「何も変わらない人生にうんざりしている…」という方に向けての記事です。

結論からいうと、何も変わらない人生を変えたいなら、ビジネス書を100冊読むべきです。

その理由は、あなたの人生が変わらないのは、あなたの思考に原因があるからです。

思考の幅が限られていると、行動も限られてしまい、同じことをくり返す毎日から抜け出せません。

つまり、何も変わらない人生は、あなたの思考が作り出しているということです。

ですから、あなたの思考の幅が広がれば、何も変わらない人生を変えることができます。

そのためには、ビジネス書を100冊読んで、新しい思考をインストールすることが必要なのです。

今回はこの部分を話していきたいと思います。3分で読める内容なので、それではいきましょう。

スポンサーリンク

何も変わらない人生を変えたいならビジネス書を100冊読め!

何も変わらない人生を変えたいなら、ビジネス書を100冊読むのがおすすめです。

何も変わらない人生

極論をいうと、本のジャンルは何でもいいです。

本を読む目的は、あなたの思考をアップデートすることなので、少しでも興味のあるジャンルであれば、躊躇せずにどんどん読みましょう。

おすすめのジャンルは、お金、起業、副業、働き方、モチベーション、IT、WEB、AI、YouTube、SNS、マーケティング、仕事、転職、哲学、経営者が書いた本、思想、考え方、などです。

幸運なことに、今の時代は、あらゆる情報が書籍になって公開されています。

これらの書籍には、それぞれの第一人者の方たちが、生涯をかけて身に付けた知識や経験が詰まっています。

しかも、その書籍はたったの1,000円~2,000円ぐらいで買うことができます。

読書は、めちゃくちゃ安くて、費用対効果の高い自己投資なのです。

お金がないなら月額980円で読み放題サービスを利用しよう

ビジネス書を100冊読むと、人生が大きく変わります。

僕自身も、25歳の時にビジネス書を200冊ぐらい読んで、思考の幅が広がり、人生観も大きく変わりました。

実際に、本を読む前は、年収200万円の底辺フリーターでしたが、本を読んでから約1年後には、年収480万円まで稼げるようになりました。

しかし、底辺労働者の僕にとって、書籍を買いまくるのは、金銭的に結構きつい部分でもありました。

書籍は1冊1,000円としても、100冊なら10万円ぐらいになってしまいますよね。低収入の人たちにとって、これはなかなかつらいです。

こんなときに便利なのが、Amazonが提供するサービス「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」です。

このサービスは、月額980円で12万冊の書籍が読み放題となっています。

気になる書籍があれば、片っ端から読むことができるので、めちゃくちゃお得ですよね。

定期的に新しい書籍も増えるので、利用する価値は十分にあると思います。

どうしてもお金がないなら図書館に行こう

「月額980円すら払うことができない…」という厳しい金銭状態の方は、図書館に行きましょう。

日本の各地域には図書館がありますよね。意外と図書館にもビジネス書はたくさん揃っています。

平日は仕事で図書館に行けないという方でも、土日なら行けますよね?

一度に数冊の本を借りることもできるので、その気になれば、1週間に5冊くらいのビジネス書を読むこともできます。

このペースなら約150日で100冊読み切ることは可能ですね。

100冊読み切った後は行動をしよう

ビジネス書を100冊読み切った後は、行動に移すことが重要です。

何も変わらない人生

本を100冊ぐらい読むと、自分の思考がアップデートされていることを実感できると思います。

本を読むのは手段であり、目的ではありません。

そのため、本で得た情報を、実践していくことが1番大切です。

新たな知識を吸収し、それを実践に移し、実践してわかったことを経験として蓄積し、また新たな知識を吸収する。この繰り返しが、何も変わらない人生を大きく変えてくれます。

行動とは、仕事で実践する、転職して業界を変える、起業に挑戦する、何か新しいことを始めてみる、自分でサービスを開発してみる、などです。

知識をアウトプットするのを目的にして、本を読む習慣を身に付けてくださいね。

まとめ

最後に、何も変わらない人生をやり直すための方法をまとめておきます。

  • ビジネス書を100冊読む
  • 月額980円の読み放題サービスを利用する
  • お金がないなら図書館に行く
  • 100冊読み切った後は行動する

人生は長いので、どこかのタイミングで、自分の人生について考える時間をつくることは、めちゃくちゃ重要です。

NewsPicksの佐々木紀彦さんや幻冬舎の箕輪厚介さんは、これまでの人生の中に休息時間のような期間があり、その時期に大量の書籍を読んだと語っています。

お二人とも、この読書期間が人生のターニングポイントになっているようなので、あなたも人生を変えたいと思うなら、ぜひビジネス書を100冊読んでみてくださいね。

あなたは、どんな本から読み始めますか?

スポンサーリンク