スポンサーリンク

理想の職業を思い出すと未来が変わる【自己分析】

何年も仕事をしていると「なぜ自分はここで働いているのか」がよくわからなくなってしまいます。というか、そんなことすら考えないようになり、思考停止状態で何となく働き続けている方が大半です。

自分を変えたいなら何となく生きていてはいけません。自分の未来としっかり向き合って、自分が今、何をするべきなのかを明確にして突き進まなければいけません。そのために自己分析をするのです。

あなたにとって理想の職業は何ですか?

自分が理想の職業だと思う仕事には自分の思考が詰まっています。これまで生きてきた何十年間の積み重ねの結果、あなたはその思考にたどり着いたのです。

学生時代、新入社員時代に自分が理想だと思っていた職業の中には自分の本質が隠れています。なぜ、その職業が理想だと思ったのか、将来どうなるためにその職業を選んだのか。それらを紐解いていくと、自分も知らなかった本当の自分の姿が見えてきます。

今、自分は理想の職業に就けているか

今の自分は、昔の自分が思い描いていた理想の職業に就けているのか。ここで一度考えてみてください。自分の選択には思考が表れますので、今の会社を選んだ理由や今の職業を選んだ理由を深く考えてみてください。

もしも、今の自分の職業が本当はやりたくないものなら、自分がその職業を選んでしまった経緯を徹底的に分析してください。

自分の行動を分析すると、夢や目標よりも生活の安定を取ったのか、仕事が決まらなさすぎてどうでもよくなったのか、そもそも最初からそんなに考えてなかったのか、などの自分の思考パターンと行動パターンがわかってきます。

ここからは私を例にして、理想の職業の調べ方について解説して生きます。

スポンサーリンク

理想の職業の調べ方とは?

私の場合、最初は服が好きだったのでファッションデザイナーを目指しました。その後、アパレル業界の仕事を調べるうちにデザイナーはマーチャンダイザーという企画のトップの指示に従ってデザインをしていることを知りました。人に指図されることが嫌いな私は「じゃあ、マーチャンダイザーになろう」ということでぼちぼち大手アパレル企業のマーチャンダイザーになりました。

数年働いているうちに仕事は嫌いではありませんでしたが、企画職より営業職の方が立場が強いことを痛感していきました。(会社によっては企画が強い場合もある)

展示会ではバイヤーへの接客で営業活動的なことも行なっており、会社の営業マンより自分の方が営業能力もあるんじゃないか?といつも思っていました。

この会社の営業マンより企画職の自分の立場が低いことに疑問を持っていたことと10年20年先輩の企画職の人たちのようにここでずっと働いていたら自分の市場価値が上がらないと感じていたこともあり、転職を決意しました。

理想の職業は将来から逆算して決める

転職先の決め方としては自分は将来起業することを考えていたのでそのためには営業力は必須だと考えてほとんど営業会社で形だけがIT系のベンチャー企業に入りました。

私の頃の20代はざっくりこんな感じで理想の職業について考えていました。こうやって振り返ってみると最初は自分が好きなことである「ファッション業界で仕事がしたい」という何をするかに重きを置いています。でも、掘り起こしていくうちに「人に使われたくない」「指図されたくない」という独立心に重きを置いていることがわかりました。これは自分を知るうえでとても大事な自分の特徴です。次のキャリアを決める上でものすごく大きな軸になります。

スポンサーリンク

理想の職業は自分とともにアップデートする

世の中は変わります。時代が変わります。環境が変わります。だから、あなたの頭の中も変わります。好きなもの、興味のあるもの、興味のないもの、すべてアップデートされていきます。

特にこんなときにはあなたは飛躍的にアップデートされます。人生の転機となる本を読んだとき、新しい情報に触れたとき、新しい経験をしたとき、出会ったことのないタイプの人と出会ったとき、です。あなたの視野は広がり自分の可能性が広がっていくことを実感するでしょう。

まずは、過去の自分が考えていた理想の職業を振り返り、自分が持っている軸を再確認してください。そのあとで自分の視野を広げれば、もっといい未来が描けるはずです。

新しい本を読んだり、新しい人に出会ったり、新しい経験をしたり、新しい環境に身を置いてみたり。あなたの可能性は無限です。自分が望む未来を手に入れてください。それではまた。

自分を変えるブログ|ドフラCEO

どうも、サイト運営者のドフラです。ブログをご覧いただきありがとうございます。このブログでは個人が稼ぐための考え方を中心に発信しており、株で稼ぐ思考法や稼ぐための転職・自己分析の思考法などを紹介しています。人生100年時代を楽しく生き抜くために思考や働き方をアップデートしていきましょう!これからもよろしくお願いします。


スポンサーリンク
おすすめの記事