フリーター何歳まで
フリーターを続けている人「フリーターはいつまで許されるの?正社員になれるのは何歳まで?」

このような方に向けて、記事を書いています。

結論からいうと、フリーターから正社員への就職が可能な年齢については、明確な制限はありません

なぜなら、年齢を理由に応募を断ったり、不採用にすることは法令に違反するからです。

しかし、現実問題として、年齢を重ねるほど就職活動が難しくなることは確かです。

この記事では、『フリーターから正社員に就職しやすい年齢』から『正社員に就職するコツや具体的な方法』までを解説します。

何歳までにフリーターから正社員になるべきか、気になる方はぜひお読みください。

ドフラ
こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に就職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに就職や転職に役立つ情報を発信しています。

3分ぐらいで読める内容なので、それではみていきましょう〜。

「今すぐにフリーターから正社員に就職したい!」という方は、こちらの『【失敗談あり】元フリーターがおすすめする転職エージェント3社』を読むほうが早いかもです。

正社員になれるのは何歳まで?フリーターから就職する年齢の限界

フリーター何歳まで

長い間フリーターを続けていると、「正社員になれるのは何歳までなんだろう?」と不安になることもありますよね。

僕も同じ疑問を抱えながら、26歳までフリーターを続けていたので、その気持ちはよくわかります。

実際のところ、正社員になれる年齢に公的な制限はありません。でもだからといって、年齢を気にせずフリーターを続けると、あとで後悔するリスクがあります。

ここからは、何歳までに就職活動をスタートすべきかを見ていきましょう。

年齢が上がるほどを就職は難しくなる

厚生労働省は企業が従業員の募集や採用において、年齢制限を設けることを禁止しています。

公的に正社員として採用される年齢制限が定められているわけではありませんが、現実は厳しいものです。

年齢を重ねるほど、正社員になるのが難しくなるのは確かです。

年齢が高くなるほど、企業側が求めるスキルや経験も増え、ほかの求職者との競争も激しくなります。

僕自身もフリーターとして働いている間、この壁に何度もぶつかりました。

非正規雇用から正社員を目指すなら、早めに行動を起こすことが重要です。

年齢が高くなっても、それまでの実績が認められれば、正社員になれるチャンスはありますが、少しでも若いうちに就活を始めるのが安全です。

※20代後半フリーター3名の就職成功体験談を「20代後半のフリーター男でも正社員になれる理由【3名の体験談】」で紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

20代後半フリーターの壁

正社員になれる年齢を考えると、最初の大きな壁は『20代後半』です。

僕が26歳で就職活動を始めた経験から言うと、若い頃は成長意欲やポテンシャルが評価されやすいのですが、20代後半になると企業はスキルや実績に注目し始めます。

たとえば、20代前半のフリーターは「将来性がある」と見られることが多いですが、20代後半になると「今まで何をしてきたのか」という実績が問われることも増えます。

とはいえ、企業によっては、20代後半でもポテンシャル採用を行っているところもあります。

僕の経験から言えるのは、過去の経験や実績が評価されれば、フリーターでも正社員になれるチャンスは十分にあるということです。

20代後半でも、自分の強みをしっかりとアピールすれば、正社員への就職の可能性は高まります。

僕もこの時期に、これまでの経験を最大限にアピールして、IT企業の正社員に就職することができました。

ただし、20代後半は早くから正社員として働いてきた同年代との差が出てくる時期でもあります。

新卒入社の同年代と比べられることも多く、その分厳しい目で見られることを意識しておく必要があります。

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円のIT企業に就職できましたよ。

30代フリーターの壁

世の中にあるフリーター向けの就職支援サービスの多くが、利用上限を「20代まで」としています。

30代でも利用可能な就職支援サービスもありますが、厚生労働省が定めるフリーターの定義が「34歳まで」なので、利用上限を「34歳まで」とする場合がほとんどです。

※参考:厚生労働省が定めるフリーターの定義

このため、フリーターは34歳を超えると、就職支援を受けるのが一気に難しくなります。

フリーターのまま34歳を超えて、そこから自分自身で正社員への道を切り開くことは、簡単なことではありません。

フリーターから正社員就職を希望するなら、34歳が一つの大きなターニングポイントになることを覚えておいてください。

35歳以上のフリーターは?

