フリーターから起業

『フリーターから起業したい…』
『フリーターから人生逆転したい…』
『将来は起業に挑戦してみたい…』

このような方に向けて記事を書いています。

将来起業したいと思っている方でも、大学を中退したり、会社員を辞めたりすると、どうしてもフリーターになってしまいます。

そうすると、『俺は起業できる人間だ!』という気持ちがあっても、なかなかフリーターから抜け出せないのが現実です。

では、なぜフリーターから抜け出せないのか?

結論からいうと、フリーターから起業するまでの道すじが見えていないからです。

『起業したい』という目的地があっても、そこまでのルートがわからなければ、行動しようがありません。

でも、本来のあなたは意識の高い方なので、起業までのステップがわかれば、今すぐに人生を前に進められるはずです。

ドフラ
こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円のフリーターでした。その後、WEB系ベンチャー企業に転職して起業に活かせる経験を積み、現在は会社員を辞めて独立しています。

この記事では、実際にフリーターから起業した僕が、『フリーターから起業するまでにやったこと』を解説します。

この記事を読めば、今はフリーター生活にもがいている人でも、今日から起業に向けて行動を始めることができます。

3分ぐらいで読める内容なので、さっそく見ていきましょう〜。

『今すぐ自分に合う仕事が知りたい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

フリーターから起業するまでにやった7つのこと【体験談あり】

フリーターから起業

フリーターから起業するまでに、何をやればいいのか?

結論からいうと、僕がフリーターから起業するまでの流れは、次のとおり。

WEB系ベンチャー企業の営業に就職する

営業スキルとWEBの知識を身につける

営業からWEBコンサルの仕事に変える

SEOやWEBマーケティングの知識やノウハウを身につける

仕事で身に付けた知識とノウハウを活かして副業を始める

副業で月5万〜10万円稼げるようになる

副業を本業にするために起業する

ちなみに僕は26歳まで、倉庫作業員のアルバイトをするフリーターで、毎日倉庫で荷物を運んでいるだけでした。

知識も経験もゼロ、年収は190万円しかなかったので、まさに底辺労働者ですね…。

そんなショボい経歴の僕でも、上記のルートで仕事をしてきた結果、自分で起業するところまで、たどり着けました。

元底辺フリーターの僕でも起業できたわけですから、この記事を読むほど意識の高いあなたなら、絶対に起業できると思います。

あなたに必要なのは、『どうやって起業するか?』を知ることだけです。

フリーターから起業する前に正社員を経験するべき理由

フリーターから起業

将来起業したいと思いつつ、なんとなくフリーターを続けてしまっている人は、今すぐに正社員に就職するべきです。

なぜなら、世の中のビジネスのことを知らずに起業すると、失敗するリスクが高いからです。

人脈もコネもないフリーターが起業を成功させるためには、会社で働きながら、起業に必要な知識や経験を積むのがベストです。

実際に僕自身も会社員として働きつつ、ビジネス書や経営者の自伝を大量に読んだり、副業で複数のビジネスに挑戦したりして、起業の準備をしていました。

では、フリーターから起業したい人は、どのような会社を就職先に選べばいいのか?

結論からいうと、『起業したい人が入るべき会社の特徴』は以下のとおり。

  • ビジネスモデルが完成していない
  • 新規事業を立ち上げやすい
  • 社内で部署異動しやすい
  • 年功序列ではない
  • 経営者と話せる機会が多い
  • 個人で稼げるスキルが身につく
  • 副業を解禁している

上記の条件を満たす会社は、ベンチャー企業に多いです。

ただし、フリーターからベンチャー企業に就職するなら、年齢が若いほうが圧倒的に有利なので、25歳前後までに行動しておかないと手遅れになる可能性が高い…。

ベンチャー企業は社長や幹部に若い人が多いので、自分たちより年下で、柔軟な考え方ができる『20代の若い人材の方が採用されやすい』というわけです。

ですから将来起業を考えているフリーターの方は、ぜひこの機会に行動しておいてくださいね。

ドフラ
僕は26歳の時に転職エージェントを利用して、フリーターからWEB系ベンチャー企業に転職できましたよ。

フリーターから起業したいならWEB業界がおすすめな理由【僕の体験談です】

フリーターから起業

ここでは、『フリーターから起業したいならWEB業界がおすすめな理由』について、僕の実体験を踏まえて解説します。

僕が就職した会社は、WEB制作をするベンチャー企業で、主に中小企業のホームページ制作をする会社でした。

この会社のビジネスモデルは、次のとおり。

テレアポor問い合わせ経由で中小企業からホームページ制作の依頼を受ける

ホームページ制作費の半金を回収

営業orWEBディレクターとWEBデザイナーがホームページ制作用の取材をする

取材内容をもとにWEBデザイナーがデザインし、コーダーがコーディングする

完成したホームページを営業が納品して、同時に操作方法も説明する

ホームページ制作費の残りの半金を回収

その後は、毎月のサポート料金をもらいつつ、ホームページの修正があれば対応する

こんな感じで、ビジネスがまわっていました。

では、なぜこれが起業につながるのか?

それは、ビジネスモデルをパクれば、そのまま自分でやれるからです。

営業とディレクターを兼任している人は、WEBデザイナーとコーダーを外注すれば、簡単に真似できますよね。

WEB業界のサービスは、仕入れがほとんどないので、個人でも起業のハードルは低いです。

僕が勤めていたWEB制作会社には、ホームページ制作、ホームページ修正、SEOコンサル、ポータルサイトへの広告掲載、記事作成、動画制作、WEB活用セミナーなどがありました。

これらの仕入れの9割以上は人件費なので、もし自分で制作できたり、外注先を確保できたりすれば、簡単に個人で稼げます。

起業で1番大変なのは『ビジネスモデルをゼロから作ること』ですが、WEB業界でビジネスモデルの作り方を学んでおけば、起業の成功確率は上げやすいです。

ですから、フリーターでもWEB業界に就職すれば起業できる、というわけですね。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する『無料適職診断テスト』を受けるのがおすすめですよ。

フリーターから起業するまでにやった7つのこと【まとめ】

最後に、僕が『フリーターから起業するまでにやったこと』をまとめておきます。

WEB系ベンチャー企業の営業に就職する

営業スキルとWEBの知識を身につける

営業からWEBコンサルの仕事に変える

SEOやWEBマーケティングの知識やノウハウを身につける

仕事で身に付けた知識とノウハウを活かして副業を始める

副業で月5万〜10万円稼げるようになる

副業を本業にするために起業する

上記は僕がリアルに体験した内容ですので、将来起業を考えている方には参考になると思います。

とはいえ、人間には向き不向きがあります。

『自分はどんな仕事に向いているのか?』や『そもそも自分は起業に向いているのか?』を調べておくことも大切ですね。

あなたの起業が成功することを心から祈っています。

ドフラ
自分が起業に向いてるかどうか知りたい方は、以下の記事で紹介する無料適職診断テストを受けるのがおすすめですよ。