「転職して自分の市場価値を高めたい・・・」

「市場価値を高める方法が知りたい・・・」

「底辺労働者から抜け出す方法が知りたい・・・」

この記事は、このような方に向けて書いています。

結論からいうと、転職で市場価値を高めるためには、転職に対する考え方を根本から変えなければいけません。

従来の転職に対する考え方で転職活動をくり返しても、あなたの市場価値は絶対に高くなりません。

自分の市場価値を高めるためには、そのための「正しい転職の仕方」というものが存在します。

申し遅れましたが、経営コンサルタントのドフラエジルです。

私はこれまで7年間、個人事業主から上場企業まで、様々な業種や規模感の会社の経営、採用、WEBマーケティングのコンサルティングをやってきました。

これらの経験を活かして、今回は転職活動でお悩みのあなたに向けて「転職で市場価値を高めるための8つの必殺技!」をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

転職で市場価値を高めるための8つの必殺技!

あなたは何のために転職したいと考えていますか?

「今の職場の人間関係から抜け出したい・・・」「給料が安すぎて生活が苦しい・・・」「漠然と将来が不安だから・・・」「もっといい会社で働きたい・・・」など。

いろいろな理由で、転職を考えている方がいらっしゃるかと思います。

しかし、転職で自分の市場価値を高めたいと思っているなら、転職するための最大の理由は「市場価値を高めるため」でなければいけません。

もちろん、人間関係や給料も大事な要素だとは思いますが、本気で市場価値を高めたいと考えているなら、長期的な視点で転職活動に取り組む必要があります。

ここからは、転職で市場価値を高める9つの必殺技を一つずつ紹介していきたいと思います。

技術資産・人的資産・業界の生産性に着目する

目先の目的や利益のために転職をくり返していると、なかなか市場価値は上がらないのです。

市場価値を高めるためには、「技術資産」「人的資産」「業界の生産性」に着目して、転職活動をすることがめちゃくちゃ重要です。

技術資産とは、あなたが持っている専門性や経験のこと。人的資産とは、あなたのまわりの人脈のこと。業界の生産性とは、業界の一人当たりの生産性のこと、です。

もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

100人に1人しかできないことを複数持っている

市場価値の高い人材は、高額な報酬を与えられ、稼げる人間になることができます。

市場価値を高めるためのポイントは、とにかく高速でアウトプットをすることです。

そのためには、大量のインプットをしておく必要があります。

つまり、常に勉強して、いろいろな知識や情報を収集することが大切だということです。

人材の市場価値は、その人材がどれだけ希少なのかで決まります。

希少価値の高い人材とは、100人に1人しかできないことを何個持っているかで決まります。

100人に1人しかできないことを2つ持っていれば、1万人に1人の人材になれます。

それを3つ持っていれば、100万人に1人の人材になれます。

少数の人しかできないことを複数持っておくのが、市場価値を高めるためには重要だということです。

もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

先行者利益を得られる業界に転職する

転職活動をしていると、「失敗したらどうしよう?」「この会社で本当に大丈夫か?」と不安になることがたくさんありますよね。

転職活動の悩みを解消するためには、転職活動の判断軸を「自分の市場価値が上がるかどうか」に設定することが大事です。

「給料はいくらか?」「先輩はどんな人か?」「ブラック企業ではないか?」といろいろと心配になるかもしれませんが、一番重要なポイントは、「先行者利益を得られる業界かどうか」です。

目先の給料や待遇は良くないけど、長期的にみると、先行者利益が得られそうだと思える業界に転職するのが、いちばん市場価値が高くなります。

AI、ロボット、VR、自動運転、5Gなど、これから確実に市場が大きくなる業界に転職できると、先行者利益を得られやすくなるので、長期的にみると、あなたの市場価値が高くなるということですね。

もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

職業選択のときは業界の生産性に注目する

転職活動で失敗しないために重要なことは職業選択です。

この職業選択を間違えてしまうと、底辺人生に転落してしまいます。

転職して自分の市場価値を高めて、高収入を得たいと考えているなら、その業界の生産性に注目しておきましょう。

限界利益が年間1000万円以上の業界は年収が高くなる傾向があるので、転職先を選ぶときは、そのようなポイントも確認しておくべきです。

もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

時給800円と時給8万円の差が生まれる理由を知っておく

世の中には時給800円程度の仕事と、時給8万円の仕事が存在します。

あなたは、なぜ、給料にこのような違いが生まれるのか、わかりますか?

