こんにちは、転職アドバイザーのドフラです。

これから転職するかどうかを迷っている、20代の方に伝えておきたいことがあります。

それは「20代の転職回数は3回がギリギリ」ということです。

20代で転職するときの最大のメリットは、20代なら未経験でも受け入れてくれる企業がたくさんあるので、色々な仕事にチャレンジすることができるという点です。

しかし20代という武器を持っていても、何度も転職を繰り返していると、行ける企業がなくなっていきます。

20代の方が目安で持っておくべき転職回数は「3回まで」です。

✔記事の信頼性

記事を書いている僕は、26歳まで年収200万円のフリーターでした。その後、転職して正社員になり、年収500万円を稼げるようになりました。
現在は転職アドバイザーとして、20代向けに転職サポートをしています。

今回は転職アドバイザーの立場から「20代の転職回数は3回がギリギリな理由」を解説していきます。

スポンサーリンク

20代の転職回数は3回がギリギリな理由【転職アドバイザーの本音】

20代で転職回数が3回以上あると、一気に転職先が減ってしまいます。

その理由は20代なのに転職回数が3回以上あるということは、短期間ですぐに会社を辞める癖があり、持続性が低い人だと判断されるからです。

実際に公にはされていませんが、採用基準に「転職回数3回まで」「転職回数4回まで」といった制限を設けている会社もあり、この基準をクリアできない人は書類選考の時点で不合格になります。

20代で3回の転職をしているということは、これまでに4社も会社を経験しているということです。

つまり何回転職しても、自分に合う仕事が見つけられない人だということです。

「給料が少ない」「仕事内容が合わない」「残業が多い」などの理由で転職を考える人が結構たくさんいますが、本来、これらの内容は入社する前に調べられることばかりです。

給料や仕事内容や残業の有無については、面接で直接聞いたり、ネットで口コミを調べたりすれば、確認できることなので、これが理由ですぐに転職する人は、大して調べもせずに安易に転職を繰り返しているということになります。

採用する側は、また同じようなミスマッチが出てきて、すぐに辞めてしまうのではないか?と思い、書類審査の段階で不合格を出すのです。

20代で転職回数が3回以上あると選べる仕事が限られる

転職回数が3回以上の人でも応募できる求人は、いわゆる「誰でもできるような仕事」ばかりです。

「学歴なし・経験なし・未経験OK・ブランクOK、転職回数不問」というようなキャッチコピーで求人募集をしているような求人ですね。

例えば、倉庫作業員、不動産の営業マン、販売スタッフ、ドライバー、派遣社員、契約社員などの労働集約型モデルの仕事が中心です。

これらは学歴も特別な経験も不要な仕事なので、いつでも誰にでも代替え可能な職業になります。

つまり、いわゆる「底辺層」と呼ばれる人たちがやっている仕事です。

このような仕事に集まる人たちには、教養がないことが多いので、長時間労働やパワハラは当たり前で、かなり過酷な労働環境になってしまっている傾向があります。

20代で転職回数が3回以上になる前に仕事の目的を考える

20代の方は、自分が若いからといって、何も考えずに転職してはいけません。

「なんとなく今の職場が合わないと思っている」「なんとなく将来に不安を感じている」など、ふわふわした理由で、私のところに転職相談にくる20代の人がたくさんいます。

彼らは「月給30万円ほしい」「土日休みがいい」「残業が少ない職場がいい」「転勤はしたくない」「通勤時間が短い職場がいい」「安定している会社がいい」など、条件面に対しては自分の希望を持っています。

しかしながら、「将来何をしたいのか?」や「転職して何をしたいのか?」などの仕事を通して自分がやりたいことが、何も決まっていない人がほとんどです。

何のスキルも経験もないのに、「土日休みで、定時に帰れる仕事で、月給30万円もらえる仕事」なんて、世の中にはほとんどないということを知っておくべきです。

転職したとしても、その後、自分の希望条件が満たされなくなった時に、また転職を繰り返すことになってしまいます。

「多少の条件が満たされなくても、自分はこの仕事でこれがやりたい!」という仕事をする目的を持っていれば、仕事を続けることができますし、仕事を続けることでスキルや経験が身について、自分の市場価値が高まっていき、キャリアアップとしての転職をすることもできるようになるのです。

20代で転職回数が3回以上になる理由は職場の選び方が間違っているから

ここまで「転職回数が多いと底辺人生になりやすい」という話をしてきました。

そもそも労働環境の悪い職場を選ばなければ、職場が嫌で転職することも少なくなります。

労働環境がヤバイ職場の特徴には、「会社の規模が小さい」「バカでもできる頭を使わない職場」「働いている人の目が死んでいる」「ネットに悪い口コミが多い」「募集要項が曖昧に書かれている」などがあります。

やはり会社の規模が小さいと、必然的に待遇や福利厚生や従業員の管理などに手が行き届かないため、長時間労働やパワハラなどが横行しているのが実態です。

会社経営を学びたい人やルールに縛られたくない人には、仕組みが整っていない小規模の会社が向いているかもしれませんが、そうでない人にとっては地獄のような労働環境になってしまいます。

