転職活動で応募先の企業から内定をもらったときに、いろいろな事情で内定承諾を保留したいという方も多いと思います。

転職内定を保留にしてもいいのか、企業にはどのように内定保留を伝えればいいのか、などについてまとめましたのでぜひご覧ください。

スポンサーリンク

転職で内定を保留したい時の好印象な保留理由と対応方法

転職活動をして、念願の内定が出ても、「本当にここの会社に決めて大丈夫だろうか・・・」と急に不安を感じる方もたくさんいらっしゃいます。

実際に、内定をもらった後にこのような感情になり、内定を保留にしたいと考える転職者は結構多いです。

しかし、転職内定を保留にしたいことを応募先に伝えると、「企業からの印象が悪くなってしまうのではないか?」「内定を取り消されるのではないか?」と不安になり、二の足を踏んでしまう人もいます。

結論からいうと、転職内定を保留にしても企業からの印象が悪くなることも、内定を取り消されることもありません。

転職者は全員、真剣に転職先を決めますので、転職内定の保留をすること自体は普通のことです。

ただし、内定保留の意向を応募先に伝えるときに注意するべき点もありますので、今回は「転職内定の保留を伝えるときの対応方法」をまとめて紹介していきます。

転職内定を保留にしたいときの対応方法

転職で応募先から内定通知をもらうときは、ほとんどの場合、入社意思についての回答期限が設定されています。

回答期限は企業によってさまざまですが、数日~1週間程度で設定されている企業が多いですが、その回答期限内であれば保留しても問題はありません。

「しっかり考えて検討したいので、期限までにお返事いたします。」と伝えれば、企業側にマイナスの印象を与えることはないです。

しかし、内定承諾の回答期限を過ぎても保留をしたい場合は、内定保留の理由や新たな回答期日を伝えたうえで、回答を待ってもらえるかどうかを確認する必要があります。

企業側には、あなたのほかにも候補者がいる場合もあるので、回答期限を延ばせない場合があったり、希望の回答期日まで待ってもらえない場合があることも理解しておかないといけません。

そのため、回答期日を待ってもらえることになったら、回答期日ギリギリに回答するのではなく、余裕をもって早めに回答するようにしてください。

スポンサーリンク

転職内定を保留にする場合の保留理由

応募先に転職内定を保留してもらう場合、新たな回答期日と合わせて保留理由をしっかり伝えなければいけません。

保留理由を伝えるときの参考として、下記に保留理由の例を記載しておくのでご活用ください。

併願してる他社と迷っていることを正直に伝える

ほかにも応募している企業があり、他社と迷っていることを正直に伝えましょう。

転職は人生の大きなイベントなので、応募先の企業側もあなたの事情は理解してくれます。

「他社の選考結果を待っている」「内定が出ているが条件を確認している」など、併願している他社と迷っていることは転職内定の保留理由になります。

ただし、「第一志望の企業がまだ結果待ちなので・・・」というようなバカでも言ってはいけないとわかるNG理由は絶対に言わないでくださいね。

面接を急に断ると他社に迷惑がかかることを伝える

これは内定を保留する企業の志望度が高い場合に使う理由です。

別の会社の面接予定があることを応募先に伝えて、急なキャンセルは他社に迷惑がかかるからと伝え、内定承諾を待ってもらうケースです。

この場合は、あくまでも「急なキャンセルが迷惑になる」ということだけを伝えて、応募先に入社の意志はあることを伝えておくのがポイントです。

応募先企業への疑問や不安点がクリアになっていないことを伝える

併願している企業がなくても、本当にその会社に決めていいのかを迷っている場合もありますよね。

このような場合は、どの部分に疑問を感じているかや、不安に感じている点を率直に応募先の企業に伝えてみましょう。

追加で新しい情報を提供してもらえたり、再度面談や会社見学の機会をつくってもらえたりする可能性があります。

また、回答期限に余裕をもっておくことで、このような希望も出しやすくなります。

今の会社を退職するべきかを迷っていることを伝える

在職中の会社に退職の意向を伝えると、たいていは止められます。

会社から部署移動や昇給や昇格などの提案を持ちかけられ、退職するかどうかをそもそも迷ってしまっている場合の転職内定の保留理由についてです。

この場合は、現職と応募先を比較したときの気になる点を伝えて、不安点をクリアにしたい旨を応募先に伝えましょう。

内定承諾を検討するための材料を提供してもらったり、再度面談を設定してもらったりする可能性もあります。

家族の了承を得られていないことを伝える

「家族への相談時間が取れない」「家族の了承が得られない」など、転職することに対して配偶者や両親などの了承が得られていない場合です。

あなたを採用する企業側にとっても、入社することに対しての家族の了解はとても重要なので、「家族の了承が得られない」というのは、転職内定の保留理由として納得してもらいやすいです。

