「フリーターをこのまま続けていいのか迷っている」

「就職しないといけないのはわかっているけど行動ができない」

「なんとなく将来に不安を感じている」

このようなお悩みを抱えるフリーターの方に向けて記事を書いています。

結論からいうと、24歳までにフリーターをやめないと正社員就職が難しくなります

その理由は、中途採用の正社員求人には「正社員経験1年以上」などの正社員経験を応募条件にしている会社があるからです。

今回はこの部分について話していきたいと思います。3分で読み終わるので、それではいきましょう。

スポンサーリンク

24歳までにフリーターをやめないと正社員就職が難しくなる理由

あなたは現在フリーターとして生活をしていますか?

フリーターとして生活することは悪いわけではありませんが、もし将来的に正社員での就職を考えているなら、できるだけ早く就職活動を始めることをおすすめします。

フリーターの就職

目安としては、24歳までにはフリーターをやめて正社員に就職したほうがいいです。

その理由は、中途採用の場合、20代後半になってくると経験が求められることが多くなりますし、未経験を受け入れている会社でも正社員経験を求められることが多くなるからです。

僕は20代向けに転職のサポートをしていますが、24歳以上でフリーター経験しかないと、紹介できる企業は本当に限られてしまいます。

フリーターを続けている理由に、企業が納得できるような明確な理由があればいいのですが、大半の人は「就職するのが嫌で、なんとなくフリーターを続けている状態」です。

この状態だと面接で「フリーターを続けていた理由は?」と質問された時に答えに詰まってしまい、落選しやすくなります。年齢を重ねれば重ねるほど落選する確率は高くなっていきます。

企業側はフリーター暦が長い人を採用したがらない

採用する企業側からすると、20代半ばにもなって、基本的なビジネスマナーが身についていない人や何のスキルもない人を採用するのは嫌なのです。

なぜなら、採用後に社会人としてイチから教育しないといけないので、企業側に大きな負担がかかるからです。

フリーターは正社員と比べて責任感がないので、「急に休むのではないか?」「責任を持って仕事をしてくれるのか?」「規則的な働き方ができるのか?」などの懸念を企業側に与えてしまいます。

ですから、同じアルバイト先で何年働き続けても「継続力がある人」というポジティブイメージではなく、「責任感がない状態で働き続けた人」というネガティブイメージのほうが強くなってしまうのです。

正社員として働いている人とフリーターとして働いている人とでは、社会人に対する価値観がまったく違ってきます。この価値観のズレを企業側は嫌がるのです。

たとえば、正社員はそんなに簡単に仕事を休めないけど、フリーターは簡単に仕事を休むことができる。正社員は仕事が終わらないと帰れないけど、フリーターは仕事が途中でも時間がきたら帰ってもいい。

このような点から、企業はフリーター歴が長い人を採用したがらないのです。

スポンサーリンク

22歳までのフリーターならまだ正社員就職もしやすい

フリーター生活をしている人でも、年齢が22歳までなら、まだ正社員就職はしやすいです。ギリギリセーフという感じですね。

その理由は、大学生の新卒社員が22歳のタイミングで入社してくるので、22歳までのフリーターなら新卒社員と比較されることになるからです。

フリーターの就職

新卒社員とフリーター上がりの社員はほとんど変わらないので、企業側は「まぁ、22歳なら仕方ないよね」ということで、多少のことは多めにみてくれるからです。

23歳は入社1年目の社員と比較され、24歳なら入社2年目の社員と比較され、25歳なら入社3年目の社員と比較されることになります。

つまり、歳を取れば取るほど、キャリアの長い社員と比較されるようになり、社会人としてのビジネススキルに差が開くので、内定をもらうことも難しくなります。

また、たとえ運良く入社できても、その後の昇進や出世は絶望的なのです。

フリーターは1日でも早く正社員として働くべき

フリーターの人が人生を立て直すためには、1日でも早く正社員として就職することが必須です。

こごで話したように年齢を重ねれば重ねるほど、未経験からの正社員就職の成功確率は下がっていきます。

経験もスキルもない未経験フリーターの人が人生を立て直すためには、とにかく早く正社員としてのキャリアをスタートさせることがおすすめです。

ほかにどうしてもやりたいことがあって、仕方なくフリーターを続けているという人もいると思いますが、それ以外の理由でフリーターを続けている人は速攻でフリーターを辞めるべきです。

