「営業職への転職を考えている」

「未経験から営業職にチャレンジしたい」

「営業職の志望動機の作り方が知りたい」

この記事は、このような方に向けて書いています。

結論からいうと、課題を発見する能力・ヒアリング力・ロジカルシンキング力を志望動機でアピールできれば、営業職に転職できる可能性が高まります。

今回は、これから営業職への転職を考えている方に向けて、「営業職の志望動機をつくるときの5つの注意点」について話していきたいと思います。

大学中退、中卒、高卒の就職なら、第二新卒エージェントneo

スポンサーリンク

営業職の志望動機をつくるときの5つの注意点

営業職に転職する時に重要なのが「志望動機」です。

転職では、学歴よりも、自己PRや志望動機が重要視されます。

ですから、面接で採用担当者に、どれだけ意欲や熱意を伝えられるかが、内定を獲得するためのポイントになります。

しかし、世の中の求職者のほとんどは、スカスカの志望動機や的外れな内容の志望動機をつくってしまっています。

ここからは、営業職の志望動機をつくるときの5つの注意点をそれぞれ紹介していきますので、志望動機をつくるときの参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

自分が活躍している場面がイメージできるまで応募先を調べる

志望動機をつくるときのポイントは、応募先企業の戦略や特徴を踏まえて、前職で活かせそうなスキルや経験を盛り込むことです。

営業職の志望動機の場合は、前職でも同じようなターゲット層のお客様を対応していたことや、接客経験があるのでコミュニケーションスキルが活かせるなど、転職後もそのまま活かせそうなスキルを志望動機に盛り込みましょう。

応募先企業で、自分のどの経験やスキルが活かせるかを判断するためには、当たり前ですが、応募先企業のことをしっかりと調べておかないといけません。

ホームページで事業内容を確認したり、求人ページの内容を細かくチェックしたりして、具体的な業務のイメージができるようにしておいてください。

これがイメージができていないと、面接での質疑応答の時に、採用担当者に調べてないことが伝わり、不採用になってしまいます。

ですから、自分が活躍している場面がイメージできるまで応募先のことを調べるようにしましょう。

スポンサーリンク

未経験の人は営業職に転職する理由を明確にしておく

未経験から営業職に転職する場合は、「なぜ、営業職を希望するか?」を明確にしておくことが重要です。

営業職の求人には、未経験でも応募できる求人がたくさんあります。

しかし、未経験ということは、応募先企業に対してアピールできる実績やスキルがほとんどないということです。

では、未経験の人は何をアピールすればいいのか?

それは、営業職に必要なコミュニケーションスキルや、どんな職種でも活かせる汎用性の高いスキルです。

コミュニケーションスキルをアピールするときは、アルバイト経験でもいいので販売や飲食店での接客経験があること、部活などでチームプレーの経験やリーダーの経験があることなど、これまでの人生で他人とコミュニケーションをとってきた経験がどれだけあるかをアピールしましょう。

さらに、その中でコミュニケーションを円滑にするために工夫したことや、何かの成果を出すために努力したことなども一緒に伝えられると、採用担当者の印象はもっと良くなります。

どんな職種でも活かせる汎用性の高いスキルとは、スケジュール管理能力や目標達成に対する取り組み方などです。

これらを採用担当者にしっかり伝えらえると、未経験の人でも、入社後に成果を出してもらえそうなイメージができるので、内定を獲得できる可能性がグッと高まります。

大学中退、中卒、高卒の就職なら、第二新卒エージェントneo

営業職に求められる3つのスキルを志望動機に盛り込む

営業職には、「課題を発見する能力」「ヒアリング力」「ロジカルシンキング力」の3つのスキルが求められます。

自分が持っているこれらのスキルを志望動機に盛り込むことで、内定獲得率を高めることができます。

それぞれのスキルについて、解説していきます。

課題を発見する能力が営業職に求められる理由

「課題を発見する能力」とは、お客様が抱える課題を発見するスキルのことです。

営業職の仕事は、自分が提案する商品によって、お客様の課題を解決するのが仕事なので、お客様の課題を発見する能力がないと、なかなか成果を出すことができません。

ですから、お客様との会話の中で、お客様が抱えている本質的な課題を発見する力はかなり重要になるのです。

ヒアリング力が営業職に求められる理由

「ヒアリング力」とは、課題を発見するための質問力のことです。

お客様の顕在化した課題と潜在的な課題の両方を引き出すためには、効果的な質問が必要で、この質問ができるのは高度なヒアリングスキルを持っている人だけです。

イエス・ノーで答えられる定型的な質問だけではなく、「なぜ、そのように考えているのか?」などの、思考を深掘っていくような質問をくり返していくことが重要です。

とくに、形のない無形商材を販売するときには、このヒアリング力がないと、提案する商品が決まらなかったり、「結局、何の話だったの?」というように着地がぼやけてしまったりして、営業として成果を出すのは難しいです。

ロジカルシンキング力が営業職に求められる理由

「ロジカルシンキング力」とは、お客様の課題に対して、なぜ自社の商品が必要なのかということを論理的に説明できるスキルです。

「よくわからないもの」に対してお金を払う人はいないので、説明が抽象的だったり、わかりにくかったりすると、納得してもらえません。

お客様が抱えている課題や本質的な課題を納得してもらったうえで、自社の商品を活用することで、どのように課題を解決できるのかを筋道立ててしっかりと説明できる人でないと、営業職で成果を出せません。

たとえば、「導入後に同業他社で利益が〇万円増えた事例がある」「導入後に業務効率が〇%向上したという事例がある」など、客観的に判断できる数字的なデータを使ってお客様に納得してもらうことも重要です。

このように、ロジカルシンキングができる人は、営業職で成果を出すことができます。

大学中退、中卒、高卒の就職なら、第二新卒エージェントneo

転職することをゴールにしてはいけない

転職を成功させたいと思っている人たちの多くが、転職すること自体をゴールにしてしまっています。

結論からいうと、転職することをゴールにしていると、内定を獲得することはできません。

では、営業職への転職を考えている方は、何をゴールに設定すればいいのか?

それは、「営業職に転職した後で成果を出している自分」です。

何かの目標を達成させようとするときには、目の前の目標の一段階〜二段階先の目標を考えて行動すると、うまくいきやすいです。

視野が広くなると、目の前の行動の目的が明確になるので、将来を見据えた動きが取れるようになります。

ですから、転職でも、一段〜二段先の目標の「応募先に入社して、営業で成果を出すこと」や「チームのリーダーになること」などを目標に設定しておくと、うまくいく可能性が高くなります。

まとめ

最後に、今回紹介した「営業職の志望動機をつくるとき注意点」をまとめておきます。

  • 自分が活躍している場面がイメージできるまで応募先を調べる
  • 未経験の人は営業職に転職する理由を明確にしておく
  • 営業職に求められる3つのスキルを志望動機に盛り込む
  • 転職することをゴールにしてはいけない

営業職はできるだけ若い時に経験しておいた方がいい職種なので、20代の方で少しでも営業職に興味がある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

営業職を経験しているかどうかで、その後の仕事観が大きく違ってきますし、法人営業を経験していると、その後のキャリアの選択肢も広がっていきます。

今回の内容を参考にして、あなたの営業職の志望動機をつくってみてくださいね。

大学中退、中卒、高卒の就職なら、第二新卒エージェントneo

スポンサーリンク