「社畜の意味が知りたい」

「社畜の何が悪いのか知りたい」

「社畜の未来が知りたい」

このような方に向けて記事を書いています。

結論から言うと、社畜(しゃちく)の意味は「社員として勤めている会社に飼い慣らされた結果、自分の意見や良心を失ってしまい、サービス残業やサービス休日出勤、転勤辞令などに対して一切文句を言わない奴隷(家畜)となった賃金労働者を揶揄した表現」です。

要するに、社畜とは、会社の言いなりになって働いている会社員のことです。

僕は、転職エージェントでキャリアアドバイザーの仕事をしていますが、最近は社畜のように働く20代が減ってきているように感じます。

しかし、いっぽうで、まだ社畜人生を生きている若者がいるのも事実です。

今回は、社畜の意味や社畜の末路を解説していきたいと思います。3分で読めるような内容です。

スポンサーリンク

社畜の意味を徹底解説【社畜よりも底辺の世界がある】

結論から言うと、社畜は悪いことではありません。

しかし、意味もなく社畜を続けていると、社畜すら続けられないほど底辺に落ちていきます。

その理由は、多くの企業が、社畜を雇い続けるほどの資金的な体力を失っているからです。

社畜意味

大企業による終身雇用崩壊の発表や中堅社員の大量リストラなどがその根拠です。

僕は、別に社畜人生をバカにしているわけではありません。社畜人生を選ぶかどうかは、本人の価値観の問題です。

かつては、僕自身も社畜人生を生きていたので、社畜として働いている人たちの気持ちもわかります。

実際に、社畜として、土日も関係なく、早朝から夜中までがむしゃらに働けば、それなりのスキルや経験が身に付きますからね。

しかし、大切なのは「何のための社畜期間なのか?」です。

社畜期間の目的をはっきりさせる

社畜期間の目的をはっきりさせておくのは重要です。

どんな経験を身に付けるために、社畜期間を我慢するのかを明確にしておかないと、将来的に社畜ですらいられなくなります。

その理由は、多くの企業が、社畜を飼い続けられなくなっているからです。

どういうことかというと、社畜に給与を支払い続けるだけの資金的な体力がなくなっているのです。

昔の社畜たちは、辛くても、頑張っていれば、会社が定年まで面倒をみてくれました。

しかし、今の時代は違います。

終身雇用が崩壊し、45歳以上の中堅社員が次々とリストラされている時代です。

社畜たちの唯一の希望だった「定年まで会社にしがみつく」ができなくなってしまったのです。

そのため、社畜期間を耐えるなら、その中で何を手に入れるかを明確にし、仮に会社が倒産しても大丈夫な状態をつくっておくのが重要です。

いまは会社を頼ることができない時代ですからね。

社畜の特徴まとめ【20個のチェック項目】

あなたは自分を社畜だと思いますか?

社畜意味

ここでは、自分が社畜かどうかを確認するための、20個のチェック項目を紹介します。

自分に当てはまるものがあるかをチェックしてみてください。

  1. 残業時間や休日出勤数を自慢する
  2. 台風がきても出社できる自分を誇らしげに思う
  3. 自分が何のために働いているかを説明できない
  4. 100%上司の言いなり
  5. 常にイエスと言う回答しかない
  6. 社内の評価しか気にしていない
  7. 自分を犠牲にして会社のために頑張れる
  8. 社内の全員から気に入られたい
  9. プライベートより会社を優先する
  10. 会社が定年まで雇ってくれると信じている
  11. 会社の看板がないと無価値な人材
  12. 指示待ち人間で自分から行動できない
  13. スキルアップやキャリアアップに興味がない
  14. いまの会社で得られたスキルや経験がない
  15. 毎年同じ業務をくり返している
  16. 自分も含め同僚の目が死んでいる
  17. 昼休憩や休日だけが人生の楽しみになっている
  18. 転職という選択肢を持っていない
  19. 陰では会社の文句ばかり言っている
  20. とりあえず思考停止している

10個以上当てはまる方は、社畜度が高めなので、そのままの人生でいいのかを、一度考えたほうがいいかもしれませんね。

次は、そもそもの社畜の本質について考えていきましょう。

社畜の本質は「会社でしか生きられない人たち」

社畜の本質を一言でいうと「会社でしか生きられない人たちのこと」です。

多くの人が抱いている社畜のイメージは、会社の奴隷、ブラック企業、長時間労働、サービス残業、サービス休日出勤、頻繁な転勤などでしょう。

自分の意志やプライベートを犠牲にして、会社のために働く人たちですね。

しかし、社畜の本質的な意味は、会社に依存することでしか生きられない人たちのこと、です。

つまり、先ほど紹介した社畜のチェック項目に当てはまらない人たちも、本質的には社畜である可能性が高いということです。

毎日定時に帰っている人、休日出勤をしていない人、年間休日が130日ある人、仕事のストレスが全くない人、高待遇高収入の条件で働いている人も、本質的な意味では社畜なのです。

社畜から抜け出すためには、会社に依存しない働き方をするしかないのです。

会社の看板がなくても、自分個人に仕事が入ってくる状態をつくれないと、一生会社の奴隷として働き続けることになります。

社畜を卒業するには個人で稼げる力が必要

では、社畜を卒業するためには、どうすればいいのでしょうか?

