2019年から2020年にかけて、転職市場に大きな影響を与える出来事が起こっています。

それは、2020年4月から始まる「同一労働同一賃金」という働き方改革の施策です。

現在、正社員として働いている方にとって「同一労働同一賃金」は、かなり危険な施策となっており、同一労働同一賃金によって正社員がオワコン化するといわれています。

今回はこの部分について話していきたいと思います。

スポンサーリンク

同一労働同一賃金によって正社員がオワコンになる理由

同一労働同一賃金とは、厚生労働省が発表した施策です。

同一労働同一賃金の定義は「正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差の解消を目指すもの」です。

同一労働同一賃金で正社員がオワコンになる

つまり、正社員であろうが、契約社員であろうが、派遣社員であろうが、アルバイトであろうが、同じ仕事内容であれば給料や待遇を同じ内容にして差をなくすための施策であるということです。

同一労働同一賃金は、働き方改革の一つになっています。

そのほかの働き方改革には、残業時間の制限、有給休暇の強制取得、終業から始業までの休憩時間の規定などがあります。

同一労働同一賃金は非正規労働者に大きなメリットがある

同一労働同一賃金の実施時期は、大企業が2020年4月からとなっており、中小企業では2021年4月からとなっております。

非正規労働者にとってはメリットが大きい施策なので、契約社員や派遣社員やアルバイトとして働いている人にとっては嬉しい施策となります。

同一労働同一賃金で正社員がオワコンになる

実際に総務省が発表したデータによると、2018年の非正規労働者は2120万人となっており、労働市場全体の約40%になるので、同一労働同一賃金は多くの人に影響のある施策なのです。

具体的には非正規労働者にとっては、以下のようなメリットがあります。

  • 年収が上がる可能性が高い
  • ボーナスが支給される可能性が高い
  • 通勤手当や住宅手当などの各種手当が支給される可能性が高い

同一労働同一賃金は企業側にも大きなメリットがある

実際に2020年4月から「交通費支給」「半休制度の導入」「慶弔休暇」「慶弔見舞金の支給」などを非正規労働者に対して行うことを発表している企業もあります。

同一労働同一賃金で正社員がオワコンになる

同一労働同一賃金を導入する企業側のメリットは、非正規労働者に対して適正な評価が行われるようになるため、非正規労働者のモチベーションを高めることができることです。

さらに、雇用形態に関係なく、各社員が切磋琢磨して高め合い、社員全体の生産性が高まる環境がつくれるので、企業全体の売上を増やすことにも繋がります。

厚生労働省が発表している働き方改革の目的は「多様な働き方を選択できる社会を実現し、働く人一人ひとりがより良い将来の展望を持てるようにすることを目指す」です。

しかし、同一労働同一賃金は、正社員として働いている人にとっては、危険な施策になる可能性が高いのです。

スポンサーリンク

同一労働同一賃金は正社員の価値を低くする

「非正規労働者の給料や待遇が、正規労働者と同じになる」というのが、同一労働同一賃金の施策の本来の目的です。

結論からいうと、この施策は、正社員の価値を低くする可能性が高いです。

同一労働同一賃金で正社員がオワコンになる

非正規労働者の給料や待遇を正社員と同じレベルに上げるという会社はいいのですが、逆に言うと、正社員の待遇や給料が非正規労働者のレベルに落ちる可能性もあるということです。

現在の日本企業は、大手上場企業で黒字なのにリストラを実施しているという企業がたくさんあり、人件費は会社全体の経費の中でもシビアにみられるようになってきました。

同一労働同一賃金のしわ寄せは全て正社員にくる

同一労働同一賃金によって、企業は非正規労働者の給料や待遇を上げなければいけなくなりますが、それに必要なお金はどこも負担をしてくれません。

企業が持っているお金の中からやりくりしなければいけないので、そのためには「正規雇用労働者の給料の切り下げ」「退職金や終身雇用などの制度の見直し」などを行なわなければいけません。

同一労働同一賃金で正社員がオワコンになる

つまり、同一労働同一賃金で、一番デメリットがあるのは正社員なのです。

実際に同一労働同一賃金を導入した日本郵政は、正規雇用労働者の待遇を非正規雇用労働者に合わせるという施策を行ないました。

ですから、同一労働同一賃金の導入によって、日本郵政と同じような対策をする企業が増えていくことが予想されます。

今後、正社員の給料カットやリストラを導入するブラック企業が続出するのではないかともいわれています。

同一労働同一賃金で実力主義の格差社会になる

同一労働同一賃金によって「実力主義と格差社会」が広がります。

同一労働同一賃金で正社員がオワコンになる

同一労働同一賃金の施策には、まだ罰則はありませんが、企業はこれによって、従業員の給料カットやリストラを実施しやすくなります。

「非正規雇用労働者に給料を合わせる会社が増えて、正社員の年収が下がる」「実力がない人はリストラされやすくなる」などの影響が出ることが予想されます。

つまり、実力主義がより強くなり、稼げる人と稼げない人の格差はさらに広がっていくということです。

ですから、これからの時代は専門性や将来性の高い仕事に就かないと、生きていくのが厳しくなっていきます。

さらに、将来的には雇用形態にとらわれない働き方が主流になり、フリーランスなどの形で働く人も増えていくことが予想されます。

遅かれ早かれ、「正社員として働くこと」に価値がなくなっていくので、雇用形態にこだわるのではなく、専門性や将来性の高いスキルを身につけることを重視するべきだということですね。

ここまでの内容から「同一労働同一賃金によって正社員はオワコンになる」という結論にいたるのです。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめです。

  • 同一労働同一賃金によって正社員はオワコンになる
  • 同一労働同一賃金は非正規労働者に大きなメリットがある
  • 同一労働同一賃金は企業側にも大きなメリットがある
  • 同一労働同一賃金は正社員の価値を低くする
  • 同一労働同一賃金のしわ寄せは全て正社員にくる
  • 同一労働同一賃金で実力主義の格差社会になる

同一労働同一賃金は、非正規雇用労働者にとっては嬉しい施策になりますが、そのしわ寄せはすべて正社員にやってきます。

昔は、終身雇用や退職金など、正規雇用労働者でいることのメリットもありましたが、今は大手上場企業でも簡単に中堅社員をリストラする時代です。

このような時代には、安定して長く勤められる会社などありませんので、自分個人のスキルを高めていくことが、めちゃくちゃ重要になります。

目先の給料や待遇は、どうしても気になる部分ではありますが、それよりも将来的な自分の姿をイメージしたうえで、就職先や転職先を選ぶことが大切です。

その会社で、「どんなスキルが身につけられるのか?」「どんな経験を身につけられるのか?」「自分の市場価値はどれだけ高くなるのか?」を意識して職業選択をしてくださいね。

✔20代未経験向けの転職エージェント【とりあえず登録すべき】※全て無料
【公式】第二新卒エージェントneo

※未経験OK求人5000件以上。中卒・高卒・大学中退・専門卒の20代向け。10時間以上の手厚いフォローあり。

WORKPORT

※50万人に選ばれている。未経験からIT業界へのキャリアチェンジに強い。無料エンジニアスクールもあり。

マイナビジョブ20's

※圧倒的な知名度。全求人が20代向け。年間20,000人以上の登録者数。無料で適性診断テストが受けられる。

スポンサーリンク