「自分に合ったキャリア戦略をつくりたい」

「自分に合った職業を見つけたい」

このような方に向けて記事を書いています。

結論からいうと、自分に合ったキャリア戦略をつくるためには、自分の宝物が何かを知っておく必要があります。

自分の宝物とは自分の特徴のことです。最適なキャリア戦略をつくるためには、この自分の特徴を強みに変えられる場所を探さないといけないのです。

今回はこの部分について話していきたいと思います。3分で読み終わりますので、それではいきましょう。

スポンサーリンク

自分の特徴が強みに変わる場所が最適なキャリア戦略になる理由

あなたの宝物は何ですか?

この質問に対して、明確な答えを持っている人はほとんどいません。

自分の特徴

日本人の多くが、他人と比べる人生を生きており、優越感や劣等感に振り回されて生きています。

優越感や劣等感があると、自分の宝物を見えにくくなります。だから、ほとんどの人は「自分の宝物が何か?」を知らないのです。

つまり、自分の宝物が何かをわかっていないと、最適なキャリア戦略もつくれないということです。

では、自分の宝物を知るためにはどうすればいいのでしょうか?

まずは、自分を肯定するところから始めてみましょう。

自分を肯定すると自分の宝物が見えてくる

あなたが仮に22歳だとすると、22年間も生きてこれたわけですから、本当はそれだけでもすごいことなのです。

日本人の場合、この世に誕生した後で22歳まで生きれる確率は99%なので、100人に1人は生きられないということになります。まずは、この事実に自分を褒めてあげてください。

さらにその後、大学に行って就活をしているのなら、大学教育を受けられるのが47%なので、あなたは半分以下の中に入っているということです。これもすごいことです。

このように、他人と比較すると小さなことに思えるかもしれない自分の強みを、自分自身でしっかり把握していきましょう。

成功は自分の強みからしか生まれません。自分の弱みからは成功は生まれないのです。

ですから、まずは自分を肯定して、自分の中にある宝物を見つけるという作業から始めていきましょう。

キャリア戦略とは、その人の目的の達成のために、その人がもつ特徴(宝物)を認識して、その特徴が強みに変わる場所で、勝ち進むための道筋を考えることです。

自分の市場価値を高めるには宝物を磨くしかない

あなたが労働市場において、自分の市場価値を高めたいと考えているなら、自分の宝物を磨いていくしかありません。

自分の宝物を磨くことよりも、ほかにやりたいことがあれば別ですが、そうでなければ、自分の宝物を磨き続けるという選択をするのがおすすめです。

どうしても市場価値を考える場合、社会での相対評価となりますので、他者との競争があります。社会とは相対評価の世界なので、そこで勝ち残らないといけないということですね。

しかしながら、そもそも宝物に気付いていない人が大半なので、自分の宝物を知っている時点で有利にはなります。

しっかりと時間をかけて自分の宝物を見つけ出し、その宝物を生涯かけて磨き続けるという働き方をするのがおすすめです。

スポンサーリンク

会社と結婚せずに職能と結婚するべき理由

会社に所属して働く場合に重要な考え方として、「会社と結婚せずに職能と結婚する」という考え方があります。

自分の特徴

どういうことかというと、会社に依存するのではなく、自分自身のスキルに依存したキャリアをつくることが大事ということです。

「就職」という言葉は、職業に就くと書きますよね?

会社に就くとは書きません。

つまり、会社は職能を身につけるための手段でしかないということですね。

今の時代、一生安泰といわれていた大手企業でさえ、早期退職者を募る時代です。これは実質的なリストラです。

このように企業は、大幅なリストラ施策、突然の倒産、企業買収など、いつどうなるかわかりません。会社に所属していても安心はできないということです。

このような時代には、自分自身のスキルに依存した働き方をするのが最も安心です。スキルは相対的に考えて、最も持続可能な個人財産になるのです。

スキルはアップデートを怠らなければ、永続的に高い価値を維持できるものなので、スキルに対して時間を投資するのはコスパが高いです。

どこに勤務しているかより何のスキルを持っているかが重要

仕事がAIに奪われるのではないか?という不安を抱えている人がいますが、これは中途半端なスキルしか持っていない人か、そもそもスキルを持っていない人が思うことです。

市場価値の高いスキルを持っている人は、AIが導入されたとしても仕事を奪われることはありません。

将来的に仕事がなくなる可能性が高いのは、会社の看板がないと仕事ができない人、会社の外に出ても通用するスキルを持っていない人、便利に使われている人です。

「〇〇会社に勤めている」ことを自慢するのではなく、「〇〇のスキルを持っている」ことを武器にできる人材になることが重要です。

人間の時間・精神・体力には上限があるので、これらの限られた資源をどこに投資するかで人生は決まります。

あなたの大切な時間をどのようにつかうのかを考えてみてください。

自分のスキルを磨くために時間をつかうのか、会社の言いなりになって働くために時間をつかうのか。

あなたはどちらの人生を選びますか?

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめです。

  • 自分の特徴が強みに変わる場所が最適なキャリア戦略になる
  • キャリア戦略をつくるためには自分の宝物を知るべき
  • 自分の宝物とは自分の特徴のことである
  • 自分を肯定すると自分の宝物が見えてくる
  • 自分の市場価値を高めるには宝物を磨くしかない
  • 会社と結婚せずに職能と結婚するべき
  • どこに勤務しているかより何のスキルを持っているかが重要

今回は「自分の特徴が強みに変わる場所が最適なキャリア戦略になる」について話しました。

自分のキャリア戦略を考えるうえで、自分の宝物は何かを知り、その宝物を磨き続けられる環境を選ぶというのがめちゃくちゃ重要です。

会社に所属していることが安定だった時代が終わり、自分だけのスキルを身につけていることが安定になる時代になりました。

あなたはどんな宝物を磨いていきますか?

スポンサーリンク