26歳 手遅れ
26歳から人生やり直したい人『26歳まで就職せずに生きてきたけど、そろそろマジメに働かないとやばい気がしてきた…。でも26歳ってもう手遅れ?』

このような方に向けて、記事を書いています。

一度は就職したものの仕事が合わなくてフリーターになった人、就職先が見つからずに仕方なくフリーターになった人。26歳でフリーターをしている人には様々な事情があると思います。

でも26歳になると、周りの友人のほとんどが社会人になり、急に『フリーターのままだとやばいかも…』という危機感が強くなりますよね。

しかし、いざ就職しようと思っても、何から手をつけたらいいのかわからず、結局フリーターから抜け出せない人も多いです。

では26歳のフリーターが人生やり直すためには、どうすればいいのか?

結論からいうと、26歳のフリーターが今すぐにやるべきことは、次の3つです。

  • 26歳向けの転職エージェントに無料登録する
  • 担当アドバイザーに無料で就職相談する
  • 自分に合う仕事を紹介してもらい応募してみる

上記のとおり。

世の中には、26歳フリーターの就職をサポートしてくれる『転職エージェント』があるので、とりあえずここに相談するのが1番早いです。

しかも全て無料で利用できるので、あなたのリスクはゼロ。これを利用しない手はないですよね。
26歳フリーターにおすすめの転職エージェント3社【すべて無料】

ドフラ
こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計982名の方にインタビューしてきたので、26歳の人生のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、26歳で人生やり直した僕が、『26歳が手遅れといわれる5つの理由』から『26歳から人生をやり直す方法』までを解説していきます。

この記事を読めば、26歳からの人生に不安を抱えている方でも、人生を変えるための一歩が踏み出せるようになります。

3分ぐらいで読める内容なので、さっそく見ていきましょう〜。

『今すぐにフリーターから正社員に就職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

26歳が手遅れといわれる理由①:教育とキャリアの進路

26歳 手遅れ

26歳が手遅れといわれる理由の1つ目は、『教育とキャリアの進路』です。

一部の社会的な期待では、26歳までに大学や専門学校を卒業し、キャリアの道を選ぶことが望まれます。

特に競争の激しい職業分野では、同じ年齢の人々と比較して、就職や昇進の機会が減少する可能性があります。

世の中的には26歳という年齢は、大学を卒業して新卒で企業に入社し、3〜5年キャリアを積んでいる状態です。

ですから、僕のように26歳で無職やフリーターをしていると、社会的に冷たい視線を浴びることもありますね…。

26歳が手遅れといわれる理由②:経済的な安定

26歳 手遅れ

26歳が手遅れといわれる理由の2つ目は、『経済的な安定』です。

若い世代に対しては、一定の経済的な安定や独立性を獲得することが期待されるため、経済的な責任を持ち、自立して生活することが求められます。

ですから、26歳までに自分自身を支える能力を持っていない場合、他人からの依存度が高いと見なされる可能性があります。

ちなみに、26歳の平均年収は351万円(男性:371万円、女性:331万円)です。(参考:DODA『20代男性・女性の平均年収』

僕は26歳の時に『年収190万円』のフリーターだったので、かなり底辺の労働者でした…。

※元フリーターの春岡高貴さん(26歳男性・仮名)が、『26歳でフリーターからIT企業に就職した体験談』は以下の記事をどうぞ。

26歳が手遅れといわれる理由③:家庭や結婚

26歳 手遅れ

26歳が手遅れといわれる理由の3つ目は、『家庭や結婚』です。

一部の文化や社会では、結婚や家庭を築くことが早いうちに求められる場合があります。

そのため、26歳までに結婚やパートナーシップを築いていない場合、手遅れとされることもあります。

とはいえ、厚生労働省のデータによると、令和元年の平均初婚年齢は『夫:31.2歳、妻:29.6歳』となっているので、日本ではここがリアルですね。(参考:厚生労働省『令和元年 人口動態統計月報年計の概況』

