リーダーやマネージャーなどの、後輩に仕事を教える立場の方が抱える問題に「頑固で柔軟性のない人をどうするか?」という問題があります。

会社の中には必ず「頑固で柔軟性のない人」というのがいるのです。

結論から言うと、頑固で柔軟性のない人は無視して放置すれば大丈夫です。

今回はこの部分を話していきたいと思います。

スポンサーリンク

頑固で柔軟性のない人は無視して放置すればいい理由

どの会社にも、柔軟性が高くて成果を出している社員と、頑固で柔軟性が低くて成果を出していない社員が存在します。

頑固で柔軟性のない人

イタリアの経済学者が発見した「80:20」のパレートの法則というものがあります。これは、上位20%の社員が、会社の80%の売り上げをつくっているという法則です。

また、組織においては「2:6:2」という法則もあり、これは、上位の2割が優秀な人材、6割が普通の人材、下の2割はお荷物の人材、という法則です。

これらの法則からもわかるように、組織の中には、頑固で柔軟性がなくて、成果を出さない最下層の人材が存在するということです。

では、彼らをどのように扱えばいいのでしょうか?

それは、無視して放置すればいい、です。

その理由をそれぞれ解説していきますね。

頑固で柔軟性のない社員に何を言っても変わらない

そもそも、頑固で柔軟性のない社員は、なぜ柔軟性がないのか?

仕事が嫌い、給料に不満がある、退職を考えている、とにかく楽をしたいなど、彼らが他人の話を聴き入れないのには、いろいろな理由があります。

頑固で柔軟性のない社員には、それぞれに頑固になっている理由があるわけですから、それらを一人ずつ分析して、対応していくのは、時間も労力もめちゃくちゃかかります。

さらに、リーダーやマネージャー層が、頑固で柔軟性のない社員に対して、考え方を変えてもらうために、時間をつくっても、ほとんどの場合、何も変わりません。彼らは、後ろめたい本音を必死で隠します。

組織のベクトルと同じ方向を向いている社員は、改善の余地がありますが、そもそも全然違う方向を向いている社員を変えることなどできないのです。

ですから、頑固で柔軟性のない社員に何を言っても変わらないのです。

スポンサーリンク

頑固で柔軟性のない社員にかける時間と労力はコスパが最悪

頑固で柔軟性のない社員に対して、アドバイスをしたり、悩み相談に乗ったり、褒めたり、叱ったり、配属先を変えたりして、考え方を変えてもらうために、いろいろな取り組みをしても、多くの場合、何も変わりません。

頑固で柔軟性のない社員にかける時間と労力は、コスパが最悪なのです。
頑固で柔軟性のない人

僕は過去に、頑固で柔軟性のない社員に対して、考え方を変えてもらうために、時間をつくって一緒にその社員のキャリアを考えたり、その社員を昇進させてもらえるように上層部へ掛け合ったり、いろいろな取り組みを時間をかけて行ないましたが、その社員は変わりませんでした。

このような経験が何度も積み重なった結果、僕がたどり着いた結論は、頑固で柔軟性のない社員にかける時間と労力は無駄なんだ、です。

頑固で柔軟性のない社員と話していても、何も前進しませんし、自分の貴重な時間がなくなってしまいます。

同じ時間なら、頑固で柔軟性のない社員よりも、柔軟性が高くて成果を出している社員のために時間をつかう方が、はるかにコスパが高いです。

もっというと、自分のスキルアップのために時間を投資すれば、投資のリターンは確実です。

僕も最初は、もしかしたら変わってくれるのではないかと期待をして、頑固で柔軟性のない社員に時間をつかっていましたが、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、半年、1年と時間が経過しても、何も変わらない彼の姿を見て、時間が無駄だったことを痛感した経験があります。

