「仕事へ行くのが不安・・・」

「職場の嫌なとこばかり友人に話してしまう・・・」

「最近、前向きに考えられなくなってきた・・・」

この記事は、こんなお悩みをもつ方に向けて書いています。

結論からいうと、自分の強みを知って、自分の強みを活かせる仕事が見つかれば、これらの悩みはすべて解消されます。

労働環境が悪い、給料が少ない、仕事にやりがいを感じられない、など、職場に対しての不満はさまざまありますが、これらの不満は自分の強みを活かせない職場で働いているから出てくるのです。

今回は、「自分の強みを知ると意識と生産性が6倍高まる理由」について、解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

自分の強みを知ると意識と生産性が6倍高まる理由

結論からいうと、自分の強みを知ると意識と生産性が6倍も高まります。

自分の強みを知らない人はたくさんいます。

さらにいうと、自分の強みを活かして仕事をしていない人は、さらにたくさんいます。

社会は、常に、人々の長所ではなく、短所に焦点をあてます。

その理由は、他人のどこがすごいかを見つけるよりも、他人のどこがダメなのかを見つける方が、はるかに簡単だからです。

しかし、本当は自分の短所ではなく、長所を伸ばすことにエネルギーを注いだ方が、人は何倍もの成長することができます。

ここからは「自分の強み」について、さらに深掘りをして考えていきましょう。

自分の強みに専念できない代償は大きい

自分の強みに専念する機会がない人は、それによって払う代償がとても大きくなってしまいます。

自分の強みとは、自分が最も得意とすることです。

ある研究結果によると、毎日自分の強みや得意なことに取り組む機会がある人は、その機会がない人に比べて6倍も意識的になり、仕事での生産性も高まるという傾向があることがわかっています。

さらに、生活の質が高くなる傾向は3倍以上であるという研究結果も出ています。

世の中のほとんどの学習プログラムは、「本当のあなたではない人」になるために設計されています。

あなたの個性や特徴は関係なく、一般的に優秀とされる理想像に近づけることが目的のプログラムです。

しかし、それは根本的に間違っているのです。

スポンサーリンク

苦手を克服する人が偉いという風潮を疑うべき

数字が苦手な人に対して、数学を克服するために膨大な時間を使わせたり、コミュニケーションが苦手な人に対して、それを克服するために膨大な研修を受けさせたりしています。

ほとんどの場合、私たちは「強み」よりも「欠点」のために多くの時間を使わされているのです。

これは、世の中が大きな課題を克服して成功した人を「ヒーロー」と称賛することによって、多くの人が克服することに焦点を当てています。

そのため、私たちの中には、最も大変な「いばらの道」を選ばないといけない、という固定概念が刷り込まれてしまっているのです。

実際に、調査結果によると、圧倒的に多くの親たちが、子どもたちの最も成績の悪い科目にこそ多くの時間と意識を注ぐべきだ、と回答しています。

親も教師も、子どもたちが最も成功する可能性のある分野ではなく、最も苦手で成功する可能性が低い分野に取り組ませようとするのです。

しかし、苦手な分野にどれだけ多くの時間や意識を注いでも、得られるリターンはほんのわずかです。

それよりも、成功する可能性が高い「自分の得意分野」に挑戦するほうが、人生の濃度は濃くなっていくのです。

どんな人でも特定の分野では成功できる

「自分には才能がない・・・」

「自分は凡人だから・・・」

「自分にはスキルも経験も人脈もない・・・」

そんなあなたでも、ある特定の分野なら成功する可能性は十分にあります。

どんな人にでも、自分の強みや得意なことが必ずあります。

大切なポイントは、「自分の強みに気づけるかどうか」です。

自分の才能を伸ばすことに、多くの時間とエネルギーを注ぐことができれば、あなたは飛躍的な成長を遂げることができます。

自分がなりたいものにはなれないかもしれませんが、本当の自分を大きく飛躍させることはできるのです。

自分の「強み」を伸ばす機会を持つことは、肩書や年収を上げることよりも重要なことです。

強みを活かして仕事ができていないということは、仕事の意欲や生産性が、強みを活かしている人に比べて6分の1しかないということです。

自分の強みを発揮できているか?【6つのチェック項目】

以下の6つのチェック項目に当てはまる人は、職場で自分の強みを発揮できていない可能性が高いので、チェックしてみてください。

  1. 仕事へ行くのが不安である
  2. 同僚とは消極的に関わっている
  3. 顧客への対応が雑になってしまう
  4. 職場の悪いところを友人に話してしまう
  5. 業務の達成率がとても低い状態になっている
  6. 最近、前向きに考えられなくなってきた

人は「強みのゾーン」にいないと、仕事で良いパフォーマンスを発揮することができません。

さらに、仕事だけでなく、人間関係や健康にも深刻な影響を及ぼす可能性があります。

ある調査結果によると、これとは反対に、自分の強みをしっかりと理解して、強みを発揮できる仕事ができている人は自信と希望に満ち溢れ、他人を思いやる余裕も生まれる、ということがわかっています。

あなたも人生を好転させたいと思っているなら、まずは「自分の強みを知る」ことから始めてみませんか?

世の中には、さまざまな自己分析ツールや性格診断テストがありますから、それらを複数利用しながら、自分の強みを見つけていく、というやり方はおすすめです。

また、自分に対してさまざまな質問を投げかけて、それらをノートに書き出しながら、自己分析するという方法もおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめです。

  • 自分の強みを知ると意識と生産性が6倍高まる
  • 自分の強みに専念できない代償は大きい
  • 苦手を克服する人が偉いという風潮を疑うべき
  • どんな人でも特定の分野では成功できる
  • 自分の強みを発揮できているかをチェックする
  • 自己分析ツールや性格診断テストがおすすめ
  • 自問自答をノートに書き出していく自己分析もおすすめ

今回は、「自分の強みを知ると意識と生産性が6倍高まる理由」について解説しました。

自分の強みを知っている人と知らない人とでは、人生に大きな差が生まれてしまいます。

しかし、ほとんどの人は自分の長所を伸ばすよりも、自分の短所を克服することに、多くの時間とエネルギーを使うよう教育されてきました。

その影響で、自分の強みを発揮できる職場で仕事ができている人が、少なくなってしまっているのです。

まずは、人生を少しずつ好転させるために、自分の強みを知ることから始めてみましょう。

このサイトには自分を変える思考法をまとめてありますので、参考になる部分がございましたら、実践していただければと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事