「仕事選びで失敗したくない…」

「就職先をどこにするべきか迷っている…」

この記事はこのような方に向けて書いています。

結論からいうと、向き不向きで仕事を選ばないと失敗します。

その理由は、自分に不向きな仕事だと自分の特徴が裏目に出てしまい、成果が出せないことによって仕事への情熱が湧いてこないからです。

今回はこの部分を話していきますね。3分で読み終わるので、それではいきましょう。

スポンサーリンク

向き不向きで仕事を選ばないと失敗する理由

まず第一に「あなたのキャリアには正解がたくさんある」ということを理解しておいてください。

キャリア戦略には、職能の選択や就職する会社の選択がありますが、この選択のほとんどが正解です。

正解はひとつではないので、むしろ不正解を見つける方が難しいのです。

キャリア戦略をつくるためには、あなたの特徴を活かせる仕事を見つけるのが重要です。しかし、あなたの特徴を活かせる仕事はひとつではありません。

例えば、行動力があるという特徴を持つ人は、どんな職業についても特徴を活かすことができますよね。考えることが得意という特徴を持つ人は、考えない職業や考えることで不利益を被るような職業を選ばない限り、特徴を活かすことができます。

不正解になる仕事選びとは、自分にとって決定的に不向きな仕事を選ぶことなのです。

決定的に不向きな仕事に就いてしまうと、自分の特徴が仕事で裏目に出てしまいます。特徴が裏目に出てしまうわけですから、当然成果を出すこともできません。

こうなってしまうと、仕事に対する情熱がどうしても湧いてこなくなってしまいます。そして、しばらくすると離職してしまうのです。

自分に不向きな仕事を選んでしまうのは自己分析不足

ほとんどの仕事選びが正解なのに、なぜ不正解の仕事を選んでしまう人がいるのでしょうか?

その理由は「自己分析不足」です。自己分析をしていない人は自分の特徴をしっかりと理解していないので、仕事をやってみてから自分がその仕事に向いていないことに気がつきます。

「こんなはずじゃなかった…」となります。しかし、こんなはずじゃなかったのは企業ではなく、自分自身です。

自分が自分自身のことを間違って認識していたがために、自分の特徴を活かせない仕事を選んでしまったということですね。

自分に不向きな仕事を回避するためには「自己分析」は必須です。自己分析さえやっていれば、決定的に不向きな仕事に就く可能性はかなり低くなります。

自己分析に加えて、企業分析もやっていれば、さらに不向きな仕事に就く可能性は低くなりますね。

スポンサーリンク

面接で自分の向き不向きを伝えればミスマッチを回避できる

「こんなはずじゃなかった…」とならないためにおすすめなのが、面接で自分の向き不向きを伝えておくことです。

企業側も採用コストがかかっていますので、自社にミスマッチの人材を採用するのは避けたいと思っているはずです。面接であなたの向き不向きを伝えておけば、向いていない企業に採用されるリスクを下げることができます。

あなたは面接でどのような自分を演じていますか?

内定を獲得するために、面接用の別人格をつくって面接に臨む人がいますが、これだと自分に不向きな仕事を選んでしまう可能性が高くなります。

たとえ内定を獲得できても、入社後に自分の特徴を活かせないことがわかり、離職につながってしまいます。

面接で無理をすればするほど、入社後に破綻しやすくなるということですね。

内定がほしい気持ちはわかりますが、あなたの強みで勝負して内定をもらえないなら、その会社はあなたに合っていないということです。

会社側は人材を選びますが、人材側も会社を選ぶということを忘れてはいけません。本来、雇う側も雇われる側も対等な関係なのです。

就職先は大吉を狙わずに小吉を狙えばいい

就職先を選ぶときに、自分の特徴をめちゃくちゃ活かせて大成功できるような大吉の職場を狙おうとする人がいますが、これだと失敗しやすいです。

就職先選びで失敗しないコツは、大吉を狙わずに小吉を狙えばいいと考えることです。

大正解や大吉を引こうとするのではなく、大凶や凶を選ばなければいいというスタンスで就職先を選べば失敗しにくくなります。

どんな会社もあなたに大正解や大吉を約束することはできません。入社はただのスタートです。どんな会社に入っても自分の弱みを露見することはありますし、失敗することもあります。

また、どこの会社にもライバルや嫌な人間というのは存在します。大事なのは、その中でも自分の特徴を磨き続けるという覚悟です。

小吉くらいの職場でも自分の特徴を必死で磨き続ければ、大成功することもできるのです。

さて、あなたはどんな仕事を選びますか?

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめです。

  • 就職先選びの正解が一つじゃないことを理解する
  • 自分にとって決定的に不向きな仕事を選ばない
  • 自分の特徴を活かせる仕事を探す
  • 特徴を知るために十分な自己分析をする
  • 面接で自分の向き不向きを伝える
  • 大吉の就職先を狙わない
  • 大凶や凶にならない就職先を選ぶ
  • 入社後に自分の特徴を磨き続ける覚悟をもつ

今回は「向き不向きで仕事を選ばないと失敗する理由」について解説しました。

ぜひ上記の項目を実践していただき、あなたの特徴を活かせる仕事を見つけてくださいね。

あなたはどんな仕事にチャレンジしますか?

スポンサーリンク