「ITエンジニアになりたいけど、未経験の自分にもチャレンジできるのか不安に感じている・・・」という方に向けて、ITエンジニアの仕事内容、種類、年収、未経験からエンジニアになる方法などをまとめて紹介していきます。

スポンサーリンク

ITエンジニアの仕事内容・種類・年収・未経験から始める方法

ITエンジニアとは、「システムやネットワークなどの専門知識を持っているIT系の技術者」のことです。

ITエンジニアの仕事内容

たとえば、プログラマー、システムエンジニア、WEBエンジニア、ネットワークエンジニアなどのIT系の技術者です。

ITエンジニアの仕事の仕方は、複数のITエンジニアで構成されるプロジェクトチームで行うことが多く、それぞれが自分の得意分野を担当して、チームで目標を達成するというやり方になります。

情報系学部の大学やIT系の専門学校を卒業した後で、ITエンジニアに就職するケースが一般的ですが、ITエンジニアが不足している企業が多いので、未経験からでもスタートできるITエンジニアの求人も増えています。

会社の規模や専門分野によって違いがありますが、ITエンジニアの平均年収は400~600万円となっており、年収は比較的高めです。

ITエンジニアの仕事内容とは?

ITエンジニアの主な仕事は、企業や官公庁で使用するシステム開発やWEBアプリケーションの開発、コンピューターネットワークの開発などです。

顧客が要求する性能や表現方法を検討して、システムやサービスの企画・設計・開発・運用・管理を行ないます。

ITエンジニアの仕事内容

ITエンジニアの仕事のスタイルとしては、自社から客先に出稿して常駐する場合もありますし、完全に自社開発をする場合もあります。

ITシステムは作って終わりということは少なく、システムのバージョンアップや運用サポートなど、顧客と関わり続けるITエンジニアも多いです。

ここからはITエンジニアの業務内容を「企画・設計」「開発」「運用・管理」に分けて、それぞれ紹介してきます。

企画・設計

ITエンジニアの企画・設計の仕事は、顧客の希望をシステムによって解決するための方法を企画して、それを設計する仕事です。

既存の自社製品だけではなく、外部の製品やサービスなども利用して、顧客の問題が解決できる方法を考えて、企画に落とし込み、プロジェクトメンバーや顧客に共有できるように仕様書を作成します。

プログラムを書くというイメージが強いですが、企画・設計といった工程もITエンジニアの重要な仕事になります。

開発

ITエンジニアの開発の仕事は、管理や企画や設計をメインに行う仕事で、プログラムを書くなどの業務は専門のプログラマーに任せていることが多いです。

また、必要な事項についての検証をしたり、各専門のプログラマーがつくったものを統合して機能テストを行ったり、進捗や品質を管理したりすることも多いです。

さらに、関係者との調整を行うことも開発の仕事になります。

運用・管理

ITエンジニアの運用の仕事は、システムに情報を入力して、顧客がシステムを利用できるようにするなど、導入や導入後のフォローをする仕事です。

また、安定的に利用するためのメンテナンスなども行います。

データのバックアップやセキュリティ対策などの業務もあり、これらはシステムの状況をしっかりと把握して、関連する技術やサービスの知識が必要になります。

ITエンジニアは基本的にITやITサービスの専門家であることが求められる職種です。

ITエンジニアにはコミュニケーション能力が求められる

開発するプロジェクト単位でチームが編成され、複数のITエンジニアで一つのチームとなり、それぞれのITエンジニアが自分の専門分野を担当します。

ITエンジニアの仕事内容

複数の人間がプロジェクトに関わるので、プログラミングのスキルはもちろん、コミュニケーション能力やマネジメント能力も求められる仕事です。

そのため、理系出身のITエンジニアだけではなく、文系出身のITエンジニアもたくさんいます。

ITエンジニアの仕事の流れ

ITエンジニアの仕事は、顧客のシステム開発に関する要望をヒアリングするところからスタートします。

顧客が抱える問題を解決するためのシステムを具体的にして、必要な予算や期間と合わせて提案します。

提案が通れば、社内から必要な資源を集めて開発がスタートします。

開発が終わったら、様々な性能テストを実施して、問題がなければ顧客に確認してもらって、実環境にシステムを構築していきます。

システムが構築できたら、必要な顧客のデータを入れて実際に稼働させ、問題がなければ納品完了です。

納品後にシステムの運用や管理までを一貫してサポートする場合もあります。

ITエンジニアの種類

ITエンジニアとはIT技術者のことですが、職種によって専門分野や仕事内容が違ってきます。

ITエンジニアの仕事内容

ITエンジニアの職種には、以下のような種類があります。

  • プログラマー
  • システムエンジニア(SE)
  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • インフラエンジニア
  • Webエンジニア

ここからは、それぞれの職種を簡単に紹介していきます。

プログラマーの仕事内容

プログラマーは、仕様書をもとに、C言語やJavaなどのプログラミング言語をつかってシステム開発やテストを行う職種です。

プログラマーの求人は言語を指定して募集されているのが一般的で、複数の言語に対応できるとさまざまな職場で仕事をすることができます。

プログラマーは、高速かつ軽量で安全なプログラムを開発することが求められる職種です。

システムエンジニアの仕事内容

システムエンジニアは、システム開発において、設計、開発、テストまでを一貫して計画し、進行していく職種です。

システムエンジニアは、顧客からのヒアリングやシステムの要件定義、仕様書の作成など、上流工程といわれる部分を担当するのが主な業務です。

システムの運用や継続的なメンテナンスや改善を行うために、開発後も客先に常駐するシステムエンジニアも多いです。

IT技術以外にも、顧客の業務に対する理解やコミュニケーション能力などのビジネススキルも求められる職種です。

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計・構築・運用・保守などに特化した職種です。

ネットワークの速度や安定性やコストなどの調査・改善を行ったり、セキュリティ強化などを行なったりするのが主な業務です。

ネットワークの知識だけではなく、各社が提供するルーターやスイッチなどのネットワーク機器の性能や設定についての知識も求められる職種です。

インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアは、ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアを合わせたような役割を担う職種です。