仕方なくフリーターを続けている人の場合でも、将来の自分のために役に立たないアルバイトをしている人はすぐに辞めたほうがいいです。

人間に与えられた時間は限られています。1日24時間しかありません。重要なのはこの時間に「何をどれだけやるか?」です。

人生の中で仕事をしている時間は3分の1くらいです。人によっては人生の半分以上を仕事に捧げている人もいます。

大切なのは、あなたの限られた時間が、あなたの目標を達成するためにつかわれているかどうかです。

食べていくための仕事をライスワーク、人生を豊かにするための仕事をライフワークと呼びますが、ここで重要視するのはライフワークということです。

フリーター生活から抜け出したいと考えているなら、とにかく1日でも早く正社員として就職する方法を探しましょう。

スポンサーリンク

1人での就職が不安なら転職エージェントを利用すればいい

フリーター生活を続けている人の中には「就職活動をしたことがない…」という方も多いと思います。

就職活動では、履歴書や職務経歴書を準備したり、企業に応募したり、面接日程を調整したり、電話やメールをしたり。やることがたくさんあります。

フリーターの就職

それに加えて「自分に合った会社の求人を探す」という果てしない作業が発生します。

日本には420万社の会社があり、それぞれの会社に複数の職種が存在します。そのすべての求人を確認するのは現実的に不可能です。

さらに、その中で自分に合う求人を探すことは至難の技です。

これを就職活動初心者のあなたにできますか?

おそらく、ほとんどの方は1人で就職活動するのは不安だと思います。

では、そんな人たちはどうすればいいかというと、転職エージェントに登録すればいいのです。

転職エージェントはフリーターにどんな可能性があるかを教えてくれる

転職エージェントとは、求職者と求人を募集する企業の仲介をしてくれるところです。

どんなことをしてくれるのかというと、求職者の要望や特徴をヒアリングして、求職者に合った求人を見つけてくれます。さらに、書類応募や面接調整、面接対策まで手厚くサポートしてくれます。

転職エージェントは求職者を企業に入社させることで、企業から紹介料をもらっているので、何とか求職者を入社まで持っていけるように努力してくれます。

フリーターの人でも受け入れてくれる転職エージェントはたくさんありますし、求職者側は無料で利用できるサービスなので、とりあえず登録してみるのがおすすめです。

登録すると、担当の転職アドバイザーが転職相談に乗ってくれたり、求人を紹介してくれたりするので、まずは自分にどんな可能性があるのかを知るための第一歩になります。

20代をフリーターとして過ごすのか、24歳までに正社員としてのキャリアをスタートさせるのか。選ぶのはあなたです。どちらが正解とか不正解とかはありません。

あなたはどんな人生を選びますか?

まとめ

今回のまとめです。

  • 24歳までにフリーターをやめないと正社員就職が難しくなる
  • 企業側はフリーター暦が長い人を採用したがらない
  • 22歳までのフリーターならまだ正社員就職もしやすい
  • フリーターは1日でも早く正社員として働くべき
  • 1人での就職が不安なら転職エージェントを利用すればいい
  • 転職エージェントはフリーターにどんな可能性があるかを教えてくれる

今回は「24歳までにフリーターをやめないと正社員就職が難しくなる理由」について話しました。

フリーターを続けている人には耳の痛い話かもしれませんが、24歳までに正社員にならないと正社員としての就職が難しくなるのが現実です。

もちろん、仕事を選ばなければ正社員として就職することはできるかもしれません。

しかし、自分のキャリアを長期的に考えると、本当にそれでいいのか?という問題が発生します。

いずれにせよ、将来の選択肢は多いに越したことはないので、特に理由なくフリーターを続けている人は1日も早く正社員として就職するのがおすすめです。

ここから先、どんな人生を選ぶかはあなたの自由です。

あなたはどんな人生にしたいと思いますか?

スポンサーリンク