底辺企業

「底辺企業に転職したくない…」
「底辺労働者になるのはイヤだ…」
「底辺企業の見分け方が知りたい…」

このような方に向けて記事を書いています。

結論からいうと、底辺企業に転職したくないなら、底辺業種を選ばないことが最重要です。

底辺業種とは、従業員一人あたりが生み出す付加価値が低い業種のことです。

従業員が生み出す付加価値が低いということは、従業員に還元できる給料も低くなるということです。

会社全体としても、低い付加価値しか生み出せないので、いつまで経っても厳しい経営状況が続きます。

このような会社は、そのうち廃業する可能性が高いです。

低賃金でこき使われるのに、挙句の果てには倒産してしまうなんて…、めちゃくちゃバカらしいですよね。

ドフラ
こんにちは。26歳まで年収190万円の底辺労働者だった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

この記事では、僕の経験をもとに『底辺になりやすい業種』から『底辺から抜け出すための方法』までを解説しています。

この記事を読めば、どの業界に就職すると底辺人生になるかがわかるので、仕事選びで失敗しなくなります。

それでは、さっそく見ていきましょう〜。

『今すぐ自分に合う仕事が知りたい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

底辺企業の特徴とは?【転職に失敗する理由は超簡単です】

底辺企業

従業員の付加価値が低い業種は「底辺業種」といわれています。

従業員が生み出す付加価値が低いと、従業員に還元できる給与が低くなり、低賃金しか払えない底辺企業となります。

このような底辺業種の企業に就職してしまうと、底辺人生になるのが確定します。

ドフラ
底辺ビジネスしか思いつかない社長が経営する会社は、どうしても底辺企業になりやすいです。

「昔はこれで上手くいっていた」「昔の成功体験を何年経っても引きずっている」「新しい取り組みにチャレンジしない」という経営陣で構成されている会社は、底辺企業になります。

新しい取り組みを行っていない企業や、何年も前からビジネスモデルが変わっていない企業は要注意です。

就職先を選ぶときは、そのあたりもしっかりと確認しておきましょう。

底辺企業の特徴①:各種保険を完備するお金がない

底辺企業

なぜ、各種保険を完備できない会社が存在するのか?

その理由は、お金がないからです。

各種保険を完備するためにはお金がかかるので、儲かっていないお金のない会社は、それができないということです。

ドフラ
底辺業界にはこのような会社がたくさんあります。

就職先を探すときは、しっかりと募集要項や労働条件を確認して、各種保険がどのようになっているかを把握しておきましょう。

各種保険も完備できない会社は、そもそものビジネスモデル自体が怪しいと思ったほうがいいです。

できれば就職する前に、会社の経営状態が大丈夫かどうかを確認しておきましょう。

底辺企業の特徴②:とにかく給料が低い

底辺企業

従業員一人あたりの給与の額で、その会社が本質的に儲かっているかどうかがわかります。

「賞与が月給の何ヶ月分あるのか?」「去年はどれくらいの賞与があったか?一昨年はどうだったか?」など。

従業員にどれくらいの給料を支払っているかを見れば、その会社が潤っているかはすぐにわかります。

従業員の給料が高いからという理由で、つぶれる会社はほとんどありません。

しかし、その逆に従業員の給料が低い会社は、ほぼ間違いなく底辺企業です。

従業員が高い付加価値を生み出しているからこそ、従業員の給料も高く設定できるのです。

長時間労働をしているのに、給料が低いということは、どれだけ頑張っても儲からないビジネスだということです。

従業員が低い付加価値しか生み出せないなら、従業員の給料は低くなるのは当然のことですね。

底辺企業の特徴③:業界の労働分配率が低い

底辺企業

会社の利益をどれだけ従業員に還元するか?という指標に「労働分配率」があります。

この労働分配率は、製造業なら40%くらい、サービス業なら60%くらいとなっています。

付加価値の低い業界なのに、人数がたくさんいる会社は、それだけでつぶれやすくなります。

会社が生み出せる付加価値が低いのに、従業員の数が多くなってしまうと、少ない利益をたくさんの人で分け合わないといけなくなるので、給料が低くなるのは当然のことです。

業界ごとの労働分配率のデータは出ているので、就職先を選ぶときの参考にするのがおすすめです。

TKCグループが出している「BAST速報版(206業種12分析項目)」のデータによると、労働分配率が特に低いのは以下の業界でした。

  • 自動車卸売業(二輪自動車を含む):34.7%
  • 清酒製造業:36.8%
  • 生コンクリート製造業:37.4%
  • その他の農畜産物・水産物卸売業:37.5%
  • コンビニエンスストア:37.6%
  • 洋品雑貨・小間物小売業:41.4%
  • 化粧品卸売業:41.4%
  • ボルト・ナット・リベット・木ねじ:41.4%