家族がどのような点に不安を感じているのかを応募先に正直に伝えれば、家族に納得してもらえるような検討材料をもらえる可能性もあります。

スポンサーリンク

転職内定の保留を応募先に伝えるときの注意点

応募先の企業が設定した内定承諾の回答期限を延長すると、企業側に迷惑をかけることもあります。

入社後にあなたの同僚や先輩になる人、上司になる人などと入社後に関係をぎくしゃくさせないためにも、転職内定の保留を伝えるときは慎重にならないといけません。

内定保留の理由を伝えたときに、応募先に「なんか面接で言っていたことと違わないか?」と思われないように、面接のときに話していたときのストーリーに一貫性を持たせることが重要です。

面接でも保留理由を伝えるときも、ウソや偽りではないあなたの正直な気持ちを伝えていれば問題ありません。

また、併願している企業の採用結果が出る日や家族と相談する日などをこまめに報告しておくと、企業側に「この人はちゃんとした人だから安心だ」という印象を与えることができます。

さらに、応募先企業の事情をくみ取って、保留期間を短くするために併願している企業の最終面接日を前倒しにずらすなどの対応をしておくと、もしその会社に入社することになっても、入社後も良好な人間関係を続けることができます。

転職内定の保留で内定取り消しになることもある!?

基本的には転職内定の保留が原因で、内定を取り消されることはありません。

しかし、内定保留が原因で、内定が取り消されるケースも稀にあります。

それは、急募の求人や一日でも早くスタッフがほしいと思っている企業の場合です。

企業側のホンネは、保留された後で内定を辞退されたら、緊急で人手が必要なのに、またイチから採用活動を再開しなければいけないのは勘弁してほしいという状況です。

このような場合は、内定保留を希望されたらすぐに内定を取り消し、別の応募者に内定を出すこともあり得る話です。

ほとんどの企業では、内定保留を了承してくれますが、中には余裕のない企業もあるということを知っておいてくださいね。

内定保留の希望は必ず電話で伝える

転職内定を保留したい旨は、必ず電話で伝えるようにしてください。

内定保留は言い出しづらい話ですが、間違ってもメールなどで伝えてはいけません。

直接電話で伝えるのは抵抗を感じるかもしれませんが、これは応募先の企業へのマナーです。

「なぜ内定を保留したいのか?」「いつまで待ってほしいのか?」を正直に伝え、あなたの誠意を伝えましょう。

まとめ

最後に、今回紹介した「転職で内定を保留したい時の好印象な保留理由と対応方法」の要点をまとめておきます。

  • 内定保留は普通のことである
  • 内定保留の希望は1日も早く伝える
  • 内定保留の希望は必ず電話で伝える
  • 併願してる他社と迷っていることを正直に伝える
  • 面接を急に断ると他社に迷惑がかかることを伝える
  • 疑問や不安点がクリアになっていないことを伝える
  • 現職を辞めるべきかを迷っていることを伝える
  • 家族の了承を得られていないことを伝える
  • 内定保留で内定取り消しになることも稀にある

転職は人生を左右するイベントなので、その会社に決めていいかを真剣に考えて、内定を保留すること自体は普通のことです。

ただし、転職内定を保留するときは、正直な対応をすることや応募先企業に配慮することが特に大切です。

転職内定を保留したいときは、ぜひ今回の内容を参考にししてくださいね。

✔20代未経験向けの転職エージェント【とりあえず登録すべき】※全て無料
【公式】第二新卒エージェントneo

※未経験OK求人5000件以上。中卒・高卒・大学中退・専門卒の20代向け。10時間以上の手厚いフォローあり。

WORKPORT

※50万人に選ばれている。未経験からIT業界へのキャリアチェンジに強い。無料エンジニアスクールもあり。

マイナビジョブ20's

※圧倒的な知名度。全求人が20代向け。年間20,000人以上の登録者数。無料で適性診断テストが受けられる。

スポンサーリンク