「書類選考は通るのに、面接でいつも落選する…」という方に向けて、最低限の面接準備についてまとめてあります。

結論からいうと、あなたが面接で落ちる理由は、圧倒的な準備不足と浅はかな考えによるものです。

今回はこの部分を話していきますね。3分で読める内容なので、それではいきましょう。

スポンサーリンク

面接で落選する人向けの最低限の面接準備とは?

面接で落選する人は、まず面接の基本的な流れを知っておく必要があります。

面接の基本的な流れは、「自己紹介・自己PR→転職理由→志望動機→活かせる経験・実績・スキル→逆質問」です。

面接 落選

世間話をしながら質問していく会社や、一つずつの項目をそれぞれ質問していく会社など、会社によって面接のスタイルはさまざまです。

しかし、上記の内容は、面接で必ず質問される項目です。

面接で落選する人の最低限の面接準備は、これらの質問に対する答えを準備しておくことです。

僕は転職エージェントのキャリアアドバイザーをやっていますが、この基本的な準備すらやっていない人が実際にいます。

もちろん、この人たちは面接で落選します。

面接官が、面接で見ているポイントは「あなたが、自社で活躍できる人材かどうか?」です。

これを理解しておかないと、なかなか面接も受かりません。

面接で落選する人のために、最低限の面接準備をする上での注意点をまとめておきましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

自己紹介・自己PRで落選しないための3つのポイント

自己紹介・自己PRのポイントは、この3つです。

  • 目を見てハキハキと話す
  • 端的に仕事での実績がわかるように話す
  • 応募企業、応募職種に求められるスキルや経験をアピールする

相手の目を見て話ができない人は、面接で落選します。下を向いて、ぼそぼそ話している人を採用したい会社はありません。どんな職種でも最低限のコミュニケーションは必要です。

面接官は、求職者が自社で活躍できるかを見ています。しかし、会社や業界が違うと、あなたの経験やスキルが、本当に自社で活かせるのかがわかりません。そのため、端的に仕事の実績がわかるように話すのは重要です。

アピールするスキルや経験は、応募企業や応募職種に求められるものでなければ、まったく意味がありません。面接官は、あなたのスキルや経験が自社で活かせるかにしか興味はないのです。

転職理由で失敗しない3つの注意点

転職理由を伝えるときの注意点は、この3つです。

  • 感情を前面に出さずに、具体的かつ論理的に話す
  • 言わないことを決める
  • 結論は前向きにする

あなたが前職に何かしらの不満を抱いていたことは、面接官もわかっています。しかし、嫌だったことを感情のままに伝えてしまうと、入社後に同じ理由で退職してしまわないかと、面接官に思われてしまいます。

また面接官は、あなたが転職をどう位置付けているかも見ています。現状の不満だけを理由に転職を考えていないか、不満があった場合は解消や改善に向けて何をしたかをチェックされています。

ひどい労働環境だったとしても、感情的にならずに、事実だけを具体的かつ論理的に説明しましょう。言わないことを決めて、結論は前向きな内容にするのがおすすめです。退職理由と転職目的を分けて考えると、前向きな転職理由がつくりやすくなります。

志望動機でおさえるべき3つのポイント

志望動機をつくるときのポイントは、この3つです。

  • なぜ他社ではなく応募先の企業を選んだのか?を明確に伝える
  • 企業ホームページや求人情報をしっかり読み込んでおく
  • 自分の働く軸と企業の業務内容をリンクさせる

どこの会社にも当てはまるような内容だと、上っ面だけの志望動機だと思われて、落選しやすくなります。

企業のホームページを確認して、事業内容やミッションを確認するのはもちろん、求人情報もしっかりと読み込んで、企業が求める人物像を把握しておきましょう。

その上で、自分が働く軸と企業の事業内容やミッションをリンクすると、発言に一貫性が出て、選考通過率がグッと高くなります。

面接官は、あなたの志望動機から、志望度合いの強さをはかり、この仕事に本気で取り組む覚悟があるか、成長がきたいできるかを見ています。

活かせる経験・実績・スキルが好印象になる3つのポイント

活かせる経験・実績・スキルを好印象に伝えるポイントは、この3つです。

  • 募集職種での業務内容を理解してから、活かせる経験・実績・スキルを選ぶ
  • 頑張った話や苦労した話は要らない
  • 未経験者は目的を達成した実績と目標達成のための具体的な行動をアピールする

面接官は、あなたの経験・実績・スキルが、どうやって募集職種に活かせるかを判断するときに、頑張った話や苦労した話は、いっさい聞いていません。そのため、ここでは具体的な数字や行動しか必要ありません。

しかし、未経験者の方には具体的な経験・実績・スキルがありませんよね。異業種・異職種への転職の場合は、目的を達成した実績や目標達成のための具体的な行動を伝えて、それがなぜ募集職種で活かせるのかを考えてください。