しかし、34歳を超えたフリーターの人にも、希望がないわけではありません。

厚生労働省が運営する「地域若者サポートステーション」は、49歳までの人を対象としています。

無料で就労支援を受けられるので、35歳以上のフリーターの方はこちらを利用するのがおすすめです。

フリーターから正社員になるメリット・デメリット

フリーター何歳まで

正社員の働き方には、フリーターとは異なる多くの面があります。

まずは、正社員のメリットとデメリットを理解することが大切です。

フリーターから正社員になる6つのメリット

フリーターから正社員になることで、次のようなメリットが得られます。

  • 雇用が安定する
  • 給与の安定・昇給がある
  • 福利厚生の恩恵を受けられる
  • 社会的信用で可能性が広がる
  • 成長できる
  • 社会保障で未来が守られる

正社員は会社と無期雇用契約を結ぶため、よほどのことがなければ解雇されません。

これにより、正社員は安定した人間関係を築くことができ、安心して働くことができます。

仲間と共に成長し、喜びや困難を共有できる点も、正社員になるメリットです。

※正社員になるメリットを詳しく知りたい方は、「フリーターから正社員になるメリットを解説」をご覧ください。

フリーターから正社員になるデメリット

フリーターから正社員になることで、以下のデメリットが考えられます。

  • 働き方の自由度が低い
  • 仕事の責任が増える
  • 収入の調整が難しい

正社員として働くことには多くのメリットがあるものの、何年か働いているうちに将来が見えてきて、自分の成長に限界を感じることもあります。

多少のリスクを冒してでも、自分の未来を無限に広げたいと考える人にとって、正社員の安定は自分の未来を狭めてしまうデメリットになるかもしれません。

とはいえ、正社員になることで得られる安定性は、フリーターでは得られない価値があります。

正社員になるメリットとデメリットを比較して、ぜひ後悔のない選択をしてくださいね。

※フリーターのデメリットをこちらの「フリーターのデメリットを26歳までフリーターを経験した僕が解説します」で解説しているので、あわせてご確認ください。

正社員に就職するために必要なこと

フリーター何歳まで

フリーターから正社員を目指すなら、すぐに行動を起こすことが何よりも大切です。

僕も26歳で就職を決意して行動した日から、少しずつ人生が変わりました。

就職を決意したらすぐに行動する

正社員を目指すなら、就職を決意したその瞬間から、すぐに行動を始めることが大切です。

年齢が上がるほど採用されにくくなる現実はありますが、自分の年齢を理由に諦める必要はありません。

何歳になっても正社員になれるチャンスは残されています。

未来を見据えれば、今この瞬間のあなたが一番若いのです。

僕も20代後半で就活を始めた頃は30社落選して、何度も諦めかけましたが、とにかく行動し続けることで、正社員への道が開けました。

※参考:元フリーターが転職エージェント選びで失敗した話

大切なのは、行動を起こす勇気です。

正社員になりたいという漠然とした願望だけでは、ただ時間だけが過ぎてしまいます。

僕もかつては「いつかは正社員に」と考えていましたが、その「いつか」は自分で決めなければ永遠に訪れませんでした。

正社員を目指すと決めたなら、自分で具体的な期限を設定し、その目標に向かって就職活動を頑張ることが重要です。

社会人の基本マナーを身につける

フリーターから正社員を目指す場合、中途入社となるため、社会人の基本マナーが身についていることが前提とされています。

基本的なビジネスマナーに自信がない場合は、事前にしっかりと勉強しておくことをおすすめします。

たとえば、挨拶の仕方、メールの書き方、名刺の受け渡しなど、基本的なことでも意識するだけで大きな違いがあります。

企業側は応募書類や面接を通して、あなたのマナーを見ているのです。

職種ごとの知識やスキルは、入社後に学んだり、応募時に勉強することができますが、ビジネスマナーは早めに身につけておくことが大切です。

マナーの良し悪しは、採用結果にも大きく影響します。

僕も社会人マナーで苦労しましたが、ビジネスマナーの書籍を読み、転職エージェントで面接練習もやってもらったおかげで、なんとか乗り切れました。

※0円でビジネスマナーを学ぶという近道
簡単にビジネスマナーを学びたいなら就職カレッジがおすすめです。無料で4日間の就職講座を受けれるので、これを利用して社会人マナーを身につけるのも1つですね。
就職カレッジ