システムが動作するための土台になる環境の構築を専門に行い、企業のサーバールームやデータセンターなどに実際に機器を持ち込み、機器の設定を行ないます。

また、企業内の勤怠管理システムや入退室管理システムなどの導入を行う場合もあります。

WEBエンジニアの仕事内容

WEBエンジニアは、各種WEBサービスやアプリなどの主にインターネット上で動作するシステムやアプリの設計・開発・運用・保守を行う職種です。

WEBエンジニアは、プログラミングだけではなく、ネットワークやサーバー、データベースやブラウザについての知識も必要です。

WEBエンジニアは、フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアに分けられます。

フロントエンドエンジニアはブラウザでの処理やUI開発などを行ない、バックエンドエンジニアはサーバー側の設定や処理を行ないます。

ITエンジニアの年収

ITエンジニアの平均年収は400~600万円程度といわれていますが、会社の規模や専門分野、キャリアやスキルによって年収に開きがあります。

ITエンジニアの仕事内容

20代が未経験からプログラマーになった場合、年収は300万円程度になることが多いです。

また、運用や管理を担当するITエンジニアの給与水準はやや低い傾向があります。

しかし、経験を積んだシステムエンジニアやプロジェクトマネージャーなどは、年収500万円以上の人が多くなります。

さらに、システムエンジニアの中でも、研究職などの専門性が高いエンジニアの給与水準は高くなる傾向があります。

ITエンジニアで年収1000万円を超える人もいる

ITエンジニアの中には年収1000万円を超える人たちが存在します。

特に、コンサルタントやアナリストは最も給与水準が高いといわれており、システムエンジニアとして働いた人が、キャリアアップしてこの職種に就くことが多いです。

コンサルタントやアナリストは、ITエンジニアとしての知識や経験が豊富にないとできない職種です。

大手企業でITエンジニアとしてスキルや経験を身につけて、管理職まで出世することで年収1000万円を超える人もいます。

フリーランスエンジニアでも年収1000万円超える

ITエンジニアとしてのスキルや経験を高めて、さらに人脈も築いた後で、フリーランスのITエンジニアになる人たちもいます。

フリーランスエンジニアの中にも、年収1000万円以上を稼ぐ人たちが存在します。

フリーランスになると、自分が得意な分野を選んで案件を受注することができますし、ITエンジニアとしてのスキルが高ければ単価の交渉をすることも可能です。

雇用されていないので、常に不安と隣り合わせですが、頑張り次第で、かなり稼ぐことができる働き方です。

実際に年収2000万円、年収3000万円と稼いでいるフリーランスエンジニアの人もいるほどです。

未経験からITエンジニアになる方法

未経験の方が、ITエンジニアにチャレンジする場合、ヘルプデスク担当やネットワークエンジニア、サーバーエンジニアなどの職種のアシスタントからスタートすることが多いです。

ITエンジニアの仕事内容

プログラマーやシステムエンジニアの未経験採用はほとんどありません。

また、未経験の場合は正社員採用ではなく、契約社員や派遣社員として採用になることも多いです。

ITエンジニアは学歴が関係ないので、技術や実績があればしっかりと評価される職種です。

未経験の方がITエンジニアになるためには、明確なキャリアビジョンと勉強が必要です。

正社員からのスタートが難しい場合が多いので、「何年後に正社員になるのか?」「どの専門分野を磨いていくのか?」などを明確にして、スキルアップのために努力していく必要があります。

年齢を重ねれば重ねるほど、未経験からITエンジニアにチャレンジするのが難しくなります。

特に35歳を過ぎると、ほとんど未経験OKの求人はなくなります。

ですから、未経験からITエンジニアになりたいと思っている方は、早めに転職するのがおすすめです。

まとめ

今回のまとめです。

  • ITエンジニアはシステムやネットワーク知識を持つIT技術者である
  • 企画・設計、開発、運用・管理などの業務がある
  • コミュニケーション能力が求められる
  • ITエンジニアは専門分野によって種類が異なる
  • ITエンジニアは平均年収400~600万円
  • ITエンジニアには年収1000万円を超える人もいる
  • 未経験だと正社員採用はほとんどない
  • 35歳過ぎると未経験からチャレンジできる求人はほぼない

「ITエンジニアは、なんとなく良さそうだけど、イマイチよく分からない」という方も多かったと思いますが、今回の内容で、少しはITエンジニアのことが理解できましたか?

さまざまな種類のITエンジニアがありますので、「自分に合ったものはどれか?」「数年後にどのようなキャリアを進んでいきたいか?」「どのようなスキルを身につけたいか?」などをしっかりと考えて、キャリアビジョンを明確にしておくことがめちゃくちゃ重要です。

ITエンジニアのスキルを持っていることは、将来的に価値が高いので、未経験からのキャリアチェンジを考えている方は、ITエンジニアを選択肢の一つに入れてみると良いと思います。

スポンサーリンク