仕事内容に、価値があるとか、価値がないとかいう話ではなく、客観的な事実として、これらの業種は労働分配率が低くなっています。

低賃金の底辺労働者になりたくないと思うなら、このような事実を踏まえて、自分が働く業種を選ぶべきだということですね。

働く場所を変えるだけで、年収が大きく変わることもありますよ。

ドフラ
僕は26歳のときに物流業界からIT業界に転職した結果、年収300万アップできましたよ。

専門学校で資格を取った人が底辺企業に就職する理由

底辺企業

専門学校で取れる資格を使って行う仕事は、底辺業種の中にたくさんあります。

たとえば、「美容師」「調理師」「柔道整復師」などの資格は専門学校で取得できますが、これらの資格を使った仕事は、だいたい平均年収が低いです。

これらの仕事は、独立して自分で起業しない限り、最強に底辺人生を歩むことになります。

美容師はアシスタントのままだと、月収12万円~13万円という方がたくさんいます。

手厚い待遇の大手企業でない限り、だいたい社会保険なども完備されていないことがほとんどです。

専門学校で取得できる資格の中にも、会計系の資格や医療系の資格など、比較的稼ぎやすい資格はあります。

しかし、専門学校で資格を取ろうとする場合は、いったん落ち着いて、よく考えたほうがいいです。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する無料適職診断テストを受けるのがおすすめですよ。

底辺企業かも…と思ったら今すぐ転職を考えるべきです

底辺企業

ここまでの内容を読めば、底辺になりやすい業種や会社のことが、何となくわかってきましたよね?

でも、いざ就職先を探そうとすると、具体的にどの求人を選べばいいのかわからない…という方もいると思います。

結論をいうと、底辺人生になりたくないなら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

僕も年収192万円の倉庫作業員だった頃は、どうやって転職活動をすればいいのか、全くわかりませんでした。

ハローワークや転職サイト、求人誌など仕事を探す方法はたくさんあります。

しかし問題は、転職市場に何千何万という膨大な求人があることです。

転職の素人が、この中から自分に合う職場を探すのは大変すぎますよね。

そのため、世の中には転職エージェントというサービスがあり、あなたの代わりに求人を探してくれたり、応募書類を作成してくれたり、面接対策をやってくれたりします。

僕も自分ひとりでの転職活動は不安だったので、転職エージェントを利用して、いろいろと助けてもらいました。

いますぐ会社を辞めろとは言いませんが、『あなたの未来は、あなたの会社にいる上司』です。

それに納得できないなら、少しずつでも行動しないとですね。

『本気で人生やり直したい!』という方は、今日とはいわず、今から行動してみませんか?

ドフラ
僕のように学歴や職歴に自信のない方は、以下の記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。

底辺企業の特徴【まとめ】

今回のまとめです。

  • 底辺企業は各種保険の完備がない
  • 底辺企業はとにかく給料が低い
  • 底辺企業は業界の労働分配率が低い
  • 底辺業種を選ばないことが最重要
  • 底辺企業だと思ったら今すぐ行動すべき

今回は「底辺になりやすい業種」から「底辺にならないための就職方法」までを解説しました。

どれだけ頑張って働いても、どれだけ長時間労働をしても、絶対に稼ぐことができない、という業種があるということですね。

無理ゲーの枠の中で、いくら頑張っても、底辺人生から抜け出すことはできません。

根性論とか、質より量とか。そんな思考停止の考え方では、底辺労働者のまま一生を終えることになります。

底辺から抜け出したいと思うなら、なぜ底辺になってしまうのかを考えて、底辺から脱却するための作戦を立てましょう。

実際に僕自身も、20代フリーターからIT企業の営業職に転職した結果、年収500万円稼げるようになりました。

ちなみに転職先には、20代で年収500万円以上稼ぐ人がたくさんいました。

この記事を読んでいるあなたも、低収入の人生から抜け出したいと思っているなら、今すぐに行動してみましょう。

ドフラ
今すぐ転職できない方は、適職診断テストを受けるだけでもいいので、何かひとつは行動しておきましょう。