20代後半 何がしたいかわからない

「20代後半になったけど、何がしたいかわからなくて、仕事選びに迷っている…」

このような方に向けて記事を書いています。

20代前半のうちは、「今が楽しければ良いでしょ!」という感じで、なんとなく毎日が過ぎていきます。

しかし20代後半になると、多くの方が、自分の将来に不安を感じるようになります。

悩みの中でも、特に「何がしたいかわからない…」というのは、切実な問題です。

結論からいうと、20代後半で何がしたいかわからない時は、IT系ベンチャー企業の営業職に転職するべきです。

その理由は、20代の平均年収を稼ぎつつ、やりたいことが見つかるからです。

ドフラ
こんにちは。26歳まで底辺人生を送っていた、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や人生に役立つ情報を発信しています。

この記事では、「20代後半までにやっておくべきこと」から「20代後半で何がしたいかわからない時の対処法」までを解説しています。

この記事を読めば、20代後半で何がしたいかわからない方も、今日から一歩前に踏み出せるようになります。

3分で読める内容なので、それではいきましょう。

20代後半で何がしたいかわからない時の超簡単な対処法【僕の実話です】

「何がしたいかわからない…」という悩みを抱える、20代後半の方は多いです。

でも、何がしたいかわからないからと言って、いつまでも現実から目を背けていると、人生やり直せなくなります。

ぶっちゃけ何歳になっても、やりたいことが見つかっていない人はいます。

人それぞれ価値観は違うので、別にとやかく言うつもりはありませんが、人生をやり直すタイムリミットは「20代まで」です。

20代後半のうちに何かしら行動しておかないと、キャリアの軌道修正は厳しいです。

ドフラ
僕も20代後半までフリーターだったので、なかなか行動できない人の気持ちは痛いほどわかります。

仕事を探さないといけないと思いつつも、「何がしたいかわからないから、やりたいことが見つかってから仕事を探そう」と先延ばしにしちゃうんですよね…。

でも、そのまま行動せずにいると、結構ヤバいことになります。

これは、僕が実際に人事担当から聞いて知ったのですが、未経験採用をする企業の多くが「20代限定」という選考基準を設定しているのです。

つまり、仕事を変えて人生をやり直そうと思っても、30歳以降だとかなり無理ゲーになるということです。

将来のキャリアの選択肢や稼げる年収を考えると、いま何がしたいかわからない20代後半の方は、とりあえず「IT系ベンチャー企業の営業職」を経験しておけば失敗しません。

29歳までに何を経験したかで仕事の選択肢が決まる

20代後半 何がしたいかわからない

29歳までに何を経験したかで、その後の仕事の選択肢が決まります。

20代30代40代と年齢が上がるにつれて、会社から求められる能力が違ってきます。

20代30代40代でやるべきことは、次のとおりです。

20代:社会人としての基礎を身に付ける
30代:20代の経験を応用して仕事の幅を広げる
40代:自分の専門領域を絞りつつ人脈を広げる

このように、20代は「応用できるスキルを身に付けること」が重要なのです。

今はどんな仕事をしていても、一生安泰というのはあり得ません。

インターネットが普及してから時代の変化が早くなり、絶対安定といわれていた大手企業でさえも、大幅な人員削減をおこなう時代です。

このような時代を生きる上では、「ずっと同じ仕事を続ける」という考え方はリスクが高いです。

なぜなら、その仕事が将来なくなることもありますからね。

では、どんな仕事を選べばいいのか?