逆質問で選考通過率をアップさせる3つの考え方

逆質問で選考通過率をアップさせる3つの考え方です。

  • 真剣に入社を考えた上での確認事項にする
  • 待遇や福利厚生などの質問は内定獲得後に確認する
  • 目の前の面接官にしか答えられない質問をする

面接の最後には「何か質問はありませんか?」と必ず聞かれます。ここで「特にありません」と答えてしまうと、自社に興味がないのか?と面接官に思われてしまいます。

しかし、事業内容とは関係ない質問や、ホームページに掲載されているような内容を質問すると、事前の確認不足と思われてしまい、面接で落選します。

また、待遇や福利厚生などの条件面の質問を面接ですると、あまり印象がよくないので、条件面の話は内定獲得後に質問するほうがベターです。

さらに、効果的な逆質問としては、目の前の面接官にしか答えられない質問です。たとえば、「面接官の〇〇さんが思う、この仕事の最大の魅力は何ですか?」「面接官の〇〇さんの仕事のやりがいは何ですか?」などです。

普段は質問する側の面接官なので、逆に自分のことを質問されると、自分に質問してきた求職者ということで、面接官の印象に残りやすくなります。

面接落選の原因は圧倒的な準備不足と浅はかな考えです

面接の基本的な流れは、「自己紹介・自己PR→転職理由→志望動機→活かせる経験・実績・スキル→逆質問」です。

そのため、ここまでは、この流れに沿って、ポイントをお伝えしてきました。

しかし、結論をいうと、面接落選の原因は、圧倒的な準備不足と浅はかな考えによるものです。

面接 落選

僕が、転職エージェントのキャリアアドバイザーをしていて思うのは、求職者の方が、自分の転職活動を他人任せにやっているということです。

仕事は人生の中で大部分の時間をつかいます。1日のうち8時間~12時間を会社で過ごすのであれば、極端な話、人生の3割~5割の時間を仕事につかっていることになります。

これほど重要な仕事のことを、深く考えずに転職活動をしているのが、そもそもヤバいことだと思います。

面接に受かる受からないの話よりも大切なのは、「人生で何を成し遂げたいか?」と「そのために、どんな仕事を選ぶのか?」だと、僕は考えています。

今回紹介した内容は、最低限の面接準備をするときの参考にしていただければと思います。

しかし、同時に、人生の軸や転職の軸を考えることも重要なので、ぜひ考えてみてくださいね。

✔20代向けの転職エージェント【とりあえず登録すべき】※全て無料
マイナビジョブ20's

※圧倒的な知名度。全求人が20代向け。年間20,000人以上の登録者数。無料適性診断テストあり。

【公式】第二新卒エージェントneo

※未経験OK求人5000件以上。中卒・高卒・大学中退・専門卒の20代向け。10時間以上の手厚いフォロー。

【ウズキャリ既卒】

※ブラック企業は徹底排除。フリーター・ニート・既卒の20代向け。内定率86%&入社後の定着率93%。

まとめ

最後に「面接で落選する人向けの最低限の面接準備」のポイントをまとめておきます。

  • 目を見てハキハキと話す
  • 端的に仕事での実績がわかるように話す
  • 応募企業、応募職種に求められるスキルや経験をアピールする
  • 感情を前面に出さずに、具体的かつ論理的に話す
  • 言わないことを決める
  • 結論は前向きにする
  • なぜ他社ではなく応募先の企業を選んだのか?を明確に伝える
  • 企業ホームページや求人情報をしっかり読み込んでおく
  • 自分の働く軸と企業の業務内容をリンクさせる
  • 募集職種での業務内容を理解してから、活かせる経験・実績・スキルを選ぶ
  • 頑張った話や苦労した話は要らない
  • 未経験者は目的を達成した実績と目標達成のための具体的な行動をアピールする
  • 真剣に入社を考えた上での確認事項にする
  • 待遇や福利厚生などの質問は内定獲得後に確認する
  • 目の前の面接官にしか答えられない質問をする
  • 面接落選の原因は圧倒的な準備不足と浅はかな考えによるもの

このほかにも、内定を獲得するためのポイントはたくさんあります。

しかし、今回の内容ができていないと、そもそも話にならないので、まずは、最低限の面接準備ができているかどうかをチェックしてくださいね。

面接の落選理由の大半が、「志望動機が明確じゃなかった」「目を見て話ができなかった」「話に一貫性がなかった」など。最低限の面接準備で防げる、初歩的な理由です。

「書類審査は通るのに、いつも面接で落選する…」という人は、ぜひ今回の内容を参考にして、面接準備をしていただければと思います。

✔20代向けの転職エージェント【とりあえず登録すべき】※全て無料
マイナビジョブ20's

※圧倒的な知名度。全求人が20代向け。年間20,000人以上の登録者数。無料適性診断テストあり。

【公式】第二新卒エージェントneo

※未経験OK求人5000件以上。中卒・高卒・大学中退・専門卒の20代向け。10時間以上の手厚いフォロー。

【ウズキャリ既卒】

※ブラック企業は徹底排除。フリーター・ニート・既卒の20代向け。内定率86%&入社後の定着率93%。

スポンサーリンク