フリーター デメリット
フリーターとして働いてる人「今までフリーターを続けてきたけど、収入や雇用の安定を考えると将来が不安になってきた。今後もフリーターを続けるべきか迷っている…」

このような方に向けて、記事を書いています。

結論からいうと、フリーターの大きなデメリットはこの3つです。

  • 雇用や収入が不安定になる
  • 社会保険への加入が難しい
  • 社会的信用が低い

上記のデメリットと、フリーターのメリットである『自由度の高さ』を比較して、どの働き方が自分に合っているかをしっかり考えることが大切です。

ドフラ
こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に就職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに就職や転職に役立つ情報を発信しています。

この記事では、26歳までフリーターを経験した僕が『フリーターのメリット・デメリット』を解説しますので、今後もフリーターを続けるべきかの参考にしてみてくださいね。

3分で読める内容なので、それでは見ていきましょう〜。

※ちなみに正社員として働くメリットやデメリットは「フリーターから正社員になるメリット・デメリット」をご覧ください。

フリーターのメリットは?

26歳までフリーターだった僕が感じるフリーターの最大のメリットは、『自由度が高いこと』です。

複数の職場を掛け持ちできて、好きなときに休めて、いろんな仕事を経験できる、というのはフリーターの特権だと思います。

ここからは、フリーターの3つのメリットをそれぞれ解説していきます。

フリーターのメリット①:自由に副業・複業できる

フリーター メリット

フリーターの最大の魅力は、なんといっても副業や複業が自由にできる点です。

フルタイムで働く正社員とは異なり、バイトや派遣などのフリーターは、他の会社で働くことや副業をすることが許されています。

これは、フリーターならではの大きなメリットです。

正社員の場合、副業を許可している会社は全体のわずか3%程度と言われており、特にベンチャー企業などを除けば、副業禁止の会社がほとんどです。

しかし、フリーターであれば、自分の時間を自由に使えるため、2社、3社と掛け持ちすることも可能です。

たとえば、時給の高いバイトを掛け持ちして働けば、正社員よりも多くの収入を得ることもできます。

これは、フリーターだからこそ実現できる柔軟な働き方の一例です。

自分のライフスタイルや目標に合わせて働き方を選べる自由、それがフリーターの最大の魅力と言えるでしょう。

フリーターのメリット②:休日や時間を調整しやすい

フリーター メリット

僕が感じたフリーターの魅力の一つは、休みや時間を調整しやすい点です。

自由にシフトを組める

正社員でも休日や勤務時間の調整ができることもありますが、それは稀なケース。多くの企業では、有給休暇を取得する際に理由を求められることが一般的です。

しかし、バイトや派遣で働くフリーターなら、繁忙期でなければ比較的自由に休日を選べます。

たとえば、僕が経験したバイト先では、土日祝などの忙しい時期を除けば、かなり自由に休みを取ることができました。

これにより、自分の趣味やプライベートの時間をしっかり確保することができ、仕事と生活のバランスを取りやすかったです。

フルタイム派遣も休みをとりやすい

また、派遣としてフルタイムで働く場合も、土日祝以外であれば、有給休暇を希望する日をシフト表の作成前に申告することで、希望通りの休みを取れる可能性が高いです。

ただし、ブラックな職場には注意

もちろん、すべてのバイトや派遣先が理想的な環境とは限りません。

特にブラック企業と呼ばれるような過酷な労働環境の職場も存在します。

たとえば、僕がインタビューした元飲食店フリーターのTさん(26歳男性)の場合は、店舗が人手不足だったため、バイトながら店長を任され、週6日勤務は当たり前、ひどい時は10連勤することもあったそうです…。

参考記事⇒26歳男性の体験談:フリーターからIT業界の営業職に就職

それでも、多くのフリーターの職場では、自分のライフスタイルに合わせて休みや勤務時間を調整しやすいというメリットがあります。

※ブラック企業の見分け方をこちらの「フリーターは要注意!労働環境が悪い企業の4つの特徴」で解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

フリーターのメリット③:多様な仕事を経験できる

フリーター メリット

フリーターとして働くことの大きな魅力の一つは、多種多様な仕事を経験できる点です。

特に契約期間が定められている派遣の場合、登録するだけでさまざまな仕事の紹介を受けることができます。

いろんな仕事を経験するメリット

複数のアルバイトを掛け持ちしたり、短期バイトに登録したりすることで、短期間にいろんな仕事を経験することができます。

たとえば、オフィスワークから接客業、さらにはイベントスタッフまで、短期間で多岐にわたる職種に携わることも可能です。

このような経験は、どんな仕事が自分に合っているのかを見極める良い機会になります。

フリーター期間に自分探しをする

特に自分がやりたい仕事を探している時期には、さまざまな職場で働くことが非常に有益です。

フリーターとしての働き方は、短期間で異なる環境や業務内容を体験できるため、自分の興味や適性を見つける手助けとなります。

※ちなみに3分で簡単にできる無料適職診断テストを「無料で簡単に性格診断できる!Re就活の適職診断はガチでおすすめ」で紹介しているので、一度試してみると良いかもです。

