どうも、ドフラエジルです。

会社に行くことを考えると、吐き気や目眩がするくらいに追い込まれている人が世の中にはいます。

あなたは大丈夫ですか?

一つ言っておくと、そんなに会社に行きたくないなら、別に行かなくてもいいんですよ?

あなたはこれを知っていましたか?

あなたが会社に行くことよりも、あなたが幸せに生きていくことのほうが遥かに大切なことなのです。

周りは甘いと言うかもしれませんが、無視してオッケーです。

あなたがいま幸せかどうか。

それだけに集中して生きていくべきです。

今回は「会社に行きたくないなら、別に会社に行かなくてもいい理由」について話していきたいと思います。

スポンサーリンク

会社に行きたくないなら別に会社に行かなくてもいい理由

会社だけが人生ではありません。

私たちは小さな頃から、大人になったらどこかの会社に就職して働くのが当たり前だと教育されてきました。

だから、ほとんどの人が、学校に行って、就職をして、社会に出て働く、という生き方をしています。

長時間労働・安月給・パワハラの条件が揃ったブラック企業に入ってしまっても、文句も言えず、行動もできず、我慢し続けている人もいます。

耐え続けるのはすごいことですが、その結果、精神が崩壊して最悪の事態になることもあります。

過労で人生を終えてしまっては、何のために生まれてきたのかがわかりません。

スポンサーリンク

会社に行きたくないなら、今日から海外に行ってもいい

あなたが心から成し遂げたいことのために、自ら望んでハードワークをした結果ならまだしも、他人のためにハードワークをするなんて馬鹿げています。

あなたはいつでも会社を辞めることができますし、いつでも会社に行かないという選択をすることができます。

会社に行かずにパスポートを持って海外に行ってもいいですし、親しい友達のところに行っても大丈夫です。

大切なことは、今の目の前の狭い世界が全てだと思わないことです。

世の中には、あなたより適当に生きている人たちがたくさんいるということを知っておきましょう。

スポンサーリンク

会社に疲れたら、しばらく家族に養ってもらえばいい

仕事に疲れたなら、家族を頼って、しばらく養ってもらえばいいですし、友達のところに転がりこんでテキトーにフリーターをするのもいいです。

あなたが会社に行かなくても、明日からも会社は普通に回り続けます。

会社で働く従業員は会社の歯車なので、別に誰かが抜けてもほかの誰かで代替え可能なようになっているのです。

だから、変な責任を持たずに、会社が辛いと思ったら、思い切って会社に行くのを辞めてしまいましょう。

最近は、退職代行などのサービスもあるので、会社に言いにくいなら、そういったサービスを使えばいいのです。

会社に行きたくないなら、とにかく生きているだけでいい

あなたは常に自由で、何でもやっていいし、何でも辞めていい、ということを頭に入れておきましょう。

立派な大人にならなくてもいいですし、立派な仕事もしなくていいです。

とにかく、生きてるだけでいいのです。

誰かに追い込まれる必要はないですし、絶対に何かをやらなければいけないということもありません。

あなたという存在が、世の中にいるだけでいいのです。

あなたがこの世界にいるだけで幸福になる人が必ずいます。

メンタルが崩壊するくらい会社が嫌になったら、即行で会社を辞めて、全部リセットしてしまいましょう。

会社を辞めても、人生はいつからでもリスタートできる

いつからでも人生はリスタートできます。

本気で自分がやりたい仕事が出てくるまで、一度長い休憩をとるというのも、人生の選択肢として用意しておきましょう。

日本人は頭が固すぎて、真面目すぎる人が多すぎます。

それが、すべて悪いことだとはいいませんが、たまには自分に甘くなって融通を効かせないと、おかしくなってしまいます。

海外に行ってみると、自分の世界観が広がって、新しい価値観が自分にインストールされます。

例えば、インドでは路上で干からびたブドウを売りながら、昼寝をしている大人がたくさんいたり、フィリピンではスタッフ同士で世間話しながら適当に接客をする従業員がいたり。

海外の人たちを見ると、何でもやって良いんだ!と思えるようになります。

ですから、今の生活が辛くて、会社に行きたくないと思うなら、別に会社に行かなくてもいいのです。

「生きてるだけで丸儲け」という言葉もありますが、とりあえず、生きているだけでOKなのです。

会社が辛いなら働かずに家族や国に養ってもらえばいいですし、もっと自分にストレスのかからない職場に転職すればいいのです。

今の会社がメンタルが崩壊しそうなほど辛いのなら、肩の力を抜いて、自分にとって一番楽な選択をしてください。

あなたは何でもやっていいですし、何をやらなくてもいいのです。

スポンサーリンク
おすすめの記事