「警備員の仕事に興味があるけど、具体的に何をするのかよくわからない・・・」という方に向けて、警備員の仕事内容、資格、給料、欠格事由、人手不足の理由などをまとめて紹介していきます。

スポンサーリンク

警備員の仕事内容・資格・給料・欠格事由・人手不足の理由

警備員は「工事現場や商業施設などの警備や人の警護を行ない、社会の安全や安心を守る」という役割を担っている職種です。

警備員の仕事内容

警備員は「施設や人混みを警備する人」というイメージが強いですが、実際には警備員が担当している業務はそのほかにもたくさんあります。

例えば、夜中の道路工事現場での交通誘導、ショッピングセンター内での施設案内、要人警護、機械式警備のメンテナンスなどがあり、同じ警備員でも担当する業務によって種類はさまざまです。

昔は「そこにいること」が警備員の最大の業務でしたが、今は「総合的なセキュリティサービスが行えること」が求められるようになっており、警備員にも、専門的な知識を持つことで、ステップアップできる環境が整ってきています。

警備員の仕事内容、資格、給料、欠格事由、人手不足の理由などについて、それぞれ紹介していきます。

警備員の仕事内容とは?

警備員の主な仕事は「施設内の警備や人の警護をすること」です。

道路工事現場で車や人を誘導する警備員、ショッピングセンターなどで見まわりをする警備員、祭りなどのイベントを警備をする警備員など、警備員にはさまざまな種類の仕事があります。

警備員の仕事内容

警備の仕事内容は「警備業法」という法律で定義されており、以下の4つの種類に分けられています。

  1. 住宅やビルなどの施設警備(1号警備)
  2. 工事現場の交通誘導警備・イベント時の雑踏警備(2号警備)
  3. 現金や貴金属などを警備する輸送警備(3号警備)
  4. 依頼者を警護する身辺警備(4号警備)

ここからは、それぞれの警備の仕事内容について紹介していきます。

施設警備(1号警備)

施設警備(1号警備)とは、ショッピングセンターやテーマパークや駐車場などの人が集まる場所、住宅やビルなどを警備する仕事です。

警備員と聞いて、多くの人がイメージするのが、この「施設警備(1号警備)」の仕事です。

このほかには、機械警備業務という深夜帯の警備や、休日に無人の建物をセンサーで監視する警備の仕事なども含まれます。

交通誘導警備・雑踏警備(2号警備)

交通誘導警備(2号警備)とは、工事現場で片側通行になっている道路や歩行者に危険が及ぶ場所で、交通整理や危険を回避するための警備をする仕事です。

雑踏警備(2号警備)とは、お祭りやイベントなどの局地的に人が集まる場所で、スムーズに通行ができるように誘導する警備の仕事です。

輸送警備(3号警備)

輸送警備(3号警備)とは、現金や貴金属などを輸送する際に、盗難や破損を防止するための警備の仕事です。

そのほかにも、核燃料などの、襲われると危険が大きいものの警備も含まれます。

身辺警備(4号警備)

身辺警備(4号警備)とは、依頼者の身辺を警護する警備の仕事です。

命や財産に危険のある人の身辺を警備し、安全を確保するのが主な仕事です。

警備員の仕事の流れ

警備員の仕事の流れは、以下のようになります。

「警備会社に仕事の依頼が入る」→「依頼の内容にあった人数の警備員を送り出す」→「警備員は与えられた業務を遂行する」

警備員の仕事内容

警備員の仕事内容は、依頼内容によって異なりますが、仕事の流れの大枠はこのような形になります。

警備員は会社に出社することはほとんどなく、基本的には自宅から現場に直行して、現場の勤務が終わったら、そのまま自宅に直帰するという働き方になります。

ちなみに、万が一事件や事故が起こった場合は、警察や消防署に速やかに通報することになります。

警備員の仕事のやりがい

警備員の仕事は、社会の安全を守るために、さまざまな場所で必要とされている仕事です。

法律で「各所に何人の警備員が必要」ということが定められているので、将来的に警備員の仕事がなくなるということは考えにくいです。

さらに、警備員には資格があり、複数の資格を取得することで、キャリアアップしていくことができます。

さらに、資格取得や経験を積み重ねることによって、隊長や指導員などの役職にステップアップしていくことも可能です。

再雇用などで、定年後も働ける環境を用意している警備会社も多いので、長く働けることも大きなメリットになります。

警備員に向いている人は「責任感と使命感がある人」です。

警備員になる方法

警備員になるために、必要な資格や特別な知識はほとんどありません。

警備員の仕事内容

警備会社に就職したら、会社の研修を受けてから現場に出ることになるので、警備員として仕事をするための知識は、入社後に身につけることができます。

多くの警備会社が採用活動に力を入れているので、未経験からでも十分にチャレンジできる仕事です。

警備員になるために資格は要らない

警備員になるために、特別な資格は必要ありません。

しかし、警備業法の中に、「新規に警備員を採用して現場に送り出す際には、所定の教育を受けさせないといけない」という規定があります。

そのため、警備会社に入社した全員が、規定のカリキュラムの教育を受ける必要があります。

このカリキュラムでは、護身具の扱い方、護身術、心肺蘇生、法令知識など学び、警備の基礎的な知識や技術を身につけることができます。

キャリアアップするための資格とは?

警備員としてキャリアアップするためには、警備に関する資格を取得することが必要です。

例えば、「施設警備検定」「空港保安警備検定」「交通誘導警備検定」「雑踏警備検定」「貴重品運搬検定」「核燃料運搬警備検定」などの資格があります。

これらの資格は講習や終了考査を受けたり、試験を受けたりすることで取得できます。

資格を取得し、現場で経験を積むことで、隊長や指導員や会社幹部などの、上の役職にキャリアアップするチャンスもあります。

さらに、将来的には、営業職や配置担当などの、ほかの職種にキャリアチェンジすることも可能です。

警備員の給料・年収は?