正社員の制約

一方で、正社員の場合、一度入社すると簡単には辞められないのが現実です。

特に古い体質の会社では「社員は家族」という考え方が根強く、なかなか抜け出しにくい状況に陥ってしまうこともあります。

僕自身、すぐに仕事に飽きてしまうタイプの人間ですが、正社員として働くと「辞めにくい空気」を感じることがあり、これが仕事を辞めれないプレッシャーになります。

フリーターならば、そんなプレッシャーから解放され、自由にいろんな仕事を試すことができます。

※アルバイト経験をもとに就職先を決めた男性の体験談を「28歳フリーターの僕が就職できた理由【28歳なら間に合います!】」で紹介しているので、ぜひご覧ください。

フリーターのメリットに「責任がない」は入らない?

フリーター メリット

フリーターには簡単な仕事しか任せられないことが多いため、フリーターに責任感がないことをメリットと考える人もいます。

しかし、26歳までフリーターを経験してみて、僕は「責任がないことはフリーターのメリットとはいえない」と思っています。

責任がないことの意味

責任がないということは、責任のある仕事を任せてもらえない、つまり重要度の高い仕事を経験させてもらえないということです。

これは、本当に良いことなのでしょうか。

職場で「いてもいなくても良い存在」と思われたい方には、それは確かにメリットかもしれません。

でも、僕はたとえアルバイトでも、そんなふうに思われるのは嫌です。

責任のある仕事にしか成長はない

フリーターでも責任のある仕事を任せてもらえることは、むしろ喜ばしいことで、責任を持って仕事をすることで、正社員登用を考えてもらえる可能性が高まります。

フリーターとして働きながらも、自分の役割を全うし、責任感を持って取り組むことで、新たなチャンスを掴むことができるのです。

フリーターのメリットは自由度の高さにありますが、責任がないことについては一概にメリットとは言えません。

フリーターとしての働き方の中で、自分自身の価値を見出し、責任感を持って取り組むことが、将来のキャリアに繋がる重要なステップになります。

※20代後半フリーター3名の就職成功体験談を「20代後半のフリーター男でも正社員になれる理由【3名の体験談】」で紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

フリーターのデメリットは3つあります

フリーターとして働くことには自由さがある一方で、収入の不安定さ、社会保険への加入の難しさ、社会的信用の欠如という大きなデメリットも存在します。

これらのデメリットを理解し、自分のライフスタイルや将来の目標に合わせて、どの働き方が自分に合っているかをしっかり考えてみてくださいね。

フリーターのデメリット①:雇用の不安定さ

フリーター デメリット

フリーターとして働くことの大きなデメリットの一つが、『雇用の不安定さ』です。

雇用の不安定さの理由

バイトや派遣などのフリーターが不安定と言われる最大の理由は、雇用が保証されていない点です。

正社員の場合、基本的に雇用期間は無期限で、給料も安定しています。

会社が特別な理由なしに、勤務時間を減らして給料を下げることはありません。

さらに、正社員は特別な場合を除いて解雇されることもなく、減給されることもありません。ただし、ボーナスは保証されていないこともあります。

一方でバイトや派遣として働くフリーターは雇用期間が定められているため、その期間内は保証されているものの、期間が満了すると契約の更新は企業次第です。

労働契約書に定められた範囲内では保証があるものの、更新時には勤務時間や日数が突然変更されることがあります。

たとえば、ある月はシフトにたくさん入れて収入も十分だったのに、次の月には急に勤務日数が減って収入が半分になることもあるのです。

僕がインタビューしたフリーターのHさん(29歳男性)の場合は、20代後半の時に期間工を会社都合で急に契約解除され、そのまま日雇いバイトになってしまったそうです…。

参考記事:⇒29歳男性が日雇いフリーターの単発バイトになった理由【体験談】

このような不安定な状況は、生活費や家賃の支払いに直接影響し、将来への不安を増大させます。

僕が感じたのは、フリーターとしての生活は一見自由で気楽に見えるかもしれませんが、その裏には多くのリスクと不安定さが存在するということです。

安定した収入や雇用の保証が欲しい方は、正社員としての道を選ぶのがおすすめですね。

※正社員のメリットとデメリットを「フリーターから正社員になるメリット・デメリット」で解説しているので、ぜひご覧ください。

フリーターのデメリット②:社会保険への加入が難しい現実

フリーター デメリット

フリーターとして働くことには自由さがある一方で、社会保険への加入が難しいというデメリットもあります。

社会保険とは?