フリーターから正社員に就職するためのポイント

フリーター何歳まで

正社員への就職活動を進めるには、いくつかの重要なステップがあります。

企業の探し方や応募書類の書き方に気を配りながら、以下のポイントを押さえていきましょう。

自己分析で自分のアピールポイントを見つける

まずは徹底した自己分析から始めましょう。

これまでの経験や身に付けたスキルを洗い出すことで、自分の強みを明確にできます。

僕もこのステップを丁寧に行うことで、自分の価値を再認識し、自信を持って就職活動ができました。

自己分析を行うことで、企業が求めている人材像に合わせて、自分の強みをアピールポイントにできます。

さらに、自分に合った企業が分からない場合も、自己分析が手助けとなります。

自分の強みを把握することで、自分に合う企業を見つけ、入社後のミスマッチを防ぐことができます。

※フリーター向けの自己分析の方法を詳しく知りたい方は、「自己分析で自分のアピールポイントを見つける」をご覧ください。

企業研究をして志望動機を明確にする

説得力のある志望動機を準備するためには、入念な企業研究が不可欠です。

企業の公式サイトや採用ページをくまなくチェックし、その企業ならではの特徴や魅力を探しましょう。

僕も企業研究に時間をかけることで、自分がその企業でどのように貢献できるかを具体的にイメージしやすくなりました。

入念な企業研究を行った上での志望動機は、企業から高い評価を得やすくなります。

また、企業研究で分からなかったことや気になったことを面接で質問することで、入社意欲の高さをアピールすることができます。

※フリーターの志望動機の作り方を詳しく知りたい方は、「応募先企業への志望動機を明確にする」をご確認ください。

正社員にならなかった理由も用意する

フリーターから正社員を目指す場合、面接で「なぜこれまで正社員ではなかったのか?」を聞かれる可能性が高いです。

フリーターだった理由をきちんと説明する準備をしておきましょう。

企業側は、フリーターから正社員になる人が、責任の重さからすぐに辞めてしまうリスクを考えます。

僕もフリーターを選んだ理由を正直に伝えることで、前向きな姿勢とやる気をアピールしました。

特に理由がない場合でも、前向きな理由を述べることで、企業に対する熱意を伝えることができます。

※フリーターが正社員面接で絶対に聞かれる質問例と回答例を「フリーターが正社員面接で必ず聞かれる質問と回答例を解説します」で解説しているので、参考にしてみてください。