もし、わからないなら、それは問題です。

この理由がわかるまでは、転職活動をしないことをおすすめします。

簡単に理由を説明すると、「世の中からどれだけの価値があると思われているか?」の違いです。

時給800円しか払いたくないと思われているか、時給8万円払ってでもお願いしたいと思われているか、の違いということですね。

もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

自分にラベルを貼れるかどうかで市場価値が変わる

転職で市場価値を高めるためには、自分にラベルが貼ってあるかも大事なポイントになります。

自分のラベルとは何か?

それは、「〇〇ができる人といえば〇〇さん」というラベルです。

あなたのことをイメージする時に、「あなたといえば〇〇ができる人」と思ってもらえるようなことです。

このラベルを持っていないと、その他大勢の普通の人になってしまうので、市場価値が上がりにくくなります。

市場価値を高めたいなら、あなたの武器を持っておく必要があるのです。

それが、「あなたのラベル」です。

もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

コモディティ化しない選択をし続ける

先ほど、あなたの市場価値を高めるためには、あなたのラベルを貼ることが大切だとお伝えしました。

ここで大事なのが、コモディティ化しない選択をし続けることです。

「コモディティ化する」とは、誰でもできる仕事をしている人になってしまい、希少価値がめちゃくちゃ低い人になってしまう、ということです。

その他大勢の中に埋もれ、世の中から価値が低いと思われる仕事をし続けていると、コモディティ化してしまいます。

特に注意が必要なのが、大手企業で仕事をしている人です。

大手企業には、しっかりと仕組みが整った組織があり、会社から与えられた指示通りに動いていれば、ある程度の仕事ができるようになっています。

会社の仕組みの力によって、誰でも成果が出せるようになっているのです。

これを勘違いして、自分の力だと思っている人もいますが、会社の外に出た瞬間に「何もできない人」になってしまうのです。

実際に、45歳定年説といわれた大手企業の早期希望退職者たちは、どこの中小企業からも必要とされずに、溢れかえっているのが現状です。

希望条件を下げれば就職先がありますが、この人たちはプライドが高くて、大企業で働いていた時と同じ待遇を求めてしまうので、働き先がないという状況になってしまっているのです。

45歳で自分がコモディティ化していることに気付くのは悲惨なので、若いうちからこの意識は持っておいたほうが絶対に良いです。

もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

伸びるマーケットの会社に転職しないと人生が不利になる

世の中には、伸びているマーケットと衰退しているマーケットがあります。

時代がこれだけ早いスピードで動いているのですから、これは当たり前のことです。

目先の条件や待遇にとらわれて、その業界が衰退しているのか、伸びているのかを確認せずに転職してしまうと、大変な末路をたどることになります。

市場のニーズがどんどん縮小している業界でキャリアを積んでいっても、あなたを必要とする会社はありません。

伸びている業界を見つけるためには、複数のベンチャー企業がその業界に参入しているかどうかを確認しましょう。

勢いのある若いベンチャー企業が複数参入しているということは、その業界がこれから伸びるマーケットである可能性がとても高いのです。

くれぐれも衰退するマーケットを選ばないようにしてくださいね。

もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

まとめ

今回紹介した「転職で市場価値を高めるための8つの必殺技!」のまとめです。

  • 技術資産・人的資産・業界の生産性に着目する
  • 100人に1人しかできないことを複数持っている
  • 先行者利益を得られる業界に転職する
  • 職業選択のときは業界の生産性に注目する
  • 時給800円と時給8万円の差が生まれる理由を知っておく
  • 自分にラベルを貼れるかどうかで市場価値が変わる
  • コモディティ化しない選択をし続ける
  • 伸びるマーケットの会社に転職しないと人生が不利になる

転職で市場価値を高めたいと考えている方は、ぜひこの8つのポイントを参考にしてくださいね。

どのような考え方で転職活動に臨むかによって、転職後に得られるリターンが全然違ってきます。

目先の利益や感覚だけで転職活動をするのではなく、しっかりと将来を考えたうえで転職活動に取り組んでいただければと思います。

それではまた。

スポンサーリンク
おすすめの記事