「就職が決まらない・・・」と悩んでいる方に向けてこの記事は書いています。

スポンサーリンク

就職が決まらない人の5つ特徴と解決策のまとめ

まわりの友達がどんどん就職先を決めていっているのに、自分だけ就職が決まらないと焦りますよね。

でも、焦って就職先を決めると失敗します。

就職が決まらない

「焦って就職して、入社1ヶ月で退職した」という人は結構います。

この人たちの退職理由の多くは「こんなはずじゃなかった」です。

結論からいうと、就職が決まらない人の特徴は、「自分の理解度が低いこと」と「志望企業にこだわりすぎていること」です。

今回は、就職が決まらない人の特徴と就職できるようにするための解決策までを解説していきたいと思います。3分くらいで読み終わるので、それではいきましょう。

就職が決まらない人は志望企業が少なすぎる

就職が決まらない人の多くは、志望企業の数が少ないです。

当たり前のことですが、志望企業が多いと、その分就職できる可能性も高くなりますよね。

大手上場企業や人気有名企業などにこだわっていると、なかなか就職できないことが多いです。

なぜなら、そのような会社には、一流大学の優秀な学生たちがたくさん応募しているからです。

たいした学歴や実績がない人が、そのような優秀な学生たちと肩を並べても勝てるわけがありません。

会社のブランドがあるとか、会社の知名度が高いとか、そういう理由で志望企業を決めていると、凡人の人たちはなかなか就職できません。

ですから、ブランドや知名度ではなく、自分のキャリアをしっかり考えて、自分に本当に合った会社を選ぶという思考が大切になります。

自分に合った会社を見つけるためには、志望企業を増やす必要があるということですね。

就職が決まらない人は自己PR文の完成度が低すぎる

就職が決まらない人の多くは、そもそも自分のことをよく理解できていません。

自分のことをよく理解できていない状態で書いた履歴書や職務経歴書の自己PR文は薄っぺらくなってしまいます。

仮に書類選考が通ったとしても、面接で自己PRを話すときに、中身のなさが応募先企業の採用担当者に伝わってしまいます。

なぜ、自己PR文が薄っぺらくなるかというと、自分のことを理解できていないからです。

本来、自己PR文というのは、自分の強みを理解していないとつくれません。

しかし、書類選考を通過するためや面接を合格するために、自分を良くみせるための自己PR文をつくっている人はたくさんいます。

背伸びしてつくった自己PR文で選考に臨むと、予期せぬ質問をされたときに、つじつまの合わない回答をしてしまうこともあります。

応募書類や面接で一貫性のある質疑応答をするためには、徹底的に自己分析して、自分の経験や特性を整理したうえで自己PR文をつくる必要があります。

徹底的に自己分析しておけば、面接でどんな質問をされても、常に一貫性のある回答ができますからね。

一貫性のある回答ができる人は、採用担当から信用されるので、内定を獲得しやすくなります。

就職が決まらないのは志望動機が明確じゃないから

就職が決まらない人の多くは、志望動機が明確になっていません。

就職が決まらない

書類選考や面接で、採用担当者が重要視するのは志望動機です。

学歴や経験が弱くても、志望動機が明確になっていれば、内定をもらえるチャンスは十分にあります。

志望動機とは、あなたがその企業を志望する理由です。

就職できない人の志望動機は、他社でも同じことが言える内容だったり、入社したい熱意があまり伝わらない内容だったりすることが多いですね。

採用担当に、「この人に会ってみたい!」「この人と一緒に働いてみたい!」と思ってもらえるような志望動機でないと、ほかの応募者に埋もれて選考で落ちてしまいます。

志望動機を明確にするためには、業界研究や企業研究を徹底的に行ない、その企業でなければいけない理由を自分の言葉で話せるようしておきましょう。

ポイントは内定をゴールにするのではなく、入社後に活躍している自分をゴールに設定して志望動機をつくることです。

「入社後は御社で毎月10件以上の契約を取れる営業マンになりたい」「御社で年間5000万円以上の売上を出せる営業マンになりたい」など、応募先に入社した後で、どのような人材になりたいのかを数字を含めて具体的に伝えられると、採用担当があなたを見る目も全然違ってきます。

就職が決まらない人は、採用担当者の立場で自分の志望動機を改めて見直してみてくださいね。

就職が決まらないのは軸がブレているから

就職が決まらない人の多くは、自分の仕事に対する軸がブレています。

たとえば、「どうのような職種に就きたいか?」「どのような働き方がしたいか?」「どのようなキャリアを歩んでいきたいか?」などが具体的に決まっているかどうかです。

これらの軸がブレていると、応募企業を選ぶのに苦労します。

「こっちの企業もよさそうだ」「あっちの企業もよさそうだ」と迷ってしまい、結局就職先が決まらないという状態になってしまいます。

軸がブレていることで、応募書類や面接の内容もブレてしまい、不採用になる可能性も高くなります。

自分の仕事の軸をつくるためには、自分を見つめ直すことが必須です。

現在の自分、大学生の自分、高校生の自分、中学生の自分、小学生の自分、就学前の自分をそれぞれ振り返って、自分がどんな人間かを深掘って分析していきましょう。

また、自分の長所や短所などを自分のまわりの人に聞いてみることも効果的です。客観的に自分がどう見られているかを知ることで、より自分に対する理解度も深まっていきます。

