多いので、短期間での大幅な給与アップはあまり期待できない傾向があります。

これは、会社の利益が増えていないなら、会社は従業員の給与を増やすことはできないからです。

短期間で大幅な給与アップを目指したいなら、新規開拓営業の方が向いています。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめです。

  • 転職市場には営業職の求人がたくさんある
  • 営業職は未経験からでも受け入れている企業が多い
  • 営業職は会社によって営業スタイルが大きく違ってくる
  • 法人営業は法人や団体がお客様になる
  • 個人営業は一般の個人がお客様になる
  • 有形商材の営業は形のあるものを提案・販売する
  • 無形商材の営業は形のないものを提案・販売する
  • 新規開拓営業は取引のない新規客に対してアプローチする
  • ルート営業は取引のある顧客に対してアプローチする

今回は、未経験から営業職への転職を考えている方に向けて、「営業職の仕事内容や求められるスキル」をそれぞれ紹介しました。

ビジネスに携わっていくうえで、一度は営業職を経験しておいたほうがいいですが、自分に合った営業職を選ばないと転職しても「こんなはずじゃなかった」と思い、すぐに辞めたくなってしまいます。

未経験から営業職に挑戦しようと思うなら、今回紹介した内容を確認して、それぞれのメリットやデメリットを理解したうえで、求人に応募するようにしてくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事