「低賃金労働者には絶対になりたくない…」

「低賃金労働者から早く抜け出したい…」

このような方に向けて記事を書いています。

結論からいうと、低賃金労働者にならないためには、自分自身のマインドを低賃金労働者マインドにしないことが大事です。

その理由は、人生は自分の頭で思っていることしか実現できないからです。

自分は年収200万円しか稼げないと思っていると本当に200万円しか稼げませんし、自分は年収1000万円稼げると思っている人は本当に1000万円稼ぐことができます。

つまり、自分がいくら稼げる人間だと思っているかで、その人の生涯年収が低収入になるか高収入になるかが決まるのです。

ということで、今回は「低賃金労働者にならないために知っておくべきこと」について話していきたいと思います。3分ぐらいで読み終わるので、それではいきましょう。

スポンサーリンク

低賃金労働者にならないための5つの注意点まとめ

世の中には低賃金労働者として働いている人がたくさんいます。

低賃金労働者のイメージには、派遣社員、契約社員、アルバイト、日雇い労働者、ブラック企業の社員、ネットカフェ難民などがありますよね。

低賃金労働者

ここでは、低賃金労働者の定義を「20代後半〜30代なのに派遣社員から抜け出せない人、貯金が全然ない人、中小企業で低賃金でこき使われている人」としたいと思います。

では、なぜ低賃金労働者になってしまう人がいるのでしょうか?

結論からいうと、低賃金労働者の人は、そもそもマインド自体が低賃金労働者マインドになってしまっているのです。

「自分にはアルバイトしかできない」「自分は年収200万円しか稼げない」「自分には底辺の仕事しかできない」といった感じで、自分に対するセルフイメージがめちゃくちゃ低いのです。

人間は自分が想像できる自分にしかなることはできないので、低賃金労働者の自分しか想像できないと、必然的に低賃金労働者になってしまうということですね。

スポンサーリンク

低賃金労働者になる人の5つの特徴

低賃金労働者になってしまう人には、以下の5つの特徴があります。

  • 自分のまわりに低賃金労働者しかいない
  • 自分を過小評価し過ぎていて基本的に自信がない
  • 覇気がなく人生の目的を持っていない
  • 低レベルの趣味しか持っていない
  • そもそも低賃金業界で働いてしまっている

ここからは、あなたが低賃金労働者にならないように、これら5つの特徴をそれぞれ解説していきたいと思います。

自分のまわりに低賃金労働者しかいない

低賃金労働者の特徴の一つ目は「自分のまわりに低賃金労働者しかいない」です。

低賃金労働者

自分のまわりにいる5人の平均が自分になるといわれますが、自分のまわりに誰がいるかで自分がどんな人間になるかが決まります。

あなたのまわりに低賃金の人が多ければ、あなたも低賃金になります。その反対に、あなたのまわりに高収入の人が多ければ、あなたも高収入になります。

ですから、今のあなたのまわりに底辺フリーターや低賃金の派遣社員しかいないのなら、必然的にあなたの人生も同じような人生になるということです。

低賃金労働者になりたくないなら1日でも早くその人間関係を遮断してください。その人たちと関わっている限り、あなたは低賃金労働者から抜け出せません。

もし、あなたのまわりに高収入を稼いでいる人がいないなら、書籍や動画などを活用して高収入の人たちが発する言葉や映像に頻繁に触れましょう。

そうすることによって、あなたのまわりの5人がそのような高収入を稼げる人たちにアップデートされていきます。

徐々にあなたのマインドや環境もその人たちに近づくことができ、いずれ低賃金労働者から抜け出すことができます。ぜひ、試してみてくださいね。

自分を過小評価し過ぎていて基本的に自信がない

低賃金労働者の特徴の二つ目は「自分を過小評価し過ぎていて基本的に自信がない」です。

低賃金で労働している人は、自分を稼げない人間だと思い込んでいたり、仕事ができない人間だと思い込んでいる人がほとんどです。

自分に対するメンタルブロックがかかっている限り、低賃金労働者からは抜け出せません。

今のあなたには何のスキルや経験もない状態かもしれませんが、高収入をl稼いでいる人たちも初めは全員その状態からスタートしています。

ですから、まずは「自分は高収入を得る権利のある人間だ」と思い込んで、自分に自信を持つことが大切です。

ゴール地点が明確になっていれば、そこにたどり着くためにどうすればいいかを勝手に自分で考えるようになります。

低賃金労働者になりたくなければ、あまり自分を過小評価し過ぎずにないことです。

覇気がなく人生の目的を持っていない

低賃金労働者の特徴の三つ目は「覇気がなく人生の目的を持っていない」です。

低賃金労働者

人間はゴール地点が明確になっていないと、そこに対するエネルギーが湧いてきません。

ですから、人生でやり遂げたいことがない人や人生の目的を持っていない人は、覇気がなくなります。

このような人たちは「自分はこれくらいの人生でいい」「最低限食べていけるならそれでいい」というように、低賃金労働を続けることを受け入れてしまい、そこから這い上がろうとしなくなるのです。

