フリーターいつまで
フリーター
フリーターはいつまで許されるの?フリーターは何歳までが限界?

こういった疑問に答えます。

いつかは正社員になろうと思っていても、就職するきっかけがなくて、フリーターを何年も続けてしまっている人も多いです。

結論からいうと、フリーターが許されるのは「28歳まで」です。

その理由はこちらです。

  • 未経験OK求人は20代限定が多い
  • 30代手前で動けば焦らず就職できる
  • 29歳以降はフットワークが悪くなる
  • フリーターは実績が評価されにくい
ドフラ
こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

この記事では、20代半ばでフリーターから就職した僕が『フリーターはいつまで許されるのか?』から『フリーターが就職に失敗しない方法』までを解説していきます。

この記事を読めば、フリーターの未来に不安を抱えている方でも、人生を変えるための一歩が踏み出せるようになります。

3分ぐらいで読める内容なので、さっそく見ていきましょう〜。

『今すぐにフリーターから正社員に就職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

フリーターはいつまで許される?【28歳過ぎると人生やばい理由】

フリーターいつまで
フリーター
フリーターって何歳まで許されるの?

人生の価値観は人それぞれです。

しかし、客観的に考えた結論をいうと、フリーターは28歳までが限界です。

ドフラ
20代と30代では転職のしやすさが全く違うということです。

特に未経験の場合は、これが顕著にでます。

30代のフリーターだと、選べる求人はさらに少なくなります。

たとえば、高卒&未経験で応募できる正社員の求人数を比較すると、こんな感じです。

高卒&未経験OKの年齢別・求人数

20歳:96件
21歳:103件
22歳:116件
23歳:134件
24歳:137件
25歳:156件
26歳:157件
27歳:160件
28歳:160件
29歳:159件
30歳:146件
31歳:140件
32歳:140件
33歳:138件
34歳:134件
35歳:121件
36歳:92件
37歳:90件
38歳:90件
39歳:87件
40歳:70件

※↑僕が某転職エージェントの方から聞いた求人数です。

28歳が求人数のピークで、29歳からはどんどん求人が減ってますね。

これが世間の目です。

つまり、フリーターは28歳までに正社員になった方がいい、ということです。

【関連記事】
28歳フリーターはやばい?今すぐ就職すべき理由と28歳就職体験談

28歳を超えるとフリーターの就職が厳しくなる理由

28歳フリーター やばい

先ほどの求人数データを見てもわかるように、28歳を超えると未経験者の採用は厳しくなります。

なぜ28歳を超えると厳しくなるのか?

28歳を超えると未経験採用が厳しくなる理由はこちらです。

  • 体力が衰えていく
  • 頭が固くなる
  • 年上の部下は嫌がられる
  • 責任のない立場が長いと信用されない

この中でも、特に『責任のない立場が長い』というのが、採用担当に嫌がられます。

同じ仕事内容でも、正社員雇用か、アルバイト雇用かで、企業からの信頼度は大きく異なります。

アルバイトは時間給で働いているので、仕事が途中でも、時間がきたら帰れますよね?

この無責任な立場が、信頼度を落としてしまいます。

一般的に30歳以上は、経験やスキルをもとに、即戦力であることが求められます。

『転職は35歳まで』といわれますが、これは正社員経験がある人たちの話です。

【関連記事】
20代後半のフリーター男でも正社員になれる理由【3名の体験談】

フリーターはいつまで許されるの?【フリーターの実態】

あなたは、なぜフリータになりましたか?

フリーター
正直、楽そうだから…。

株式会社マイナビが発表した「フリーターの意識・就労実態調査」によると、フリーターになった理由はこちらです。

  • 正社員で働くより楽だから:22.0%
  • 明確な職業を思い描けなかった:18.6%
  • 正社員として雇ってくれるところがなかった:17.8%
  • 家庭の事情のため:16.9%
  • 正社員としての仕事がなかった:15.2%
  • 会社を退職・離職したため:14.8%

非就労者の91.1%が就職したいと思っているにも関わらず、62.3%が求職活動をしていません。

求職活動をしない理由の46.7%が「知識・能力に自信がないから」というデータもありました。(引用:フリーターの意識・就労実態調査

しかし、20代なら知識も能力もない、未経験のフリーターを受け入れてくれる会社があります。

ちなみに、20代向けの高卒&未経験でも応募できる求人数がこちらです。

高卒&未経験OKの20代向け求人

20歳:96件
21歳:103件
22歳:116件
23歳:134件
24歳:137件
25歳:156件
26歳:157件
27歳:160件
28歳:160件
29歳:159件

※↑僕が某転職エージェントの方から聞いた求人数です。

このデータを見てもわかるように、知識や能力がなくても、就職できる可能性は十分にあります。

就職を諦めないでくださいね。

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円のIT企業に就職できましたよ。

フリーターだとやばい年齢は?何歳までフリーターと名乗れる?