就職が決まらない原因はネガティブ思考

就職が決まらない人の多くは、ネガティブ思考になってしまっています。

ネガティブ思考になっていると、就職が決まりにくくなります。

なぜなら、面接時にネガティブ思考が前面に出てしまうからです。

ネガティブ思考のまま面接に行ってしまうと、たとえば、前職の退職理由を聞かれたときに、「賞与がないから」「残業が多いから」「仕事がつまらないから」などのネガティブ理由を言ってしまいます。

もちろん、これらが退職理由なのはわかりますが、ネガティブワードをそのまま面接で伝えてしまうと、「うちに来ても同じ理由で辞めてしまうのではないか?」と思われて、不採用になってしまいます。

就職が決まらない人は、「成果を出してもっと稼げる環境で働きたいから」「自分の市場価値を高められる環境で仕事がしたいから」などのポジティブワードに変換することが重要です。

ネガティブとポジティブは表裏一体なので、できるだけポジティブな言葉に変換したうえで面接に臨むようにしてくださいね。

就職が決まらなくても焦って就職先を決めてはいけない

まわりがどんどん就職先を決めていく中で、自分だけが就職先を決めれていないと、かなり焦りますよね。

でも、注意しないといけないのは、それで焦って就職先を決めない方がいいということです。

就職が決まらない

僕は20代をメインに転職サポートを行っていますが、「入社3ヶ月以内で退職した」という人がたくさんいます。

この人たちの退職理由は、「焦って就職先を決めたけど、やっぱり入ってみたら自分には向いてなかった」というのが1番多いです。

「まわりが就職するから自分も就職しないと!」と焦ってしまい、まわりの人と同じ4月から入社できる会社を必死で探した結果、自分の性格や職務適性に合っていない仕事に就いてしまい、すぐに辞めてしまうのです。

本当はスムーズに就職先が決まればいいのですが、「そもそも就職を考えていなかった」「納得できる企業が見つからなった」などの理由で就職できないこともあります。

昔は新卒で就職するのが一般的でしたが、今は「既卒歓迎」「第二新卒歓迎」という企業も増えており、「学校を卒業したタイミングで就職していないのは変だ」という考えも薄れてきています。

入社3年以内に退職する社員が増えて若手社員が足りなくなったこともあり、学校卒業後3年以内を新卒扱いする企業も増えてきています。

ですから、焦って自分に合っていない会社に就職してすぐに退職して履歴書に傷をつけるよりも、少し出遅れるかもしれませんが、自分のことを徹底的に理解して自分に合った就職先を探すほうが自分のためになります。

一番大変なのは、焦って就職した会社を1~3ヶ月で退職した理由を次の応募先に伝えることです。

一般的には短期離職をする人のイメージは「計画性がない人」「嫌なことがあったらすぐに辞める人」というのが強いので、書類選考の時点で不利になる可能性が高いです。

ですから、就職が決まらなくても、焦って軽率な行動をとらないことが重要ですね。

もう無理だと思ったら転職エージェントに相談しよう

「もう無理だ。このままだと就職できないかもしれない・・・」と思う方は、転職エージェントに相談しましょう。

就職が決まらない

就職活動は孤独ですし、一人だと不安ですよね。

一人だと、自己分析をしたり、自分に向いている仕事を見つけたりするのは結構難しいと思います。

そんな時に力を貸してくれるのが「転職エージェント」です。

転職エージェントは、転職するときだけではなく、新卒の学生に対しても就職のサポートを行っています。

就職で失敗したくないと思うなら、一度就職のプロである転職エージェントに相談してみるのも一つの手段ですね。

自己PR文や志望動機のつくり方、面接の対策までサポートしてくれるので、初めての方でも安心して就職活動に取り組むことができます。

「一人だと就職できるか自信がない」という方は、ぜひ転職エージェントに相談してみてくださいね。無料で利用できますよ。

まとめ

今回のまとめです。

  • 就職が決まらない人は志望企業が少なすぎる
  • 就職が決まらない人は自己PR文の完成度が低すぎる
  • 就職が決まらないのは志望動機が明確じゃないから
  • 就職が決まらないのは軸がブレているから
  • 就職が決まらない原因はネガティブ思考
  • 就職が決まらなくても焦って就職先を決めてはいけない
  • もう無理だと思ったら転職エージェントに相談しよう

就職が決まらない人の特徴と解決策をまとめて紹介しました。

就職が決まらない人の5つの特徴に当てはまる人は、ぜひ今回の内容を参考にして改善していってくださいね。

一人では無理だと思ったら、無料で利用できる転職エージェントにとりあえず登録してみるのがおすすめですよ。

スポンサーリンク