優先順位をつけて柔軟に対応する

正社員はフリーターに比べて好条件が多いため、企業探しの際に条件を盛り込みすぎてしまうことがあります。

応募条件に優先順位を付け、譲れない条件以外は妥協することが大切です。

僕もこのステップを通じて、自分の本当に大切にしたい条件を見極めることができました。

軸を決めることで応募企業を絞り込みやすくなり、確固たる信念とともに就職活動を進めることができます。

また、思い込みから1つの業界だけにこだわらず、幅広い業界で仕事を探してみることも重要です。

意外な仕事が自分に適している可能性もあります。

フリーターから正社員を目指す場合は、『未経験から始められる仕事を選ぶこと』や『正社員になりたい理由を明確にすること』もポイントです。

ぜひしっかりと準備した上で、就職活動を進めていってくださいね。

※正社員になるためのコツをもっと詳しく知りたい方は、「フリーターから正社員に就職するための7つのコツ」をチェックしてみてくださいね。

フリーターから正社員を目指す4つの方法

フリーター何歳まで

就職活動が初めてだと、どのように正社員の仕事を探せばいいのか迷ってしまいますよね。僕も同じ悩みを抱えていました。

ここでは、フリーターから正社員を目指す主な方法を紹介します。

正社員登用制度を利用する

フリーターとして働いている会社に正社員登用の制度があるなら、その制度の利用を検討してみるのも一つです。

ただし、一般的に正社員登用制度を利用するためには、以下のような条件を満たす必要があります。

  • 一定の勤続年数がある
  • 特定の資格を持っている
  • 正社員試験に合格
  • 正社員からの推薦

正社員登用制度の有無や具体的な条件などは、バイト先の上司や社員に確認してみましょう。

ただし、なんとなく正社員登用制度を利用するのは避けるべきです。

なんとなく正社員になりたいという理由だけで制度を利用すると、「本当は他にやりたい仕事があるのに…」と後悔する可能性もあります。

また、登用制度を利用して正社員になる際には、一般枠での採用よりも給与が低めに設定されるケースもあります。

給与面や待遇に関しては慎重に考え、自分にとって最善の選択をしましょう。

ハローワークで相談する

ハローワークは厚生労働省が運営する公的機関で、就職希望者や職業訓練を受けたい人などに求人情報を提供し、面接の段取りなどの支援を行なっています。

ハローワークは全国にあり、無料で利用できます。

ただし、ハローワークは公的機関のため、紹介する求人の選択ができません。

そのため、いわゆるブラック企業の求人が含まれる可能性もあります。

求人情報をよく確認し、企業の評判や労働環境を調べることが重要です。

民間の転職エージェントや求人サイトなどで、なかなか企業が見つからない場合、ハローワークを利用することをおすすめします。

参考⇒専門学校を中退した僕がハローワークで就職できなかった理由【失敗談】

 求人サイトから応募する

「転職エージェントに相談する時間がない」「まずは自分で求人を探したい」という方は、求人サイトから応募するのがおすすめです。

求人サイトは、職種や業界などの条件を絞って企業を探せるため、自分のペースで就活を進めたい方にはぴったりです。

ただし、企業によっては新卒しか応募を受け付けていないところもあるので、フリーターから正社員を目指す場合は『フリーターや既卒向けの求人サイト』を利用しましょう。

転職エージェントに登録して相談する

フリーターから正社員に就職した僕が最もおすすめする方法は、『転職エージェントに登録して、担当のキャリアアドバイザーに相談しながら就活を進める方法』です。

キャリアアドバイザーとは?
キャリアアドバイザーはあなたが就職するまでの全てをサポートしてくれるパートナーです。企業選びから応募書類の添削、面接練習、内定後の賃金交渉まで手厚くフォローしてくれます。

自分ひとりで就職活動を進めると、どうしても情報が不足したり、不安になったりするので、就活がスムーズに進まないことも多いです。

就活のプロであるキャリアアドバイザーと一緒に進めることで、自己分析・求人紹介・応募書類・面接対策までを全てやってもらえます。

また、就職活動中にモチベーションを高めてくれる言葉や気遣いもしてくれるので、初めての就職活動に不安を感じることもなくなります。

26歳までダメダメだった僕も、このおかげでフリーターからIT企業の正社員に就職できました。

フリーターから正社員への就職を目指す場合は、フリーターの気持ちがわかる転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントの中には、経験者に有利な求人を中心に扱っているところや、フリーターの就職実績がないところも多いです。

このような転職エージェントを利用すると、手厚いフォローを受けれず、いつまで経っても就職できない…という可能性があります。

ですからフリーターの方は、社会人未経験の求人をメインに扱っていて、フリーターの就職実績が豊富な転職エージェントを利用するのがおすすめです。

フリーターから就職して人生を変えたい方は、フリーターの就職を本気で考えてくれる、転職エージェントを利用しましょう。

ちなみに、転職エージェントの選び方にはコツがあるので、こちらの記事もチェックしておいてくださいね。

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円のIT企業に就職できましたよ。

まとめ:一番若い今こそが正社員になるタイミングです

フリーター何歳まで

フリーターから正社員になれる年齢に決まりはありませんが、年齢を重ねるほど就職が難しくなるのは事実です。

だからこそ、正社員を目指すと決めたら、時間を無駄にせず行動を始めましょう。

先延ばしにしてしまうと、チャンスを逃してしまう可能性があります。

正社員に就職するのは簡単ではないかもしれませんが、今すぐに行動して、しっかり準備することで就職成功にグッと近づきます。

そして、もし自分ひとりで就職活動を進めるのが不安なら、僕と同じように転職エージェントを頼りましょう。

26歳まで年収190万円のフリーターだった僕でも、転職エージェントのキャリアアドバイザーのおかげで、年収500万円のIT企業に就職することができました。

この記事を読むほど、意識の高いあなたなら、必ず人生変えれますよ。

あとは、あなた次第です。

今から行動して、あなたの理想の未来を入れませんか?

ドフラ
フリーターから正社員への就職に失敗したくない方は、こちらの記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。