社会保険とは、正社員ならほぼ必ず加入する「健康保険」「厚生年金」の二つの保険です。

日本では、これらへの加入は義務付けられており、会社に勤めていない人は「国民健康保険(国保)」と「国民年金」に加入する必要があります。

しかし、会社員が加入する社会保険は、国保や国民年金に比べて掛け金が安く、非常に優遇されています。

フリーターの社会保険の現実

フリーターで働きながら、正社員が加入できる社会保険に入りたいと思っても、現実はなかなか厳しいものです。

この理由は明確で、企業がフリーターを社会保険に加入させると、その分の保険料を企業側が一部負担しなければならないからです。

そのため、多くの企業はフリーターを社会保険に加入させるのを避けようとします。

本当であれば、企業はバイトなどの非正規雇用であっても、正社員の3/4以上の勤務時間・勤務日数を働く人には、社会保険に加入させる義務があります。

しかし、実際にはこの義務が厳守されていないことが多いのが現状で、フリーターが社会保険に加入することは少ないです。

その結果、多くのフリーターは自分で国民健康保険(国保)と国民年金を支払わなければならず、その負担は非常に大きいです。

僕もその一人でしたが、毎月の収入からこれらの保険料を支払うのは簡単なことではなく、正直きつかったです…。

また、社会保険に加入している正社員とは違い、フリーターは社会保険に加入できないことで、将来の医療費や年金に対する不安も常につきまといます。

※29歳までフリーターを続けた男性の失敗談を「フリーターの将来は正社員になれない絶望だった理由|31歳の体験談」で紹介しているので、反面教師としてご一読ください。

フリーターのデメリット③:社会的信用の欠如

フリーター デメリット

フリーターの大きなデメリットのその一つが、社会的信用の欠如です。

社会的信用とは?

社会的信用とは、ローンを組む、お金を借りる、クレジットカードを作る、アパートを借りるといった際に、その人物が信用できるかどうかを判断する基準です。

特に金融の世界では、この社会的信用が大きな影響を及ぼします。

ローンやクレジットカードの発行、借り入れなどの審査には明確な基準が存在し、その基準に照らし合わせて信用度が評価されます。

たとえば、同じ収入があっても、正社員であればスムーズにローンが組めるのに対し、フリーターの審査に通らないことがあります。

たとえどんなに収入が高くても、フリーターである限り、会社員よりも信用度が低く見られるのが現実です。

フリーターの社会的信用の現実

金融会社の審査基準が「非正規雇用は否承認」と定められている場合、たとえ年収が1億円あったとしても、正社員でなければ審査に通ることはできません。

現代では多くの人が非正規雇用で働いているため、金融会社もフリーター向けの長期ローンなどを提供しており、その気になれば、フリーターでもローンで家を買うことは可能です。

しかし、正社員と比べると圧倒的に不利な状況に置かれ、選べる金融プランも少なく、高い金利を支払わなければなりません。

また、アパートやマンションを借りる際も、親が働いているうちは保証人になってもらうことである程度どこでも借りることができますが、親が引退すると話は変わります。

十分な貯蓄があるなど、信用を得ることができなければ、住む場所を見つけるのも難しくなるのです。

正社員とフリーターの社会的信用度には書類上で明確な差が付けられているので、この現実を前にして、フリーターができることは限られています。

このように社会的信用の低さは、生活のさまざまな場面で影響を与えるので、安定した生活を送りたいと考えるならば、正社員に就職することを真剣に考えたほうがいいですね。

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円のIT企業に就職できましたよ。

まとめ

最後に、フリーターのメリットとデメリットをまとめておきます。

フリーターのメリット
  • 自由に副業・複業できる
  • 休日や時間を調整しやすい
  • 多様な仕事を経験できる
フリーターのデメリット
  • 雇用や収入が不安定になる
  • 社会保険への加入が難しい
  • 社会的信用が低い

フリーターとして働くことで得られる自由さは、素晴らしいものです。

しかし、その自由さの裏には、不安定さや社会的信用の低さというデメリットが存在します。

現在フリーターとして働いている人も、将来的に雇用や収入の安定・社会保険・社会的信用のメリットを得たいなら、なるべく早めに正社員への就職を考えるべきです。

なぜならフリーター期間が長くなるほど、正社員への就職が難しくなるから…。

労働政策研究・研修機構が2022年に実施した「第5回 若者のワークスタイル調査」によると、フリーター期間が1年以内の就職率が68.8%であるのに対し、4〜5年の場合は37.9%まで低下することがわかっています。

自由と安定、どちらを選ぶかはあなた次第です。

今から行動して、あなたの理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
フリーターから正社員への就職に失敗したくない方は、こちらの記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。