自分にラベルを貼れるかどうかで転職後の市場価値は変わる

あなたは、自分にラベルが貼ってありますか?

いきなり、こんなことを言われても、多くの方は「ラベルって何?」と、なってしまうと思います。

ラベルとは、「あなたといえば ◯◯ ができる人」みたいなものです。

つまり、あなたの武器ですね。

たとえば、営業力といえば ◯◯さん、人脈の広さといえば ◯◯さん、アプリ開発といえば ◯◯さん、WEBサービスといえば ◯◯さん、経営コンサルといえば ◯◯さん。こんなふうに表現できるものです。

このラベルがないと、あなたは、その他大勢の人材の中に埋れてしまい、あなたの市場価値は、全く上がりません。

会社の中で、代替え可能な歯車の一つとして、一生働き続けるなら、自分にラベルはなくても構いません。でも、転職を考えているあなたは、そんな人生を求めていないはずです。人生100年時代といわれている世の中で、自分の市場価値を高めるために、キャリアアップを求めているはずです。それは、本当に素晴らしいことです。

では、自分のラベルは、どのようにつくればいいのか。それをここから解説していきます。

転職を成功させるための自分のラベルのつくり方

まずは、あなたが、これまでに経験してきた仕事や、身につけてきたスキル、そいういったものをかけ合わせていきます。

仕事内容なら営業、企画、経理、デザイン、設計、編集、プログラミング、マネジメントなど。業界経験ならWEB業界、動画業界、広告業界、印刷業、車業界、ロボット業界、AI業界、医療業界、アパレル業界、建設業界、飲食業界など。

仕事内容と業界経験をかけ合わせると、あなたの基本スキルのベースが、なんとなく見えてきます。「◯◯業界で、〇〇の経験を積んだ〇〇さん」くらいはできましたね。

たとえば、「WEB業界で営業経験が3年あるAさん」みたいな感じです。

ここからが重要なのですが、ここに、自分の付加価値をどんどん足していってください。

付加価値とは、あなたが他の人から上手だと言われることや、お客様からよく褒められること、普段の仕事で全くストレスを感じないこと、などです。

これらは、あなたの特徴であり、最大の武器であることが多いです。

たとえば、いつも明るくてポジティブ、的確なアドバイスをいつもくれる、話を聞くのがうまい、チームのモチベーションを高めるのが上手、文章を書くのが全く苦にならない、デザインなら1日中でもやっていられる、プレッシャーを全く感じない、効率化を考えるのが得意、レスポンスが早い、人脈が広くて色々な人を知っている、PC関係に詳しいとよくいわれる、などです。

どんなに小さいことでもいいので、とにかく書き出してみることです。

まわりから見たあなたの長所と、自分から見えるあなたの長所は、意外とズレていることも多く、自分の価値に気づいていない場合もあります。

特に、あなたが全くストレスを感じないことで、尚且つ、まわりから評価されていることは、あなたの最大の武器になります。

他の人ができないこと、もしくは、やりたくないことを、あなたはストレスなく、高いパフォーマンスでやり続けることができる。これは、需要と供給がバッチリハマっているということです。

つまり、あなたは替えのきかない存在だということです。

でも、中には、書き出してみたけど、目立った特徴やスキルが、全然出てこなかった、という方もいると思います。

そんな方は、「自分が手に入れたいラベル」を先につくればOKです。

将来こんな自分でいたい、将来こんなスキルを身につけたい、将来こんなラベルを貼っていたい、など。自分の理想が入った未完成の状態のラベルでOKです。

この時のポイントは、市場価値が今後も伸びるラベルかどうか、あなたにとってストレスがないラベルかどうか、です。この点を意識して、ラベルをつくっていきましょう。

ここまで、過去の経験やスキルに紐づいたラベルと、自分の理想のラベルのつくり方について、解説してきました。ここからは、このラベルを転職活動で、どのように生かすべきかを解説していきます。

自分のラベルがより強力になる転職先を選ぶ

ズバリ、あなたのラベルが、より強固になる転職先を選ぶことです。

これは、とてもシンプルです。「自分のラベルが、今よりも強力になるかどうか」、この判断軸をもとに、転職活動を行えばいいのです。

多くの方が、転職先を選ぶときに考えることとして、転職後の給料は上がるのか、待遇や福利厚生は充実しているのか、上場企業なのか、有名な会社なのか、などがあります。

でも、これだと、短期的な視点でしか、転職先を見ていないということになります。

転職は、あなたのマーケットバリューを高めるための手段です。

一時的な目先の利益に目を奪われてはいけません。

5年、10年、20年、30年、または、それ以上先の未来にいるあなたの市場価値が、上がり続けているかどうかが大事です。

市場価値が今後も伸びるか、あなたにとってストレスがないか。この2つの視点からつくった「あなたのラベル」が強固になることは、何よりも安全で安心な選択です。

雑念や雑音は排除して、シンプルに、この判断軸で転職先を選んでいきましょう。素晴らしい未来があなたを待っているはずですよ。それではまた。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめです。

  • 自分にラベルを貼れるかどうかで転職後の市場価値は変わる
  • 経験した仕事内容と業界を組み合わせてラベルをつくる
  • ラベルに自分の付加価値を足していく
  • ラベルがないなら、自分が欲しいラベルを先につくればいい
  • 転職先は、自分のラベルが、より強くなる会社を選ぶ

今回は、自分のラベルと市場価値について、お伝えしました。これからの時代は、会社に依存する働き方ではなく、あなた自身の個で、働く時代です。ですから、自分にラベルを貼って、自分の市場価値を高めるという思考は、とても大切だということですね。

これからも、転職活動のヒントが欲しいときや、人生をよりよくするための思考法が知りたいときに、このサイトを活用してもらえると、嬉しいです。これからもよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
関連キーワード
おすすめの記事