フリーター何歳まで

フリーターの定義って、あいまいですよね。

『フリーターってどんな人?』と聞かれても、明確に答えられる人は少ないと思います。

では、何歳までフリーターと名乗れるのか?

厚生労働省の「若年者雇用対策の現状等について」によると、フリーターの定義は以下のように定められています。

【フリーターの定義】
年齢:15歳~34歳まで
状態:現在就業中のアルバイトまたはパート雇用者。男性は継続就業年数1~5年未満、女性は未婚で仕事を主としている。現在無業の場合は家事や通学をしておらず、アルバイトやパートの仕事を希望している。

この定義によると、フリーターと名乗っていいのは『15歳~34歳まで』となります。

とはいえ、フリーターと名乗れるからといって、34歳までフリーターが許されるわけではありません。

世間体を考えると、30代でフリーターを続けている人は、社会的な信用が低いです。

フリーターのデメリットには、クレジットカードの審査が通らない、厚生年金に加入できない、給料が低い…などがあります。

その中でも、30代フリーターが痛感する最大のデメリットは『正社員に就職できないこと』

もちろんフリーターから正社員に就職できないわけではありませんが、30歳を過ぎると書類選考がほとんど通らなくなります…。

【関連記事】
一生正社員になれない人の3つの特徴【クズとか失礼だろ!】

フリーターの35歳以上の呼び方は?

フリーター何歳まで

もともと『フリーター』という言葉は、1980年代に求人誌が『定職に就かない若者=フリーアルバイター』と呼んだことから定着したといわれています。

その後、2002年に厚生労働省がフリーターの定義を定め、フリーターの年齢は『15歳~34歳まで』と定義されました。

では、フリーターの35歳以上の呼び方は、どうすればいいのか?

35歳以上のフリーターは、以下のように呼ばれることが多いです。

  • 非正規労働者
  • アルバイト
  • 高年齢フリーター

とはいえ、実際には年齢に関係なく、『フルタイムで仕事をしていない独身者=フリーター』と呼ぶことが多いです。

ここで注意すべきことは、自分が年齢的にフリーターに入るかどうかは重要な問題ではない、ということ。

それよりも大事なことは、世の中の企業が『今はフリーターだけど、まだ若いから採用してみよう!』と思ってもらえるうちに就職すること、です。

世の中的には『30代フリーター=就職意欲の低い人』という印象なので、30歳までフリーターを続けている時点で、正社員への就職はかなり難しくなります。

それなのに、35歳まで就職を先延ばしにしていては、人生が手遅れになるリスクが非常に高いのです…。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する『無料適職診断テスト』を受けるのがおすすめですよ。フリーターでも利用できます!

フリーターは何歳まで許されるの?デメリットが多すぎる…

フリーター何歳まで

総務省統計局の「労働力調査」によると、2022年のフリーター人口は132万人です。

総務省統計局の「人口推計」では、2022年の15~34歳の人口は2,467万5,000人となっており、フリーターの割合は約5.3%です。

つまり、フリーターの数は、20人に1人くらいの割合しかいません。

「フリーターのままだとヤバいかも…」って、ちょっと焦りますよね。

フリーター
焦ってきた。このままじゃダメかも…。

さらに、フリーターを長く続けていると、下記のようなデメリットもあります。

  • クレジットカードの審査が通らない
  • カーローンに通らない
  • 社会的信用がない
  • 月収が安定しない
  • 貯金がほとんどない
  • バイト先に10歳年下が入ってきて居づらくなる
  • 家族の目が冷たくなる
  • 正社員になった友達が離れていく
  • 将来に不安しかない
  • 彼女と結婚を考えられない
  • フリーター歴が長くて就職できない
  • 底辺生活から抜け出せなくなる
  • 生きていくことで精いっぱいになる

フリーター
デメリット、めちゃくちゃ多いな!

フリーターの人の相談に乗っていると、「なんとなく」という理由でフリーターを続けている人が多いです。

何かのきっかけがないと、フリーター生活は抜け出せません。

記事を書いている僕自身も、フリーター経験があるので、この気持ちは痛いほどよくわかります…。

しかし、フリーター期間が長くなると、就職率が下がるのも事実です。

ドフラ
フリーターから正社員への就職に失敗したくない方は、下記の記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。

フリーターはいつまでに就職すべき?フリーター期間と就職率の関係

フリーターいつまで

フリーター期間と就職率の関係を調べた「独立行政法人労働政策研究・研修機構(東京都在住・20~29歳・フリーター)」 統計データがこちらです。

フリーター期間別の就職率
  • 6ヶ月以内……64.0%
  • 7ヶ月~1年……58.3%
  • 1年~2年……52.2%
  • 2年~3年……58.9%
  • 3年以上……48.9%

このデータからもわかるように、フリーター期間が長くなるほど、正社員での就職が厳しくなります。

3年以上フリーターを続けている人は、就職率50%を切っているので、特に注意です。

フリーター
早めに転職活動始めようかな。
でも、何をやればいいんだろう?

