今後の自分のキャリアについて考えている方からの相談で「自分を知るために効果的な方法が知りたいのですが、良い方法はありますか?」という相談をされることが増えてきています。

結論からいうと、自分を知るのに効果的な方法はマインドフルネス式呼吸を実践することです。

ということで、今回は今後のキャリア設計を考えている方向けに「自分を知るのに効果的な方法」について話していきたいと思います。

スポンサーリンク

自分を知るのに効果的な方法はマインドフルネス式呼吸

多くの方が普段は社会の荒波に揉まれながら仕事をしているので、いつの間にか自分のことがよくわからなくなり、これからの将来自分はどのようなキャリアを進むべきかが見えなくなってしまっています。

自分の将来のキャリア設計を考えるときに「自分はどんな人間なのか」「自分はこれから何がしたいのか」「自分はどう生きていきたいのか」などの自分を知ることができていないと今後のキャリアを決めることはなかなか難しいものです。

このような方は自分を知ることから始めなければいけません。まずは自分がどのような人間なのかを知ることで将来のキャリアの設計もしやすくなります。

自分を知るのに効果的な方法がマインドフルネス式呼吸を実践することです。

マインドフルネスとはいったい何でしょうか?

マインドフルネスとは海外の一流企業であるグーグル、マッキンゼー、フェイスブック、インテルなどが導入しているということからも話題になっている取り組みで、日本でいう「瞑想」に近いものです。アップルのスティーブ・ジョブズが日常的にこの瞑想をしていたのは有名な話です。

普段の生活の中にマインドフルネスを取り入れることでいまの自分に集中することができるようになります。

この「いまの自分に集中すること」が自分を知ることに繋がっていきます。

ここからは実際にマインドフルネスを取り入れてどのように自分を知るのかについて解説していきます。

自分を知る効果的な方法は呼吸に集中すること

マインドフルネスを実践することに対して、グーグルやフェイスブックなどの世界の有名企業で導入していると聞くと自分にはハードルが高いのではないかと思うかもしれませんが、これは誰にでもできることなので大丈夫です。

マインドフルネスの重要なポイントは「無の状態になること」です。

無の状態とは頭の中を空っぽにして何も考えずに今の自分に集中している状態です。

つまり、今そこに存在しているありのままの自分を受け入れている状態のことです。

無の状態になるためには特別なことをする必要はなく、自分の呼吸に集中するだけでいいです。

普段、生活をしているとあらゆる情報がさまざまなところから入ってくるので、頭の中には常に色々な情報があってごちゃごちゃになってしまっています。

呼吸に集中して頭の中をいったん空っぽにすることで、頭の中が整理されていきます。

頭の中が整理されると自分の本質がはっきりと見えてくるようになり、自分を知ることができます。

自分を知るための1番簡単な方法として、まずは自分の呼吸に集中することから始めていきましょう。

ここからは自分を知るのに効果的な呼吸方法についてのポイントを紹介していきます。

スポンサーリンク

自分を知るのに効果的な呼吸方法とは?

マインドフルネスや瞑想の呼吸方法と聞いて多くの方がイメージするのは「あぐらをかいて背筋を伸ばして両手を足の上で組む、というポーズだと思います。

結論をいうと、自分を知るための呼吸方法はどのような姿勢でおこなっても構いません。

大切なポイントは「自分が今に集中できるポーズかどうかだけ」です。

たとえば、目を閉じて深呼吸をするだけで頭の中が空っぽになり、今に集中できるならそれだけでOKです。もっと言うと、今に集中できるなら目を開けていても大丈夫です。

ただし、目を開けたままだと視界からさまざまな情報が入ってきてしまうので、どうしても頭の中の邪念が消せないことが多いです。

ですから、マインドフルネスや瞑想が初心者の方は目を閉じて深呼吸することをオススメします。

呼吸の具体的な方法としては、自分の呼吸に意識を集中して2〜3分間の呼吸を続けてください。

まずは、この習慣を身につけることから始めれば大丈夫です。1日2〜3分の呼吸に集中するだけでいいなら誰にでも簡単にできますよね。

これを何度も繰り返していくうちに、だんだんと頭の中がクリアになって自分のやるべきことが明確になっていきます。これによって「自分を知る」という目的を達成することができるようになるのです。

1日に2〜3分の時間をつくるだけなら、お風呂に入っている時間、仕事の休憩中の時間、寝る前のちょっとした時間などの日常の中にある細切れの時間を使えば簡単にできます。

自分のことを知りたいと思っている方は、その第一歩としてこちらの呼吸法を生活の中に取り入れて、1週間、1ヶ月、1年と継続することによって徐々に自分を知ることができるようになるでしょう。

まとめ

今回のまとめです。

  • 自分を知るのに効果的な方法はマインドフルネス
  • マインドフルネスとはいまの自分に集中すること
  • いまの自分に集中するために自分の呼吸に集中する
  • 目を閉じて2〜3分間の自分の呼吸に集中する
  • 自分の呼吸に集中すると頭が空っぽになり頭の中が整理される
  • 頭の中が整理されると自分がやるべきことが明確になる
  • 1日に2〜3分を呼吸に集中することで自分を知ることにつながる

今回は「自分を知るのに効果的な方法」について紹介しました。自分を知るためには自己分析は効果的な方法ですが、自己分析とは違う観点から自分を知る方法として今回紹介したマインドフルネス式の呼吸法を取り入れることで、より自分を知ることにつながるということですね。

このサイトでは自分を変える思考法をまとめてありますので、自分のことをもっと知りたい方や人生を変えたい方はぜひほかのコンテンツもご覧ください。これからもよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事