別にこの人生を否定しているわけではありませんが、低賃金労働者になりたくないなら、何でもいいので人生の目的をつくるのがおすすめです。

目的があるとやる気が湧いてきますし、何事に対してもモチベーションが高い状態で取り組むことができるようになるという研究結果も出ています。

まだ人生の目的がないという方は、人生で成し遂げたいことを考えてみてくださいね。

低レベルの趣味しか持っていない

低賃金労働者の特徴の四つ目は「低レベルの趣味しか持っていない」です。

低レベルな趣味とは、競馬やパチンコなどのギャンブルや風俗などです。趣味が低レベルの人たちは給料のほとんどをそれにつぎ込んでしまいます。

給料が少ないのにそんなものにお金を浪費してしまうので、もちろん貯金もゼロ円です。ギャンブルや風俗などは中毒性があり、多くの人が辞められません。

さらに、低レベルの趣味を持っていると、同じような趣味を持つ人たちと付き合うようになるので、自分のまわりに底辺労働者しか集まらなくなります。

そうすると負のスパイラルに陥ってしまい、いつまで経っても低賃金労働者から抜け出せなくなります。

ですから、低レベルの趣味を持っている人は、できるだけ早くその趣味を捨てて、低賃金労働者から抜け出すための第一歩を踏み出しましょう。

そもそも低賃金業界で働いてしまっている

低賃金労働者の特徴の五つ目は「そもそも低賃金業界で働いてしまっている」です。

低賃金労働者

低賃金労働者にならないために、最も気をつけないといけないのが「どこで働くか?」です。

そもそも低賃金しかもらえない業界で働いていては、そこでどれだけ頑張っても低賃金から抜け出すことはできません。

ビジネスモデル自体が儲からないようにできている業界やブラックな労働環境になりやすい業界は、最初から低賃金しか稼げないようにできているのです。

憧れや興味で仕事を選んだり、特別な理由もなく何となく仕事を選んだりすると、「気づかないうちに低賃金労働者なっていた」ということはよくある話です。

「平均年収はどれくらいあるのか?」「どれくらい儲かるビジネスモデルなのか?」などをしっかりと調べてから仕事を選ぶようにしないと底辺労働者になる可能性は高くなります。

例えば、実際にその業界で働いている知人がいたら、仕事の内容や給料について細かく聞いてみるのもおすすめですね。

飲食業、美容業、アパレル業などの商品単価が低い業界は、従業員の給料の額も低くなる傾向があります。売っている商品が安いので従業員の給料も安くなるということですね。

つまり、低賃金労働者になりたくなかったら、稼ぎやすい業界を選ぶのがめちゃくちゃ大切になるということです。

あなたが働いている業界は大丈夫でしょうか。ここまでの内容を踏まえて、どのような行動をするのかはあなたの自由です。

あなたなどのような人生を選びますか?

スポンサーリンク

まとめ

最後に「低賃金労働者にならないための5つの行動」をまとめておきます。

  • 周囲に低賃金労働者しかいない環境から抜け出す
  • 自分を過小評価せず、自分に自信をもつ
  • 人生の目的を持って覇気をまとえるように生きる
  • 低レベルの趣味をすぐに辞める
  • 低賃金業界で働かないようにする

今回は「低賃金労働者にならないための5つの注意点まとめ」について話しました。

人間は周囲の環境や情報によって大きく影響を受ける生き物です。何を知っているかや、どこにいるかで、人生が大きく変わってきます。

低賃金労働者と高収入労働者は本質的には大きな差はありません。ただ、家庭環境や出会った人、それに情報量や運によって、現在の境遇に差が開いただけの話です、

低賃金労働者から抜け出すのは誰にでもできることなので、本気で今の境遇から抜け出したいと思うなら、今回の内容を参考にして、まずは一つ行動してみてくださいね。

あなたは何から始めますか?

スポンサーリンク