それは「個人で稼げる力を身に付けること」です。

社畜意味

会社に依存できないなら、自分という個人に依存するしかありません。

つまり、個人で稼ぐ力に依存するということです。

そのためには、会社の中だけでしか通用しないスキルや知識を身に付けても、全く役に立ちません。

会社の外に出ても、重宝されるスキルや知識を身に付けることが、めちゃくちゃ大切です。

「〇〇ならA社に努めている〇〇さんに頼もう」ではなく「〇〇なら〇〇さんに頼もう」というように、会社ではなく個人に直接依頼が飛んでくるような仕組みをつくるのです。

これができなければ、社畜人生を歩いていくしかありません。

くり返しますが、僕は別に社畜人生を否定しているわけではありません。

意味のない社畜期間が長くなるほど、底辺人生に転落しやすくなるだけの話です。

どのような人生を希望するかはあなたの自由ですし、正解も不正解もありません。

個人で稼ぐ力が身に付く4つの選択肢

個人で稼ぐ力を身に付ける選択肢は以下の4つです。

  • 自分のブログを運営する
  • YouTube動画を配信する
  • WEBマーケティングスキルを身に付ける
  • 営業職に就職して営業スキルを身に付ける

個人で稼ぐ力を身に付けるためには、会社経由ではなく、あなた個人に直接お金が入ってくる仕組みをつくる必要があります。

個人で稼ぐためには「お店を開業する」「会社を起業する」という方法もあります。

しかし、上手くいくかどうかもわからない商売に対して、大きな初期投資をするのはリスクが高すぎます。失敗したら超底辺人生が確定します。

ですから、コツは小さくスタートすることです。

ブログやYouTubeなら、初期投資はかなり少なく抑えられるので、とりあえず始めてみるのがおすすめです。

根気は必要ですが、実際にこれらの広告収入によって、月数千円でも稼げるようになれば、社畜卒業に大きく前進です。

さらに、ブログやYouTubeの場合、うまく活用できていない企業が個人はたくさんいるので、その人たちに対して、自分が実践してきたノウハウを販売するということもできます。

これがWEBマーケティングスキルですね。お金を稼ぐために、必死で試行錯誤した経験が、そのまま商品になるのです。

起業が視野にあるなら営業スキルは必須になる

将来的にフリーランスや起業を視野に入れている方は、どこかの会社の営業職を経験しておくのがおすすめです。

社畜意味

自分でビジネスを成り立たせようと思うと、営業スキルが絶対に必要になります。

待っていてもお客様は集まってきませんから、新規顧客の獲得やサービスの提案をしなければいけません。

そうなったときに、営業スキルがないと、サービスはあるのに商品を売る相手がいない、営業が下手すぎて商品が売れない、ということになります。

ですから、将来起業が視野にある人は、営業職に就職して営業スキルを身に付けるのがおすすめなのです。

これからの時代は、個人で稼ぐスキルが、めちゃくちゃ重要になります。

しかし、ここから先どのような行動をするかは、あなた次第です。

あなたは、社畜人生と脱社畜人生、どちらを選びますか?

まとめ

今回のまとめです。

  • 社畜よりも底辺の世界がある
  • 社畜期間の目的をはっきりさせる
  • 社畜の本質は会社でしか生きられない人
  • 社畜を卒業するには個人で稼げる力が必要
  • 個人で稼ぐ力を身に付けるためには4つの選択肢がある
  • 起業が視野にあるなら営業スキルは必須になる

今回は社畜の意味、社畜の本質、社畜の未来、脱社畜のための選択肢を紹介しました。

必ずしも、社畜が悪いことだとは思いませんが、社畜期間を我慢する目的がないのは危険です。

社畜期間が長くなるほど、あなたの人生は底辺に近づいていきます。

それが嫌なら、社畜から抜け出さないといけません。

そのためには、個人で稼げる力を身に付けておく必要があります。

僕からの情報提供はしたので、あとは、あなたが何を選ぶかです。

社畜人生か脱社畜人生か、あなたはどちらを選びますか?

スポンサーリンク