続いては、この疑問に答えていきます。

フリーターはいつまでに何をすればいいの?正社員就職を成功させるコツ

フリーターいつまで

フリーターが正社員になるためには、何をすればいいのでしょうか?

フリーター
とりあえず、仕事探しかな?

はい、そうですね。

では、どうやって仕事を探しますか?

フリーター
ハローワークとか?

仕事を探す方法はさまざまです。

フリーターが仕事を探す方法
  • ハローワークで探す
  • 求人誌から探す
  • 求人のWEBサイトから探す
  • インターネットから探す
  • 転職エージェントに登録する
  • 知り合いに紹介してもらう

仕事をを探す方法は「自分で求人を探すのか」と「誰かに求人を探してもらうのか」の2つです。

ハローワーク、求人誌、求人メディア、インターネット検索は、自分で求人を探す方法です。

社会人経験のないフリーターの人が、自分ひとりで求人を探すのは、かなり大変です。

あなたは、無数にある求人の中から、自分に合う仕事を見つける自信がありますか?

フリーター
ちょっと自信ないなぁ…。

途方もない作業に感じますよね。

自分で求人を探すときに、つまずく点がこちらです。

  • 求人が多すぎて選べない
  • どの業界がいいのかわからない
  • どの職種がいいのかわからない
  • 自分に合う仕事がわからない
  • 自己PRが思いつかない
  • 志望動機がつくれない
  • 書類選考が全然通らない
  • 面接の仕方かがわからない
  • 面倒くさくなってフリーターを続ける

初めての就職は、ひとりだと不安ですよね。

フリーターから正社員に就職するのは、想像以上に難しいです。

ですから、根気よく求人を探せる人でない限り、フリーターの人が仕事を選ぶときは、転職エージェントを利用するのが安全です。

転職エージェントではプロのアドバイスをもらいながら、就職活動を進めることができますよ。

参考⇒専門学校を中退した僕がハローワークで就職できなかった理由【失敗談】

フリーターにおすすめの転職エージェントはどれ?

フリーター 転職エージェント
フリーター
どの転職エージェントに登録すればいいんだろう?

転職エージェントって、たくさんあるから、どこに登録すればいいか迷いますよね。

大手の転職エージェントから中小零細の転職エージェントまで、本当にたくさんあります。

では、フリーターは、どの転職エージェントに登録するべきだと思いますか?

フリーター
やっぱり大手の転職エージェントがいいのかな?

結論からいうと、3社の転職エージェントに登録しておいたほうがいいです。

1社は大手の転職エージェント、2社はフリーターに特化した転職エージェントです。

なぜなら、フリーターが就職を成功させるためには、フリーターが受かりやすい求人に応募することが必須だからです。

そのためフリーターは転職エージェントの中でも、フリーターの就職に特化した転職エージェントに登録する必要があります。

ドフラ
フリーターが大手の転職エージェントに登録すると、不利になる理由がこちらです。
フリーターが不利になる理由
  • 大卒や経験者の登録が多く、フリーターにとってはライバルが強すぎて、なかなか内定が獲得できない。
  • エージェントは内定を獲得しやすい登録者を優先的にフォローするので、フリーターの対応は後回しになる
  • フリーター専用の求人数やノウハウが少ない

ですから大手の転職エージェントに登録するのは、情報収集と受かればラッキーくらいの立ち位置でいいと思います。

フリーターの人は転職の激戦区で戦うと、確実に負けます。

フリーターは自分が勝てる転職市場で、正社員を目指すべきです。

フリーターに特化した転職エージェントには、過去にフリーターから正社員に就職させた実績やノウハウが多数あり、フリーターのための求人もたくさん扱っています。

ですから、フリーターの人は『フリーターに特化した転職エージェント』を利用して、就職活動するのがおすすめです。

ドフラ
フリーターから就職で失敗したくない方は、以下の記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。

フリーターはいつまで許される?【まとめ】

最後に、この記事のまとめです。

・フリーターが許されるのは28歳まで
・28歳すぎると応募できる求人数が減る
・フリーターはデメリットが多い
・フリーター期間が長いと就職率が下がる
・フリーターの就職に強いエージェントを利用するのがおすすめ

僕自身が26歳のときに、転職エージェントを利用して、年収190万円のフリーターから正社員に就職して、年収500万円を達成できました。

あのときに、正社員に就職していなかったら、今ごろ人生ヤバかったと思います…。

30歳に近づくほど、フリーターからの就職は難しくなるので、人生が手遅れになることもあります…。

ですから、フリーター人生に不安のある方は、『とりあえず転職エージェントに相談してみる』という一歩から始めてみてはいかがですか?

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円のIT企業に就職できましたよ。