警備員の給料や年収は、雇用形態によって大きく異なります。

雇用形態には、警備会社に直接雇用されている正社員やアルバイト、人材派遣会社から派遣されている派遣社員などがあります。

警備員の仕事内容

正社員の警備員の場合は、月給制や年俸制が適用されている場合が多く、アルバイトの場合は時給ベースの給与形態になっている場合が多いです。

一般的には警備員の給料水準は低いといわており、警備員の平均年収は約300万円程度で、平均月給は約25万円、平均賞与は年間約25万円となっています。

年収の上下は、年齢とあまり関係がないので、年齢を重ねれば年収が上がっていくというわけではありません。

年収の上下に関係あるのは、警備会社の規模で、従業員1000人以上の会社と従業員10~99人の会社では、年収の差が100万円以上開くこともあります。

つまり、できるだけ大手の警備会社に就職したほうが、年収は上がりやすいということになります。 年収アップのために効果的なのは、資格の取得です。

現場によっては、「最低1人は有資格者を配置しないといけない」という規定が法律で定められていることがあり、その場合、有資格者の待遇は必然的に良くなります。

資格手当や労働単価を上げることが、収入アップの1番の近道だということです。

警備会社が人手不足になっている理由

警備会社の多くは、人手不足の状態が続いています。

人手不足の理由には、年配の人が多いこと、転職組が多いこと、離職率が高いことなど、さまざまな理由があります。

警備員の仕事内容

特に、「警備員の仕事はきつい」というイメージが強く、20代30代の若者から敬遠されていることが、人手不足の大きな理由となっています。

警備員の仕事はきつい?

警備員の仕事の大変な部分は「勤務時間の長さ」です。

警備員の仕事は業務の性質上、仕事を早く終わらせれば早く終わるというものではなく、指定された時間は絶対に現場にいなければいけません。

ですから、どうしても勤務時間が長くなってしまうのです。

実際に警備員の退職理由で多いのは「拘束時間の長さ」です。

しかし、勤務時間の長さで給料が決まることが多いので、稼ぎたい警備員は少しでも長く働きたいと考えています。

そのため、会社からの指示よりも長く働く警備員も多く、それが全体の勤務時間を長くしている原因になっています。

また、交通警備や雑踏警備の仕事のほとんどが、屋外での警備になるため、気温や天候に大きな影響を受けます。

真夏や真冬に、立ちっぱなしで仕事をするのがきついと思う人も多いです。

さらに、土日祝日や大型連休や年末年始などは、人が各所に集まりやすい時期なので、この時期は警備の仕事の依頼が増えて、多くの警備員は出勤しなければいけません。

「土日祝日や大型連休は休みたい」と思う方は、この部分がきつくなって、警備員を辞めていきます。

警備員になれない人は?【欠格事由】

警備員になるためには、特別な資格や経験、学歴も必要ありません。

しかし、警備業法には「警備員になれない人」が定められています。

警備員の仕事内容

警備業法に記載されている欠格事由に当てはまる人は、警備員になることはできません。

警備業法の欠格事由は8つあり、以下に一つでも当てはまる人は、どの警備会社の警備員にも就職することはできません。

  1. 成年被後見人、もしくは被保佐人又は破産者で復権を得ない者
  2. 過去に禁固以上の刑または警備業法の規定に違反し罰金刑となり、処分から5年以上経過していない者
  3. 直近5年間で警備業法に違反した者
  4. 集団・または常習的に警備業の規則に掲げる罪にあたる行為を行う恐れがある者
  5. 暴力団員と関わりがある者
  6. アルコールや麻薬をはじめとした薬物の中毒者
  7. 心身に障害を抱え、警備業務を正しく適切に行うのが難しい者
  8. 18歳未満の者

就職する警備会社の選び方

警備員は、担当する現場によって、仕事内容が違ってきます。

警備会社によって扱っている警備内容が異なり、施設警備、交通誘導、雑踏警備、ボディーガードなど、それぞれ得意としている警備があります。

自分がこれから「どのような警備をしたいのか?」「どれだけのお金を稼ぎたいのか?」「どんなキャリアプランを考えているのか?」などによって、就職する警備会社を選ぶ必要があります。

警備員としてキャリアアップするためには資格取得が必須になるので、そのような資格取得支援などの福利厚生が整っている会社かどうかも、就職先選びの重要なポイントになります。

まとめ

今回のまとめです。

  • 警備員の仕事は施設内の警備や人の警護をすること
  • 施設警備、交通誘導警備・雑踏警備、輸送警備、身辺警備に分けられる
  • 社会の安全を守るために警備員が必要
  • 責任感と使命感がある人に向いている仕事
  • 必要な資格や特別な知識はほぼない
  • キャリアアップには資格取得が必須
  • 平均年収は300万円程度
  • 従業員1000人以上の会社は年収が高くなる
  • 勤務時間の長さが離職率の高さに繋がっている
  • 土日祝日・大型連休は休めない
  • 警備員になれない人もいる
  • キャリアプランを立ててから就職先を選ぶべき

今回は、警備員の仕事内容、資格、給料、欠格事由、人手不足の理由などをまとめて紹介しました。

警備員の仕事のことがよくわからなかった方も、なんとなく警備員のことが理解できたのではないでしょうか?

どのような仕事にも良い部分と悪い部分がありますので、自分のキャリアプランを明確にしたうえで、警備員の仕事にチャレンジするべきかどうかを考えてみていただければと思います。

スポンサーリンク