転職できない 無能

「転職活動がうまくいかない…」
「転職できない自分は無能なのか…」
「転職で失敗したくない…」

このような方に向けて、記事を書いています。

転職活動を頑張っているのに、どこからも内定がもらえないと、自分は無能なんじゃないか…と落ち込んでしまいますよね。

結論からいうと、あなたが転職できないのは、決してあなたが無能だからではありません。

単純に、転職活動の方法を間違っているだけ、です。

ドフラ
こんにちは。26歳まで底辺フリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や人生に役立つ情報を発信しています。

この記事では、「転職できないのは無能だからじゃない理由」から「正しい転職の仕方」までを解説しています。

この記事を読めば、転職できない悩みから解放されて、転職を失敗しないためにやるべきことがわかります。

3分で読める内容なので、それではいきましょう。

ドフラ
『フリーターだった僕が利用した転職エージェント』はこちらをどうぞ。

転職できないのは無能だからじゃない!失敗する理由は超簡単です

「何のスキルも持っていない…」
「会社で何も実績を残せていない…」

このような理由から、自分は無能だから転職できない、と思っている人は多いです。

しかし転職できない本当の理由は、あなたが無能だからではありません。

あなたが転職できない理由は、ただ単に「転職活動に対する考え方や方法が間違っているだけ」です。

その中でも特に重要なのが、自己評価に対する考え方です。

一般的には「無能な人間ほど自己評価が高い」と言われています。

実際に僕が、これまでに面談してきた転職希望者の傾向をみると、転職で失敗しやすい人は、自己評価が正しくできていないことが多かったです。

なぜ、このようなことが起こるのか?

その理由は、社会人経験が少ないと、自分のレベルを正しく評価できないからです。

ドフラ
「自分を正しく評価するため」には、それなりの能力が必要だということですね。

自分を正しく評価できないと、他人に対しても正しい評価ができないので、どれだけ優秀な人が周りにいても、それに気づけません。

そうすると、優秀な人と自分を正しく比較できないので、気づかないうちに自分を過大評価してしまう、ということです

転職できない理由が不満だけだと無能だと思われる

転職できない 無能

転職を考えている人には、さまざまな転職理由があります。

「給料が少ない」「労働環境がブラックすぎる」「キャリアアップしたい」「成長できる会社に行きたい」などです。

転職活動をするときはキャリアアップや成長といった、ポジティブな転職理由の方が成功しやすいです。

ドフラ
しかし転職相談に来る人の中には、面接官に無能だと思われやすい転職理由だけを並べてしまう人もいます。

たとえば、「社長に力がない」「会社にブランド力がない」などです。

このように、会社員という立場から、社長や会社を評論してしまっている人は、考え方を変えたほうがいいです。

そもそも社長は、会社を経営しているという時点で、会社員よりも絶対にビジネススキルが高いです。

それにも関わらず、社長に対して「経営能力が低い」「社長に力がない」などと思ってしまい、それを転職理由にするのは変ですよね。

このように考えてしまうのは、自分のことも他人のことも、正しく評価ができないからなのです。

ですから、このような発言をするだけで、面接官には「この人は無能な人間だ」と判断されるリスクがあります。

転職できない原因は無能だと思われる発言をしているから

企業への採用面接はもちろん、転職エージェントなどの面談時にも、このような無能だと思われる発言は、絶対にしないほうがいいです。

企業の採用担当は、自分が働いている会社の社長の悪口を言う人に対して、良い印象を持ちません。

「うちの会社に入っても、社長の悪口を言うのではないか?」「こんな評論家が入ってきたら、あとあと面倒なことになりそうだ」と思われて、確実に不採用になります。

これは、転職エージェントも同じです。

転職エージェントは、転職希望者と求人募集をする企業の仲介をして、成り立っているビジネスモデルなので、どちらに対しても信用があることが重要です。

上から目線の求職者を企業に紹介してしまうと、「なぜ、あんな無能な人を紹介してきたのか?」と企業からの信用を失ってしまいます。

ですから、転職エージェントも慎重に紹介者を選んでいます。

ドフラ
「社長の悪口を言う人」はキャリアアドバイザーにとって、優先度の低い人材ということになります。

転職を成功したいなら、評論家ぶって自社の悪口は絶対に言わない方がいいですね。

転職できない無能な自分を変えたいなら行動するしかない!

転職できない 無能

「自分は無能だから転職できないんだ…」と落ち込んでしまう人の特徴は、入社してから数ヶ月以内であることが多いです。

入社後の早いタイミングで転職を決意すること自体は、悪いことではありません。

しかし、転職の回数や転職の理由によります。

ドフラ
「石の上にも三年」という言葉があるから3年は働くべきだ、なんてことが言いたいわけではありません。

別に2年でも1年でも半年でも、転職したいと思ったら転職すればいいのです。

大事なのは「なぜ転職する前に気付けなかったのか?」です。

「思っていたより、給料が低い」「営業時間が、聞いていたのと違った」「仕事内容が想像していたのと全然違った」などの理由で、入社して数ヶ月で転職活動を始める人が実際にいます。

これは、入社前の確認不足にほかなりません。

仮に企業がウソを言っていたとしても、ウソをつくような企業はネットの口コミを見れば必ず悪い口コミが書いてあります。

そもそも転職に対して、本気で取り組んでいなかった結果として、入社して数ヶ月の「こんなはずではなかった」ということが起こるのです。

ですから、これから転職を考えている人は、徹底的にその企業や求人内容について調べるようにしてください。

転職後に動ける人は良いですが、泣き寝入りして我慢して動けないという人は悲劇です。

「転職できない無能な自分」を変えたいなら、とにかく行動を変えましょう。

自分ひとりで転職できる自信がないなら、今すぐに転職エージェントに登録するべきです。

ドフラ
僕は26歳の時に転職エージェントを利用して、無能なフリーターから年収500万円の正社員に転職できました。

【まとめ】転職できないのは無能だからじゃない理由

今回のまとめです。

  • 自己評価が高いと無能だと思われる
  • 評論家になってしまうと希望の転職はできない
  • 現状の何に不満を抱いているかで、無能かどうかがわかる
  • 無能だと判断されたら転職できなくなる
  • 短期離職の人は転職理由の伝え方に注意する

今回は「転職できないのは無能だからじゃない!」という話をしました。

「自分は無能だから転職できないんだ…」と落ち込んでいるだけでは、現状は何も変わりません。

また「社長の悪口を言ってしまっている人」や「会社の評論はするけど行動できていない人」も要注意です。

他人のことはよくわかっても、自分のことは気づけないものです。

皆さんも、面接官から無能な評論家だと思われないように、気をつけてくださいね。

いまの自分を正しく評価して、転職できない理由を客観的に分析し、成功率の高い方法で転職活動を進めていきましょう。

ドフラ
僕が【無能なフリーターからIT業界の正社員に転職した体験談】はこちらの記事をどうぞ。