「給料が安すぎる・・・」

「手取り13万しかない・・・」

「生活していくのがギリギリ・・・」

この記事はこのような若者に向けて書いています。

結論からいうと、若者の給料は安すぎるから、早く自分のビジネスを持つべきです。

今回はこの部分について話していきたいと思います。

スポンサーリンク

若者の給料は安すぎるから自分のビジネスを持つべきです

厚生労働省の調査によると、大卒の初任給の平均は20万6,700円です。

年収は、この月給に賞与が含まれて3、だいたい300万円程度になります。

日本の平均年収が420万円くらいなので、年収300万円は低収入層になるということです。

ちなみに、この初任給の金額は何十年もずっと変わっていません。

つまり、若者は会社に入社した瞬間に、低収入が確定するということです。

では、若者が低収入から抜け出すためにはどうすればいいか?

それは「一日でも早く自分のビジネスを持つこと」です。

会社の中での昇給スピードは遅い

普通のサラリーマンの人は、給料を上げる方法というと、会社の中で出世するとか、営業成績をあげて歩合をもらうとか。

「会社から支給される給料を増やす」という発想しか持っていません。

しかし、若者が会社の中で出世するのは、簡単なことではありません。

一つ役職が上がるのに数年、月給を1万円増やすのに数年と、給料を増やすのにはかなりの時間がかかってしまいます。

なぜ、このような給料の仕組みになっているのか?

それは、従業員の給料を増やしすぎると、会社の経営が成り立たなくなるからです。

会社の中には、しっかり売上をつくってくれる優秀な社員と、全然売上をつくれない無能な社員が必ず存在します。

優秀な社員の給料を上げると、無能な社員の給料も上げないといけなくなるので、そんなに簡単に従業員の給料を上げないのです。

さらに、従業員に十分すぎる給料を与えてしまうと、お金を稼ぐ必要がなくなってしまい、会社を辞めてしまう可能性も出てきます。

ですから、会社側からすると、「生活できるギリギリの給料で働いてもらって、会社に残るお金を増やしてもらう」というのが一番の理想なのです。

会社員は自分を殺して会社の市場価値を高める存在

会社員は会社にとって「たくさんある歯車の中のひとつ」という存在です。

会社員が、社内でどれだけ頑張って大きな成果をあげたとしても、評価されるのは常に会社です。

会社員個人が評価されることはほとんどありません。

どれだけ長時間労働しても、ブラックな労働環境の中で身を粉にして働いても、会社員は「頑張ってやってるね!」の一言しかもらえません。

つまり、会社員は自分のためではなく、会社の株式や企業価値を高めるために、生涯黒子的なポジションで働き続けているということです。

どれだけすごい商品を開発しても、どれだけすごい売上をつくっても、どれだけすごい企業と取引を結んでも、評価されるのは常に会社だけなのです。

会社員は自分を殺して、会社の市場価値を高める存在として、企業から生涯使われ続けるということですね。

経営者は会社奴隷が嫌で独立している

会社の評価が上がることで、誰が一番利益をえているかというと、会社を経営している経営者です。

多くの場合、経営者は会社の株の大半を保有しています。

企業の価値が高くなればなるほど、株の価値も高くなり、経営者の資産が増えていくのです。

経営者は廃業するかもしれないというリスクを負っていますが、その分従業員を低賃金で働かせることで、多大な利益を得ることができます。

ちなみに、廃業するかもしれないリスクは、その会社で働いている従業員にも同じことがいえるので、リスクがあるのにリターンがもらえない会社員は結構つらいですよね。

こうやって多くの会社員は、会社の奴隷として低賃金で時間を拘束され、働かされているのです。

これが嫌になって、「もっと稼ぎたい」「自分のリターンを最大化したい」と考えて、会社奴隷から抜け出した人たちが経営者たちなのです。

大手上場企業でも早期退職者を大量に募集する時代

最近では、大手上場企業が相次いで早期退職者を大量に募集しており、募集人数は数百人~数千人規模になっています。

これは、高給取りの中堅層以上の社員に退職してもらって、代わりにこれからの時代のキーになるデジタルやITに精通した若手人材を集めたい、というのが企業の狙いです。

つまり、大企業で10年~20年働いても、生涯その会社で働き続けられるという安定がなくなったということです。

これからの時代は、どこの会社で働いていても、いつクビになるかわからない時代なので、会社に依存するのではなく、個人として自立できることが大事です。

自分ができる業務内容についても、会社の中の業務だけでなく、会社の外でも通用するようなスキルを身につけておく必要があります。

個人として受注できるような業務を持ったリ、会社名ではなく個人名で仕事をもらえたり、社外で自分個人の人脈のネットワークをつくっておいたり。

会社の外に出ても、食べていけるくらいのスキルや仕組みを身につけておかないと、将来的なリスクがめちゃくちゃ高いということです。

会社員が個人の市場価値も高める方法

では、会社員の若者が、個人の市場価値を高めるためにはどうすればいいか?