それは「応用できるスキルや経験が身につく仕事」です。

いつ仕事が変わっても大丈夫なように、あらゆる仕事に応用できるスキルや経験を身に付けておくことが大事になります。

たとえば、コミュニケーション能力、スケジュール管理能力、チームリーダー力、問題解決力、などのスキルです。

ですから、目の前の転職先のことだけを考えるのではなく、20代でどういう状態になっていれば、30代の人生が充実するかを考えましょう。

20代後半でコミュニケーション能力がないと将来ヤバい

20代で身に付けるスキルの中で、応用力が最も高いのは「コミュニケーション能力」です。

あらゆる仕事をする上で、コミュニケーション能力は必要不可欠です。

営業はもちろん、商品企画、マーケティング、顧客サポート、チームマネジメント、人事、総務、などの職種はコミュニケーション能力がないとできません。

たとえば、工場のライン作業は、コミュニケーション能力がほとんど身につきません。

そのため、工場のライン作業だけで20代を終えてしまうと、その後の人生で選べる仕事がかなり限定されてしまうのです。

ライン作業のような単純労働は、誰でもできる仕事なので、市場価値が低く、どうしても低収入になってしまいます。

ですからキャリアの選択肢や稼げる年収を考えると、20代のうちに「コミュニケーション能力」を身に付けておくべきなのです。

20代後半で何がしたいかわからない人は営業職を経験すべき

20代後半 何がしたいかわからない

20代後半で何がしたいかわからない人は、とりあえず営業職を経験しておきましょう。

営業職を経験すると「コミュニケーション能力」が身に付くので、人材としての市場価値がワンランク上がります。

さらに営業の仕事をすることで、電話やメールの仕方、企業訪問の仕方、問題解決力、スケジュール管理能力、などのビジネスシーンに必要な基礎力も身に付きます。

しかし、ひとことで営業職と言っても、さまざまな会社があるので、仕事の仕方はバラバラです。

では、どんな会社の営業職を選ぶべきか?

それは「IT系ベンチャー企業の営業職」です。

その理由は、多くのIT系ベンチャー企業が、未経験採用をおこなっているからです。

さらにIT系ベンチャー企業は、社内の仕組みが整っていないため、入社後に経験できる業務の種類が多く、たくさんのことを吸収できるからです。

20代での経験値が多いほど、30歳以降でやれることが増えます。自分にできることが増えてくると、自然とやりたいことも増えていきます。

またベンチャー企業は社歴よりも実力が評価される傾向があるので、まずは入社して「20代の平均年収以上を稼ぐ」という目標を持つのもアリです。

ちなみに、DODAが公開する20代の平均年収のうち、29歳男性の平均年収が「432万円」なので、とりあえず「20代のうちに年収432万円以上を目指す」という感じですね。

このように、チャレンジのしやすさ、年収の稼ぎやすさ、スキルや経験の吸収しやすさ、という点から考えると、IT系ベンチャー企業の営業職を経験しておくのはベストな選択だといえます。

ここまでの内容を読んで、未経験からITベンチャー企業の営業職にチャレンジしたいと思った方は、とりあえず転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。

転職エージェントはすべて無料で利用できるので、まずは気軽に登録してみましょう。

ちなみに、転職エージェントの選び方にはコツがあるので、よろしければ、こちらの記事もどうぞ。

ドフラ
『フリーターから就職したい方向けの転職エージェントの選び方』はこちらです。

まとめ:20代後半で何がしたいかわからない時の対処法

この記事のまとめです。

  • 29歳までに何を経験したかで仕事の選択肢が決まる
  • 20代後半でコミュニケーション能力がないと将来ヤバい
  • 20代のうちにIT系ベンチャー企業の営業職を経験しておこう
  • 営業職はコミュニケーション能力とビジネスの基礎力が身に付く
  • とりあえず不安な人は転職エージェントに相談してみよう

「何がしたいかわからない…」と悩んでいるだけでは、人生は何も変わりません。

これがあなたのターニングポイントになるかもしれないので、ぜひこの機会に行動してみませんか?

ドフラ
僕は26歳の時に転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円の正社員に転職できました。

✔とりあえず登録すべき転職エージェント2社【すべて無料で利用できる】

【第二新卒エージェントneo】 :中卒・高卒・大学中退の20代の転職に強い。未経験OKの求人5000件以上。10時間以上の手厚いフォロー。

JAIC:20代30代の未経験転職に強い。フリーター・契約社員・派遣社員でもOK。7日間の無料就職講座あり。入社後も1年間サポート。