会社で長く働きたい人や仕事をしっかり学べる環境で働きたい人は、会社規模の大きさも意識して職場を選んだほうがいいです。

また特に新卒で入社する人は、体力勝負で頭を使わなくてもできるような仕事も要注意です。

バカな先輩労働者たちは、何も知らない新卒社員に対して、パワハラはもちろん、残業代がつかないサービス残業による長時間労働を強制してきます。

これによって新卒社員の中には「社会人はこんなものか・・・」と思ってしまい、人生を積極的に生きることを諦めてしまい、どんどん目が死んでいくのです。

20代はこれからの日本を支える大切な人材なので、絶対にこんな職場に巻き込まれないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

20代で転職回数が3回以上になったら転職エージェントに相談しよう

できれば20代で転職回数が3回以上になる前に、「これだ!」と思える仕事に出会ってほしいです。

しかし皆さんの中には失敗を繰り返して、転職回数が3回以上になってしまっている方もいらっしゃると思います。

そのような方におすすめなのが、転職エージェントに相談してみることです

3回転職して4社も経験しているのに、仕事選びに失敗し続けている方は、そもそもの「転職に対する思考法」が間違っている可能性が高いです。

転職エージェントに所属する転職コンサルタントたちは、これまでに数百人以上の転職希望者を見てきているので、的確なアドバイスをもらうことができます。

また転職エージェント経由での応募は、自分で直接応募するのとは違い、転職コンサルタントが企業の採用担当者に求職者を売り込んでくれるので、自分で応募しても書類選考を通過しない企業でも、転職エージェント経由だと面接までいけることはよくあります。

ただし転職回数3回以上の人は、転職回数0回の人に比べて、企業側のニーズが低いので、大手の転職エージェントに登録しても、なかなか求人を紹介してもらえないということがあります。

ではそんな時はどうすればいいのか?

そんな時は、「高卒OK、未経験OK、転職回数不問、ブランクOK」というキャッチコピーで転職希望者を集めている転職エージェントに登録するのがおすすめです。

20代で転職回数が3回以上の人におすすめの転職エージェントとは?

企業が自社の求人募集で「高卒OK、未経験OK、転職回数不問、ブランクOK」というキャッチコピーで人材を集めている場合は、底辺労働である可能性が高いです。

しかし転職エージェントの場合は違います。

転職エージェントの場合は、「学歴なし、経験なし、転職回数が多い、ブランクがある」という状態の人でも、キャリアのやり直しがきく環境を紹介してくれるという意味になります。

✔転職回数3回以上の20代におすすめの転職エージェント【とりあえず登録すべき】※全て無料
マイナビジョブ20's

※圧倒的な知名度。全求人が20代向け。年間20,000人以上の登録者数。無料適性診断テストあり。

【公式】第二新卒エージェントneo

※未経験OKの求人5000件以上。中卒・高卒・大学中退の20代フリーターの転職に強い。10時間以上の手厚いフォロー。

【ウズキャリ既卒】

※ブラック企業は徹底排除。フリーター・ニート・既卒の20代に特化している。内定率86%、入社後の定着率93%の実績。

ハタラクティブ

※18〜29歳のフリーターや第二新卒に特化。完全に未経験から正社員に就職できる求人がメイン。最短2週間で内定獲得。

転職エージェントは全て無料で登録できますので、とりあえず登録して転職コンサルタントからアドバイスをもらうのがいいと思います。

無料なので求職者側はいっさいリスクがありませんし、話を聞いてみて微妙だと思ったら利用しなければいいだけですからね。

20代で転職回数が3回以上になってしまった人は、とりあえず転職エージェントに登録してみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめです。

  • 20代で転職回数が3回以上の人は選べる仕事が限られる
  • 20代で転職回数が3回以上になる前に仕事の目的を考える
  • 20代で転職回数が3回以上になるのは仕事の選び方が間違っている
  • 20代で転職回数が3回以上になったら転職エージェントに登録する

「20代だから大丈夫!」と安心して、安易に転職を繰り返してしまう人が多いです。

20代で転職回数が3回以上になると、結構ギリギリです。

安易に転職を繰り返して、底辺人生になってしまう若者が減ればいいと思い、この記事を書きました。

20代で転職回数が3回以上になり、後がなくなってしまった方は転職エージェントに登録してプロのアドバイスを受けてみるのがいいと思います。

✔転職回数3回以上の20代におすすめの転職エージェント【とりあえず登録すべき】※全て無料
マイナビジョブ20's

※圧倒的な知名度。全求人が20代向け。年間20,000人以上の登録者数。無料適性診断テストあり。

【公式】第二新卒エージェントneo

※未経験OKの求人5000件以上。中卒・高卒・大学中退の20代フリーターの転職に強い。10時間以上の手厚いフォロー。

【ウズキャリ既卒】

※ブラック企業は徹底排除。フリーター・ニート・既卒の20代に特化している。内定率86%、入社後の定着率93%の実績。

ハタラクティブ

※18〜29歳のフリーターや第二新卒に特化。完全に未経験から正社員に就職できる求人がメイン。最短2週間で内定獲得。


スポンサーリンク