個人の市場価値を高めるための一番早い方法は、すぐに起業してしまうことです。

起業すれば、先ほど話した経営者と同じ状態になるので、自分が頑張れば頑張っただけ、自分にリターンとして100%返ってきます。

つまり、「会社のために労働する」という状態から「自分のために仕事をする」という状態になれるのです。

しかし、「そうは言っても、いきなり会社員を辞めて起業するのは、ちょっとリスクが高すぎる・・・」と思う方もいますよね?

そのような方は、会社員を続けながら、自分のビジネスを持つことを始めましょう。

SNS・YouTube・ブログで自分のビジネスをつくる

若者は給料が安すぎるので、会社員のままでは稼ぐことができません。

ですから、十分なお金を稼ぐためには、自分でビジネスを持つ必要があります。

では、どんなビジネスを持てばいいのか?

ビジネスと聞くと、「何かものすごいことをやらなければいけない」という気持ちになりますが、身近にあるツールで簡単にビジネスは始められます。

ビジネスとは「何かをしてお金を稼ぐ仕組みをつくること」です。

今は、ネットやSNSの普及によって、何でもビジネスにつなげられる時代になりました。

「給料が安くて厳しい時代」といわれる今の若者の、唯一のアドバンテージがここです。

自分にとっては当たり前のことや、自分にとってはただの遊びがビジネスになる時代です。

たとえば、「IT業界の営業の仕方マニュアル」「転職で年収が2倍になった方法」「5年間、彼女ができなかった僕に、彼女ができた理由」「趣味のまとめ情報」「地域のまとめ情報」など。

身近なコンテンツがお金に変わります。

自分が知っている情報や好きなことを、自分のブログやYouTubeチャンネル、SNSなどで発信しまくって、広告収入でお金を稼ぐことができます。

さらに、自分が知っていることをまとめた有料記事やPDFを作成して、それを読者に販売することもできます。

これくらい簡単に、自分のビジネスをつくることができる時代なのです。

このビジネスは、あなたがゼロから創りあげたものになるので、あなた個人の市場価値を高めることに繋がります。

会社員を続けながら自分のビジネスを育てていく

ビジネスはいきなり軌道に乗らないので、収益を生み出すまでにはある程度の時間が必要になります。

ビジネスは半年~1年、またはそれ以上を積み重ねていくことによって収益が安定していくものです。

さらに、すべてが成功するわけではなく、複数回の失敗をくり返して、成功にたどり着くことが多いです。

そのため、会社員としての給料を毎月固定でもらいながら、出勤前や帰宅後、休憩時間などを使って自分のビジネスをゆっくり育てていくのがおすすめです。

社外の給料が会社の給料を超えるくらい、自分のビジネスが成長してくれば、会社を辞めて自分のビジネス一本に絞ってしまっても大丈夫なタイミングです。

それまでは忍耐が必要ですが、ここの努力は確実にあなたに100%のリターンをもたらしてくれます。

「若者の給料が安すぎる・・・」と自分の給料に不満がある人は、ぜひ早めに自分のビジネスを持つことを始めてみてくださいね。

まとめ

今回のまとめです。

  • 若者の給料は安すぎるから自分のビジネスを持つべき
  • 会社の中での昇給スピードは遅い
  • 会社員は自分を殺して会社の市場価値を高める存在
  • 経営者は会社奴隷が嫌で独立している
  • 大手上場企業でも早期退職者を大量に募集する時代
  • 会社員が個人の市場価値も高める方法
  • SNS・YouTube・ブログで自分のビジネスをつくる
  • 会社員を続けながら自分のビジネスを育てていく

今回は「若者の給料は安すぎるから自分のビジネスを持つべき」という話をしました。

若者の給料は確かに安すぎると思います。

しかし、私たちには職業選択の自由が与えられているので、お金の稼ぎ方も自由です。

給料が安すぎる会社を選んでしまっているのは自分で、その環境を変えることは皆に平等に与えられた権利です。

ですから、もっと稼ぎたいと思っている若者の方は、ぜひ早いうちに自分のビジネスで稼ぐことを始めてみてくださいね。

自分のビジネスには稼げるお金に上限はないので、やればやった分リターンとして返ってくるのがやりがいになりますよ。

スポンサーリンク