「転職で失敗したくない・・・」

「転職先を選ぶ基準がわからない・・・」

「自分に合った転職の方法が知りたい・・・」

この記事は、このようなお悩みを持つ方に向けて書いています。

転職は人生のビッグイベントなので、誰しも失敗したくないものです。

しかし、固定概念に縛られていると、長期的な視点では、その転職が失敗に終わってしまっていることが多々あります。

今回は、転職で失敗したくない方に向けて、5つの注意点をまとめましたので、ぜひ転職活動の参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

転職で失敗したくないなら5つの注意点を確認しておこう!

結論からいうと、転職で失敗したくないなら、以下の5つの注意点を確認しておきましょう。

  • あなたにとっての良い転職エージェントを見つける
  • 新卒で入社すべき会社と中途で入社すべき会社がある
  • 自分の市場価値を高めるために転職するという考え方
  • 自分がtodo型かbeing型かを知ることで天職がわかる
  • 伸びるマーケットの会社に転職しないと不利になる

この5つの注意点を踏まえて、転職すれば失敗のリスクが最小限に抑えられます。

ここからは、それぞれについて詳しく解説していきます。

あなたにとっての良い転職エージェントを見つける方法

在職中の方が転職活動をする際によく利用するのが転職エージェントです。

しかし、転職エージェントは担当のキャリアアドバイザーによって、そのサービスの質に大きな違いがあります。

キャリアアドバイザーの中には、親身になってあなたの転職をサポートしてくれる人もいますし、残念ながら、自分の利益しか考えていない人もいます。

キャリアアドバイザーもひとりの人間なので、このような差が生まれるのも仕方ありません。

ですから、転職エージェントを利用するときは、あなたにとっての良い転職エージェントを見つけることが大切です。

次のような特徴のあるキャリアアドバイザーが担当なら、そこはあなたにとっての良い転職エージェントになります。

  • 入社するうえでの懸念点をしっかり教えてくれる
  • 将来のキャリアを考えて紹介先を提案してくれる
  • 回答期限の延長や給料の交渉をしっかりしてくれる

さらに詳しい内容が知りたい方は、こちらの記事をチェックしてください。

新卒で入社すべき会社と中途で入社すべき会社がある

転職する企業を選ぶうえで気をつけたいのが、世の中には「新卒で入社するべき会社と中途で入社するべき会社がある」ということです。

新卒で入社するべき会社に中途で入ってしまったり、中途で入社するべき会社に新卒で入ってしまうと、入社後にどれだけ努力しても出世できない、ということがあります。

会社にはそれぞれのカラーがあります。

新卒向きの会社か、中途向きの会社かを判断する時のポイントは以下の通りです。

  • 新卒で入るべき会社と中途で入るべき会社がある
  • 会社に中途社員を生かすカルチャーがあるか?
  • 自分の強みと会社の強みが一致しているか?
  • どんな人材でも回るビジネスモデルの会社は注意
  • 転職の指標を持つと迷わなくなる

さらに詳しい内容が知りたい方は、こちらの記事をチェックしてください。

自分の市場価値を高めるための転職とは?

「今の職場に不満があるから」という理由で転職しても、あなたの納得できる転職ができる可能性は極めて低いです。

なぜなら、どこの会社に行っても一つは不満があるものだからです。

職場の不満に注目するのではなく、その職場で働くことによってあなたは何を得られるのかに意識を向けることが大切です。

市場価値の高い人は、会社内からの評価ではなく、世の中に対して自分がどれだけの価値を生み出しているのかを意識して仕事をしています。

あなたの市場価値は以下の掛け算で決まります。

  • 技術資産
  • 人的資産
  • 業界の生産性(1人あたりの生産性)

この3つを意識して働く環境を選ぶことによって、あなたの市場価値は高くなり、あなたはより自由に働くことができるようになります。

さらに詳しい内容が知りたい方は、こちらの記事をチェックしてください。

自分がtodo型かbeing型かを知ることで天職がわかる

あなたは自分の天職を知っていますか?

天職を知っている人は、自分の人生の目的を知っている人です。

「仕事が楽しみなら人生は極楽だ、仕事が業務なら人生は地獄だ」というゴーリキイの名言があります。

自分に向いている仕事に巡り会えたら最高ですよね。

そのためには、人間が「to do型人間」と「beeing型人間」の2種類に分かれることを知っておく必要があります。

to do型人間とは、コトに重きをおく人のことで、「何をするのか」で物事を考える人のことです。

夢や目標を持っている人がこのタイプです。

Beeing型人間とは、状態に重きをおく人のことで、「どんな人でありたいか」「どんな状態にありたいか」を重視する人のことです。

尊敬できる仲間と一緒に働きたい、ストレスの少ない環境で働きたい、という自分の状態を大切にする人がこのタイプです。

実は、私たちの99%がbeing型の人間なのです。

ですから、あなたがどのような状態になれる職場かを判断軸にして転職すると、天職に出会える可能性が高くなります。

さらに詳しい内容が知りたい方は、こちらの記事をチェックしてください。

伸びるマーケットの会社に転職しないと不利になる

多くの方が、転職先を選ぶときに、自分の好きなことを選ぶ、自分の得意な仕事を選ぶ、人気の企業を選ぶ、大手の上場企業を選ぶ、という基準で選んでいますが、これは全部違います。

なぜなら、これから伸びるマーケットの会社を転職先に選ばないと、あなたの人生が不利になるからです。

今の労働条件がどれだけ魅力的でも、そのマーケットが衰退傾向にあったり、縮小傾向にある会社を転職先に選ぶと、長期的にはあなたの市場価値は下がっていきます。

これから伸びるマーケットの中にある会社は、目先の給料や待遇の魅力が弱いかもしれませんが、長期的視点でキャリアを考えたときには必ずあなたのプラスになります。

伸びるマーケットの特徴は以下の2つです。

  • 複数のベンチャー企業が参入していて各社の業績が伸びている
  • サービスが既存業界の非効率を突いている

転職によって、自分の市場価値を高めたいのなら、この判断軸も持っておきましょう。

さらに詳しい内容が知りたい方は、こちらの記事をチェックしてください。

スポンサーリンク

転職で失敗しないための5点まとめ

今回の要点をまとめると以下のとおりです。

  • あなたにとっての良い転職エージェントを見つける
  • 新卒で入社すべき会社と中途で入社すべき会社がある
  • 自分の市場価値を高めるために転職するという考え方
  • 自分がtodo型かbeing型かを知ることで天職がわかる
  • 伸びるマーケットの会社に転職しないと不利になる

転職で失敗したくないなら、これらの要点をしっかりと抑えた上で転職活動に取り組んでくださいね。

多くの方が転職をするときに、目先の給料や環境を重視してしまいがちですが、「何のために転職をするのか?」をしっかりと自分の中で固めておくことがとても重要です。

転職によって、あなたが幸せな人生を手に入れることを心から祈っております。

スポンサーリンク
おすすめの記事