そもそも、頑固で柔軟性のない社員は、自分が変わることや成長することを望んでいないのです。

26歳を過ぎると思考の柔軟性を失う人が多くなる

頑固で柔軟性のない人たちの特徴を、よくよく考えてみると、20代後半以上の人が圧倒的に多かったです。

僕の感覚だと、26歳を過ぎたくらいで、思考の柔軟性が失われていく気がします。

その理由は、26歳以上で、中途社員として入社してくる人を指導していると、素直に教えた通りに行動できない人が多いからです。

「前の会社ではこうだった」「僕の価値観には合いません」といった態度なのです。

新しい仕事をするをうえで、先輩社員のアドバイスを素直に聞けないというのは致命的です。

これが20代前半だと、素直に全部吸収できる人が多いので、成長スピードもその分早くなります。

また、僕は転職エージェントでキャリアアドバイザーの仕事もしていますが、転職相談にくる人にも同じ傾向があります。

26歳以上の求職者は、頑固で柔軟性の低い人が多く、第三者のアドバイスを受け入れるという思考が低いです。

この状態だと、今までの自分の価値観以上に選択肢は広がらないので、転職しても同じ失敗をくり返しますし、キャリアチェンジなんて絶対にできません。

もちろん、26歳を過ぎても、柔軟性の高い人たちはいます。

この人たちの特徴は、20代前半で、柔軟性の高い思考が求められる環境を経験していることです。

ライン作業のような同じ作業のくり返しという仕事ではなく、自ら考えて新しいアイデアを出したり、環境の変化に合わせて自分を変化させたりして仕事をしてきた人たちです。

20代前半までに、どのような経験を積んでいるかで、頑固で柔軟性のない人になるかどうかが決まるようです。

26歳までに、柔軟性の低い経験しかしていない人たちを変えるのは、至難の業ですし、コスパも最悪なので、本人が自分で勝手に変わってもらうのを待つしかないのです。

スポンサーリンク

他人よりも自分に時間を投資するべき

そもそも、頑固で柔軟性のない人が変わってくれることで、あなたに何のメリットがあるのでしょうか?

メリットとして考えられるのは、たとえば、出世できる、仕事しやすくなる、職場の環境がよくなる、悩みが解決する、ストレスがなくなる、などでしょうか。

頑固で柔軟性のない人

でも、ちょっと考えてみてください。

これって、あなたが本当に心からほしいものですか?

どうしても手に入れたいものですか?

あなたが、たくさんの時間と労力をかけて、頑固で柔軟性のない人に変わってもらえたとしても、その人がほかの会社に転職する可能性もあります。

思考が変わって、向上心が芽生えれば、もっと自分を成長させたいと思って、キャリアアップのために、転職するのは、当たり前のことです。

また、あなたが頑張ったおかげで、頑固で柔軟性のない人が変わったとしても、会社がその頑張りを認めてくれず、それが評価されないということもあります。

あなたが、他人に対して、どれだけ時間と労力をかけたとしても、その後の結果まではコントロールできないのです。

つまり、他人に対して時間をつかうことに、見返りを求めてはいけないということです。

時間をかけた分の見返りやリターンを、確実に手に入れたいなら、他人ではなく、自分に時間を投資するべきです。 自分のスキルアップのために、投資した時間は、絶対に自分に返ってきますからね。

自分の専門スキルやキャリアアップが1番大事

これからの時代は、一つの会社で、一生働き続けるという人は、ほとんどいなくなります。

今よりも転職が当たり前になりますし、起業やフリーランスも当たり前の働き方になります。

多くの大手企業が。大幅リストラを決行し、終身雇用の崩壊を発表している時代です。

昔みたいに、会社に定年までしがみついて働ける人は、ほとんどいないでしょう。

ですから、自分の専門スキルを持っていない人は、仕事を失う可能性があります。

転職市場は、即戦力が求められる世界なので、何のスキルもない30代40代以上の人材は、どこからも採用されません。あるのは底辺の仕事だけです。

自分が30代40代になったときに、路頭に迷わないように、20代の若いうちから、専門スキルを磨き続けておくことが大事です。

だから、変わらない他人に、関わっている時間なんてないのです。自分の市場価値を高めるたまに時間をつかいましょう。

まとめ

今回のまとめです。

  • 頑固で柔軟性のない人は無視して放置すればいい
  • 頑固で柔軟性のない社員に何を言っても変わらない
  • 頑固で柔軟性のない社員にかける時間と労力はコスパが最悪
  • 26歳を過ぎると思考の柔軟性を失う人が多くなる
  • 他人よりも自分に時間を投資するべき
  • 自分の専門スキルやキャリアアップが1番大事

今回は「頑固で柔軟性のない人は無視して放置すればいい理由」について解説しました。

頑固で柔軟性のない人と、関わっている時間は、本当に無駄です。

自分の将来のことを、真剣に考えるなら、絶対に自分に時間を投資するべきだと思います。

自分以外の人たちを、コントロールすることはできないので、他人と関わるなら、見返りを求めないという覚悟が必要です。

もし、その覚悟がないなら、いますぐに、頑固で柔軟性のない人と、関わるのはやめましょう。

あなたの時間は、限られているのですから。

スポンサーリンク