あなたは今、自分が勤めている会社をブラック企業だと思いますか?

ブラック企業だと思うなら、秒でその会社を辞めるべきです。

これだけ、企業の人手不足の問題が騒がれているのに、ブラック企業で時間を浪費しているのはもったいないです。あなたが今、20代であれば、未経験でも受け入れてくれる企業は山ほどあり、その中には、ホワイト企業も多いのです。

だから、ブラック企業はさっさと辞めてしまいましょう。どちらにせよ、そのうちブラック企業は日本からなくなります。今回は、働き方改革とブラック企業について、話していきたいと思います。

スポンサーリンク

【働き方改革】ブラック企業だと思ったら秒で辞めた方がいい

2019年4月から、働き方改革に関連する法案の運用が開始されました。これで何が変わったかというと、大きなところでは、有給取得の義務化が、最低5日以上になったことです。

皆さんは、これまで有給を取得してきましたか?

ちなみに、私のまわりには、有給を取っている人は、ほとんどいません。特に、日本人は有給を1日も取らずに、1年また1年と、会社のために、せっせと働いている人が多いです。さらに、休日出勤やサービス残業までして、頑張る人たちも、たくさんいます。まさに、ブラック企業の働き方です。

私も若い頃は、「働くことが美徳だ」という、会社の風潮に巻き込まれて、有給はもちろん取らずに、毎日サービス残業、休日出勤も日常茶飯事の状態で、せっせと働いていました。今では、他人である経営者のために、自分の大切な時間を使って働くことが、いかにバカらしいことがわかったので、絶対にそんなことはしません。

でも、会社の同調圧力に負けて、有給が取れない方や、サービス残業を強いられる方はたくさんいらっしゃいます。それによって、うつ病になったり、会社に行けなくなったり、という問題が後を絶たないので、国が法律を作ったわけです。

「この法律を守れない会社には罰則が科せられる」ということなので、必ず有給取得を5日取らなければいけないということです。

これは、上司も部下も同じで、社員全員なので、結果的に、経営者以外は、皆ハッピーなのではないでしょうか。

これからは、皆さん、堂々と有給を取得していきましょう。

もし、有給が取れないような会社は、法律違反のブラック中の超ブラック企業なので、そんな会社は秒で辞めるべきです。

法律を無視して、従業員にブラックな働き方を強制する会社の経営者は、最悪の場合、捕まります。そして、その会社は潰れます。どちらにせよ、会社から出ていくことになるなら、早く行動した方が良いです。

今、働いている会社が、ブラック企業だと思ったら、そこはさっさと辞めて、ホワイト企業に転職しましょう。今は人材不足で、どこの会社も人手を欲しがっています。我慢して、ストレスのかかる会社にいる必要はないので、高待遇でホワイトな働き方ができる会社を探しましょう。

特に、あなたが20代なら、業界や職種の経験がなくても、受け入れてくれる会社はたくさんあります。

未経験から、これから市場が拡大しそうな業界に、チャレンジすることもできるのです。優良企業で新しいキャリアをスタートさせて、自分の可能性を広げていきましょう。

残業の罰則付き上限は原則月45時間以内

有給取得の義務化に追加して、重要なのが残業の罰則付き上限規制ができたことです。

今までは、ほとんどの会社が、みなし残業という形で、特に規制は設けられておらず、何時間でも残業していいという風潮でした。

この規制ができたことで、残業上限は原則で月45時間以内、年間360時間以内となりました。

ただし、繁忙期は100時間未満という例外も、一応認められてはいますが、この100時間というのは決まりなので、これ以上働かせされている場合は、規則違反です。

もしあなたの残業時間がこれらを上回っているなら、その会社は1日でも早く辞めた方が良いでしょう。有給の取得ができない会社と同じように、会社の経営者が捕まって会社が潰れる可能性があります。

ブラック企業は即退職して、今後伸びるマーケットに転職した方がいいと思います。

スポンサーリンク

ブラック企業を辞めた後にオススメの転職先とは?

転職活動をする時に大切なことは何か?

