「保育士が稼げない理由を知りたい」

「保育士で高収入を得る方法が知りたい」

「安月給の保育士生活から抜け出したい」

この記事は、このような方に向けて書いています。

結論からいうと、保育士が安月給しか稼げない理由は、国が給料を決めているからです。

保育士の給料の原資は税金です。

ということは、無限に給料を増やせるわけではありません。

さまざまな政治的要因が重なり合って、保育士の給料は決まります。

それに加えて、保育園は無料で利用できるようになっています。

保育士の給料が上がる要因はほとんどなく、無理ゲー状態なのです。

今回は「保育士が年収290万円しか稼げない理由」について話していきたいと思います。

スポンサーリンク

保育士が年収290万円しか稼げない理由【安月給から脱却する方法】

残念ながら、保育士は稼ぐことができない仕事です。

今後も、保育士の年収が上がることもありません。

「保育士」は、そもそもが高年収の仕事ではないのです。

保育士の平均年収は290万円~300万円ほどです。

ですから、保育士で年収600万円というのは、普通に保育士で働いている限り、あり得ない数字です。

やはり、安月給の仕事だということです。

保育士の職場はブラックになりやすい

保育士の職場は、その職業柄、割とブラックになりやすい職場だと言えます。

ですから、「保育士の仕事がめちゃくちゃ好き!」という人しか続けることができない仕事です。

「給料を稼ぐため」「安定した生活をするため」という動機で働くのはおすすめできないということです。

スポンサーリンク

保育士が稼げないのは国が給料を決めているから

では、なぜ、保育士は稼げないのでしょうか?

今後も、保育士の仕事が稼げないという仕組みは変わりません。

その理由は、国が給料を決めているからです。

保育士の給料は国が決めているので、通常のビジネスとは性質が全く異なります。

そもそも保育園を利用するユーザーは、無料で保育園を利用できるようになっています。

これは普通のビジネスではあり得ないことです。

なぜ、こんなことができるのかというと、税金によって保育園が運営されているからです。

もちろん、保育士の給料も税金から出ています。

ユーザー側としては、無料で保育園を利用できるのは嬉しいことです。

しかし、働いている保育士側は、給料が国に決められていることによって、どれだけ頑張っても稼げないという構図になってしまっているのです。

厚生労働省の目標は、保育士の給料を1%アップすること

通常のビジネスで考えると、自分の給料を上げたいのなら「利用料を上げよう!」という判断ができますが、国に決められているので、それができません。

保育士の給料を上げるためには、政治的判断が必要になるのです。

でも、政治を動かすのはめちゃくちゃ大変で、ほとんど無理ゲーです。

国が保育士確保のためにやっている活動としては、「保育士確保のために、2019年度は保育士の給料を約1%改善します」と厚生労働省が発表しています。

「たったの1%か・・・」という感じです。

保育士は、国によって給料などが管理されているので、公務員と同じように「もっと給料を上げてほしい!」と言っても、そんなに簡単には変えられないのです。

ということで、保育士が稼げない理由は、通常のビジネスと違って、給料が国によって決められているからだとういことです。

これから保育士になろうと考えている方は、この辺りも知っておいたほうがいいですね。

スポンサーリンク

保育士が稼ぐための方法とは?

では、保育士が稼ぐためには、どうすればいいのでしょうか?

それは、「税金に頼らずに、自分の力で稼ぐ」です。

普通に保育園で保育士をやろうとすると、給料の原資は税金になります。

しかし、自分でベビーシッターなどをすれば、税金は関係なくなり、自分の頑張り次第で給料を増やすことができます。

例えば、「キッズライン」というベビーシッターのマッチングサイトを運営する会社があります。

ここでは、ベビーシッターが自分で時給を決められるようになっており、時給1900円で働いている元保育士の人なども登録しています。

ですから、保育士で本気で稼ぎたいなら、「時給5000円で子供を預かります!」みたいなことも、フリーランスなら可能になります。

「時給5000円×7時間×20日」で計算すると、月商70万円になります。

ここからキッズラインの手数料を引いたとしても、保育園で保育士をやるよりも数倍高い給料が稼げることになります。

「顧客を高所得者にする」などの戦略をとれば、時給をもっと高く設定することも、ビジネス的には可能です。

保育士にも稼ぐチャンスはある

ここでのポイントは、「保育士として、やっていることは同じ」ということです。

「子供を預かって保育をする」というのは、保育園で働こうが、フリーランスとして働こうが、同じです。

しかし、勤め人か、フリーランスかで給料が大幅に違ってきます。

給料の原資が税金なのか、ユーザーから直接いただく利用料なのかで、給料の上限が決まっているのです。

ですから、保育士が安月給なのは、保育士の仕事に価値がないわけではなく、お金を稼げる仕組みの中で働いていないからなのです。

保育士としてお金を稼ぎたいなら、フリーランスになって、自分のサービスを提供していくことがおすすめです。

そうしないと、年収300万円以下の世界から抜け出すことはできないのです。

まとめ

この記事のまとめです。

  • 保育士は稼げる仕事ではない
  • 保育士の職場はブラックになりやすい
  • 保育士が稼げないのは国が給料を決めているから
  • 厚生労働省の目標は、保育士の給料を1%アップすること
  • 保育士が稼ぐための方法
  • 保育士にも稼ぐチャンスはある

今回は、「保育士が年収290万円しか稼げない理由」について話しました。

どんな仕事でも同じですが、「どこで、何をするか」によって、給料の上限は大きく違ってきます。

保育士の場合は、税金から給料をもらうのか、利用者から直接給料をもらうのか、で、給料が大きく違うということですね。

保育士は素晴らしい仕事なので、そこに付加価値をつけて、高単価なサービスをつくり、世の中に提供していきましょう。

「誰に何を売るか?」を変えるだけで、保育士でも安月給から抜け出せるようになります。

それではまた。

スポンサーリンク
おすすめの記事