26歳が手遅れといわれる理由④:個人的な成長と自己実現

26歳 手遅れ

26歳が手遅れといわれる理由の4つ目は、『個人的な成長と自己実現』です。

できるだけ年齢が若いうちに、自己成長や自己実現のプロセスを開始することが期待されることもあります。

たとえば、20代のうちに自分の夢や目標に向かったり、自分の才能やスキルを磨いたりすることなどです。

26歳までに自己成長や自己実現の過程を開始していないと、手遅れと感じる人もいます。

26歳が手遅れといわれる理由⑤:社会的な比較と他者の成功

26歳 手遅れ

26歳が手遅れといわれる理由の5つ目は、『社会的な比較と他者の成功』です。

一部の社会では、他の人々との比較や他者の成功との競争が強調される傾向があります。

同年齢の他の人が既に成功や達成をしている場合、自身の達成に対するプレッシャーを感じることがあります。

世の中には、26歳までに起業して経営者になっている人がいたり、年収1,000万円以上を稼ぐエリート社員がいたりします。

ですから、26歳の成功者たちと自分を比べてしまい、劣等感に苦しむ人も多いですね…。

ドフラ
僕が『26歳のフリーターから年収500万円の正社員に就職するまでにやったこと』が知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

26歳から人生をやり直す方法【もう手遅れとは言わせない!】

26歳 手遅れ

世の中には『26歳は手遅れだ!』とか『26歳の就職は遅い!』などと発言する人もいますが、そのいっぽうで、現実世界には、26歳から行動して、人生のやり直しに成功している方はたくさんいます。

たとえば、『26歳で初めて就職して、20代のうちに役員まで出世した人』『26歳で転職した後に、自分で起業して経営者になった人』などです。

つまり、26歳まで無職やフリーターだったとしても、今すぐに行動すれば、人生は確実に変わるということ。

とはいえ、26歳まで就職経験がない方が、自分ひとりで就職を成功させるのは、かなり大変だと思います。

ちなみに僕は26歳の時に、自分ひとりで就活した結果、30社に応募して、書類選考28社落選・面接2社落選・内定ゼロ…という最悪の失敗経験があります。

僕は就活に失敗し続けた後、最終的に『高卒・大学中退・フリーターの転職に強いエージェント』に登録して、なんとか正社員に就職できました。

このタイプの転職エージェントは、学歴や職歴に自信のない転職者を対象にしているため、とにかくフォローが手厚いです。

カウンセリングに時間をかけてくれたり、無料で就職講座や適職診断テストが受けれたり、面接対策を1社ずつやってくれたりします。

僕はこのおかげで、最終的にIT企業の正社員に就職することができ、その2年後には年収500万円稼げるようになりました。

ですから、自分ひとりで就活を成功させる自信がない方は、最初から『転職エージェント』を利用しておくのがおすすめですよ。

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円のIT企業に就職できましたよ。

26歳が手遅れといわれる5つの理由【まとめ】

最後に、『26歳が手遅れといわれる5つの理由』をまとめておきます。

  • 教育とキャリアの進路
  • 経済的な安定
  • 家庭や結婚
  • 個人的な成長と自己実現
  • 社会的な比較と他者の成功

いまは『26歳からの自分の未来』に希望が持てないかもしれませんが、今日からの行動次第で、人生はどうにでもできます。

世の中には、26歳の無職やフリーターでも採用してくれる会社はありますし、入社後に出世して役職に就いたり、年収アップしたりする人もいます。

実際に、記事を書いている僕自身も26歳まで年収190万円のフリーターでしたが、そこからIT企業に就職して年収500万円になり人生が変わりました。

こんなにダメダメだった僕でも人生変えれたわけですから、この記事を読むほど意識の高いあなたなら、必ず人生変えれると思いますよ。

あとは、あなた次第です。

今から行動して、あなたの理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円の正社員に就職できましたよ。