自分の好きなことを選ぶ、自分の得意な仕事を選ぶ、人気の企業を選ぶ、大手の上場企業を選ぶ、これは全部違います。

このような考え方で転職をしてはいけません。

転職活動で大切なのはこれから伸びるマーケットの中にある会社を見つけるということです。

あなたは転職するマーケットを慎重に選ばなければいけません。

自分の市場価値を高められるマーケットを選ぶ

転職するマーケットを何となくで選んではいけません。

たとえば、これだけネットが普及しているのに印刷会社に就職したら、なかなか大変な未来が待っています。

今は書類を使わなくなり、データでのやり取りが主流なので、従来の印刷会社は衰退傾向にあります。

市場やニーズが縮小する中でキャリアを積んでいっても、マーケットはあなたを必要としません。

衰退業界にいると、近い将来に仕事を失うリスクがあります。

だから今後伸びるマーケットを見つけて、その分野で仕事をすることで、自分の市場価値を上げ続ける必要があるのです。

スポンサーリンク

伸びるマーケットを見つける方法

伸びるマーケットの中にいる会社は、転職当初は給料が少ないかもしれませんが、長い目で見た時に確実にあなたのプラスになります。

働き方改革 ブラック企業

もちろん給料の面でも長期でキャリアを見た時には、生涯年収に大きなプラスを与えるでしょう。

伸びるマーケットを見つけるポイントは2つあります。

伸びるマーケットには複数のベンチャー企業が参入している

伸びるマーケットの特徴の一つ目は、その業界に複数のベンチャー企業が参入していて、各社の業績が伸びているかどうかです。

利益が出ていたとしても業界に競合の数が少なかったり、他に伸びている企業がない場合は、すでに業界が衰退している可能性があります。

伸びているマーケットには複数のベンチャー企業が必ず参入していて、各社がそれぞれ、利益を必ず出しているのです。

1社だけでなく業界全体が伸びているということが、そのマーケットが今後も伸びる保証になります。

伸びるマーケットのサービスは既存業界の非効率を突いている

2つ目のポイントは、そのサービスが既存業界の非効率を突いているかどうかです。

業界では常識とされていた非効率なことが、そのサービスによって改善されているかどうか。

世の中でイノベーションが起こるときは、このような常識や当たり前の中の非効率を突いたところから生まれることが多いのです。

一般論ではなく「理屈で考えたらそれは正しい」と思えるものであれば、これから市場が伸びる可能性は十分にあります。

転職を考えているなら常識は捨てて、純粋にそのサービスと向き合い、世の中がどう良くなるかを真剣に考えてください。

心の底から素晴らしいサービスだと思えるなら、転職先としてその会社は間違っていないということです。

逆に少しでも違和感があるなら、その会社に転職するのはやめておいたほうがいいでしょう。

入社後に感じる違和感は、入社前とは比較にならないほど大きいものです。遅かれ早かれあなたがその会社を去ることは確実です。

転職するなら自分が信じられるサービスを提供している会社で、これから伸びるマーケットで戦っている会社にするべきです。

ぜひ戦略的に転職活動してくださいね。

まとめ

今回のまとめです。

  • ブラック企業だと思ったら、秒で会社を辞めた方がいい
  • 有給休暇の義務化が、最低5日以上になった
  • 残業上限は原則で月45時間以内、年間360時間以内になった
  • 20代なら未経験でも受け入れてくれるホワイト企業がたくさんある
  • 今後伸びるマーケットを選んで自分の市場価値を高める

今回は、働き方改革とブラック企業について、お話ししました。働き方改革に関する法案の運用は、すでに開始されていますが、メディアでの取り上げ方がイマイチで、世の中への浸透が弱いので、もっと多くの人に情報が届くように、今回、ピックアップしました。

現在の求人市場は、超売り手市場です。ブラック企業はもちろん、働きにくい会社やストレスのかかる会社で働いているのなら、さっさと転職した方が良いです。特に、20代はどこの企業も欲しがっています。

福利厚生が充実していて、給料もしっかり出してくれるホワイト企業は、探せばいくらでもありますので、今の会社がブラック企業だと思ったら、諦めずに、転職への一歩を踏み出してみるのをオススメします。

スポンサーリンク